GW後半は偵察登山のために南アルプス南部へ 3日目後半 170503-05

GWの後半、5月3日~5日の2泊3日で、南アルプスの千枚岳(2,880m)と、丸山(3,032m)に登って来た。

その3日目後半です。




今回の目的である、厳冬期悪沢岳への偵察登山はその核心部の確認にあるんだよね。

それは、千枚岳から丸山に抜ける岩稜部が通過可能かどうかって所なんだ。


それでは行きましょう!

e0338862_20285878.jpg
丸山からの下りは本当に平和です。

ふと見ると、避難小屋泊の男性が登ってきた。


リッジを下り、行きで通った難所まで戻って来た。

e0338862_20285884.jpg
こっちから来るとさ、右に巻き道があることに気付く…

あれ、トラバース道あるじゃん!

でも、左下の残雪には無数の踏み跡が。。。

良く分からんけど、厳冬期は巻き道はダメなの?

まぁ、巻き道は夏でも確認できるので、今度はここを登ってみますかね!


オレが選んだのは、正面からアプローチして、右に巻いていくルート。

右は木が無くて落ちればサヨナラ確実。

岩と浮石を確認しながらの登坂。


e0338862_20285942.jpg
何とか無事千枚に戻りました(^_^)/

千枚~丸山間は小さな3つの岩稜のピークを越えて行かなければならない。

その1つ目が核心部で、仮に巻き道が使えないとなると決死の下降、登坂が必要になる。

出来れば、ロープ(ザイル)、ハーネスが欲しいところ。

う~ん、でもね~、ザイルワークは学生時代以来やってないし、それもエイト環を使った懸垂下降くらいだしね。。。

2つ目は、ハシゴが取り付けられていたので、問題ない。

3つ目は、どうにでもなる。

丸山への登りは、夏道ではなく、リッジを進めば行けそうだ。


e0338862_20564010.jpg
んじゃ、赤石、聖にサヨナラです!

e0338862_20564044.jpg
丸山、悪沢にもサヨナラ。

次来るのは夏休みだね!

e0338862_20564068.jpg
荒川前岳、中岳、荒川小屋にもサヨナラです!

e0338862_20592855.jpg
そうとなれば激下り開始です!

午前8時前だというのに、雪はもう緩んでズルズルです。

e0338862_20592946.jpg
巻雲がキレイ!

ってコトはやっぱり天気は下り坂なんだね。

e0338862_20592900.jpg
狭いながらも楽しい我が家が見えました!

テントに戻ったら撤収作業です。

e0338862_21042264.jpg
サヨナラ千枚小屋!

夏にはまた来るよ!

e0338862_21063113.jpg
小屋から下降してすぐに樹林帯に突入です。

南アルプス南部の小屋はだいたいこんな感じだね。

茶臼小屋も聖平小屋もね。

e0338862_21063183.jpg
今日は天気が良くて、気温が急上昇。

当然、ズボズボ地獄の始まりです。

はっきり言って、残雪期のズボズボは大嫌いです。

e0338862_21063277.jpg
とは言え、行きは2時間以上掛かった道も、30分ほどで降りてこられるのは雪道ならではだよね。

で、清水平まで来たら、林道に出ることにした。

林道に出ると、6.5㎞のキロポストが。

e0338862_21063392.jpg
逆に言えば、6.5㎞のキロポストの所を下降すれば清水平に行けるってコトね!

オッケー!

e0338862_21140622.jpg
林道上で昼飯。

昨日同様に、朝作ったベーコン飯をいただきます。

その間、湿ったシュラフを干しておくよ!

e0338862_21140773.jpg
林道歩きも飽きたんで、登山道に復帰します!

e0338862_21175201.jpg
つうか何これ、、、

e0338862_21175344.jpg
こんなところ通ったっけ?

黒戸尾根?

e0338862_21193733.jpg
鉄塔を過ぎたら、下りに下って、、、

e0338862_21193839.jpg
登山道横の林道の橋が見えました!

e0338862_21213342.jpg
シナノコザクラの群生地まで戻って来たよ!

e0338862_21213494.jpg
キレイだね!

e0338862_21230292.jpg
椹島入口に戻って来たのは13時半。

5時から歩いているので、本来ならば椹島でマッタリしたいところ。

でも、明日は悪天だから、一気に沼平まで行きます!

e0338862_21230359.jpg
牛首峠からの赤石岳。

やっぱ青空の雪山が最高だね!

e0338862_21230317.jpg
赤石ダムは相変わらずのエメラルドグリーン!

e0338862_21230453.jpg
この景色を堪能できるのは、徒歩の登山者だけ。

e0338862_21285341.jpg
中間の中ノ宿吊り橋を過ぎれば、林道歩きは半分以上消化しているってコトです。

e0338862_21285458.jpg
畑薙橋を渡り、左岸側に出て、、、

e0338862_21285275.jpg
青薙山登山口を通り過ぎます。

e0338862_21285386.jpg
で、最凶吊り橋の畑薙大吊橋まで来ればあと少し。

ということで、沼平ゲートに到着したのは17時45分。

実に12時間45分の長旅になりました。


GWはたいてい期間の途中で悪天に見舞われる。

今年もGW中に天気が崩れるってコトで、無理して下って来た。

天気の悪いときに山に居てもしょうがないもんね。

天気の良いときに山行を終了すれば、気分が良くまた山に行きたくなるのは間違いない!


今回はそもそも、正月登山の偵察だったから、一番の懸念だった千枚から丸山の岩稜帯の様子が分かって良かった。

それより、千枚小屋までのアプローチをどうするかが悩ましい。

正月なら、1日目椹島の冬期小屋に泊まって、2日目に千枚小屋ってのが理想だ。

でも、2日目の椹島~千枚小屋が残雪期の今回でも10時間近くかかっていることを考えると、厳冬期は10時間を下回る事は無いと思う。

であれば、1日目の行程を伸ばして、、、


などと考えるのは非常に楽しい!

新たな挑戦(ちっぽけだけど)が始まりました!


今年は南アルプス南部にこだわって行きましょう!

楽しみです!






[PR]
トラックバックURL : http://takenoyama.exblog.jp/tb/25764535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shimasaan at 2017-05-13 05:33
タケさん、おはようございます

南アルプス南部にこだわる気持ちが、なんとなくわかるような、ロングトレイルでしたね。
それにしても、北アに比べたら、なんと静かな山旅なんでしょう。その後、岳沢小屋のテンバの風景をヤマレコで見たら、GW中は私たちが登った時の少なくとも5~6倍はテントが張られていました。
正月休みだって、千枚から悪沢の尾根は、たぶんわずかなトレースしかないでしょう。残雪期に偵察してあったとしても、また別の対応が必要かもしれませんね。
ま、そういう状況に自分の判断で対応していくのも、単独行の楽しみではあるのですが。
Commented by weekend-mountain at 2017-05-13 20:55
> shimasaanさん
こんばんは(^_^)
今回の千枚尾根は実に南アルプスらしい、ロングトレイルでした。椹島までも遠くて辟易しましたが、それゆえに得られるものも確かに在る訳なんですが。南アルプスは静かでいいです。北アルプスには憧れますが、椹島以上に遠い存在です。
正月の千枚~悪沢間のルートは雪の付き方で相当変わるでしょうし、風がどれくらいかもわからないので、一回目で登ろうとは思わずに聖の時のように敗退覚悟で行くつもりです。いずれにせよ単独なので、天候が安定してる時限定になりそうです。
by weekend-mountain | 2017-05-11 22:03 | 南アルプス | Trackback | Comments(2)