週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:免許・資格( 5 )


2015年 07月 05日

大型特殊免許 その2

今日は日曜日!雨模様なのでのんびりしてたら災害復旧でお呼び出し!

これで3日連続の復旧作業!

先週の水曜以来、3連続で同じ崩落現場だったが、今回は県道27号線の口坂本。

(昨日まではコチラ→大型特殊免許)
e0338862_17082408.jpg
まぁ、同じような細い道で、すれ違いが出来ないような道を上がって行きます(コレは下るときですが)。


あぁ、それなりにいったね!


e0338862_17130478.jpg
ビフォー!


e0338862_17133667.jpg
アフター!


何ということでしょう!





って、このネタもうイイか(^_^;


で、一仕事終えたし、口坂本なんで、温泉に行きますか~!


e0338862_17154165.jpg
口坂本温泉にGO!

e0338862_17200880.jpg
内風呂!

e0338862_17204080.jpg
露天風呂!

なかなか良い感じの“公衆浴場”的な雰囲気でサイコーです!

お湯はヌルヌルする、いわゆる「美人の湯」系のアルカリ炭酸水素塩泉ね!


なんと入浴料が¥300です!

市内から遠いけど、のんびりするにはもってこいな場所ですよ~!

おすすめです(^_^)



こっから本題に入ります!


少しだけ大型特殊の話をしましょう!


大型特殊の一発試験で、多くの人が経験する「ふらつき」についてデス!

多くの人が経験し、そしてコレが原因で不合格になります。


大型との試験で使われるのがコイツ↓

e0338862_17363488.jpg
ホイルローダーです!

一般的にふらつきやすいと言われます。

しかし、それは運転者がふらつくような操作をしているだけのコトで、機械の特性としては決してふらつきやすいモノではありません。

機械は人間からのインプットに忠実に従うだけで、機械自らふらつこうとするワケではないのです。

では、何が原因でふらついてしまうのか、その対策はどうするのかを書きたいと思う。


まず、このホイルローダーにはサスペンションがありません。

僅かな路面のギャップを拾ってガッタガタに揺れまくります。

そして、ハンドルを切っても、タイヤは動きません。

車体の中央から折れ曲がるだけです。

その動きは油圧シリンダーの動きなので、遊びが無く瞬時に反応します。


つまりね、ホイルローダーに乗ったこと無いヒトが乗ると、バッコバコに跳ね回る車体を収束させようとハンドル切りまくってふらつきまくりになんだよね。


じゃあ、どうすんの?

ってコトで聞いとくれ!


よくね、教習所とか、個人のホームページで言われているのが、「視線を遠くにする」、「脇を固めてハンドルをロックする」ってやり方。

ん~っ、間違いじゃない!


でも正解でもない!

だって、遠くを見つめてばかりじゃいられないし、脇を固めたら不意の操作に対応できない…よね?


簡単です!


車体がブレても、大きく揺れても放っておく!


も一度言います!


放っておく!



コレだけです!


下手に反応して修正しようとするから「ふらつく」んです!


でね、このときもっとも重要なのが乗車姿勢です。

運転中に普通車を運転するように、背もたれに背中をべったり付けて運転してはダメです。

そんな運転姿勢では身体が揺さぶられて、不意にハンドルを動かして「ふらつき」ます。


基本は腰の浅い部分でシートに支点を作り、上半身を垂直を保ち、バランスさせます!

だから、ロデオマシーンなんです!


もう分かりましたね!

分かったヒトは、次回で合格です!



ファイト!


(^_^)/♪


[PR]

by weekend-mountain | 2015-07-05 18:11 | 免許・資格 | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 03日

大型特殊免許

きょうは雨で予定していた現場が中止。

その代わりに、土砂崩れの復旧作業の依頼で、いつも崩れる現場に向かいました。

e0338862_20042791.jpg
ホイルローダーで現場に向かうんだけど、車幅ギリギリの狭い道で、ガードレールが在ったり無かったりのスリリングな道。

右側は谷で濁流が轟々と流れていて恐ろしさに拍車を掛けます。

サスペンションの無いロデオマシーンは乗ってるだけで腹筋が鍛えられます(^_^;


ガタガタ揺られながら現場に到着!

e0338862_20101427.jpg
ガッパリいったね~!

ここ、一昨日も崩れて撤去したのにね。

ま、いいでしょう、やりますよ!


e0338862_20120951.jpg
作業状況写真。


監督さんはこんな写真を撮って役所に提出するワケですよ。


あれっ、運転席に人が居ないね…


そうです、ウチの会社は、携帯も通じないような山奥の災害現場に、オレ一人で行かせて復旧作業させるヒドイ会社なんです。


まぁ、ホイルローダーの運転暦は20年以上(?)ありますから、ボチボチやりますよ!


e0338862_20173140.jpg
ビフォーアフター!

何ということでしょう!

1時間ほどで、家族の動線が美しく生まれ変わりました!

(ネタが古いね…)


んがしかし…

e0338862_21473958.jpg
夕方、確認に行くと新たな崩土が…

雨も降り続いているので崩落は続くでしょうね。

夕方に一人で作業は危険です。

明日にしましょう!



建設機械の中では、ホイルローダーの操作が一番得意です!

運転暦20年ですが、大型特殊免許、車両系建設機械運転資格は2年前に取ったペーペーです。

詳しくはコチラ→不整地運搬車運転資格

ケチな土建屋で働いてたので、ずっと無免許、無資格で作業させられてました。

もちろん公道で乗り回せば無免許で捕まりますので、乗ってません。

乗っていたのは現場内。


現場内で、無資格運転すれば労働安全衛生法違反で捕まるのは事業主です。

だから車両系建設機械の資格は本来、事業主が労働者に取らせるべきものなのです。

労働者が身銭を切って取りにいくモンじゃないんです。



今の会社に入るときに、車両系建設機械の取得をお願いした。

実際の講習の前に会社から、「大型特殊免許を取ってこい」との指令。

このとき一瞬ときめいた!

教習所ね♪

オッケー♪


んが間髪を入れずに…


「免許センターでの一発試験」で、しかも“自腹”でって条件…

目の前真っ暗…


一発試験って…

その昔ハタチのとき、自動二輪の限定解除のために一発試験を受けた。

5回目でようやく受かったが、そのときの辛さを思うとねぇ。

やりたくないよ…


もちろん会社には金が無いコトを理由に断りました。

そしたら、「立て替えるから取りに行け、練習はウチのペー(ホイルローダーの別称)でやってイイから」とのコト。

e0338862_20440032.jpg
で取りに行きましたよ。

静岡県中部運転免許センターにね!

結果は2回目で合格しました!


先ず1回目ね。

会社で大特を持ってる方(ペーパードライバー)からアドバイス!

「とにかくスピードを出すこと!」

オッケ~!


結果は不合格…


試験終了後に試験官(現役警察官、因みに女性でした)からワンポイントアドバイスあるんだけど、開口一番、

「仕事で乗ってますよね?」。

20年以上前の二輪の限定解除試験の時に、同じような質問で以降試験を受けれなくされた受験者を目の当たりにしている。

ここは沈黙で押し通す。

「現場で乗る分には構いません」

「はぁ」

「でもここは試験場です。もっとゆっくり走ってください」

「はい」


で2回目。

我慢の走りで無事合格。

取得には1万円掛からなかったので、結局会社が払ってくれました。

(だから災害復旧に一人で行かされるのです…)


こっから本題に入りましょう!

大型特殊免許は運転免許の中でも比較的取りやすい免許です。

教習所に高い金払って通うほどのモンでもないですよ!

でも、普通のヒトは大型特殊車両を運転したこと無いから難しいかもね。

参考までにご覧あれ!


先ず、試験で乗るホイルローダーですが、

e0338862_21025666.jpg
基本オートマなんだけど、普通車と違うのがクラッチの位置にブレーキペダルがあるコトね。

もちろんマニュアル普通車と同様に右足側にもブレーキがある。

つまり、3ペダルなのに、そのうち2ペダルがブレーキで、右足でも左足でもブレーキが踏めるってところ。

詳しいコトは省くけど、ホイルローダーに乗っているヒトは左足ブレーキで運転します。

オレも試験では左足ブレーキで受けました。

で、

e0338862_21081983.jpg
も一つ普通車に無い装備がバケットの操作レバーね!

右手側に在って、たいてい試験車両は1本レバーだね。

これで、バケットを操作するんだけど、試験では走行開始、停車時に操作するのみ。

使い方は試験時に教えてくれますし、ここでは割愛。

よく個人のホームページでは試験時の運転姿勢で、右手はレバー、左手はハンドルって言うけど、それはどうかな~!

実際のところそれでも受かると思うけど、公道を走行中に右手をレバーに添えるなんて恐ろしくてやんないよ!


何かの拍子にうっかり操作してみ、事故るよね。


試験なら両手は10時10分が基本ですよ!

オレもそうしたよ!


でね、も一つ重要なコト!

それはウインカー!

自動車みたいに勝手に戻らない。

曲がった後に自分で戻さなきゃなんない。

1回目の試験のときに、ことごとく消し忘れた。

で対策として、

e0338862_21235550.jpg
操作する右手に「ウインカー」と油性マジックで書いて、試験を受けた!

(これ実際に受かった時の写真ね!因みにコレで免許熱に火が点いて大型免許取得へ向かった!)

試験官は右手に気付いてガン見してたけど、右手に「ウインカー」と書いちゃいけないって法律は無い!

無事合格!



どうです!

ありきたりな一発免許のページより確かな情報でしょ!


免ヲタとか言うヤツいるけどさ、気にしない!


つうか免ヲタだもん(^_^)/


開き直ってみました!


ぷぷっ!


(その2もあるよ!コチラ→大型特殊免許 その2





[PR]

by weekend-mountain | 2015-07-03 21:45 | 免許・資格 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 21日

アーク溶接 その2

金曜から今日までの3日間、アーク溶接の特別教育のために教習所に通ってました!

昨日までの様子(→コチラ:アーク溶接 その1


今日の課題は、先ずはT継手から!


e0338862_19333357.jpg
ん~っ、汚い…

e0338862_19355183.jpg
2層目溶接

ん~っ、やっぱり汚い…

続いては突合せ継手!

e0338862_19450765.jpg
昨日練習に使った鉄板を2枚使って、鉄板同士を繋ぎます。

「初めてにしては上出来」とは教官に言われましたが、やっぱ汚い…



今までの資格取得(→コチラ:不整地運搬車運転資格)は、”出来るけど、無資格、無免許!”だった。


今回のアーク溶接は、まったくの未経験!

この歳になると未経験のモノってなかなか無いし、あっても手を出しづらい。

だから今回はとっても新鮮で面白かった(^_^)


e0338862_19233544.jpg
で、修了証を頂きました!

e0338862_20013709.jpg



コレを取得したからといって、これから現場で溶接作業をするコトは無いと思う。

でも、現場で職人さん達がやっていることの意味が分かるだけでも意義があるよね!


今までの無免許、無資格の作業でもそうだったけど、作業の基本やその意味、そして安全に関する知識が有るのと無いのでは、大いに立ち振る舞いが違ってくる。

それは自分に対してもそうだし、現場の他の作業員に対してもそう。

結局のとこ「安全第一」ってコトなんだよな!

無事作業を終えて、家で美味い酒飲みたいじゃんね!



基本的に教習所は嫌いだけど今回は素直に教えを請いました(^_^)




えっ?


イシカワって免許ヲタ?


資格ゲッター?




イエス!

それで結構!




アンタよりは、色々知ってるぜ!




[PR]

by weekend-mountain | 2015-06-21 20:40 | 免許・資格 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 20日

アーク溶接 その1

e0338862_20075019.jpg
昨日、今日、明日の3日間、アーク溶接の特別教育のために藤枝のC教習所に通っている!

今までの無免許、無資格は先月の不整地運搬車(→コチラの記事:不整地運搬車運転資格)を取得することで解消された。


今回のアーク溶接はまったくの初めてです。

溶接は一度もやったコトが無い!


ってのも、土木で必要な溶接は、コンクリート型枠の異形鉄筋を繋ぎ合わせるくらい。

溶接でモノを造ったり、橋梁とかの溶接は専門分野の話だからね。


今回も会社にお願いして、助成金を使っての資格取得です!

昨日は一日学科教習。

もう、地獄の一日…

気付くと夢の中…

何度も「大丈夫ですか~?」と起こされる。

大丈夫なワケ無いじゃん!


で、ようやく今日の午後から実技!

e0338862_20285876.jpg
生まれて始めての溶接♡

なぜか斜め…


溶接って、オトコのロマンじゃん!

鉄と鉄を繋ぎ合わせる!

く~っ、しびれる!

e0338862_20332398.jpg
こんな感じの作業場さ!


e0338862_20350228.jpg
やっぱり真っ直ぐじゃないね(^_^;


e0338862_20354327.jpg
溶棒やら、電極を入れ替えたり、色々体験させていただきました。


溶接に限らず、作業免許の類は、教習所に通って資格や免許を取得したからといって、すぐに現場に入れるってモンじゃない。


いわゆる「習うより、慣れろ」の世界!

親方とか、上の連中に技術を認められて初めてヤラせてもらえる世界よ。

だから、職人の仕事に首を突っ込むつもりはない。


でも、久々に未経験の実技教習は面白い!

明日は実際に、鉄板を繋ぐ講習です!


楽しみです(^_^)/♪



[PR]

by weekend-mountain | 2015-06-20 20:51 | 免許・資格 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 22日

不整地運搬車運転資格

不整地運搬車の資格取りました!

やっぱり資格を取得するのは嬉しいもんです!
e0338862_19041690.jpg

e0338862_19044108.jpg
車両系建設機械(解体用)、不整地運搬車←今回取ったやつ


不整地運搬車ってのは、簡単に言うと、車輪がキャタピラーになったダンプトラックのコトです。

e0338862_19080226.jpg
↑こんなヤツ

読んで字のごとく、本来ダンプでやりたいが、不整地なのでダンプが走れないっていう現場で使う運搬機械です


今ね、担当している現場が無いので、わりと暇なのよ(^_^;


時間があるときに取っておこうと思ったってワケ!


取得には助成金が使えるので会社は損しないし、オレも会社に恩を感じる必要も無いしさ。




遠い昔の話ですが、大学を出てしばらく東京にいた。

まぁ、フリーターよ!

見かねた親戚の勧めで山梨の土建屋で働くことになったんだ。


働き始めてすぐに、監督から、

「河川敷に砕石があるから積んで来い。機械はタイヤショベルあるから。戻ってきたら砕石をここに空けて、そこのユンボで整地しとけ」

との指示!

オレ一人で路盤を作っとけって!

つうか、オレ、ダンプもまともに運転したことないんだぜ!

ショベルやユンボなんて論外でしょ…


監督が言うには、

「やらなきゃ出来ねえよ!」

だって!


まっ、そんな荒っぽい感じでダンプ、ショベルローダー、ユンボやら建設機械関係の操作を覚えてった。


だが、その土建屋にいる間、ずっと無免許、無資格…


その後、他に職を得て北海道に渡ってしまった。

そんで今から5年ほど前に北海道を出て、再びその山梨の土建屋の世話になるコトになった。



で、その土建屋から最初に言われたのが、ラフティングガイドの資格を取れと…


はぁ~?

e0338862_19124526.jpg

富士川倶楽部

時々ここを手伝えと…


まぁ、その後も現場では相変わらず無免許、無資格状態でね…

安い給料で飼い殺し状態…


まっ、そんなケチな会社は1級土木を取って、サクッと辞めちゃいましたけどね!

e0338862_19165006.jpg
↑ドカタ焼けした顔


で、今の会社には1級土木があるので、現場監督として雇われている。

会社としては監督さえしていてくれれば、建設機械の免許や資格を持ってる必要はない。

「そんなことより、施工管理をちゃんとやってね!」ってスタンス。


でもさ無免許、無資格でいるのはやっぱ気持ち悪い。

だから、担当した現場が終わるたびに、会社にお願いして免許や資格を取らせて貰っている。

e0338862_19533750.jpg

e0338862_19535845.jpg
玉掛け、小型移動式クレーン、車両系建設機械(整地等)


コレを取ったときは相当嬉しかったねぇ!


んで、運転免許も!

あっ、公道では無免許運転してませんよ!

e0338862_20044431.jpg

大型特殊、大型(コレだけ自腹)

一発免許で取りました!



ようやくコレで、無免許、無資格状態は解消されました(^_^)/


いやぁ~良かった、良かった♪



[PR]

by weekend-mountain | 2015-05-22 20:17 | 免許・資格 | Trackback | Comments(0)