季節を知る山 茶臼岳 171112

今日は南アルプスの茶臼岳に登って来ました!

先週行くつもりだったんだけど、富士山に行ったから今日改めて茶臼に行って来たってワケ。


茶臼好きなんだよね~!


それでは行きましょう!

e0338862_18114229.jpg
畑薙ダムの沼平ゲートに到着したのは4時半だったんだけど、あまりにも眠くて30分仮眠を取ってから5時過ぎにスタートです。

折りたたみ自転車を使って、畑薙大吊橋まで来ました。

自転車便利だね~!

25分くらい短縮できる。

ヘッデンの灯りを頼りに登って行きます。

e0338862_18110243.jpg
1時間ほどでウソッコ沢小屋に到着です。

e0338862_18110230.jpg
落ち葉がキレイです!

これはハウチワカエデね!

e0338862_18283582.jpg
登山道は落ち葉に埋め尽くされていて、落ち葉を踏みしめながらの山歩きは何とも気分が良いです!

e0338862_18283629.jpg
ガンバルの木です。

中ノ段を過ぎて、そろそろ横窪峠に差し掛かろうとした時、何かが動いた。

e0338862_18283658.jpg
撮影成功!

って何が?

拡大してみましょう!

e0338862_18312384.jpg
オコジョです!

かわいいねぇ~!

すっかり真っ白な冬毛になってます。

早く雪が降って欲しいんだろうな(^^)

e0338862_18312313.jpg
横窪峠からは上河内が見えます。

稜線には雪は見えないね。

e0338862_18312485.jpg
冬の定宿、横窪沢小屋です!

もちろんこの時期は麦茶を出してくれる小屋番はいません。

e0338862_18342206.jpg
枝にティッシュが引っ掛かっている?と思ったら樹氷みたいな氷のかたまりが枝についてた。

こんなの初めて見たけど、そこらじゅうの草に付いていたよ。

何だろう??


ズンズン登って、、
e0338862_18342235.jpg
展望ベンチまで来ました。

大無間方面はガスの中。

e0338862_18342332.jpg
さらに登って倒木ベンチ。

e0338862_18342384.jpg
で、樺段まで来れば、茶臼小屋まであと少し。

それにしても、やっぱりロングでハードなコースです。。。

e0338862_18383060.jpg
出発から5時間ちょっとで、茶臼小屋に到着です!

e0338862_18383024.jpg
ここの水は実に美味いんだよね!

なんで、こんな高い所から水がゴンゴン湧いているのか本当に不思議です。

e0338862_18383105.jpg
雪がちょこっと残ってました。

それでは稜線に向かいましょう!

e0338862_18440354.jpg
稜線に出れば、山頂はすぐそこ!

つうコトで、タイムリミット11時のギリギリ5分前に、茶臼岳山頂に到着です!
e0338862_18444579.jpg
満面の笑みのオッサンですわ(*´з`)~♪

茶臼の山頂からは、

e0338862_18440455.jpg
ドカ~ンと聖の雄大な姿が!

何度見ても美しいね!

少し雪化粧してます。

e0338862_18440497.jpg
手前には上河内です。

奥のは悪沢、丸山かな?

e0338862_18440476.jpg
中央、御嶽方面。

e0338862_18440580.jpg
仁田岳、光岳方面。

何度も言いますが、コチラ方面には行ったコトがありません。

e0338862_18484836.jpg
富士山は、ガスの向こうにチラ見程度です(^^;)

気温は2度くらいかな。

思ったよりも風が無いので、そんなに寒くはありません。

そんじゃ、降りますか!

e0338862_18520313.jpg
登山道は雪が残っていて、ちょっと嬉しくなります(^^)

e0338862_18514737.jpg
でかいな~!

聖の左側は、兎岳と小兎岳、尖った低いのが小兎岳です。

e0338862_18514722.jpg
小屋に戻ったら、棒ラーメンです♪

やっぱ寒い時期はカップ麺よりも、棒ラーメンが美味いね!

お守り状態になっていた棒ラーメンをよく見ると、賞味期限切れ…

えい!ままよ!ってなもんで2束一気に茹でました!

コンビニのおにぎりも2個平らげて、、、

お腹いっぱいです(*´▽`*)ウップ!


それでは下山開始です!

急なので下り始めると早いです。

ただしこのコース、強烈な登り返しが2カ所あるんだよね~

e0338862_18570380.jpg
その1つ目、横窪峠です。

e0338862_18573576.jpg
峠を越えたら、再び落ち葉の急坂を下りて行きます。

e0338862_18573562.jpg
しかも、、、

途中の吊り橋は相変わらず、こんな感じ。

そろそろ直してよ!

怖いよ。。。

e0338862_18573722.jpg
別の吊り橋もこんな感じ…

もうやめて…

e0338862_18573602.jpg
紅葉は終わりかけているけれど、なんだかイイ感じです!

e0338862_18573704.jpg
1,600m分下降しました。

が、しかしここから再び強烈な登り返しが始まります。

写真はありません。

ただ黙々と登るんです。

最後の最後に急登なんです…

登りきると、、、

e0338862_19014860.jpg
本当にヤレヤレです(^^;;

e0338862_19014847.jpg
紅葉はきれいですが、最後にあの最凶吊り橋を渡らなければならない…

それを考えると、ホント憂鬱な気分に…

e0338862_19014844.jpg
紅葉狩りの人達が興味本位で、吊り橋を渡っています。

よくまぁこんな吊り橋を渡るもんですわ。

e0338862_19014930.jpg
何とか渡り切って、対岸を見るとホント紅葉がキレイです。

行きは真っ暗だったんで、全く気が付かなかった。

紅葉を楽しみながら、の~んびりチャリで戻りましょ!

e0338862_19014998.jpg
15時過ぎに、沼平ゲートに到着しました!

いや~、楽しかった!

実に10時間の長旅でした(^^)


今日登った茶臼は今まで何度も登っていて、もう10回くらいは登ってんのかな。

茶臼に限らず、横窪沢のルートは上河内、聖、厳冬期荷揚げ、小屋でマッタリなども含めると20回以上は通っているかもしれない。

何が楽しくてそんなに茶臼に通うのか自分でも上手く説明できないけど、しばらく行ってないと「行かなきゃ!」って気持ちになるだよね。

そんで、行けば山の様子が分かって、今の季節を知る事ができるんだ。

まぁ、オレにとって季節を知るための山ってトコかな。

だから何度行っても飽きないんだ。


アナタにはそんな山がありますか?


では、最後に!


南アルプス最高~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!


ありがとう!





[PR]
トラックバックURL : http://takenoyama.exblog.jp/tb/26170225
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shimasaan at 2017-11-13 05:24
出だしの、フカフカの落葉、丹沢の3倍は積もっていそうですね。
そして、白いオコジョのお出迎え、
さらに登って、茶臼小屋のおいしい湧き水、
……で、ドカ~ンと少し雪化粧した大きな聖。

う~~ん、行ってみたいですね~

それに、最後のスリル満点の吊橋も、興味本位で歩いてみたい。
Commented by weekend-mountain at 2017-11-13 21:35
> shimasaanさん
こんばんは!コメントありがとうございます!
やはり南アルプスは森が深いので、この時期の登山道は多い所ではくるぶしを隠すくらいに落ち葉が積もってます。ゴロゴロの石や、太い枯れ枝なんかも隠してしまうので、下りは結構難儀してしまいます(^^;;
リスやテンはあっという間に姿を消してしまうのですが、オコジョは好奇心が旺盛なのかしばらくコチラの動きを窺っていて、とても可愛かったですよ!
茶臼はマイナーですが、とても良い山なのでいつか訪れてみて下さい。首都圏からはちょっと遠いですけどね。吊り橋もぜひぜひ!
Commented by campanula2015 at 2017-11-14 22:37
ナイスショット!!
オコジョ、かわいい。
Commented by weekend-mountain at 2017-11-14 23:15
> campanula2015さん
こんばんは!コメントありがとうございます!
オコジョ、可愛かったですよ!ますます茶臼が好きになりました(^^)
Commented by oyamasuki_Y at 2017-11-15 19:34
南はまだ秋が見えますね
北はもうまっちろです・・・
来週鹿島槍行ってきます!
初ラッセルだー!
Commented by weekend-mountain at 2017-11-15 20:47
> oyamasuki_Yさん
こんばんは!コメントありがとうございます!
南アルプスは秋が深まって来ましたね。今月いっぱいならまだ夏靴で大丈夫ですね。
北はもう真っ白ですか~!週末は寒冷前線の通過→冬型になりますので、ご注意下さい(^^)
楽しんできてください。素敵な写真を楽しみにしております!
by weekend-mountain | 2017-11-12 19:22 | 南アルプス | Trackback | Comments(6)