週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:八ヶ岳( 14 )


2017年 05月 28日

2017 夏山スタートです! 170528 編笠山

今日は夏山スタートという事で、八ヶ岳の編笠山に登ってきました!


土曜に仕事終わりの足で、そのまま52号線を北上。

途中の温泉「なんぶの湯」で、一日の疲れを癒し、現地入り!

ゲリラテン泊で、前泊です!


先日、手に入れたばかりの、モンベルのテント「X-TREK マイティドーム」を使ってみたくてさ。

e0338862_17515690.jpg
やっぱ、シングルウォールテント最高だよ!

山ではなくとも、例えそこが駐車場だとしても充分な野宿感が味わえるんだ。

ホント楽しいよ(^_^)


※でもゲリラテン泊は、良識ある大人はマネしちゃダメよ~!


あ、因みに、テントの中で酒飲んでたら寝落ちして、気が付いたら酒をぶっ溢して冷たさで目を覚ますという、完全なるダメ人間のワタクシです…

e0338862_17570284.jpg
今回、編笠山を選んだのは、新しい夏靴を下すためなんだ。

高い山だと、もし靴ずれになったりしたら、降りてくるのに時間が掛かって大変じゃん!

編笠山ならそんなに厳しい山ではないから、もし靴ずれとかのトラブルが起きても大丈夫でしょ。

靴の慣らしにはちょうどイイんじゃない!


前置きが長いですね。

それでは行きましょう!


今回は富士見平登山口からスタートです!
e0338862_18034613.jpg
駐車場を出て、ちょっと歩くと登山口です。

e0338862_18043997.jpg
編笠山と西岳との分岐に到着、もちろん編笠山.方面に進みます。

e0338862_18052888.jpg
分岐からすぐの所に「盃流し」と言う清流があるんだけどさ、、、

すっかり水が枯れてしまっている…


登山道は淡々と高度を稼いでいく感じで、特にこれと言ったランドマークは在りません。

e0338862_18065031.jpg
でもね、綺麗な森と、木漏れ日があれば充分です!

e0338862_18081115.jpg
シャクナゲはまだつぼみの状態だね。

e0338862_18084720.jpg
森林限界を越え、急に視界が開けて大きな岩がゴロゴロの所へ。

もう、頂上はあとちょっとです!

e0338862_18101666.jpg
3時間ちょっとで山頂に到着です。

次々と5~6人くらいの人にシャッターを頼まれて、ようやく自分も撮ってもらったらちょっとピンボケ…

まぁ、イイか(^_^;;

e0338862_18122999.jpg
権現岳に、三ツ頭。

e0338862_18123250.jpg
権現の背後には赤岳、その左に中岳、阿弥陀、中岳の後ろには横岳が見えています!

いや~!素晴らしい!

e0338862_18145263.jpg
南アルプス!

左から、鳳凰三山、北岳、甲斐駒、仙丈が見える!

e0338862_18153840.jpg
中央も!

名前は最近行ってないので、忘れかけてます…

e0338862_18153844.jpg
北はガスが掛かってよく見えないけど、諏訪方面はスッキリみえてるね!

e0338862_18170178.jpg
山頂は多くのヒトで賑わっています。

と言うか、人多過ぎ…

30人くらい居たかな…


んじゃ、西岳方面に向かいましょ!

e0338862_18175380.jpg
青年小屋方面に向かうと、残雪が!

進もうとすると、オッサンが飛んできて、「お花が3人ほどいるので待って!」って。。。

オイオイ!見えるとこですんなよ(x_x)

まったく!


登山道は踏み固められた残雪が残ってたけど、特に危険なコトは無かったね。

スノースパイクも必要ありません。

e0338862_18214060.jpg
青年小屋が見えてきた!


八ヶ岳は狭い山域にたくさんの山小屋があるよね。

オレは八ヶ岳の山小屋泊はもちろん、テン泊すらしたコトありません。

オレにとっての八ヶ岳は四季を通じて日帰りの山です!
e0338862_21395650.jpg

小屋までの道のりはゴロゴロの岩だらけの道です。

青年小屋は飲める山小屋として有名らしい。

ま、オレは通り過ぎるだけのヒトですけどね。

e0338862_18235509.jpg
小屋から西岳方面にちょっと行くと、「乙女の水」と言う何とも素敵な名前の水場がある。

雪解け水なので冷たくて、最高に美味い!

e0338862_18260861.jpg
途中の開けた場所から見た権現が、凄まじく大迫力です!

この登山道は源治新道と言う名前が付いています。

由来は知らないが、なかなか良い道で気に入りました!

e0338862_18281048.jpg
こんな感じのトレールで、西岳までは殆どアップダウン無しの素敵な森の小路です!

e0338862_18291628.jpg
西岳に到着です!

登頂写真は撮ってません。

青年小屋から西岳までは、ほぼ同高度のトラバースなので樹林帯歩きが好きな人には堪らないルートだと思うよ。

ま、なかなかそんなヒトはいないと思いますが…

e0338862_18315762.jpg
阿弥陀、中岳、赤岳。

ちょっと雲が出てきた。

e0338862_18324405.jpg
南アルプスはすっかりガスに隠されようとしています。

この時11時半くらい。

11時にはガスが上がってくるなんて、夏山だなぁ~!

e0338862_18340677.jpg
中央はまだ大丈夫みたい!

e0338862_18343658.jpg
アゲハも出てきたね!

e0338862_18352343.jpg
さっき登ってきた編笠岳、その奥に富士山!


それでは降りますか!

e0338862_18351378.jpg
西岳からの下りは開放的でイイ感じ!

e0338862_18384767.jpg
樹林帯に入れば、もう新緑のシャワー!

気持ちいい~!

e0338862_18394602.jpg
ミズナラや、カンバ、カラマツの淡い緑が本当に素晴らしい!

e0338862_18410581.jpg
木漏れ日の中のシダも輝いています!

e0338862_18415773.jpg
カエデも!

e0338862_18423703.jpg
あぁ、この時期の山は本当に美しい!

季節は巡り、また夏が来る。


いいなぁ~!

e0338862_18433577.jpg
不動清水という名の水場まで降りてきました。

ここも冷たくて美味い!

e0338862_18443459.jpg
コナシ(?)の花がキレイです!

この時期の八ヶ岳は本当に良いね!

e0338862_18491211.jpg
駐車場に戻ってきました!

奥には甲斐駒と鋸岳!


7時間ほどの程よい旅でした!

e0338862_18501606.jpg
今回の主たる目的である、靴の慣らしだけど、もうバッチリです!

3足連続でキャラバンC1-02なので、なんの違和感もなく、靴擦れも痛みも全くなし。

やっぱり日本人向けの靴なので、とっても履きやすい!

これからはコイツと夏山を登って行きますよ!

e0338862_18530909.jpg
帰り道の甲斐駒。

重厚な黒戸尾根が、オイデオイデしてるよ(^^;;

行きたいな~!


今日は天気が良くて最高でした!

良い夏山スタートが切れた気がします!


今年の夏山はどんな感じで行こうかな!

とは言え、南アルプス中心のいつもの感じなんだろうけどね(*´з`)~♬

ほんと楽しみです!





[PR]

by weekend-mountain | 2017-05-28 21:03 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 23日

あれから1年 杣添尾根 横岳 170423

e0338862_17443754.jpg
今日は八ヶ岳の横岳に、杣添尾根(そまぞえおね)から登ってきました!

毎年、この時期の杣添尾根を歩くのが楽しみになっているんだ。


それでは行きましょう!

e0338862_17540432.jpg
海ノ口登山口を6時15分に出発です!

本当はもっと早くに到着予定だったんだけど、考え事しながらボケーッと走っていたら美濃戸口に向かっちゃっていてね(^^;

途中で気づいて引き返したりして、遅くなったんだ。

e0338862_17593728.jpg
林道をしばらく行くと、稜線が見えました!

いや~、雪多いね~!

林道からいよいよ登山道に入ると入口から積雪状態。

e0338862_18002454.jpg
冬靴に、アイゼンです!

アイゼンは、今回もモンベルです!

今シーズン手に入れたグリベルG12は正月以来使っていない。

G12 は重量級で爪が長いから厳冬期専用で、この時期は使う気がしない。

モンベルは擦り減った爪を削って、フロントベイルを交換したら、とっても使いやすくなった!

軽いし、最高です!

e0338862_18043362.jpg
雪は死んでいるけど、量は多いね!

e0338862_18050517.jpg
木漏れ日がステキです!

e0338862_18053091.jpg
2時間ほどで、「万歩計で中間地点」ってところまで来た!

つうコトは、あと2時間?

e0338862_18062160.jpg
富士山真っ白だね!

5月中に行ければ行きたい。

でも、雪が多そうだから6月でもイイかな。

その前にサングラスを調達しなきゃ(;^ω^)

e0338862_18073468.jpg
さあ、いよいよ樹林帯を抜けるよ!

雪も白くて最高だね!

昨日うっすら降ったみたい。

e0338862_18083965.jpg
積雪期のみのお楽しみ、杣添尾根の稜線通し!

行くよ!


因みに夏は、稜線右側のカンバ林の中を歩くので展望なし。

e0338862_20303314.jpg
視線を右に移すと横岳山頂が見える。

分かり辛いけど、真ん中の右隣のポコがピークです。

e0338862_20325376.jpg
視線を左に移すと、八ヶ岳最高峰の赤岳!

これほどまでに見る位置で形の変わる山は無いよね~!

なんですか、この斜度は(゜.゜)

e0338862_20354218.jpg
まもなく主稜線に上がります!

先行者に追いつきました。

e0338862_20364910.jpg
主稜線に乗ったよ!

e0338862_20373593.jpg
奥のピークが横岳山頂です。

e0338862_20382771.jpg
あとちょっと、、、

e0338862_20400234.jpg
この鉄階段を上がれば…

e0338862_20404969.jpg
出発から3時間45分、午前10時ちょうどに到着です!

e0338862_20424463.jpg
一応証拠写真。

このすぐ後に、硫黄岳方向からガイドと猿回し状態の登山者が上がってきた。

どうやら初心者みたいで、あんまり楽しくなさそうで可哀想。。。

ガイドの選択間違ったんじゃない。。。

e0338862_20485635.jpg
中央、御嶽、そして今年唯一滑った富士見パノラマスキー場!

まだ営業できるくらい雪あるよね。

e0338862_20512122.jpg
北もバッチリ見える!

e0338862_20521063.jpg
諏訪湖もバッチリ見えるよ!

やっぱり八ヶ岳からの諏訪方面の眺めは最高だね!

e0338862_20541139.jpg
でもって阿弥陀。

e0338862_20543373.jpg
そんでもって赤岳!

その向こうには、愛すべき南アルプス!

いや~、最高じゃないか!

来て良かった!

e0338862_20554518.jpg
登ってきた杣添尾根。

e0338862_20580053.jpg
見下ろすと、さっきのガイドとお客が、「カニの横這い」をトラバース中。

何だか微笑ましいねぇ!

のんびり30分、山頂で休んだら、、、

e0338862_21003954.jpg
降りますか!

下りは楽チン!

e0338862_21012950.jpg
雪が緩んでザクザクなので、両足を滑らせながら降りて行きます!

こういう時は長いコト北国に住んでて、ウインタースポーツをやってて良かったなって思うよ。

雪質を見ればだいたいの事は分かる。

他の登山者は必要以上にビビリまくりだもの。

e0338862_21061772.jpg
サヨナラ赤岳!

e0338862_21064245.jpg
サヨナラ杣添尾根!

e0338862_21071301.jpg
名残惜しいけど、樹林帯に突入です!


e0338862_21074408.jpg
富士山!


もう下りはガシガシ下ってアッと言う間です。

e0338862_21084785.jpg
林道の東屋まで1時間ちょっとで下って来た。

デポっていた夏靴に履き替えます。

オレね、なるべくトレッキングシューズをアプローチシューズにして雪の無い所では冬靴を履かないようにしている。

何故かって言うと、冬靴を長持ちさせるため。

特に暖かい時期に冬靴を酷使すると、あっという間にダメになるからね。

貧乏臭せえって?

イイんですよ、長く続けるには極力お金を掛けないコトが重要なんです!


e0338862_21165960.jpg
2時間ほどで戻ってきました!

6時間の程よい旅でした!


雪山は下りが楽でいいね!


e0338862_21271388.jpg
帰り道で見た甲斐駒ケ岳!

カッコイイ!

e0338862_21270394.jpg
鳳凰三山!

あぁ、静岡に帰りたくない。。。


今日は1年ぶりの杣添尾根だった。

1年前は、夜学を卒業して、それまで勤めていた会社を退社し、今の会社に移る直前だったんだ。

色々考えていたし、悩みも多かった。


今は転職して収入は増えたけど、週休1日で休みは随分と減ってしまった。

正直、良かったのか、悪かったのか分からない。

プレッシャーやストレスに押しつぶされそうな毎日、、、

でも、頑張るよ!

頑張んなきゃなって、思ったよ。

e0338862_21420257.jpg
道の駅「南きよさと」には去年と同じように、たくさんの鯉のぼりが気持ち良さそうに泳いでいた。



で、

帰ってから、久しぶりに古くからの友人に電話。

夏山の道具をヤツのショップから発注掛けてもらうためにね。

久しぶりに話せて楽しかった!

ホントは冬に遊びに行きたかったんだけどさ。


何だか今日は楽しかった。

1年前とは色んな事が変わってしまったけど、それでも山も親友も変わらずそこに居てくれるコトが、嬉しかったし、なんだかかんだオレの支えになってるんだって思ったよ。

ありがとう


明日から頑張るよ!




[PR]

by weekend-mountain | 2017-04-23 22:01 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
2017年 03月 05日

春の雪は淡雪 硫黄岳 170305

e0338862_19183374.jpg
今日は八ヶ岳の硫黄岳に登ってきました!

先週は厳冬期甲斐駒の黒戸尾根日帰りピストンというロング&ハードな山行だったので、のんびりスノーハイクがしたいな~、って思ってさ。

ホントは杣添尾根でスノーシュー持って登ろうと思ってたんだ。

だけど、登山口への道路がガリンガリンのアイスバーンでね、とてもオレの車じゃたどり着けそうになかった(-_-;)ウーン

危険を冒してまで行く事もないので、急遽美濃戸口に行先変更ってワケです。

これがバッチリ正解でした!


それでは行きましょう!

すっかり明るくなってから午前6時過ぎに出発です!

e0338862_19301554.jpg
1時間ほどで美濃戸山荘へ。

赤岳鉱泉に向かうので、北沢を進みます。

それにしても冷えています((x_x))

先週の甲斐駒は春山っぽかったけど、今日は厳冬期っぽい冷え込みで、温度計はマイナス10度(!)と冷え冷えです…

お陰で雪が死んでなくて、フレッシュなイイ雪質です!
e0338862_19382763.jpg
ようやく日の当たる所まで来ると、暖かいことこの上ない!

冷え込みは厳しくとも、もう太陽の光はすっかり春の光になってる。

e0338862_19400787.jpg
雪質はかなりイイ!

まぁ、たいした登りも無く赤岳鉱泉に到着です。
e0338862_19405860.jpg
アイスキャンディーがお出迎え!

e0338862_19420210.jpg
インストラクター(?)が氷の状態をチェックしてました。

さて、硫黄の頂上へ出発です!

e0338862_19430997.jpg
大同心が見えました!

袈裟を着た坊主がお経を読んでいるように見える?

e0338862_19483033.jpg
樹林帯をのんびり登って行きます!

e0338862_19494856.jpg

森林限界に出たけどさ、写真が白飛びしちゃってるね(;^ω^)

ちょっとした急斜を登ると、

e0338862_19510797.jpg
稜線上に出ます!

で、

e0338862_20073575.jpg
山頂方向です!

e0338862_19523612.jpg
サクサク行きましょう!

e0338862_19530468.jpg
ちょっとした岩場を過ぎると、、、

e0338862_19532825.jpg
山頂です!

厳冬期ほどじゃないけど、やっぱり八ヶ岳は風が強いね!

e0338862_19545029.jpg
爆裂火口です!

何だかガトーショコラっぽい(^^)

e0338862_19563048.jpg
横岳、赤岳!

e0338862_19572711.jpg
でもって、赤岳、中岳、阿弥陀岳!

南八の展望台だね!

e0338862_19581442.jpg
先週登った甲斐駒!

その右横に一際白い仙丈!

阿弥陀の肩にちょこッと見えてる北岳です!

e0338862_19560139.jpg
北アルプスも良~く見えてる!

e0338862_20002040.jpg
中央、御嶽も!

恋人の聖地、富士見パノラマもね…

e0338862_20001616.jpg
北八は行ったことがないので、いつか行きたいと思いつつ…

たぶん当分行かない…
e0338862_20024788.jpg
ケルンにはエビの尻尾がびっしり!

んじゃ降りますか!

e0338862_20045668.jpg
降りてくと、阿弥陀かスゴイ迫力に!

北岳も見えるね!

e0338862_20052963.jpg
横岳も荒々しい!

e0338862_20055799.jpg
せっかくなので赤岩の頭へ行ってみましょ!

e0338862_20070481.jpg
う~ん!最高に気分がイイ!

諏訪方面!

諏訪湖が見える!


んじゃ、稜線から降りましょ!

e0338862_20085923.jpg
雪質が良かったので、ノートレースを激下りしてみました!

気持ちイイ!

良い子はマネしちゃダメよ!

e0338862_20100771.jpg
樹林帯は尻セードのショートカットだらけ。

オレは尻セードはしないけど、ありがたく使わせてもらうよ!

e0338862_20112661.jpg
アッちゅう間に赤岳鉱泉に到着!

e0338862_20120877.jpg
アイスキャンディーは大盛況ですね!

オレ?

やってみたいけどね、、、

多分やらない、、、

降りましょ!

e0338862_20144212.jpg
さいなら大同心!

e0338862_20154823.jpg
春の小川はサラサラいくよ~♪

e0338862_20162689.jpg
ドアを付けときました。

e0338862_20172289.jpg
堰堤広場まで戻ってきました。

e0338862_20181274.jpg
雪質が良いので、林道を歩いていても楽しいです!

で、出発から7時間で美濃戸口に到着!


今回、久しぶりの冬期の硫黄岳だったけど、思いのほか楽しかった!

3月にしては雪質が良くて、厳冬期の雪質に近かった。

これからの時期は、雪質がどんどん悪くなっていくんで、今日登ったヒトはラッキーだったと思う。

春の雪は淡雪ですからね!

明日には無くなってます…


ホント雪質が良いと楽しい!

それに何より、硫黄岳は緊張を強いられる場面は一つも無いから余計楽しめた(^_^)


で、

e0338862_20322818.jpg
美濃戸口まで戻ったら、八ヶ岳山荘でコーヒータイムです!


美濃戸口の駐車場の領収書で、コーヒー1杯無料で飲めるんだよね!

知ってた?

八ヶ岳ブレンドってヤツを飲みました(^^)


来週も天気が良ければ八ヶ岳かな~!


楽しみです!









[PR]

by weekend-mountain | 2017-03-05 20:50 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 19日

雪と遊ぶ 赤岳 161218

e0338862_20535029.jpg
昨日は八ヶ岳の赤岳に登ってきました!

ホントは昨日のうちにアップするつもりだったんだけど、ビール飲み飲み書いていたらいつの間にか寝ていた、、zzz


先週の初滑りの時に、富士見パノラマリゾートから見た八ヶ岳はイイ感じに雪山になっていたんでね、もう行きたくて行きたくてウズウズしてたんだ(#^_^#)


今シーズンは雪山スタートが随分遅くなっちゃったけど、いよいよ始まりましたよ!


さぁ、それでは行きましょう!

スタートは4時45分。

もちろん美濃戸口からのスタートです!

ヘッデンの灯りを頼りに登って行きます。
e0338862_21000816.jpg
徐々に明るくなってきたよ!

思っていたより寒くない。

って、まだ12月だもんな、これからか。。。

南沢を上がっていくと、

e0338862_21101245.jpg
大同心が見えてきた!

もう近いね!

e0338862_21105850.jpg
雪に落書き(^^)

ソフトクリームとお化け!

e0338862_21121281.jpg
赤岳が見えた!

山頂付近、スゲー雪煙!

e0338862_21130053.jpg
3時間半ほどで行者小屋に到着!

テントは10張りくらい。

日帰りを含め、多くの人がアタックの準備をしてます。

e0338862_21152315.jpg
新しい冬靴、アイゼン、ピッケルです!

スポルティバ・ネパールキューブに、グリベルのG12に、シモンのメタリックってやたらセレブな組み合わせ!

まっ、すべて日本定価の50%オフですけどね!

八ヶ岳あたりじゃ十分ハッタリが効きます(^3^)ププ


そんじゃ、オイラも行きますか!

文三郎尾根に向かいます!

e0338862_21201995.jpg
登り始めると右手にドカ~ンと阿弥陀岳!

今年は何度も登った阿弥陀も雪山になったねぇ~(しみじみ)

e0338862_21250445.jpg
雪質はかなりイイ!

ズンズン行くよ!

e0338862_21263102.jpg
中岳も冬に見ると、何だかカッコいいね!

e0338862_21270323.jpg
本チャンな人達。

わたくしワンゲル出身なので、山岳部系の山登りは眺めるだけにしときます。


e0338862_21293320.jpg
もうちょっとで、中岳の分岐です。

e0338862_21302025.jpg
中岳の分岐に来ました!

正面に見える阿弥陀の夏の一般道は、冬は相当ハードです。

厳冬期に一度登ってますが、未だに「また登りたい」って気分になれない…

e0338862_21332399.jpg
さぁ、文三郎の核心部(と言っても大したことはない)に来ました。

e0338862_21332747.jpg
キレイだね!

逆から見ると、、
e0338862_21344656.jpg
ここに鎖が無ければそれなりに恐怖だよ。


e0338862_21365704.jpg
さぁ、この梯子を登れば頂上です!

つうコトで、

e0338862_21380612.jpg
出発から6時間で頂上です!

左から強烈な風と、風に飛ばされた雪が容赦なく叩きつけてくるんだ。


e0338862_21393351.jpg
権現の向こうには南アルプス!

鳳凰三山、農鳥、間ノ岳、北岳、甲斐駒、仙丈と本当に美しい!

行きたいな~!


e0338862_21410920.jpg
阿弥陀の向こうには諏訪湖!

頂上に人が見える。

e0338862_21415198.jpg
エビの尻尾が凄いことにΣ(・□・;)

e0338862_21430481.jpg
富士山もくっきり!

冬期赤岳山頂で唯一平和な場所を、ガイドツアーの集団が占拠…


e0338862_21460387.jpg
山梨百名山の標識が増えていた。。。

百名山スタンプラリー。。。


e0338862_21490811.jpg
下りは地蔵尾根へ向かいます。

赤岳から地蔵尾根の頭の間は、烈風が吹き荒れています。

こんなのに際限なく吹かれていたら絶望的な気分になるに違いないけど、八ヶ岳ならアトラクション的要素に感じてしまうから恐ろしい(^^;;

e0338862_21530923.jpg
これぞ「風の山 八ヶ岳」です!


e0338862_21540127.jpg
地蔵の頭はホント半端無いっす!

地形的に風が収束するんだよね。

e0338862_21550314.jpg
去年から鎖が設置されてガッカリのリッジで、上り下りの渋滞が、、、


ビュービューの中、待たされて参った(x_x)p

e0338862_21570928.jpg
樹林帯に入ってしまえば、ピッケルは不要。

スノーポールに切り替えて、ガン下り!

ガイドツアーの皆さんは必要以上に慎重に降りていたけど、この雪質なら恐れるに足らず。

ガイドも分かってるんだろうけど、簡単に下れたらガイドの必要ないもんね。


オレは、飛び降りるように下って行きました!



e0338862_22004858.jpg
フワフワの雪の上を歩くのは本当に楽しい!

e0338862_22013534.jpg
あっという間に行者小屋へ戻ってきました。

皆さん同じように下山の支度中。

昼だというのに、太陽高度低いねぇ!


それじゃ、下りましょう。

サヨナラ八ヶ岳。
e0338862_22025978.jpg
南沢を下りながら、赤岳を振り返ると山頂付近はやっぱり雪煙があがってるね。

e0338862_22041121.jpg
ドカ降りしたせいかカンバの木がお辞儀しちゃってます。

e0338862_22061777.jpg
木漏れ日がきれい!

山登りは下りも楽しいよ!



そんで、無事美濃戸口に戻りました。


10時間の旅でした!

e0338862_22113559.jpg
帰りは八ヶ岳エコーラインをドライブ!

いやぁ~、八ヶ岳キレイだわ!

反対を振り返ると、

e0338862_22113680.jpg
鳳凰三山、甲斐駒、鋸岳!

上から見ても、下から見ても、南アルプスはデカいね!
e0338862_22113514.jpg
帰り道で甲斐駒を見上げると、、、

甲斐駒山頂も烈風地獄だね…


今回、冬山スタートってコトで八ヶ岳に行ったわけだけど、やっぱ八ヶ岳イイわ!

だって静岡から2時間半ほどで雪と遊ぶことが出来るんだぜ!

しかも日帰り可能って素晴らしさ!

完全週休1日生活になって早や7か月、日帰りで雪山が楽しめる八ヶ岳はホント貴重な存在です。


因みに、今回新しくおろした冬靴、アイゼン、ピッケルについてですが、、、

どれも最高でした!

冬靴はサイズを1つ上げたのが大正解で、ネパール・エボで感じたフィット感の良さがさらに倍増した感じで一発で気に入りました!

アイゼンはセッティングを詰めたおかげでまったくズレないし、なんの違和感もなく使用できた。

ピッケルは、BDに比べたら重いけど、やはり必要な重さなんだってことが良く分かった。


冬装備のテストもできたし、久しぶりの雪山を堪能出来たし、ホント良い山行でした!


いよいよ来週は正月山行に向けての荷揚げ登山です。

再来週は厳冬期3,000m峰の聖岳にリベンジ予定です。

天気が良いとイイな!


雪と遊んだ日曜でした(^_^)



今年も良い冬でありますように







[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-19 21:15 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2016年 08月 21日

赤岳&阿弥陀岳 楽しい山に! 160821

今日は八ヶ岳の赤岳と阿弥陀岳に登ってきました!


今回はオレにしては珍しくソロではなく、夜学時代の友人SSと登ってきた。

SSとは年1ペースで山に行く仲で、今まで北アルプスの奥穂高岳、南アルプスの聖岳~茶臼岳の縦走、黒戸尾根からの日帰り甲斐駒に一緒に行っている。


今回「日帰りで登れる楽しい山に!」ってオーダーが入ったので、八ヶ岳に行ってきたってワケ。

山行中にずっとおしゃべりしていたので、写真がいつものように撮れてませんが、、、


それでは行きましょう!


e0338862_21542839.jpg
美濃戸口から南沢を進みます!

一気に飛んで、行者小屋に到着。

見上げると、、、

e0338862_21551096.jpg
赤岳山頂はガスガス…

e0338862_21551018.jpg
阿弥陀岳は辛うじてガスが薄い感じ。


どっちにしても、オレからしたらダメダメって感じです。

取り敢えず、文三郎尾根を上がって、ガスガスな赤岳に登るのか、少しでも景色がある阿弥陀に登るのか決めることにしました。

e0338862_21551007.jpg
オレね、無積雪期に文三郎尾根を登ったコトがないので、こんなに階段地獄とは知りませんでした。

コヤツ、余裕で笑ってますけどね。

e0338862_21551034.jpg
文三郎尾根の阿弥陀への分岐に来ました。

ココで改めてSSにどうしたいのか問いかけると、

「赤岳に登ります」との答え!

いいね~!

オレなら無難に阿弥陀でお茶を濁すとこだけど、そうでなくちゃね!

e0338862_22041927.jpg
ってコトで、赤岳に到着です!

e0338862_21551091.jpg
県界尾根側は抜けていて、気持ちがいいです!

e0338862_22064690.jpg
山頂はガスガスでしたが、徐々にガスが取れてきました。

それでは下りましょう!

e0338862_22064748.jpg
ガスが急速に取れて来て、横岳方面も姿を現しました。


阿弥陀にも行きたいという強い意志を尊重して進んで行きます。

いや~っ、いいね!

自ら意思決定するのは山登りの基本ですから。

それが無謀なら止めるまでなんで。


e0338862_22064764.jpg
権現も見えました!

e0338862_22064727.jpg
振り返ると赤岳バッチリ!

e0338862_22064773.jpg
で、中岳通過!

写真は有りませんが、阿弥陀への急斜面をヒーヒー言いながら登ります。

e0338862_22180110.jpg
で、頂上です!

e0338862_22180046.jpg
阿弥陀からの赤岳!

e0338862_22180187.jpg
ガスが切れて諏訪湖が見えたので、諏訪湖のポーズ「すわっ!」です!

e0338862_22180114.jpg
ヤツの担ぎ上げたカレーをぶん取って腹いっぱいに!

スプーン忘れて、二人ともハシで茶漬け状態で食しました(^^;;


e0338862_22180102.jpg
赤岳頂上荘には何度もヘリが荷揚げしていて、この写真を撮った後に阿弥陀山頂上空を通過してくれました!

カッコいい!

で、下りは御小屋尾根にまわります。

e0338862_22250479.jpg
唯一の危険個所では苦笑いしてます。


あっ、因みにヤツの被っているハットは俺のです。

出発時に「帽子忘れた」って言うもんだから、オレのを貸しました。

一応、女子ですからね、日焼けを気にしてますんで。

お陰でオレは顔がヒリヒリ…

e0338862_22250421.jpg
御小屋尾根も、最初の下降は結構な斜度です。

フィックスロープがあるのがとても助かります。


e0338862_22250414.jpg
途中の水場で水を飲んで、16時には下山終了です!


下山後は八ヶ岳パノラマライン沿いの売店でソフトクリームを食べました。

e0338862_22250452.jpg
で、冷たいものが飲みたかったので、、、

e0338862_22250429.jpg
牛乳です!

牛乳大好きなんです。

毎日欠かさず飲んでます。


まぁ、久しぶりのSSとの山行はとっても楽しかったね!

次に行くのは来年かな(^_^)


台風が接近している中では思いがけず天気が良く、最高の山行になりました!

それに、台風接近とお盆明けの日曜日ってコトで、八ヶ岳とは思えないくらい人が少なくて快適でしたね。


やっぱ八ヶ岳は日帰りの山ですね。



これからも通いますよ!



[PR]

by weekend-mountain | 2016-08-21 22:51 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 30日

八ヶ岳 阿弥陀南稜~中央稜 地図に無い山登り! 160529 後編

日曜(5月29日)に八ヶ岳の阿弥陀岳に日帰りで登りました。

その後編です!



それでは行きましょう!

e0338862_20082362.jpg
山頂へはスタートから4時間ちょうどでした。

先週の偵察時に御小屋尾根から上がった時もちょうど4時間だったのでまったく同じですね!


e0338862_20120649.jpg
空がきれいだね~!

e0338862_20132316.jpg
歩いて来た尾根です。

青薙も見えるね!

e0338862_20145160.jpg
で、核心部!

今まで、阿弥陀に上がっても、特に何とも思わずに眺めていただけだけど、夏山とは言え南稜を登った後では、とても感慨深い景色に見えるよ!

e0338862_20171687.jpg
大好きな南アルプス!

e0338862_20173796.jpg
中央と御岳!

e0338862_20531966.jpg

乗鞍、北アルプス、立山方面!

e0338862_20183933.jpg
ん~、行ったコトないから判らん(^_^;;

e0338862_20193275.jpg
硫黄岳!

e0338862_20195818.jpg
横岳!

e0338862_20201616.jpg
そして赤岳!

素晴らしい~!

いや~っ、阿弥陀最高だわ!

ゆっくりしたいところでだけど、これから下る中央稜がどんな様子か判らないので、下ることにします!


e0338862_20231474.jpg
御小屋尾根方向に進みます。

御小屋尾根ルートには、頂上の直下にこの岩場があります。

梯子や転落防止の鎖があるので、危険ではないんだけど、結構怖いよ(x_x)

e0338862_20251044.jpg
クサリの向こうは断崖絶壁です!

e0338862_20261154.jpg
眼下に行者小屋が小さく見えます。

e0338862_20270207.jpg
さぁ、いよいよ中央稜に乗りました!

このルートを歩くのはもちろん初めてなんだけど、とにかく景色が素晴らしいね!


本当にこれぞ空中散歩って感じだね!

e0338862_20293485.jpg
左は今日歩いて来た立場山に続く尾根で、右は御小屋尾根、そして今下っているのが真ん中の中央稜です!

どうですこの解放感!

e0338862_20305313.jpg
振り返るとこんな感じです。

結構ザレていて、しかも急斜面です(汗)

e0338862_20323313.jpg
ハロが出てます!

e0338862_20325688.jpg
彩雲も!

いや~、もう素敵すぎてニヤけてしまうよ!

e0338862_20335750.jpg
だんだんと尾根が細くなって、これにて空中散歩は終了です!

樹林帯にダイブです。


樹林帯に突入すると、踏み跡が薄い所が出て来て迷いそうになるコト数回…


e0338862_21234547.jpg

でもこんな岩棚があって、飽きさせません!

e0338862_20363847.jpg
シナノコザクラにも会えました!

e0338862_20371961.jpg
イワカガミも咲き始めてキレイだね~!

もう6月になるもんね!

e0338862_20382061.jpg
ホテイラン!

高山植物にはあまり詳しくはないけど、花真っ盛りでホント気分がイイ!

特に今回のような緊張する山登りの後に見る花には凄く癒される!

e0338862_20384712.jpg
稜線から下降終了!

広河原(北岳のとは別よ)はヤナギやハンノキの新緑でまぶしいくらいです!

e0338862_20444097.jpg
ツボスミレの仲間が咲き乱れてる!

e0338862_20451182.jpg
キンポウゲの仲間も!

e0338862_20454371.jpg
2度目の遭遇のホテイラン!

可憐だね!

e0338862_20550161.jpg
林道歩きも気分が良い!

すべてが新緑で埋め尽くされていて、溢れ出る生命の勢いが本当に素晴らしい!

e0338862_20562357.jpg
ミズナラの葉もキレイです!

e0338862_20565450.jpg
名前が分からないんだけど、真っ白な花が咲き乱れていました!

コレとは別に、

e0338862_20575012.jpg
サクラの仲間かな?

ほのかに甘い香りがしてました!

なんかイイねぇ~!

この時期の山歩きは最高だよ!

e0338862_21010097.jpg
無事戻って来ました。

良かった、良かった!


e0338862_21012643.jpg
帰り際に水場で水を汲んで行きました!

冷たくて美味しい!

ハードな山行の後には、まさに五臓六腑に染み渡るって感じだね。



今回の山行は、初めて歩く阿弥陀南稜と中央稜だったけど、思っていた以上に楽しめた。


八ヶ岳はもう何回来たか分からないくらい来てるけど、今回のルートは本当に素敵だった(^o^)/

阿弥陀南稜の激しさの後に、中央稜の空中散歩、樹林帯に入れば花々の楽園、林道は新緑のシャワー!

本当に、本当に気分が良かった!


夏の八ヶ岳は大勢のヒトでごった返している印象しかなくて、静かな山歩きが好きな俺には騒々しくって苦手なのよ。


鬱蒼とした森の中にポツンといる感じが好きなので、今回は本当に最高だった!

南稜でも、中央稜でも誰にも会わなかったからね。

八ヶ岳にいながら、南アルプスを歩いている錯覚に襲われたくらいだもの。


e0338862_21024011.jpg
今回歩いたルートです!

全行程で7時間でした。

次は秋の紅葉時期に行ってみたいな~!


ところで、

5月に入ってから日曜は晴天続きです。

正直なところ、GWに北沢峠のテン場で痛めたヒザが治りきってない。

完全に治してから山に行きたいところなんだけど、次の日曜も天気良さそう(^_^;;


女王に会いに行こうかな~!


まっ、今回は八ヶ岳の違った一面が見られて本当に良かった!



という事で、言いましょう!


八ヶ岳サイコ~~~~~~~!




[PR]

by weekend-mountain | 2016-05-30 21:29 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2016年 05月 29日

八ヶ岳 阿弥陀南稜~中央稜 地図に無い山登り! 160529 前編

今日は先週に引き続き、八ヶ岳に登ってきました!

先週の山行(→八ヶ岳 南八ヶ岳大縦走!)は、今日の山行の偵察だったんです。


今回は、阿弥陀南稜から阿弥陀岳に上がり、中央稜から降りてきました。

阿弥陀南稜も、中央稜も、国土地理院の地形図、昭文社の山と高原地図ともにルートは描かれていません。

超メジャーな八ヶ岳において、ひっそり存在するマイナールートなんです。


まぁ、阿弥陀南稜は厳冬期のバリエーションルートとして有名ですが。


いずれ、そっちに突っ込んでいくようになるだろうから、夏のうちにルートを見ておこうと思ってね!

天気バッチリで、思いがけず素晴らしい山行になりました(^_^)/♪

正直なとこ、無積雪期の八ヶ岳は好きじゃなかったけど、今回の山行で好きになりました!


それでは行きましょう!

e0338862_19545773.jpg
スタートは舟山十字路で、前日の夜からゲリラテン泊しました。

八ヶ岳なら当日出発でも行けるんだけど、土曜出勤の会社に転職したので、これからはこのスタイルでテン泊を楽しみます!

ドマドーム最高です!


で、5時45分スタート!

e0338862_20033477.jpg
車両通行止めのゲートから!

e0338862_20041205.jpg
すぐに分岐です。

平和な御小屋尾根ルートと、「一般ルートではありません」の南稜ルート!

アナタならどちらへ?

e0338862_20492519.jpg
しばらく林道を進みます。

その後、水無し川の「広河原」を渡り、立場山登山道へ合流します。

e0338862_20083194.jpg
登山道は荒らされていないので、何とも平和な感じにキスミレが咲いてます。

e0338862_20100205.jpg
まぁ、そこそこの急登が続きます。

e0338862_20113833.jpg
で、出発から2時間10分、立場山に到着です!

ここまでは、地形図に破線が有ります。


ここからは、いよいよ自己責任の世界に突入です!

e0338862_20173444.jpg
すぐ横には権現岳がドーンと睨みを利かせています。

e0338862_20181665.jpg
編笠山の向こうには南アルプス北部の三役が!

e0338862_20193851.jpg
そんでもって、今回の主役の阿弥陀岳!

その右肩の稜線が「阿弥陀南稜」です!

いやぁ~!とんがってるね!

e0338862_20211036.jpg
青薙まで来ました。

薙は、いわゆる崩れのコトです。

e0338862_20221681.jpg
崩れとしては落ち着いている感じです。


そんなコトより、ココは厳冬期にはテン場になる場所らしく、そこかしこにキジ跡がありました。

もちろんキジそのものがあるわけでなく、キジ紙(トイレットペーパー)がそこかしこにあったワケです。


キジを打つことは否定しない。

オレもちょいちょい山でキジを打つ。

でも、オレはキジ紙はビニール袋に入れて持ち帰ってるよ。

頼むよ!

e0338862_20260667.jpg
いよいよ取り付きますよ!

e0338862_20263459.jpg
赤岳も南稜から見るとだいぶ形が違うね!

主稜線から見る細い赤岳とは思えないどっしり感!

e0338862_20273924.jpg
権現の横には富士山!

e0338862_20280853.jpg
さぁ、南稜に乗ったよ!

e0338862_20283900.jpg
第1ピークの上に来た。

まぁ、普通のハイキングだね!

e0338862_20293053.jpg
続いて、第2ピークに向かいます!

e0338862_20300726.jpg
第2ピークから、第1ピークを振り返ると、こんな感じです。

e0338862_20312899.jpg
お次は第3ピークです!

今までとは明らかに違う雰囲気です(^_^;;

e0338862_20322398.jpg
ここまで来ると、赤岳がスゴイ迫力だぜ!

e0338862_20330671.jpg
核心部へは左の肩へ回り込みます。

e0338862_20335175.jpg
ルンゼの入口まで来ました。

日の当たっているところがそうです。

入口までは、一応ワイヤーが張ってあるけど、「ホールドはご自由に」状態です。

e0338862_20362668.jpg
核心部のルンゼの中に入りました。

中央部分には水がチョロチョロ流れていて、しかも凍っているからタチが悪い(^_^;;

e0338862_20375031.jpg
ほぼ中央まで来ました。

ここからは草付きなので、安心です。

e0338862_20384475.jpg
もう少しで稜線に復帰です!

e0338862_20392391.jpg
無事登り切りました(^_^)

e0338862_20400183.jpg
富士山がきれいだね~!

さぁ、進もう!

e0338862_20404849.jpg
頂上はあと少しです!

e0338862_20411426.jpg
ルート上には錆びた古いハーケンが残っていたりして、実に味わい深いです!

e0338862_20420205.jpg
足元を覗き込むと結構な高度感があるよ!


ってコトで、

e0338862_20433234.jpg
無事、阿弥陀岳頂上に到着です!

二週連続の登頂ですが、今回の登頂は格別です(^_^)!



つうコトで、後編に続きます!







[PR]

by weekend-mountain | 2016-05-29 20:56 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 22日

八ヶ岳 南八ヶ岳大縦走! 160522

今日は八ヶ岳に行ってきた。

御小屋尾根から阿弥陀に上がって、赤岳、横岳、硫黄岳と南八ヶ岳の主稜線を日帰り縦走してきました!

ところで、ゴールデンウィークに北沢峠(→コチラ)のテン場でぶつけた膝がようやく良くなったと思ったら、昨日仕事中に同じ側の膝を打ち付けてまたまた悶絶…

まぁ、単純に打ち身なので大きく動かすと痛いのだけれど、関節をやられた訳ではないのでガッツリ歩いてきました(^_^;;

それでは行きましょう!


e0338862_22181871.jpg
スタートは5時半、美濃戸口に車を停めて、御小屋尾根に向かいます。

左へ行くと美濃戸山荘ですが、御小屋尾根へはまっすぐ別荘地を上がっていきます。

e0338862_22205668.jpg
美濃戸口から30分ほどで登山道入り口です!

e0338862_22214778.jpg
登山道はカラマツの落ち葉が降り積もっていて、フカフカしていて足に優しい感じです。

e0338862_22224370.jpg
スタートから2時間弱で、御小屋山に到着です。


e0338862_22250619.jpg
なんと既にイワカガミが咲いてます(@_@)

e0338862_22255303.jpg
不動清水で水を汲みます!

美味い湧き水です!

e0338862_22275743.jpg
カラマツの新緑がとてもキレイです。

e0338862_22283870.jpg
阿弥陀が見えました!

e0338862_22291205.jpg
森林限界に出ました。

e0338862_22310452.jpg
もうちょいです!

e0338862_22312647.jpg
クライマーなのかな?

e0338862_22332021.jpg
ってコトで、スタートから4時間ちょうどで、阿弥陀山頂に到着です!

中岳方面から上がってきた女性に撮ってもらいました。

どこまで行くのかと聞かれたので、「硫黄まで」と答えると、その女性も硫黄まで行こうと思うが、地蔵の頭で様子を見るとのコトでした。

e0338862_22374384.jpg
山頂からは赤岳がドカーンと迫ります!

e0338862_22381567.jpg
諏訪方面もキレイに見えてます。

e0338862_22384989.jpg
南アルプスも!

北岳、甲斐駒、仙丈!

行きてぇ~~~~~!

e0338862_22402223.jpg
さて、降りますよ!

厳冬期にここを登った時は生きた心地がしなかったけど、これだもんね…

e0338862_22415464.jpg
中岳のコルまできました。

お次は赤岳の手前の中岳です!

e0338862_22432654.jpg
サクッと中岳!

e0338862_22435753.jpg
振り返ると、阿弥陀が素晴らしいです!

e0338862_22450998.jpg
さあ、赤岳に向かいましょう!

ザレザレのつづら折りを登っていきます。

e0338862_22485483.jpg
順調に登って文三郎尾根との分岐まで来ました。

e0338862_22510327.jpg
ズンズン上がって、阿弥陀よりも高い位置に。

そんでもって、、、
e0338862_22514606.jpg
赤岳山頂に到着です!

阿弥陀で話をした女性も程無くして登ってきました。

e0338862_22540876.jpg
ミニトマト貰っちゃいました(^_^)

山で生野菜ってイイね!

美味かった!

で、「硫黄まで行けそうですか?」と尋ねると、「行きます」とのコト。

そうでなくっちゃね!

e0338862_22584445.jpg
阿弥陀を振り返ったら、次に行きますよ!

e0338862_22591964.jpg
お次は横岳です!

e0338862_23001960.jpg
赤岳から一気に下ってきました!

e0338862_23012831.jpg
さらに下って、

e0338862_23014716.jpg
地蔵の頭まで来ました。

ほとんどのヒトは、ここから下降して行者小屋へ行きますが、こんなイイ天気に稜線から降りちゃ勿体ないよね。

のんびり進みましょう!

e0338862_23084512.jpg
しばらく行くと、ツクモグサが咲いてました。

って言っても、阿弥陀から一緒に歩いてきた女性から教えてもらうまで、この花の存在は全く知りませんでした(^_^;;

天気も、タイミングもバッチリで、そこらじゅうに咲き乱れていましたよ!

誰もが興奮状態で、会う人会う人に「ツクモグサ咲いてますよ!」って声を掛けられました(^_^)

e0338862_23131165.jpg
大同心も間近で見ると凄い迫力です。

e0338862_23142963.jpg
で、横岳山頂です。

ちょっとだけ横になってみました。

4月に来たときはこんな感じでした→横岳 杣添尾根

e0338862_23162886.jpg
さて、最終目的地の硫黄に向かいますかね!

e0338862_23185691.jpg
大同心の後頭部(?)まで来ました。

踏み跡とそのピークに広場があるけど、行きたいとは思いません(^_^;;

e0338862_23231761.jpg
硫黄の爆裂火口まで来ましたよ!



硫黄岳山頂です!

e0338862_05134540.jpg


右の女性が、阿弥陀から一緒に歩いて来た方で、B.C.スキー、ボルダリング、登山をする地元長野のスーパーアクティブ主婦です。

スゴイですよね!

e0338862_23310876.jpg
今日歩いた稜線です!

美しいね!

天気最高です。

e0338862_23325192.jpg
硫黄岳にサヨナラです!

阿弥陀から一緒だった女性は美濃戸に降りるという事で、一緒に下山しました。

山好きどうしで、色んな話をしながら下ったので、膝の痛みも忘れてあっと言う間に下ってきました。

e0338862_23334285.jpg
さっきまで後頭部を見ていた大同心も見上げる感じになったね。

それにしても、雪のない八ヶ岳は変な感じです。


つうコトで、ジャスト12時間で終了です!

と言っても、美濃戸口まで下らずに、途中の美濃戸山荘から、先の女性に車に乗っけてもらいました。


今年は雪解けが1ヶ月ほど早くて、八ヶ岳も完全に夏山になってます。

e0338862_23424960.jpg
今日歩いた軌跡をグーグルマップに貼り付けてみました!


よく歩いたな~!

久しぶりにおしゃべりしながらの山行は楽しかったな!

天気も、これ以上ないって程に良かったし。


う~ん、言いますか!


八ヶ岳サイコ~~~~~~~~!



[PR]

by weekend-mountain | 2016-05-22 23:53 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 09日

横岳 杣添尾根 160409

e0338862_20164989.jpg
今日は八ヶ岳の横岳に登ってきた。

この写真は下りて来てから撮ったんだけど、あまりにも八ヶ岳が綺麗で涙が出そうになったよ。


今日も天気バッチリで、サイコーでした!

それでは、行きましょう‼

e0338862_20203448.jpg
ペンション街のはずれにある駐車場から約20分、登山口に到着です。

今回、行程が短いので、午前6時スタート!

決してヘタレではありません(;´・ω・)」

e0338862_20224444.jpg
入口の看板。

なんか可愛いね!

e0338862_20235724.jpg
程無く積雪状態になります。

もちろん雪は死んでますけどね。

e0338862_20250807.jpg
森林限界を出ると!

赤岳がドーン!っと(^▽^)/

e0338862_20263752.jpg
さあ、快適な稜線歩きのスタートです!

まだ、雪は緩んで無いので、アイゼンで登っていきます。

e0338862_20284654.jpg
積雪期しかココを歩けないから、存分に楽しんでいきましょう!

e0338862_20300981.jpg
本当に景色がイイ!

e0338862_20312287.jpg
いよいよ最後の急斜面に!

e0338862_20321840.jpg
主稜線が見えてきました!

さすがに2,700mを超えると、息切れします。

でも、それが楽しかったりもします(^_^)

e0338862_20355420.jpg
分岐の看板が見えてきた!

e0338862_20391367.jpg
主稜線上に出ました!

ふう!

横岳に向かいます!

e0338862_20403170.jpg
お団子看板が見えてきたよ!

e0338862_20410871.jpg
梯子を2つ登れば…


e0338862_20422336.jpg
頂上です!


e0338862_20541965.jpg
甘酒サイコーです!

黄色好きだね(#^3^#)

e0338862_20435355.jpg
赤岳、中岳、阿弥陀岳、その間から南アルプス!

e0338862_20444799.jpg
赤岳のアップ!

e0338862_20460064.jpg
阿弥陀もね!

e0338862_20462786.jpg
中岳の後ろには北岳、甲斐駒、仙丈の愛すべき山々が!

行きたい~!

e0338862_20481456.jpg
硫黄岳方面。

後ろには北八が見えてます。

北八は行ったコトありません。

e0338862_20492687.jpg
硫黄岳なんだけど、山頂は有って無いようなものです(^_^)

e0338862_20503549.jpg
う~~~~~ん!

最高だね!

空を飛んでる気分!

雪が緩んできたので、そろそろ下りましょうかね!

e0338862_20523449.jpg
ボードが欲しい、、、

なんて思いませんよ、決して!

肋骨だけじゃ済まなくなるよね(^_^;;

e0338862_20571216.jpg
振り返ると赤岳!

すごい斜度だね!

e0338862_20575384.jpg
雪がズボズボになってきたので、スノーシューを履きましょう!

って、去年の年末に買って、1度しか使ってなかったので、半ば無理やり使ってみたかったんです!

e0338862_21000477.jpg
楽しすぎて、汗だくっす!

順調すぎるほど順調に下って樹林帯へ!

e0338862_21021631.jpg
踏み抜き地獄とは無縁です!

でも、もうイイか(^_^;;

e0338862_21025514.jpg
で、あっという間に戻ってきました!

7時間半の旅でした!

杣添尾根コース、実に程良い!


ホントはね厳冬期に行きたかったけど、骨折してたし、そもそも冬タイヤ無いしさ…

まぁ、来シーズンってコトで(^_^)


今日は、のんびりと山歩き出来て良かった!

登りながら、いろんな事を考えたよ。

これからの事、仕事の事、住む場所の事とかね。

まぁ、春はいろいろ忙しいですね!

別れは多いけど、出会いはホントちょっとだね。

でも、そのちょっとを大事にしたいなぁ、って思います。

e0338862_21091606.jpg
「道の駅 南きよさと」には、たくさんの鯉のぼりが春の風に泳いでました(^_^)

e0338862_21105804.jpg

気持ちよさそう!


時間も早かったので、遠回りしながら帰りました。

道すがら、桜は満開で、畑のわきには菜の花が満開で、まさに春爛漫です!

e0338862_21131992.jpg
甲府盆地は桃の花が満開!

ホントに良い季節になってきたね!


もう1回くらい日帰りピストンしたら、テン泊すっかな(^_^)


あぁ、春だねぇ~!




[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-09 21:25 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
2016年 03月 26日

赤岳 リハビリ登山 160326

e0338862_20360500.jpg
今日は八ヶ岳の赤岳に登ってきました!

2ヶ月半ぶりに「週末は山にいます」です!

1月の三連休の山行(コチラ→前編後編)以来の2ヶ月半ぶりです!

まぁ、今年は天候が異常だったし、夜学卒業に向けて試験やレポートが山盛りだったり、仕事が忙しかったり、肋骨骨折(コチラ→厳冬期終了宣言その2)したりで、山に行けなかったんだ。

何とか山登りができそうなので、リハビリを兼ねて八ヶ岳に行ってきたってワケ!

写真が多いので、四の五の言わずに写真を見てもらいましょう!

行きましょう!

e0338862_20510817.jpg
美濃戸口からスタート!

45分ほどで美濃戸山荘に到着。

ここまでは車で来られます。

俺は歩きました。

こっから森林歩きですが、別に写真はいいですよね(^_^)

e0338862_20535530.jpg
3時間半ほどで行者小屋に到着です。

腹ごしらえ、準備をして午前9時、山頂に向け出発です!

e0338862_20583763.jpg
ひーこら言いながら、森林限界を突破!

e0338862_20595045.jpg
文三郎尾根を登ります!

e0338862_21013514.jpg
すぐ横には阿弥陀岳。

e0338862_21325953.jpg
中岳もきれいです!
e0338862_21025607.jpg
このコースの核心部、って程のモンでもないけど、落ちたらサヨナラな場所です。

e0338862_21043643.jpg
上から見るとこんな感じで、写真左側に落ちればサヨナラです。

e0338862_21053842.jpg
ここを抜ければ頂上はもうすぐです!

e0338862_21063122.jpg
ってコトで頂上です!

お団子看板が新しくなってます!

あの~、何時から八ヶ岳はヘルメット着用義務になったんでしょうか?

クライマーはもちろんのコト、縦走者も装着率100%で、被って無いのオレだけ…

e0338862_21103528.jpg
南アルプス方面はガスで見えない…

e0338862_21111406.jpg
肋骨を骨折した、富士見パノラマスキー場(逆恨み)。

e0338862_21120317.jpg
阿弥陀岳。

e0338862_21123266.jpg
横岳、硫黄岳。

山梨県側からガスが上がってきます!

春なんだね~!

e0338862_21144087.jpg
赤岳山頂荘の前で甘酒をいただきます!

美味い!

e0338862_21171906.jpg
天気バッチリで最高に気分イイです!

e0338862_21183188.jpg
今年は雪が少ないというコトだったけど、現時点ではかなり多い。

先週ガッツリ降ったおかげで厳冬期より雪が多いくらい。

二人が歩いているところなんて普段は強風でまったく雪が無いのに、この様子。

この先気温が上がってくるとどうなるコトやら…

e0338862_21240177.jpg
雪が多くて急斜面はかなり緊張しますよ。

e0338862_21250562.jpg
雪多いです。

で、おなじみ地蔵尾根のリッジです!

e0338862_21264101.jpg
いつの間にやら鎖が…

ちょっとしたアトラクションだったのに。

がっかり…

e0338862_21280314.jpg
右側の鎖は去年までなかったんですよ。

パターナリズムです…

e0338862_21305741.jpg
まぁ、イイや。

e0338862_21345443.jpg
地蔵尾根はスイスイ降りられます!

文三郎尾根は下りが怖いので、もっぱらこのコースです。

e0338862_21391488.jpg
美濃戸山荘まで降りてくると、ココにもアイスキャンディーがあるじゃない!

本家が営業終了したのに、ここんちは商魂逞しく営業中です。

で、ボチボチ下って美濃戸口へ。


何事もなく、無事終了です!

9時間半の旅でした!


久しぶりの山は楽しかった!

でも、かなりヘロヘロ…

本格復帰には程遠いけど、来週は天気が良ければ杣添尾根をスノーシューハイクしてみようかな(^_^)




[PR]

by weekend-mountain | 2016-03-26 21:47 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(2)