週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 30日

黒戸尾根から雪見登山 甲斐駒ケ岳 161030

e0338862_20405796.jpg
今日は南アルプスの甲斐駒ケ岳に登ってきました!

天気がパッとしなかったんで、いつものオレなら山には行かないんだけどさ。

先々週の赤河原以来、甲斐駒に行きたくて仕方なくってね。

それに、土曜からの雨が上の方では雪になってんじゃないの?って思ってさ!


さぁ!黒戸尾根日帰りピストンに出発です!

それでは、行きましょう!


深夜2時に静岡を出発、いつものように52号を北上!

この時間帯なら2時間で登山口に到着できます。

4時15分スタートです!

e0338862_20563280.jpg
ヘッデンの灯りだけを頼りに登って行きますが、ショボショボと雨が降っています…

2時間ほど登ると、横手登山口からのルートと合流です。

e0338862_20563370.jpg
程無くして夜明けです。

雨は止んだけど、雲が多くて日の出は見れませんでした。

e0338862_20563408.jpg
樹林帯はイイ雰囲気です!

e0338862_21055577.jpg
刃渡りまで来ました。

木が無いので見晴らしが良いです!

e0338862_21055510.jpg
八ヶ岳は雲の中…

e0338862_21055642.jpg
鳳凰三山はバッチリですね!

e0338862_21081123.jpg
ハシゴです。

北岳ほどではないけれど、アスレチック状態に突入っすわ。

e0338862_21081283.jpg
刀利天狗です。

e0338862_21081266.jpg
五合目まで来て、甲斐駒山頂方面を見ると、、、

ガスガス、、

e0338862_21081251.jpg
いよいよ甲斐駒に取り付きます!

相変わらずアスレチック状態が続き、
e0338862_21122131.jpg
スケルトンな橋を渡ったり、

e0338862_21122203.jpg
ちょっとしたアトラクションを楽しむと、

e0338862_21122244.jpg
七丈小屋に到着です。

と言っても、小屋には何の用も無いんでスルーです。

e0338862_21122120.jpg
小屋を過ぎて、しばらく行くと雪が!!

テンション上がるね~!

と、ひとりで興奮していると、上から見覚えのある男女2人連れが降りてきた。

向こうも気付いたみたいで、「覚えてます?前に七丈小屋で一緒でしたよね!」って訊ねてきた。

もちろんオレも覚えてましたよ!

先々シーズンの冬(2月)に、厳冬期甲斐駒を落とすために七丈小屋に泊まった時に一緒だったんだ。

二人は夫婦で甲斐駒好きでね、オレも甲斐駒大好きじゃん!

山の出会いは一期一会とはいえ、同じ甲斐駒好きが、甲斐駒で再会するなんて何だか面白いね(^_^)

とは言え、シャイなオイラは連絡先を交換したり、写真を撮ったりはしませんでした…

でも、また会えるような気がするよ!

e0338862_21172032.jpg
森林限界を抜けると、、、

ウォ~~!白くなってる!

ステキです!

e0338862_21172058.jpg
八合目まで来ました!

e0338862_21172165.jpg
樹氷がきれいです(^^)

e0338862_21172162.jpg
ハイマツも凍ってます!

e0338862_21381795.jpg
ダケカンバに花が咲いているようです!

e0338862_21450599.jpg
こんな岩の横を通り過ぎて、
e0338862_21390957.jpg
2本の剣が刺さった岩を通り過ぎれば頂上はもうすぐです!

e0338862_21390950.jpg
登山道はほんのり雪化粧!

e0338862_21385906.jpg
駒ケ岳神社本社を過ぎれば、、、


e0338862_21390573.jpg
ジャスト7時間で、頂上です!

今までの最短は6時間半なので、この時期としてはイイ感じです!

e0338862_21443245.jpg
取り敢えず腹ごしらえ!

e0338862_21443534.jpg
甲斐駒山頂で「たけのこの里」です(^^)

e0338862_21443650.jpg
北岳はガスってますね~!

e0338862_21443600.jpg
仙丈は完全にガスの餌食…

e0338862_21443558.jpg
今日は鳳凰三山ですね!

e0338862_21444299.jpg
八ヶ岳は相変わらずガスの中。

e0338862_21444227.jpg
甲府盆地も曇ってるね。

e0338862_21505043.jpg
30分ほど山頂にいましたが、降りますかね!

e0338862_21505217.jpg
分岐の道しるべにもエビのしっぽが付いてます。

e0338862_21505365.jpg
雪の感触を楽しみながら下ります!

夏靴ボロボロだね(^^;;


で、

e0338862_21550032.jpg
九合目の核心部を抜けて、

e0338862_21550008.jpg
ロング階段を下りたりして、

長~い、長~い下りを進んで、

e0338862_21545414.jpg
刃渡りまで来ると、富士山が見えました!

大分下の方まで白くなってるよ!


ずい~っと下って!

e0338862_21545901.jpg
無事、登山口の甲斐駒神社に到着です!

12時間の長旅でした。


久しぶりの甲斐駒だったけど、やっぱり甲斐駒は黒戸尾根から上がるに限るね!

本当に味わい深いよ!


今回、普段やらない雨天スタートだったけど、雪も見れたし、素敵な再会もあったし、大満足です!

夏山ももうあと1ヶ月程です。

楽しんでいきましょう!


それでは言いましょうかね!


甲斐駒サイコ~~~~~~~~~~~~!


南アルプス大好きです!








[PR]

by weekend-mountain | 2016-10-30 22:25 | 南アルプス | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 26日

富士山初冠雪〜!

e0338862_06475612.jpg

今朝の富士山!

先っちょが白くなってるよ(^ ^)

なんだか嬉しくなるな!



[PR]

by weekend-mountain | 2016-10-26 06:40 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 16日

山に行くも登らず

e0338862_20473835.jpg
今日は山に行ったものの、登らずに帰ってきました(x_x)

向かったのは、南アルプスの笊ヶ岳です。

夏前に、登山口まで偵察に来てはいたのですが、なかなか足が向かずにいたんだ。


で、昨日(土曜日)に仕事を終えた足で、52号を北上、「なんぶの湯」に寄って、身延のセルバで買い出しして、雨畑の老平でゲリラテン泊したわけです。


朝3時起きで、4時過ぎから歩き始めたけど、なんだか調子が上がらなくてね。。。

体調悪いわけじゃないんだけどね、眠くて、眠くて…

歩きながら寝ちゃいそうだった…

前の晩、飲み過ぎたワケでもないんですが…


で、何とか渡渉点まで到着(上の写真)。

なんてコト無い林道歩きなのに、ここまで来るのに山と高原地図のコースタイムより遅かった。

あぁ、もうね無理だわ、、、


やめよう…


何だろう、赤河原の疲れが残っているのかな。。。

身体と気持ちが全くシンクロしない。


来た道を戻ります。

e0338862_21011504.jpg
渡渉点までの道は岩肌をえぐった感じの道で、なかなか趣があるよ。

所々で、シャワーが降り注ぐけどね(^^;;


e0338862_21035413.jpg
日が照ってくると、いつもの南アルプス的登山道。


e0338862_21043001.jpg
タケ沢なんて親近感の湧く場所に吊り橋がありました(^^)


e0338862_21053949.jpg
吹き付けで台無しになったトンネル…


このあと、車に戻って「伝付峠入口」の偵察に行きました。


取り敢えず、ヘリポートがある所までは行けそうです。

とは言え、今んとこ行く予定は無いんだけどね。


e0338862_21091619.jpg
何年か前に、早川町のポスターになった吊り橋をようやく発見!

紅葉は未だ始まって無いけど、今年はどうなんでしょ(^_^;;


この後、車で爆睡でした。。。



オレの場合、今回のように山に行ったけど、結局登らずに帰ってきたってコトは結構あるんだ。

忘れ物をした、路面凍結でたどり着けない、天候が悪い、体調がイマイチなどなど理由は色々だけどね。


今回は体調が良くなかった。

風邪でもなく、腰痛とかでもなく、なんだか調子が出ない。


まぁ、笊ヶ岳は来年の夏に再チャレンジすることにします!

何となくそれがイイような気がする。


今回は、いつものように「南アルプス、最高~!」とは叫べないけど、無理して登って事故ってもしょうがないじゃん。

無事之名馬ってコトで。

楽しみは先送りになっただけだからさ!


また、調子のいい時に登りましょ!


南アルプスはいつでもそこにあるからね(^_^)




[PR]

by weekend-mountain | 2016-10-16 21:57 | 南アルプス | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 12日

赤河原ルート(甲斐駒ケ岳) 161010

前から行ってみたいと思っていた甲斐駒の赤河原ルートに挑戦してきました!

赤河原ルートは既に廃道になった登山道で、山と高原地図にも、ニゴマンの地形図にも載っておりません。


でも、山と高原地図の甲斐駒の詳細地図を、よ~く目を凝らしてみると、、、!

見えました?


それでは行きましょう!

e0338862_20412793.jpg
4時半に戸台の駐車場を出発!

ヘッデンの灯りを頼りに、戸台川を遡行です。


明るくなってくると、、、

山はガスの中。


e0338862_20412777.jpg
明るくなるにつれ、ガスも徐々に取れてきました。

e0338862_20412738.jpg
鋸岳の角兵衛沢入口まで来ましたよ!

ビバーク者のツェルトやテントがありました。

e0338862_20412712.jpg
甲斐駒も顔をのぞかせます!


程無くして、藪沢との合流に到着です。

藪沢を渡れば、丹渓山荘跡です。


が、しかし、、、、

e0338862_20455447.jpg
対岸のピンクテープは見えていますが、、

あった筈の丸太橋が無いよ。。。


流失したか~~~!


しかも、水量は結構な勢い(x_x)

渡れそうなところを探すも、

無い…


仕方がないので、戸台川を下りながら渡れそうなところを探しましょ。


e0338862_20574524.jpg
これが、その時の軌跡です。

グニャグニャしているところが、迷っているところ。

画面の上から来て右下に向かいます。

e0338862_20455582.jpg
結局かなり下がって、ここを渡渉しました。

もちろん靴を脱いで、素足でね(-_-)


水は冷たいけど、我慢できないほどでもない。

それよりも素足で砂利の上を歩く方が苦痛なのよ!

よく銭湯とか、温泉に置いてある踏んで足つぼを刺激するヤツあるじゃん。

まさにアレ!


イデデ、イデデ、、、

ってね(^^;;


e0338862_21041834.jpg
何とか対岸に渡ると、この看板。


えぇ、今からそこに向かいます。

このブログでは何度も言うセリフですが、良識あるヒトはマネしちゃダメよ!

e0338862_21041896.jpg
丹渓山荘がひっそりと佇んでいます。

この右側に登れば、北沢峠に向かう八丁坂です。

冬場は北沢峠に向かうメインルートですが、夏にココまで来る人はいないよね。


で、どんどん遡行して赤河原を目指します!

e0338862_21041809.jpg
七丈ケ滝沢の出合に来ました!

スゲ~!


e0338862_21041845.jpg
もうねこの辺に来ると岩が巨大で、プチクライミング状態ですよ!

何度か高巻きしながらの遡行です。


さぁ、こっから七丈ケ滝尾根に取り付くんだけど、まったく取り付きが見つかんない(^^;;


散々迷った挙句、取り敢えず登れそうな斜面に取り付いて、登り始めます。

と言っても登山道なんてありゃしないので、結構命懸けの登りですわ。


ヒーヒー言いながら、沢を見下ろすくらいまで登って気付く。。。


あっ、水汲み忘れた…


危険な斜面を下降…


水を汲んだら再度アタック!

まぁ、その後も急登の連続でね、、、

しかも登山道らしきものは見つかんないので、ひたすら直登していくワケですよ。


で、

e0338862_21175877.jpg
ようやく人工物を発見!

針金です!

コイツにピンテを結びつけます!


まぁ~、とんでもない所に登山道を付けたと思うよ!


昔の登山者はやっぱ生粋の登山者なんだろうね。

e0338862_21175722.jpg
一応ね、相当昔のトラロープとかあるんですけどね。

基本的に三点支持の山登り。

周りに木が生えているから、落ちても引っ掛かるだろうから怖くはないけどね。

e0338862_21175837.jpg
いわゆる赤布もあるにはあるけど、すっかり色が抜けて自然に還ってしまってます…

とにかく倒木やシャクナゲとかの低木に行く手を阻まれ、気が付くとルートを見失っちゃう(xx)

それでも、稜線通しのルートなので、強引に突き進みます。

所々ヤバイとこもあったけど、まぁ、自己責任ですからね!


e0338862_21175832.jpg
四合目の看板を発見!

e0338862_21290729.jpg
相当古い石碑もありました。

e0338862_21290600.jpg
平和な感じの登山道に出てほっこりしていると、、、

e0338862_21290657.jpg
あぁ、見事に登山道無いね、、、

もうちょっとで稜線だっていうのに、崩落にて登山道消失。。。


でも、今までも道らしい道なんて無かったからさ。

行っちゃいましょ!


e0338862_21290690.jpg

無事通過です!

んで、何とか主稜線に上がりましたよ!


e0338862_21363088.jpg
甲斐駒!

素晴らしい!


でも、ここまでに7時間かかっていて、現時点で11時半。

甲斐駒山頂のリミットは12時なので、もう山頂は無理です。


赤河原ルートを上がるのが今回のミッションなので、無事主稜線に上がれただけでも大満足です!


e0338862_21363068.jpg
登り切ったところには石碑と壊れた祠があります。

e0338862_21362977.jpg
六合目石室。

古い地形図には、登山道が石室に続いているように描かれているけど実際の下降点はココです。

ま、赤河原へ降りようなんて人はいないと思いますが、、


ってコトで、甲斐駒を諦め、ピストンも無理なので熊の穴沢から下降することにします!

e0338862_21362932.jpg
稜線上はそこそこイイ天気♪

e0338862_21453921.jpg
北岳!

デカいよね!

e0338862_21453721.jpg
甲斐駒も!

e0338862_21453865.jpg
北岳の上には波状雲!

e0338862_21453806.jpg
なんかのピークを過ぎて、、

e0338862_21470497.jpg
烏帽子岳との合流まで来ました。

ここまでは来たことがあります。

この先は未踏です。

e0338862_21470266.jpg
でも、登山道は稜線上を避けて、山梨側の樹林帯を進みます。

もうね、過剰なまでにピンクテープが付けられていて何だか拍子抜け。

赤河原ルートを登ってきた今となっては、トレールがしっかりとあるのにピンテは要らんでしょう!って感じですよ。


e0338862_21470314.jpg
中ノ川乗越に到着!

e0338862_21522564.jpg
鋸岳方面です。

登山者がいなくてホッとするね。

なんでかって言えば、、、

e0338862_21524014.jpg
熊の穴沢はすべてが浮石のガレガレ沢なんですよ!

後ろから来た人に石を落とされたら堪んないじゃん!

e0338862_21522252.jpg
登山道に出るも、足元は不安定で、何度も尻モチっすわ。

でも、急なだけに高度はどんどん下がっていくね!

e0338862_21522529.jpg
カラマツはようやく色が変わってきた感じです。

e0338862_21570424.jpg
樹林帯をひたすら下って、下って、下って、、、

e0338862_21570406.jpg
熊の穴沢を脱出です!


んで、この後、、、

長~い、長~~~~~~い、戸台川の河原歩きなんです。


ようやく駐車場に着くと、

e0338862_21570349.jpg
鋸岳登山者に向けて警告看板が!

e0338862_21570308.jpg
まぁ、すべて基本中の基本ですけどね。


無事戻って来れて良かった!

実に12時間半の長旅でした!



今回、一度は登ってみたかった赤河原ルートを登れることが出来てホント感無量!

甲斐駒は、行ければラッキーって感じだったので、敗退とは思っていません。


戸台川から赤河原に至る沢歩きは、何だか遠い昔に河原で遊んでいた感じを思い出して凄く楽しかったし、その風景も素晴らしかった。

七丈ケ滝尾根はハードだったけど、自己責任で登って行く感じは不安よりも楽しさが上回っていました!

稜線に無事抜けた時には本当にうれしかったよ!


これを見て行ってみたくなった奇特な方、、、

一応ピンクテープを付けてきたので、行けなくもないと思うけど止めといた方がイイですよ。

子供のころから川や山で遊んできた、ある種のカンが無いと遭難すると思います。

つうか、行きたいと思う人もいないか(^^;;


いや~、でもヤッパさ南アルプス楽しいわ!


何度でも言うよ!



南アルプス、最高~~~~~~~~~~~~~!






[PR]

by weekend-mountain | 2016-10-12 22:27 | 南アルプス | Trackback | Comments(7)
2016年 10月 10日

無事戻ってきました!

e0338862_21535996.jpg
今日は南アルプスの甲斐駒ケ岳にかつて存在していた、赤河原ルート(六合目コース)を登ってきました。

主稜線に出るまでに7時間を要してしまったので、時間切れで甲斐駒には上がらずに熊の穴沢を下ってきました。


赤河原ルートは有って無いようなものなので、直登&直登の藪漕ぎ祭りでした(^^;;

かなりしんどかったけど、久しぶりの山だったので、とても楽しかったね!


もう今日はクタクタなので、明日以降に写真をアップしますのでお楽しみに~~~!

(登るのに必死でほとんど写真は撮ってないんだけど…)





[PR]

by weekend-mountain | 2016-10-10 22:08 | 南アルプス | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 08日

久しぶりに山に行きます(^o^)

世間一般には3連休中。

ワタクシは今日も労働してきましたよ!

前回の記事でも書いた通り、10日の体育の日も出勤になってたんです。

んが!

休みになりました(^_^)y!

パチパチ!!


つうコトで山に行きますよ!

e0338862_21091574.jpg
山の装備として、ピンクテープを用意しました!

コイツを80㎝くらいに切ります。

e0338862_21110106.jpg
今回、お約束は3本だけ(^^;;

e0338862_21115795.jpg
なんで、ピンクテープを用意しているかというと、、、

廃登山道を歩こうかと思っているからなんです。

ピンクテープは生還のための目印ね!


勿体ぶるつもりもないので、どこに行くかと言えば、

甲斐駒の赤河原ルートに行くつもりです。


この赤河原ルートは由緒正しいクラシックルートらしいのですが、南アルプス林道が開通して以来登る人は殆どいなくなり、荒廃し、さらに崩落等により通行不能になったらしい。

ネット上でもほとんど情報は得られない。


んじゃ、行ってみましょ!

ってなもんです!


どのみち、明日は寒冷前線の通過がある。

そんな日に山に上がるのは愚の骨頂ですからね。

登るのは明後日の10日。


明後日の体育の日は、予想天気図を見る限り、前線の通過後に高気圧が張り出してくるようだ。

ただし、寒気の流入もあるし、高気圧の中心が北偏しているので、高い山はピーカンってわけにいかなそう。

まぁ、雨の可能性はないにしろ、晴れるか、曇るか微妙だね。。。


いずれにせよ、風が強くて寒いってコトは確実。


んじゃ、一度は偵察に行ってみたかった赤河原に行ってみようかなって思ったワケ!

甲斐駒山頂にはこだわりません!



明日はのんびり移動して、仙流荘でゆっくり風呂に入って、戸台でゲリラキャンプ!

星を見ながらビールです!


楽しみです(^▽^)/




[PR]

by weekend-mountain | 2016-10-08 21:34 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 06日

欲しいものは…

e0338862_21111783.jpg
今日、現場で空を見上げると、空には幻日が現れていた!


何だか良いコトがありそうじゃん!



んが、しかし、、、

会社に帰ると、10日は出勤ってコトになりました(x_x)



まぁ、しゃあないか(^_^;


でもさ、、、


欲しいのはお金?


休日?


それとも、、、








[PR]

by weekend-mountain | 2016-10-06 21:30 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)