週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 27日

Black Diamond Spot  ☆彡

e0338862_19364567.jpg
・ブラックダイヤモンド スポット

新しいヘッデンを手に入れました!

この間の西穂で、ヘッデン忘れたからってワケじゃないんだけど(;・∀・)

今まで使っていた、スポットがモデルチェンジしてパワーアップしたつうので、気になってたんだよね。


また、散財?

いいえ!

だいぶ前にアライのテントを買った時のYahoo!ポイントが予想以上に付いてね、グランドシート2張り分、エバニューのポリタンをポイントで買っても、まだ6千円分以上のポイントが残っていたんだ。

なので、コイツは¥0です(^_^)

Yahoo!ポイントって何なんだろうね?

やたら、付くよね。

どうあれ、ポイントは換金出来ないから、モノに変えてしまうのが吉です!


それに、ヘッデンは予備を持て!ってのが昔から言われていること。

今までのヤツは予備に降格です。

e0338862_19564391.jpg
色はオレンジを選びました!

山の道具は、赤やオレンジ、黄色などの暖色系を選ぶことが多いんだ。

何故かというと、荷物に紛れないし、落としても見つかりやすいから。

黒ばっかりだと、何を探すのにも難儀するよ…

それと、カーキとかブラウンも山で落とすと見つからなくなる確率が高いと思う。

青などの寒色系なんかは、冬場は寒々しいからね!

e0338862_20031066.jpg
で、モデルチェンジして大きく改善されたのが、電池交換のやり易さね。

迷うことなくフタを開けることが出来る!

e0338862_20092786.jpg
今までのは、持っている人なら分かると思うけど、とにかく開けづらい。

一番最初は、「どうやって開けんの?」って誰しもが思ったハズ…

e0338862_20105582.jpg
形もシンプルでイイね!

今までのは、ジオン軍?、シャア専用?って感じだったからね。

新しいヤツは非常にクールで、並べると今までのはやたらチープに見える…

モデルチェンジは正解だね!

e0338862_20124478.jpg
新型はスクエアーで、オレンジの部分がすべてラバーになってる。

ランタンのモジと同じ感じです!

この変更はイイと思う。


今までのはボタン以外はプラスチックでした。

ヘッデンって早朝の暗いうちから登るときに使うじゃん。

そんで、明るくなったら、外してポケットに入れるワケね。

すると、ガワがプラスチックだと、歩いているうちにポケットから滑り落ちてしまうことがある。

これなら、滑り出すことは少ないと思うよ。

まぁ、面倒くさがらずに、ザックにしまえばイイだけの話なんだけどね。

e0338862_20190777.jpg
ストラップは、今までのヤツは柄がプリントだったけど、新しいヤツは2色の編み込みです。

メーカーロゴは、反射材を貼り付けてあるけど、まぁ、そのうち剥がれると思う。

e0338862_20213951.jpg
明るさは、130ルーメンから200ルーメンに大幅アップしているが、そんなに明るくなった感じはしない。

しかし、新しいヤツはサブLEDも同時発光させることができるので、この状態ではさすがに明るい!

その分、電池の持ちは短くなるけどね。

まぁ、でも電池が無くなるほどの長期の山行は、お盆と正月くらいだからね!

それほど問題じゃない!


さぁ、ゴールデンウィークはもうすぐだね!

土、日、月は良さそうじゃん!

金曜日は移動日にして、2泊3日で予定立てるかなぁ~!


明日は、仕事してるフリして、山行の計画を練りますかね!


う~ん、楽しみです!





[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-27 20:33 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 25日

エバニュー ポリタン

e0338862_19205278.jpg
・エバニュー エバーポリタン 2L

ようやく届きました!

エバニューのポリタンです!

いや~、長かったね!

コイツが無い間は、まるで片腕を削がれた気分だったよ!

って、大袈裟か(^o^)~♪


これね、去年の夏の山行(コチラ→甲斐駒ケ岳)の時に山に置いてきた…

つまり失くしたってコト…


すぐに同じものを買いに石井スポーツに行ったら欠品でさ、メーカー在庫も無いとのこと。

メーカーが言うには、毎年春にその年の分を生産して終わりなんだって。

なので、秋口にどこを探しても見つからなかった。


この2L以外の、1L、1.5Lは普通に売っていたんだけどね。

ようやく今年生産分が入荷したってワケです。


同じ型の1.5Lは秋でも売っていたので、代替で買ってみた。

それがコイツ ↓
e0338862_19281530.jpg

でも、やっぱり2Lの方が何かと使い勝手が良い!

e0338862_19302602.jpg
奥が2Lで、手前が1.5Lです。

どちらも、1,000円しません!

とってもリーズナブル!


う~ん、こうなると、1Lも揃えたくなるねぇ(^_^;;
e0338862_19312038.jpg
そして、なんと言っても、Made in Japan!

イイじゃん!


エバニューのポリタンはその昔、大学入学と同時にワンゲルに入部して、最初に揃えた個人装備の一つだった。

当時のは、ポリ臭くて、どんなに美味しい水でも不味くなる魔法の水筒だったよ。

でも、今のは口付けて飲んでも全然臭わないし、水に味が付いたりもしない。

ステキです!


もうね、この野暮ったさが最高じゃんね!

とにかく丈夫だし、倒しても転がっていかないし、枕にもなるし。


オシャレな人は使っちゃダメよ!

おとなしくナルゲンにしときなね!


んで、
e0338862_19374832.jpg
プラスチックバックもエバニューのを使っている。

これもMade in Japan で、1,000円しない。


オシャレな人は、プラティパスにしときなさい!

その方が間違いないから!


これは運搬用として使っている。

プラスチックバックってっさ、オレが使い慣れていないだけかもしれないけど、かなり使い勝手が悪いじゃん。

ちょっと水が欲しいのに、タゥンって水が溢れたり、気を付けていてもこぼしたりするじゃん。

e0338862_19502758.jpg
だから、山で使う時はポリタンに入っている水から使って、無くなったらバックの水を移し替えて使うようにしている。

テン泊の時はこの組み合わせね!

極力、装備は濡らしたくないからね。


さぁ、来たるゴールデンウィークはどこに行こうかなぁ~!

まだ、どこに行くかは決めてないんだけどさ。


5月から転職で、今は有給の消化中。

でも実は、明日から新しい職場に出勤なんです。

貧乏性なんで、平日に仕事しないでブラブラしてるのはなんだか後ろめたい感じなんだよね(^_^;;

連休前に仕事が出来るんで何となくホッとしているんだ。

休みっぱなしじゃ、休みに一生懸命遊べないじゃん!


まぁ、行くとしたら、南アルプスかな~!

どこへ行こうかなぁ~!


楽しみです(^_^)/




[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-25 20:29 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 22日

西穂高岳 2日目 山頂へ 160419-20


2016年4月19,20日にかけて、北アルプスの西穂高岳(2,909m)に登ってきました!


いよいよ2日目、西穂の山頂に向かいます!


果たして無事に山頂を踏むことが出来るのか?

行ってみましょう!
e0338862_15074383.jpg
朝起きると、テントの中は霜でびっしり!

テント内の気温はマイナス4度。

新しいシュラフ(ナンガオーロラ750DX)のおかげで、まったく寒さを感じる事無く朝を迎えることが出来ました(^_^)/♪

e0338862_15104436.jpg
焼岳(右手前)と乗鞍(中央奥)に朝日が当り始めます。

天気バッチリです!

さぁ、飯にしよう!

e0338862_15121278.jpg
ホント、ドマドームの土間ったら最高だね!


朝食はパンとスープで簡単に済ませます。

腹ごしらえ、身支度を終えたら出発です!

出発は午前5時55分。

e0338862_15271052.jpg
朝日に照らされる笠ヶ岳を横目に見ながら登っていきます。
e0338862_15221253.jpg
登り始めてしばらくすると視界が開け、先鋭なピークが姿を現します。
e0338862_15241259.jpg
40分ほどで丸山に。

e0338862_15252491.jpg
だんだんと急になってきたね。

夏道は露出してるんだけど、歩きやすい雪の上を行きます。

気温が低いので、雪は締まっていてアイゼンが良く効きます。

e0338862_15295107.jpg
出発から1時間10分、西穂の独標に到着です!


で、ココから見える西穂への道は…

e0338862_15305841.jpg
ぐぉ~~~~っ、何じゃコリャ~~~!

無理、無理、無理…

危険すぎる!

コワ~~!

e0338862_15330624.jpg
奥穂に前穂。

スゲー!

言葉が出ないよ!


もう十分じゃない?

これ以上進むのは無謀だよ!

夏にも来たコト無いじゃんか!


降りよ!

うん、それがいい!

e0338862_15363164.jpg
さあ、来た道を下りましょう!

ホイ、ホイ、ホイとね!


独標からの急な岩場を降りると、下から50代くらいの白髪交じりの男性が上がってきた。


すれ違いざまにその男性にあいさつすると、

「もう、西穂まで行かれたんですか?」と聞いてきた。

「いいえ、とてもじゃないけど恐ろしいんで、独標までで引き返して来たんです」と答える。

「そうですか。私は昨日、独標まで行ったので、今日は西穂まで行きます」

「そうなんですね、それじゃ、お気をつけて!」と互いにあいさつをし、再び下り始める。


ん~っ、あの人行くんだね。

どうすっかな、ん~~~っ、、、


よし!決めた!

オレも行こう!


引き返していくと、男性は登り返してきたオレに気づいて待っていてくれた。

「あの~、やっぱり西穂まで行きます。ご一緒させてもらっていいですか?」

「もちろん!」


この時点で、即席パーティー結成です!

e0338862_15465681.jpg
まずはピラミッドピークまで行こう!というコトに。

e0338862_15500520.jpg
独標からの最初の下降。

もう、ハイキングの域を超えてるよ。

岩と雪と氷のミックス状態です…

オレンジのヘルメットが即席パーティーのバディーです。

e0338862_15510917.jpg
基本、両側が切れ落ちたリッジの上を進みます。

絶対に一人じゃ行きません。

e0338862_15561210.jpg
何とかピラミッドピークまで来ました。

ここまで来る間じゅう緊張の連続。

こんなに緊張した山登りは初めてです。

リッジからリッジの綱渡り、三点支持の岩登りの連続です(;;)

でも、西穂の山頂は奥に見えている頂きです。

まだ、小さなピークを幾つか超えていかなければならない…

e0338862_15591103.jpg
なんてコト無いように見えるでしょ?

でも、両側は数百メートル切れ落ちてるからね、空中散歩とか優雅なもんじゃない。

もう、やめて~!

e0338862_16024026.jpg
最後の斜面を登ります!

ココもね、滑ったらサヨナラな場所。

足元から数百メートル切れ落ちてる…


もうちょっと、もうちょっと!

ってコトで!

e0338862_16082085.jpg
出発から3時間40分、西穂高岳山頂に到着です!

やった~~~!

着いた~~~~~!


久々に感動で鳥肌立ったぜ!

イエ~~~~ィ!


バディーの男性とがっちり握手!

お互いの健闘をたたえます!


素晴らしい景色!
e0338862_16095501.jpg
笹ヶ岳、双六!

e0338862_16105528.jpg
槍も見えるよ!

e0338862_16150800.jpg
南岳、奥穂、前穂。

スゲーな!

e0338862_16171335.jpg
乗鞍、焼岳。

e0338862_16174371.jpg
改めて記念撮影をしてくれました!

山頂は6畳間くらいのスペースしかないので、カメラを持って後ろに下がるの見ていると冷や冷やするよ。

天気最高で、風もそれほど強くない。


でも、長居は無用です!

無事下り終えてこその山登りです!

下りましょう!

e0338862_16210421.jpg
トラバースやら、

e0338862_16213316.jpg
リッジやら、すべて先行してくれるので、非常に助かります!

e0338862_16223681.jpg
独標が見えました!

山頂に人がいるね!

e0338862_16230528.jpg
独標に登り返せば、緊張から解き放たれます!

e0338862_16234842.jpg
戻ってきたよ~!

良かった~!


ここまで来れば、あとはハイキングみたいなモンです!

なんて偉そうに言ってますが、同行の男性がいなければ山頂に立てなかったと思う。

雪山では、今回のようにソロ同士で即席パーティーを組むことが多い。

やっぱ一人じゃ心細いよね。


まったくの一期一会の、人生のクロスロード。

お互い名前も聞かずに、山を下りればそれぞれの生活に。


あぁ、素敵じゃないか!

厳しい山のイイところだね!


そのまま山小屋まで下って、テントを撤収。

ロープウェイまでのんびりと平和に降りました。

e0338862_16302865.jpg
振り返れば西穂の大きな姿が。

あのギザギザを幾つも超えて、あのとんがりの上に居たなんて何だか不思議な感じだよ。

e0338862_16322736.jpg
ロープウェイをおりたら、わさびソフトで〆です!


今回、色んな勘違いや忘れ物や失敗から、当初予定していなかった西穂に来て、しかも即席パーティーで頂上を踏むことが出来た。

偶然が重なりあって、良い方へ良い方へ転がったって感じだね!

本当に素晴らしい山行だった。

もう山人生のベスト3入り確定です!

北アルプスはやっぱり怖いけど、少し好きになりました。


最後に!



西穂サイコ~~~~~~~~~~~~~!







[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-22 16:56 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 21日

西穂高岳 1日目 西穂山荘へ 160419-20

2016年4月19,20日にかけて、北アルプスの西穂高岳(2,909m)に登ってきました!

その1日目です!

前泊はコチラ→西穂高岳 0日目


それでは行きましょう!

e0338862_19570208.jpg
朝目覚めると、午前8時過ぎ…

良く寝たよ(^_^;;

今回、初登場のドマドーム

ゲリラテン泊用のニューカマーです!

アスファルトの上にも設営できるので、やっぱり便利だね。

えぇ、良識ある大人はマネしないように!

ゲリラテン泊歴26年のワタクシは、極力ひと様のご迷惑にならないようひっそりと楽しんでいますんで。


今日はロープウェイで上がって、そっから西穂山荘までの1時間半の行程なので、焦って早く上がることもない。

なので、ゆっくり飯を炊いて朝食を食べ、桜を眺めたり、近くの道の駅まで行ってビールの買い増しをしたり、夕飯の追加をしたり、ダラダラ過ごしました。


ようやく昼頃になって、出発です!


で、ココである重大な忘れ物に気づく。

あれっ、テントのポール忘れたかも…


山用にはモンベルのステラリッジ2を持ってきた。

出発前にパッキングした時にポールを入れた記憶がない…


調べてみると案の定無い…


終了~!


って、ドマドームあるじゃん!

良かったね~!

ドマドームをザックに詰め込みます。


気を取り直して出発です!

e0338862_20141794.jpg
ロープウェイ駅まで来ました!

去年の夏に来たとき(コチラ→150725-26 槍ヶ岳 初登頂)には、「ケッ、観光客がっ」って見上げてましたが、今日はその一人です(#^_^#)

この時期の平日ですから、ロープウェイ駅はガラガラです。

俺を含めて4人の乗車待ち。

昼下がりのマッタリとした時間と閑散とした雰囲気が実にイイ感じ!

まだ発車時刻まで余裕があったので、ザックを置いて土産売り場をブラついて戻ると、、、


なんじゃ、オバちゃんツアーズが乗り場を占拠してるじゃん!

戻ってみると、どうやら韓国からのツアーらしい。

先の3人(日本人)もオバちゃんパワーに圧倒されている。

添乗員がいたので、「我々4人が優先だよ」と言うと、「分かってるよ」と笑顔で答える。

ああ、イイね、韓国の人は礼儀正しいよ!

どっかの中○人とは違うよね、失礼しました(^_^;;

添乗員が俺の大きなザックを見て、いろいろと質問してくる。

「山で寝る?テント?」

「そうだよ」

「何が入ってる?」

「半分はビールだ」

などと答えると、通訳してツアー客に話す、、

時間差で笑いが起きる。

なんだか不思議な空間(^o^;;


そんなこんなで、ロープウェイに乗り込み、程無く中継駅で乗り換え。

e0338862_20335914.jpg
ゆるキャラがお出迎え。

e0338862_20342163.jpg
形勢逆転、今度は韓国オバちゃんツアーズが先頭に!

第二ロープウェイに乗ると、何故だかオバちゃん達が一緒に写真を撮ろうって言ってくる。

まぁ、基本的にワル乗りは嫌いじゃないし、韓国のオバちゃんノリがイイしね!

e0338862_20391215.jpg
まっ、オレも撮っておいた。

大阪のオバちゃんぽいけど、色味が明るくてポップだね!

旅は一期一会です!

人生のクロスロードなんです(^_^)

e0338862_20412990.jpg
程無くして山頂駅に到着!

オバちゃんたちに別れを告げ、西穂山荘に出発です!

雪は完全に腐ってます。

e0338862_20422769.jpg
歩きだしてすぐに、本日の目的地「西穂山荘」が見えました。

まぁ、1時間半の行程だからね、ゆっくり行きましょう!

e0338862_20440323.jpg
小屋まで200mのところまで来たよ。

e0338862_20450151.jpg
あっけなく小屋に到着です!

小屋に着いたら、テン泊の申し込みです。

1張り1,000円です。

北は高いね、、、南なら500円だよ。

しかも、小屋に入るなら、その都度200円払えって、

何それ、、、


やっぱ南がイイな。


南なら通過するだけの人にタダでお茶を出して、「休んでけ」って小屋もあるんだよ!

まぁ、郷に入れば郷に従えってとこですけどね、、、


一仕事しますか!

e0338862_20502400.jpg
ガッツリ掘ってテン場の完成!

ようやくボレーのスコップ(コチラ→Voilé Mini Avalanche Shovel)が活躍しました!

素晴らしいよ!

長年、北海道に住んでいたので、雪かきはお手のもの。

やっぱりこのスコップ間違いない!

使えます!

e0338862_20545833.jpg
ドマドーム in Snow !

e0338862_20555186.jpg
担ぎ上げたビールは350ml×4本デス!

e0338862_20581183.jpg
今日に乾杯!

e0338862_20562751.jpg
いつものエビせんと、スモークチーズ!

行程を考えると、明らかなオーバーカロリー(^_^;;

まっ、イイでしょう!

あっという間に午後5時に。

e0338862_20585291.jpg
じゃあ、飯炊きますかね。

いや~!、ドマドーム最高じゃん!


枝を並べているのは、断熱シート忘れたからです。

えぇ、忘れ物しまくりですよ!

ストーブはこれまた初登場のPRIMUS OMNI LITE TIですが、いきなりガソリンオンリーはアレなので、ガスで導入です。

e0338862_21042185.jpg
飛騨牛"入り"ハンバーグ!

小っちゃく"入り"って書いてあるのがミソです(笑)

道の駅で仕入れてきました!

e0338862_21071371.jpg
煮ます!

e0338862_21094315.jpg
ハンバーグカレーです!

サイコーに美味い!

お腹がいっぱいになったら何時の間にか、寝ていた。

寝てたのはほんの僅かだともう思うけど、気付くと辺りは夕暮れに。

e0338862_21193923.jpg
綺麗だね~!

e0338862_21221953.jpg
笠ヶ岳がシルエットに!

さあ、テントに戻りますかね。

シュラフは、またまた初登場のナンガ オーロラ750DXです。

う~ん、イイじゃん!

包まってるだけでも気持ちがイイ!


ってコトでオヤスミ~!


zzz…





恐怖と感動の渦巻く、怒涛の2日目に続きますよ~!



ぜひ見てください!




[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-21 21:39 | 北アルプス | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 20日

西穂高岳 0日目 160418

今日は、北アルプスの西穂高岳(2,909m)に登ってきました。

前泊とテン泊の2泊3日でね!


オレにしては珍しく、北アルプスです!

本当は違う山に行くつもりだったんだけどねぇ、、、紆余曲折を経て西穂に(^_^;;


それでは、前泊です!

行きましょう!


っと、その前に、車検が切れそうなので、まずは車検を取りに陸運局です。

陸運局まで15分ほどの所に住んでいるので、出発前に持ち込みます。

e0338862_20595016.jpg
陸運局です。

事前にウェブから予約をしておくだけで、特に準備は要りません。

e0338862_21015749.jpg
隣の自動車会館に行けば、必要な書類、印紙類、強制保険の加入など必要な書類はすべて揃います。

必要な書類を揃えたら、受付を済ませ、車検ラインへ進みます!

う~ん、緊張するね~!

e0338862_21040673.jpg
車検ラインに入ったら、検査員がやってきて検査開始です。

ここで、検査員に「自分で車検を通すのは初めてです」との旨を伝えます。

そうすれば、検査中は検査員が付きっきりで、検査のやり方やコツを教えてくれます。

んで、その通り進めていけば、検査は無事終了です!

e0338862_21065063.jpg
受付から30分ほどで、新しい車検証とステッカーが交付されました!


わたくし、自己責任と言う言葉が好きです。

自己の責任において行動すれば、余計な時間もお金も掛かりません。

必要なのは、それを背負う覚悟だけだからね(^_^)

e0338862_21073195.jpg
早速、新たなステッカーに張り替えて、長野にGO!です(^_^)/


時間は十分あるので、下道でのんびりとね!

行先は、国営アルプスあづみの公園です。


途中で忘れ物に気づく…

あぁ、ヘッデン忘れた…

今時期は夜明けが早くなったとはいえ、高い山に登るには夜明け前から行動開始しなきゃなんない。

ヘッデン無いのは行動が制限されちゃうな(;;)


取り敢えず先に食料、酒類を調達しますかね。

イオンが在ったので、お買い物。


車から降りると…

長野、寒いね…

温暖な静岡にいると油断しちゃうね…


買い物が終わったら、ヘッデンを買いに穂高駅前の「バックカントリー穂高」に行った。

着いたのが17時50分。

既に閉店。

なんだよ、18時までオープンって書いてあんじゃん!

って、自分のミスを棚に上げて、お店に悪態ついてるおバカちゃん(^_^;;


まぁ、しょうがないから、無ければ無いなりに考えましょ。

風呂だ!ふろ!

ってコトで、ほりでーゆに!

露天風呂やら、サウナをゆっくり楽しんで、今夜の目的地、三股登山口に行きましょう!

そうです!

実は蝶ヶ岳に登る予定だったんです!

山頂でテン泊して、翌日降りてくる計画でね!


ところが…

e0338862_21302274.jpg
痛恨の冬期通行止め…

そんなぁ~、、、

一応ね、ネットでこの林道の通行止めについて調べたんだ。

どこにも、情報が無いので、すでに通行可能になってると思ってきたんだよ。


ヘッデンといい、通行止めといい、もう、やる気なしなし…


一応、常念の登山口も行ってみるが、同じく冬期通行止め。

時刻は19時半、もうこれから帰る気力は無い…


山と高原社の地図を広げて、行けそうな山を探ってみる。

う~ん、あった!

焼岳なら安房峠から上がれる!


つうコトで、移動開始。

結論から言うと、ココもだめ、、、

登山道の橋が崩落してるとの張り紙…


時刻は20時半、再び地図を広げる…

上高地は今シーズン既に開通していて、バスも出ているので、涸沢に行くか!

でも、ヘッデンないと行動時間がグッと減るから厳しいか…

ん~~~!

探せ、探せ!


あった!

ロープウェイ使って、西穂なら行けそう!

1日目に西穂山荘にテン泊して、翌朝明るくなってからスタートしても、5~6時間でピストン出来そう!

イイじゃん!

決めた!

移動開始~!

e0338862_21440808.jpg
新穂高温泉の無料駐車場に着いたのが21時半、、、

早速、久々に登場の「炉ばた大将」で、焼き肉開始です!

はぁ~!

長かった!


肉を散々食って、ビールもたらふく飲んで、いい気分に。

ようやく長い一日が終わりました。

おやすみ~!

zzz…


1日目に続く







[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-20 21:54 | 北アルプス | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 15日

復活

e0338862_19161798.jpg
今日は今努めている会社の最後の出勤日でした。

もう一回は出社しなきゃいけないが、正式な勤務は今日まで。

今月いっぱいで、今の会社を退職します。


そんで、来月から新しい会社に移ります!


オレさ、3月に静大の夜間を卒業したんだ(→コチラ)。

だから、今よりも給料条件がイイ会社に移ろうかってワケよ!


今まで勤めていた会社は、夜学に通うために「定時退社OK」って条件で現場監督として採用してもらった。

資格は持っていたが、施工管理の経験はゼロだったから、はっきり言って給料は安かった。

給料は安かったが、幸い元請け会社なもんで、業務経歴を積むことが出来たし、監督業務を覚えることが出来た。

損して元取れ!じゃあないけど、取れる免許や資格は積極的に会社に頼んで取らせてもらったしさ。

もちろん助成金を使う形で会社に負担を掛けないようにしてね。


一応、賃上げ交渉をしてみたが、新しく採用が決まった会社の方が遥かに条件が良かったんだ。

これでようやく、現場監督として平均的な収入を得られる見込みが立ちました!


イヤ~っ、長かった!

本当に長かった!

ようやく這い上がってきた。


オレね、2010年3月に個人でやっていた事業を廃業したんだ。

借金こそ残らなかったが、40歳にて無職になり、住む場所も無いような状態に陥った。

幸い、山梨の親戚が持っていた空き家を使わせてもらえるようになり、それまで住んでいた北海道から出て、山梨に引っ越した。

しかし、世の中そんなに甘くない!

その家は昭和30年代に建てられた、ボットン便所の、風呂なしの平屋建て。

もう、何年も人が住んでいないために、廃墟と化していて、土壁は崩れているし、柱は歪んで戸がちゃんと閉まらないし、畳はブクブクになってるし、柱は何かの昆虫の住処になってたり、蜘蛛の巣とホコリとカビのもう想像を絶する漫画のような世界だった。

あまりに壮絶で、情けなくなるより笑っちゃったよ!


何とか住めるようにして、仕事も何とか見つかった。

見つかった仕事は日当8,000円のドカタ!


40にして、月給13~16万のあばら家暮らしだよ…


それはもうね、絵に描いたようなどん底生活さ…(x_x)


風呂に行くのも、お金が勿体ないから町の体育館のシャワーを使ったり、温泉街の足湯に夜に行って頭を洗ったりしてたよ(^_^;;


でも、グレたり、ヒネたり、世間を恨んだり、そんなコトはしなかった。

全部自分のせいじゃん!


だから、頑張ったよ。

うん!

e0338862_19560450.jpg
↑(*´∀`)ドカタ焼けの、ロン毛野郎www

資格取ってさ、静大に合格してさ、静岡に引っ越してさ、現場監督になってスキルアップしてさ、何とか6年掛かってようやく人並みな所まで戻ってきた。


オレ自慢じゃないけど、人生で色々挑戦して、そんで失敗してきた。

でも、その都度這い上がってきたんだ。

20代、30代なら2年あれば復活できた。

40代の復活はホント時間が掛かったよ!


まぁ、何とかどん底から這い上がり、人並みな所まで戻ってこれた。

もう無謀な挑戦をするつもりはない。

だからと言って、守りに入るつもりもない。


ようやく普通のとこまで戻ってきたからさ、これからも頑張るよ。


5月からは、今よりも確実に忙しくなる。

土曜出勤も増える。

週末に山に行く機会は圧倒的に減るだろうね。


でもイイんだ。

ここ3年間はアホみたいに山に行ったから、これからは仕事を第一に頑張るよ!

それが男じゃん!

バリバリ働くよ!


今を精一杯頑張っていれば、未来への扉は必ず開くから。


行くぜ!


復活だ!







[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-15 20:34 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 09日

横岳 杣添尾根 160409

e0338862_20164989.jpg
今日は八ヶ岳の横岳に登ってきた。

この写真は下りて来てから撮ったんだけど、あまりにも八ヶ岳が綺麗で涙が出そうになったよ。


今日も天気バッチリで、サイコーでした!

それでは、行きましょう‼

e0338862_20203448.jpg
ペンション街のはずれにある駐車場から約20分、登山口に到着です。

今回、行程が短いので、午前6時スタート!

決してヘタレではありません(;´・ω・)」

e0338862_20224444.jpg
入口の看板。

なんか可愛いね!

e0338862_20235724.jpg
程無く積雪状態になります。

もちろん雪は死んでますけどね。

e0338862_20250807.jpg
森林限界を出ると!

赤岳がドーン!っと(^▽^)/

e0338862_20263752.jpg
さあ、快適な稜線歩きのスタートです!

まだ、雪は緩んで無いので、アイゼンで登っていきます。

e0338862_20284654.jpg
積雪期しかココを歩けないから、存分に楽しんでいきましょう!

e0338862_20300981.jpg
本当に景色がイイ!

e0338862_20312287.jpg
いよいよ最後の急斜面に!

e0338862_20321840.jpg
主稜線が見えてきました!

さすがに2,700mを超えると、息切れします。

でも、それが楽しかったりもします(^_^)

e0338862_20355420.jpg
分岐の看板が見えてきた!

e0338862_20391367.jpg
主稜線上に出ました!

ふう!

横岳に向かいます!

e0338862_20403170.jpg
お団子看板が見えてきたよ!

e0338862_20410871.jpg
梯子を2つ登れば…


e0338862_20422336.jpg
頂上です!


e0338862_20541965.jpg
甘酒サイコーです!

黄色好きだね(#^3^#)

e0338862_20435355.jpg
赤岳、中岳、阿弥陀岳、その間から南アルプス!

e0338862_20444799.jpg
赤岳のアップ!

e0338862_20460064.jpg
阿弥陀もね!

e0338862_20462786.jpg
中岳の後ろには北岳、甲斐駒、仙丈の愛すべき山々が!

行きたい~!

e0338862_20481456.jpg
硫黄岳方面。

後ろには北八が見えてます。

北八は行ったコトありません。

e0338862_20492687.jpg
硫黄岳なんだけど、山頂は有って無いようなものです(^_^)

e0338862_20503549.jpg
う~~~~~ん!

最高だね!

空を飛んでる気分!

雪が緩んできたので、そろそろ下りましょうかね!

e0338862_20523449.jpg
ボードが欲しい、、、

なんて思いませんよ、決して!

肋骨だけじゃ済まなくなるよね(^_^;;

e0338862_20571216.jpg
振り返ると赤岳!

すごい斜度だね!

e0338862_20575384.jpg
雪がズボズボになってきたので、スノーシューを履きましょう!

って、去年の年末に買って、1度しか使ってなかったので、半ば無理やり使ってみたかったんです!

e0338862_21000477.jpg
楽しすぎて、汗だくっす!

順調すぎるほど順調に下って樹林帯へ!

e0338862_21021631.jpg
踏み抜き地獄とは無縁です!

でも、もうイイか(^_^;;

e0338862_21025514.jpg
で、あっという間に戻ってきました!

7時間半の旅でした!

杣添尾根コース、実に程良い!


ホントはね厳冬期に行きたかったけど、骨折してたし、そもそも冬タイヤ無いしさ…

まぁ、来シーズンってコトで(^_^)


今日は、のんびりと山歩き出来て良かった!

登りながら、いろんな事を考えたよ。

これからの事、仕事の事、住む場所の事とかね。

まぁ、春はいろいろ忙しいですね!

別れは多いけど、出会いはホントちょっとだね。

でも、そのちょっとを大事にしたいなぁ、って思います。

e0338862_21091606.jpg
「道の駅 南きよさと」には、たくさんの鯉のぼりが春の風に泳いでました(^_^)

e0338862_21105804.jpg

気持ちよさそう!


時間も早かったので、遠回りしながら帰りました。

道すがら、桜は満開で、畑のわきには菜の花が満開で、まさに春爛漫です!

e0338862_21131992.jpg
甲府盆地は桃の花が満開!

ホントに良い季節になってきたね!


もう1回くらい日帰りピストンしたら、テン泊すっかな(^_^)


あぁ、春だねぇ~!




[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-09 21:25 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(6)
2016年 04月 03日

テントのたわごと

昨日の記事(→コチラ)では、新しく手に入れたテントと、継続使用中のステラリッジとの比較を行った。

ビール飲みながら書いていたので、後半は面倒くさくなってしまった(^_^)

まぁ、特に読むほどの内容でもないけど、追記的にテントのはなしを!


今年の夏にはテントデビューってヒトの参考になれば!

もしテント購入で迷っている人は、モンベルのステラリッジをお勧めします!

e0338862_19102111.jpg
これは俺が使っているやつで、既に旧型で、今のはポールの差し込みがワンウェイになって更なる完成度になっている。

本当に良く出来たテントで、使えば使うほど良さがわかります。

それにモンベルのアフターサービスは素晴らしいので、たとえ壊れても安心です!


値段も他メーカに比べても高くないのでね。

まぁ、Made in Chinaですけどね…

因みに、アライ、プロモンテは、こだわりの日本製です!


ただし、モンベルはテン場では「祭り」になることが多いです(;´・ω・)

e0338862_11570965.jpg
去年の荒川小屋です。

この後さらに2張りモンベルが増えて、この一画は正に「モンベル祭り」でしたよ。。。


聖平小屋のテン場でも同様で、小屋泊のおばちゃんがやってきて「モンベルのツアーなの?」ってオレに聞いてきたくらいです(苦)


まあでも、今年からモンベルもフライの色を4色ラインナップしたので、選択の幅が増えてテン場が黄色一色ってコトも緩和されるのかな?
e0338862_12012155.jpg
左上:タイム、右上:ピーコック、左下:サンライトイエロー、右下:オフホワイト

実にモンベルらしい、微妙な色合い。

う~ん、楽しくないなぁ~!


もし、オレがデザイナーだったらこうするよ!

e0338862_12064955.jpg
左上:サクラ、右上:ペパーミント、左下:ラベンダー、右下:シトラスイエロー

サクラは、山ガールが使っていたらイイ感じじゃない?ピンポイントで♡マーク入れれば売れるよ~!

ペパーミントは、ナイスガイ向け!さわやか君ね!

ラベンダーは、品のイイご婦人に!

シトラスイエローは、バリエーションとかやるイケイケ君に!


で、俺らオッサン向けは、やっぱり濃い目にいきたいね!

e0338862_12111018.jpg
左上:デラウエア、右上:コバルト、左下:エバーグリーン、右下:グリルドビーフ

どうです!

デラウエアは、ちょいワル系のオヤジに!

コバルトは、永遠の少年系のオヤジに!

エバーグリーンは、普段はオフィスワークの中間管理職のオヤジに!

グリルドビーフは、C.W.ニコルに!


モンベルもこれくらい遊んでくれれば、楽しいのにね!


で、
e0338862_20555972.jpg
ドマドームとトレックライズについても、憶測を書いてみます(まだ使ってないので)。


先ずね、ドマドームから!

ドマドームが欲しかったのは、土間が在るコトよりも、ペグを打たなくてもフライが自立するってコトが一番の理由です。

つまり、アスファルトや、コンクリートの上にも設営可能ってコトです。


今まで、ゲリラテン泊用にマウンテンハードウエアのテントを使っていた。

広い室内、大きな前室はすこぶる使い勝手が良かった。

でも、ペグ打ちする必要があったので、そこが唯一の難点。

それにもう20年も使っていたから、何時コーティングが加水分解し始めるか冷や冷やだったしね。

とても良い代替品が手に入ったって感じっす!

山にも持ってくと思うが、基本前泊用です。

e0338862_21523430.jpg
トレックライズは、当初買う予定はなかったんだ。

ほかの記事にも書いたが、ドマドーム購入のために不用品をヤフオクで処分したら、なんとドマドームを2張り買ってもお釣りが来るくらいの売却益を上げたんだ。


まぁ、マウンテンダックスのヌプカ(→コチラ)もその時に売ってしまったんで、代替えでトレックライズも同時購入しました。

いずれにせよ、元手は¥0です。

因みに、
e0338862_11411983.jpg
↑ヌプカ2は、このブログで常にアクセス数がトップクラスです。

メーカー自体が無くなってしまったので、このテントの情報を得たい人が多いんでしょうね!

ヤフオクで売ってしまったので、もうこのテントは手元にありません。

良いテントでしたよ!


e0338862_22202183.jpg
トレックライズの美点はやっぱり、室内の広さだね!

オレ、テン泊は大好きなんだけど、テントの中にいるのはあまり好きじゃない。

テントって、狭いし、天井低いし、解放感に欠けるからね。

だから、トレックライズの広さ、解放感の良さはかなり期待大です!

見晴らしの良いテン場で使いたいね!

e0338862_12484487.jpg
まぁ、アライテントも色合いがイマイチだけどね(^_^;;

高山はまだまだ積雪状態なので、本格デビューは6月頃かな~!


それまでは、テン泊装備を背負って歩ける筋力を取り戻して、たるんだ身体も絞らないとね!


楽しみです!

たわごとでした!






[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-03 13:18 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 02日

新しいテントの試し張り! アライテント ドマドーム トレックライズ2

e0338862_20555972.jpg
・ライペン ドマドームライト2 トレックライズ2

新しく手に入れたテントの試し張りをしました!

週末は山じゃないの?って思うでしょ。

今日は八ヶ岳の横岳に登ろうと思ってたんです。

実際、登山口まで行きました。

e0338862_21022487.jpg
杣添尾根をスノーシューで歩こうと思ってね。

でも、やめました。

何故かって言うと、、、


まず、午前2時に出発する予定だったんだけど、起きたらすでに午前3時…

急いで支度して、何とか1時間半遅れで登山口に到着。

さぁ、準備をしようと後部座席を見ると、、、


んっ、


あれっ、

えっ、



ウエア(アウター)忘れた…(死亡)

チ~~~ン!

終了です(;;)


トボトボと車を走らせ、来る途中のコンビニで買ったホットコーヒーを飲もうとしたら、、、

プラスチックのフタが外れて、コーヒーを自分に浴びせかけてしまう…

お気に入りのジーンズと車のシートはコーヒーまみれ…


焦って車を停めて、ザックの中にあるタオルを取り出すために車を降りると、、、

あれ、車が動いてる(;・∀・)

Pレンジに入れたつもりが、Rレンジに入ってる!

もう、バタバタ…


これ以上悪いコトが起きないように、慎重に運転して無事帰宅。

山頂で食べるはずだったパン3つを食べて、ふて寝を決め込みました(x_x)

zzz…


で、夕方前に出かけて試し張りをしたってワケ。


あ~っ、前振り長いね(^_^;;


ってコトで!

e0338862_21205919.jpg
ドマドームっす!

イヤ~~~ッ、イイねぇ!

テントに土間が在ったってイイじゃないか!

文句があるヤツは、土間に出ろ~!

ってね!


まぁ、テントそのものインプレはネットを検索すれば幾らでも出てくるので、ここではモンベルステラリッジ2(旧型)との比較をしてみます。

e0338862_21264684.jpg
左がモンベルのステラリッジ2で、右がドマドームです。

ステラリッジ:210×130×105
ドマドーム :210×120×108

となっており、フロアサイズで言えば、ドマドームの方が横幅が10センチ狭い。

e0338862_21312375.jpg
入口の比較。

e0338862_21424230.jpg
フライを被せてみると、ステラリッジの小ささが際立ってますね!
e0338862_21435489.jpg
入口を揃えてみると、ドマドームでかいね!

同じ2人用ながら、ドマドームはやはり土間の分だけ大きいので、狭いテン場では気を遣うかもしれません。


続いて!

e0338862_21523430.jpg
トレックライズ2です!

e0338862_21531377.jpg
オーソドックスな2本ポールの山岳テントですね!

ステラリッジと比べると大した違いが無いように見えますが、

e0338862_21562707.jpg
ステラリッジ :210×130×105
トレックライズ:210×150×110

と、圧倒的にトレックライズが大きいです!

e0338862_22014634.jpg
入口側です!

e0338862_22030367.jpg
フライを被せると、トレックライズは大きいです!

同じ2人用でも、ステラリッジは1~2人用の2人用、トレックライズは2~3人用の2人用。

e0338862_22063575.jpg
この角度から見ると、両者の違いが良く分かるね!

いかにもトレックライズは居住性良さそうじゃん!


で、今回手に入れたドマドームも、トレックライズも横型テントで、入口が長辺側にある。

横型テントの特権である、見晴らしの良さはどうなのって思うよね!

まずは、ドマドーム!

e0338862_22082352.jpg
まぁ、こんなもんでしょ!

土間の分フライが覆っているので、見晴らしはそんなに良くはないね。

e0338862_22130841.jpg
トレックライズは、、、

素晴らしい!

この解放感は横型テントの素晴らしさだよね!


居住性に関しては、実際に使ってみないと判らないんだけど、比較してみます。

e0338862_22160526.jpg
ドマドームは、ステラリッジより10センチ狭いから、どうなんだろうと思ってましたが、入口が大きいので、それほど狭さは感じません。


一方、トレックライズは、、

e0338862_22202183.jpg
横幅150センチは伊達では無いですね!

広いわ!

でも、

e0338862_22213104.jpg

ベンチレーションについてる紐には、コードロックは付いてません。

ダメじゃん!

別途購入(しました)して、付けないと使えないよ!

e0338862_22303126.jpg
手持ちのテントを並べてみました。

左から、モンベル・ステラリッジ2、中央がライペン・トレックライズ、右がドマドームです。

今回、3つのテントを張ってみて感じたのは、新しい二張りもイイけど、やっぱりモンベル・ステラリッジは良く出来てるなぁ~!、って再認識させられました。

ステラリッジを100点とすると、ドマドームは90点、トレックライズは85点って感じです。

微に入り細に入り、ステラリッジはホントに良く出来ている。

これはマウンテンダックス・ヌプカ2を手に入れた時も感じた事なんだ。
(→コチラ

因みに、ヌプカは65点って感じです。

だからヤフオク!行きだったんです。


で、ドマドームとトレックライズで迷っている人なら、断然トレックライズにしておくべきです。

迷っている時点でコンセプトが間違っています。

ドマドームは、ドマドーム一択の人が買えば幸せになれると思いますよ。


取り敢えず試し張りをしてみて、思うのは、、、


テン泊して~~~~~~!

ってコトです!


今年の冬は散々だったけど、夏はコイツらを駆使して山に行きまくりますよ~!


楽しみです(^_^)/♪




追記:使ってみました!


追記2:ドマドーム手放しました。そして新しいテントを手に入れました!


追記3:結局、トレックライズも手放しました。エスパース デュオXと、モンベル マイティドームのシングルウォールテントで行こうと思います!

最終的にはこうなりました!



[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-02 23:15 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)