週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:前泊の装備( 1 )


2015年 06月 15日

ゲリラ前泊用装備!MOUNTAIN HARDWEAR SKYVIEW 2

e0338862_20432181.jpg
Mountain Hardwear Skyview 2 :マウンテンハードウェア スカイビュー2

確か、1996年頃に札幌の石井スポーツで買いました。

コイツの前に、アクシーズクインの1.5人用テントを愛用していたが、北海道をツーリング中に落下紛失させると言う離れワザをやってのけ、永遠のグッバイ!

同時にシュラフとも今生の別れ…


で、どうせツーリングしか使わないんだから、大きいテントでイイじゃん!ついでに前室も広いモノ!

つうコトで、目に留まったのがコイツ!

当時、マウンテンハードウェアなんて誰も知らない謎のメーカー!

オレも知らなかった。でもネジがイイじゃん!

e0338862_21015930.jpg
ネジ(正しくはナット)


e0338862_21024459.jpg
そう!この前室の広さに惚れました!

このテントの詳しいコトは分かりません。

多分、山岳テントのテクノロジーをファミリーキャンプ用に再解釈したモノ?

でなきゃ、こんな巨大で重たいテントを山に担ぎ上げるには、相当なステロイド投与が必要なシロモノです!



e0338862_21081933.jpg
コイツの売りは、その名が示す通り、スカイビューできるところ!

天井の一部がジッパーで取り外せるようになっていて、シュラフに包まりながら満点の星空を眺めるコトが出来るってとこね!

まぁ、一度もそんなコトしたこと無いけどね。

だって、フライを掛けずに寝たら、朝露でビショビショになるよね!


この辺が海外メーカーのテントだなって思うよ。

今時のテントも、海外メーカーのはメッシュが多用されているのは、この辺りから脈々と続いているんだろうね。

それと、フライの縫い目(いわゆるシーム)は防水テープ等の防水加工は一切されていない。

コレも海外メーカーらしい。

最近のテントでもそうだよね!

もちろん自分でシリコン樹脂で加工(シームシール)しました。



雨の多い日本じゃ考えられない。

e0338862_21205876.jpg
使われているポールは、アメリカのイーストン社製!

かつて山岳テントはこのイーストン社製のポールを使っていることが信頼の証でした。

今は韓国のDAC社製が多いんですかね?

どちらがイイかは分かりません。

でも、やっぱ月に人を送り込む程の国が作ったモノの方が…


このテント、手に入れてから何度か使った後に使わないままで、結局友人にあげてしまった。

山登りを復活する際に、その友人に聞くと、「貰ってから使ってない」と言うので、「返せ!」ってコトで手元に戻ってきた。

ずっと仕舞われていたお陰で、20年の時を過ぎても、加水分解することなく使えている(^_^)

このテントにとって2度目の人生(?)の方が活躍してます。

e0338862_21294524.jpg
ランタンで穴を空けられたりね(^_^;

(現在の代理店コロンビアで修理!実に良心的で、往復送料無料で確か¥1,500くらいだったかな)


今時のテントは軽くて素敵だけど、薄すぎてジッパーで挟むと穴が空いたり、フットプリント(グラウンドシート)が別途必要だったり、割と繊細。

コイツは厚手のナイロンで山登りには向かないけど、前泊の強い味方です!

まぁ、あと2~3年もってくれればいいかなって感じ。

もちろん愛すべき道具です!



[PR]

by weekend-mountain | 2015-06-15 21:40 | 前泊の装備 | Trackback | Comments(0)