週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 27日

16/17 冬への準備 その6 スーパーメリノウールEXP.

e0338862_22082948.jpg
会社帰りに新静岡セノバのモンベルに寄ってお買い物!


買ったのは、、、

e0338862_22084852.jpg
モンベルのアンダーウエア、スーパーメリノウールEXP.のハイネックシャツとタイツです!

これね、ず~っと買おうかどうか迷ってたんだ。

買うならYahoo!ポイントが少しあるから、Yahoo!ショッピングで買おうと思ってたんだ。

でもね、お高いじゃない、躊躇しているうちに気が付くともう配送が間に合わないところまで来ていた(--;


躊躇していたのは、お高いのもあるんだけど、使用用途が雪山での停滞時に着るためだけだからってのもあった。


普段からモンベルのアンダーウエアは気に入っていて、冬山では化繊のジオラインを着用している。

シャツは中厚(M.W.)のラウンドネックと、ハイネックを時期や用途によって重ね着したり、単体で着たりしながら使っている。

タイツは中厚と厚手(EXP.)を使い分けている。

これらの組み合わせで、何とか上手くやってきたので「ウールは必要ないんじゃない?」って気持ちもあった。


化繊のジオラインって、汗をかいても素早く吸収して、発散してくれるから、いわゆる「汗冷え」が抑えられるんで至極快適なんだ!

行動中はすこぶる快適で、本当に素晴らしいと思う。


ただし、素材そのものに温かさをあまり感じないから、動いているときは最高だけど、じっとしているとそれほど暖かくはない。


なので、ウールね!

ウールの暖かさに勝るものは無いんだけど、行動中はかえって暑すぎるんだよね。


試しに着てみると、着た瞬間から暖かい(^_^)

あぁ、ヤッパ買って正解だな!


まぁ、ゴリゴリの山屋さんからは「冬山でわざわざ着替えるの?」って言われそう(^^;;

オレね、冬山でもマッタリしたいんですよ!

今回も基本は冬期避難小屋泊なので、着替える余裕は十分にある。


ウールのアンダーウエアの可能性を検証するにもうってつけなのである意味楽しみかも!


これで、正月山行の準備はすべて整った。

パッキングもあらかた済ませた。


気が早いと思うかもしれないが、出発前日の29日は会社の忘年会(^^;;

明日は食料を買い出しして、最終チェックです!



いや~、楽しみです!

(^3^)ププ






[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-27 23:15 | 冬山の装備 | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 26日

厳冬期の足元について考える

e0338862_21175009.jpg

清水のSWENにて厚手の靴下を買ってきた!

FITSというアメリカのメーカーの靴下で、メリノウールの雪山向けの厚手のヤツです。

e0338862_20410953.jpg
Made in The USA ってコトらしく、なるほどざっくりとした造りがいかにもです(^^



冬山用の靴下はいろいろ試してきたが、なかなか理想的なものに出会えていない。

なので、コイツもお試しで使ってみようってコトなんですわ。

税込みで¥2,808なので懐も痛まないしさ!


今までいろいろ手に入れてきた中で、なんだかんだモンベルのアルパインソックスが調子イイ!

e0338862_20561149.jpg
これね!

暖かいし、型崩れもしない。

洗濯しても縮まないし、伸びもしない。

何より丈夫です!

モンベルにしては珍しく、日本製だしね!


日本製と言えば、ファイントラックのヤツも使っている。

いわゆるレイヤードシステムのヤツね。

e0338862_20593061.jpg
コイツの下に、

e0338862_20593344.jpg
コイツを履くワケです。


どうかって?

まぁ、お金出して買ったんで、効果があると信じて使い続けているって感じですかね。。。

霊感商法かよ、って(^^;;


悪くないんですよ、決して。

実際使ってますし。

でもまぁ、これじゃなきゃダメって程のモノでもないかな。

アイデアグッズの域を出ていない気がする。


リピートはしないかな、多分。。。



続いては、
e0338862_21060560.jpg
絶大な人気を誇るスマートウールね!

去年の正月山行のときに買ってみた。

これもMade in The USA で、かなりざっくりした造りの靴下です。

今回買ってきたフィッツと感じはよく似ている。


最初に履いた時は、「中学生の時に初めてバスケット用のソックスを履いた時の感動」に近いものがあった。

内側がパイル地で、フワフワした感触なんだ。


暖かいし、クッション性も良くてなかなか優れた靴下だと思う。

でも、履いた時はイイんだけど、ブーツを脱いだ時はベロベロに伸びちゃってどうしようもない。

まぁ、アメリカの衣類は乾燥機を使うことを前提に作られているから、「縮ませて使う」造りなんだよね。

昔のリーバイスしかり、チャンピオンしかりです。

コイツも多分そう。

洗って、乾燥機にぶち込めば元通りって感じね。


話は戻って、今回買ったフィッツの靴下は造りが小さめなんだけど、履いてみると圧迫感も無く、文字通りフィットしていて気持ちいイイ!

実際、山で使ってみないと何とも言えないけど、かなり暖かいのは間違いない。

正月には持っていきます!




で、靴下の話の次は冬靴の話です。

今年、衝動的に手に入れたスポルティバ ネパール キューブがとっても調子イイ!

↓コチラ
去年、鳴り物入りで手に入れた同じくスポルティバのネパール エボは当ブログでは常にアクセスランキング1位なんだけどさ、、、



実は、キューブを手に入れて実際冬山に行ってみたら、あまりに良くってね、、

エボはもう履く気が起きなくなっちゃって、結局ヤフオクで処分してしまった。


今朝、北アルプスの麓に住む方のもとへ旅立ちました。



エボも、キューブも大して変わらないんだけど、キューブの方が幅広のオレの足には合っているのが使ってみると良く分かったんだ。

もちろん、エボはサイズが43で、キューブのそれは43.5って違いはある。

でも、決定的に違うのが、サイドに張られたゴムの高さの違いなんだ。

e0338862_21423179.jpg
LA SPORTIVA と書かれた部分のゴムの高さが程よい低さなんだよね。

このおかげで、革製のアッパーが足の形に合わせて広がるので、足先の圧迫感が少ないんだよね。

一方、ネパールエボは、、

e0338862_19061303.jpg
つま先部分をゴムがガッチリとカバーしている。

これだと革製のアッパーがゴムで押さえつけられた状態と同じなので自由に広がらないんだ。

つま先は先端に集められる感じになって、窮屈さを感じる造りなんだよね。


まぁ、オレの足はかなり幅が広いんで、参考にはならないと思うけど。。。


でもネパール エボはとても良い靴であることは間違いないよ。

だけどもキューブを手に入れた今となってはエボに戻る気はしないし、キューブによってよりいっそう冬山が楽しく思えるようになったのはホントのところ。

だからと言って温存はしません。

ガンガン使って楽しんでやるつもりです。


厳冬期の足元は未だ確固たる答えを出せていないけど、理想形にかなり近づいた気はする。

さて、来週が非常に楽しみです(^_^)






[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-26 22:53 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 25日

荷揚げ登山

e0338862_20292530.jpg
今日は、正月山行のために食料や燃料を茶臼小屋の冬期避難小屋へデポしてきました!

世間は、やれ三連休だ、やれクリスマスだと盛り上がっているようですが、オイラは23日、24日も仕事で今日は一人で南アルプスですよ…

日帰りピストンなんで、午前1時半起きの、午前2時出発、恋人たちはイヴの甘い余韻を楽しんでいる頃に、オッサンは一人山道を突っ走っていくワケです。

玉川の分岐まで来ると、道路情報版に何やら気になる文字。

「通行止め 沼平」の文字。


えぇ~~~っ!沼平!

電波のあるうちにネットで道路情報を検索すると、「斜面崩落につき通行止め」だって~!

今日荷揚げ無理なの~~?

まぁ、取り敢えず状況が分からないので、現地に行ってみましょ!

e0338862_20370813.jpg
終了ですか…

今日荷揚げできないと、来週のザックは30㎏オーバーになっちゃう…

そもそも、来週までに復旧するの?

ヘッデン点けて偵察に行きました!

写真は無いけど、現場は未だ生々しい土の臭いが立ち込めてはいるが、すでに車が通れるくらいに復旧されている。


取り敢えず車に戻り、考える。

歩くか?


今回、通いなれた茶臼なので地図もGPSも持ってこなかったんで、ここから沼平ゲートまでどれくらいか分からない。

iPhoneの地図はGPSデータを受信するけど、地図データが圏外なので入らない。

一旦電波のある所まで下ろうと車を走らせるが、途中で「時間が勿体ねぇ」って思って引き返す。

もうイイや、歩こう!

夏期臨時駐車場の近くの空き地に車を停めて、出発です!


前置き長いね(^^;;

で、

一気に、、、、

e0338862_20552663.jpg
ウソッコ沢小屋。

うそみたいな名前の小屋です。

e0338862_20592834.jpg
頑張るの木まで来たら、、

e0338862_20594928.jpg
この時期だったら、この辺から雪景色になるんだけど、全く雪が無い…

e0338862_21003988.jpg
横窪峠まで来ると稜線が見える。

雪だね~!


e0338862_21012581.jpg
横窪沢小屋です。

e0338862_21030633.jpg
雪も無いけど、人の歩いた様子も全くなし。

トレースは獣のみ。

e0338862_21035396.jpg
倒木ベンチまで来ても、雪は少ない。

e0338862_21041928.jpg
トレースは全く無いけど、去年付けたピンクテープがあるんで頼もしいです!

e0338862_21051408.jpg
ようやく雪っぽくなってきた。

e0338862_21054062.jpg

出発から7時間弱、ようやく茶臼小屋に到着しました(^_^)/

e0338862_21065381.jpg
稜線に向かうルートにも全くトレースはないね。

e0338862_21073963.jpg
ってコトで、ミッションコンプリートです!

荷物をデポしました!

避難小屋には、オレ以外にも何人かの荷物がデポされてました。

航空自衛隊の食料もあったよ!

e0338862_21094441.jpg
富士山!

e0338862_21095778.jpg
樹氷がきれい!

ゆっくりしたいところだけど、時間的にリミットの12時に…


下りましょう!


e0338862_21110208.jpg
今回は、ネパールキューブに、モンベルのアイゼン。

アイゼンのベイル(前コバを引っかける金具)を交換したので、そこそこ調子よくなった!

グリベルより軽いし、岩でガビガビになっても惜し気なく使えるのがイイ!


ピッケルは必要ないんで持ってこなかった。

e0338862_21264474.jpg
帰り際にも一度稜線へのルートを確認。

もし、来週トレースが無ければ、スノーシューが必要かもね。


e0338862_21281335.jpg
横窪峠まで来るともう雪はありません。

暖冬だった去年より少ないってどういうこと?

e0338862_21320193.jpg
だから、地味に怖いからやめて…

e0338862_21331217.jpg
今回はヤレヤレポーズは無し(^^

e0338862_21343478.jpg
大っ嫌いな最凶吊り橋を渡って東俣林道へ!

e0338862_21361598.jpg
件の崩落現場。

もうすっかり片付いてるよ!

現場のヒトに聞いたら、あと2日くらいで仮復旧させて一般車両を通すみたい。

さすが中電御用達道路だね。


今日は、正月山行のために久しぶりにちょっと重い荷物を背負って登ったんだ。

もうね、死ぬかと思った(x_x)

来週、大丈夫なのかねオレ…


まぁ、取り敢えずデポしてこれたんで良かった。


12月30日から去年のリベンジで聖岳にチャレンジします!


去年は聖平小屋に一人っきりになって怖気づいてアタックしなかったんだ。


今年は頑張って登ってみようと思います。

週間予報を見る限り良さそうだしね!


楽しみです!








[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-25 22:15 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 19日

雪と遊ぶ 赤岳 161218

e0338862_20535029.jpg
昨日は八ヶ岳の赤岳に登ってきました!

ホントは昨日のうちにアップするつもりだったんだけど、ビール飲み飲み書いていたらいつの間にか寝ていた、、zzz


先週の初滑りの時に、富士見パノラマリゾートから見た八ヶ岳はイイ感じに雪山になっていたんでね、もう行きたくて行きたくてウズウズしてたんだ(#^_^#)


今シーズンは雪山スタートが随分遅くなっちゃったけど、いよいよ始まりましたよ!


さぁ、それでは行きましょう!

スタートは4時45分。

もちろん美濃戸口からのスタートです!

ヘッデンの灯りを頼りに登って行きます。
e0338862_21000816.jpg
徐々に明るくなってきたよ!

思っていたより寒くない。

って、まだ12月だもんな、これからか。。。

南沢を上がっていくと、

e0338862_21101245.jpg
大同心が見えてきた!

もう近いね!

e0338862_21105850.jpg
雪に落書き(^^)

ソフトクリームとお化け!

e0338862_21121281.jpg
赤岳が見えた!

山頂付近、スゲー雪煙!

e0338862_21130053.jpg
3時間半ほどで行者小屋に到着!

テントは10張りくらい。

日帰りを含め、多くの人がアタックの準備をしてます。

e0338862_21152315.jpg
新しい冬靴、アイゼン、ピッケルです!

スポルティバ・ネパールキューブに、グリベルのG12に、シモンのメタリックってやたらセレブな組み合わせ!

まっ、すべて日本定価の50%オフですけどね!

八ヶ岳あたりじゃ十分ハッタリが効きます(^3^)ププ


そんじゃ、オイラも行きますか!

文三郎尾根に向かいます!

e0338862_21201995.jpg
登り始めると右手にドカ~ンと阿弥陀岳!

今年は何度も登った阿弥陀も雪山になったねぇ~(しみじみ)

e0338862_21250445.jpg
雪質はかなりイイ!

ズンズン行くよ!

e0338862_21263102.jpg
中岳も冬に見ると、何だかカッコいいね!

e0338862_21270323.jpg
本チャンな人達。

わたくしワンゲル出身なので、山岳部系の山登りは眺めるだけにしときます。


e0338862_21293320.jpg
もうちょっとで、中岳の分岐です。

e0338862_21302025.jpg
中岳の分岐に来ました!

正面に見える阿弥陀の夏の一般道は、冬は相当ハードです。

厳冬期に一度登ってますが、未だに「また登りたい」って気分になれない…

e0338862_21332399.jpg
さぁ、文三郎の核心部(と言っても大したことはない)に来ました。

e0338862_21332747.jpg
キレイだね!

逆から見ると、、
e0338862_21344656.jpg
ここに鎖が無ければそれなりに恐怖だよ。


e0338862_21365704.jpg
さぁ、この梯子を登れば頂上です!

つうコトで、

e0338862_21380612.jpg
出発から6時間で頂上です!

左から強烈な風と、風に飛ばされた雪が容赦なく叩きつけてくるんだ。


e0338862_21393351.jpg
権現の向こうには南アルプス!

鳳凰三山、農鳥、間ノ岳、北岳、甲斐駒、仙丈と本当に美しい!

行きたいな~!


e0338862_21410920.jpg
阿弥陀の向こうには諏訪湖!

頂上に人が見える。

e0338862_21415198.jpg
エビの尻尾が凄いことにΣ(・□・;)

e0338862_21430481.jpg
富士山もくっきり!

冬期赤岳山頂で唯一平和な場所を、ガイドツアーの集団が占拠…


e0338862_21460387.jpg
山梨百名山の標識が増えていた。。。

百名山スタンプラリー。。。


e0338862_21490811.jpg
下りは地蔵尾根へ向かいます。

赤岳から地蔵尾根の頭の間は、烈風が吹き荒れています。

こんなのに際限なく吹かれていたら絶望的な気分になるに違いないけど、八ヶ岳ならアトラクション的要素に感じてしまうから恐ろしい(^^;;

e0338862_21530923.jpg
これぞ「風の山 八ヶ岳」です!


e0338862_21540127.jpg
地蔵の頭はホント半端無いっす!

地形的に風が収束するんだよね。

e0338862_21550314.jpg
去年から鎖が設置されてガッカリのリッジで、上り下りの渋滞が、、、


ビュービューの中、待たされて参った(x_x)p

e0338862_21570928.jpg
樹林帯に入ってしまえば、ピッケルは不要。

スノーポールに切り替えて、ガン下り!

ガイドツアーの皆さんは必要以上に慎重に降りていたけど、この雪質なら恐れるに足らず。

ガイドも分かってるんだろうけど、簡単に下れたらガイドの必要ないもんね。


オレは、飛び降りるように下って行きました!



e0338862_22004858.jpg
フワフワの雪の上を歩くのは本当に楽しい!

e0338862_22013534.jpg
あっという間に行者小屋へ戻ってきました。

皆さん同じように下山の支度中。

昼だというのに、太陽高度低いねぇ!


それじゃ、下りましょう。

サヨナラ八ヶ岳。
e0338862_22025978.jpg
南沢を下りながら、赤岳を振り返ると山頂付近はやっぱり雪煙があがってるね。

e0338862_22041121.jpg
ドカ降りしたせいかカンバの木がお辞儀しちゃってます。

e0338862_22061777.jpg
木漏れ日がきれい!

山登りは下りも楽しいよ!



そんで、無事美濃戸口に戻りました。


10時間の旅でした!

e0338862_22113559.jpg
帰りは八ヶ岳エコーラインをドライブ!

いやぁ~、八ヶ岳キレイだわ!

反対を振り返ると、

e0338862_22113680.jpg
鳳凰三山、甲斐駒、鋸岳!

上から見ても、下から見ても、南アルプスはデカいね!
e0338862_22113514.jpg
帰り道で甲斐駒を見上げると、、、

甲斐駒山頂も烈風地獄だね…


今回、冬山スタートってコトで八ヶ岳に行ったわけだけど、やっぱ八ヶ岳イイわ!

だって静岡から2時間半ほどで雪と遊ぶことが出来るんだぜ!

しかも日帰り可能って素晴らしさ!

完全週休1日生活になって早や7か月、日帰りで雪山が楽しめる八ヶ岳はホント貴重な存在です。


因みに、今回新しくおろした冬靴、アイゼン、ピッケルについてですが、、、

どれも最高でした!

冬靴はサイズを1つ上げたのが大正解で、ネパール・エボで感じたフィット感の良さがさらに倍増した感じで一発で気に入りました!

アイゼンはセッティングを詰めたおかげでまったくズレないし、なんの違和感もなく使用できた。

ピッケルは、BDに比べたら重いけど、やはり必要な重さなんだってことが良く分かった。


冬装備のテストもできたし、久しぶりの雪山を堪能出来たし、ホント良い山行でした!


いよいよ来週は正月山行に向けての荷揚げ登山です。

再来週は厳冬期3,000m峰の聖岳にリベンジ予定です。

天気が良いとイイな!


雪と遊んだ日曜でした(^_^)



今年も良い冬でありますように







[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-19 21:15 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 13日

16/17シーズン 冬への準備 その5 エスパース デュオX & EXPED LITE 5M

e0338862_22232270.jpg
新たな装備が届きました~!

エスパース デュオX です!


シングルウォールの4季用テントです!

いわゆる昔で言うところのゴアテンです。


人生初のシングルウォールテントです(^_^)/


シングルウォールテントに前から興味があったが、とにかくお高いでしょ。

それに本気のヒトが「厳冬期にギリギリの装備として使う」ってイメージがあったから、ちょっと恐れ多かった。


最近の記事でちょこっと書いてたけど、使わなくなった山道具をヤフオクで処分したんだ。

それで、十分な軍資金を得て、めでたくゲットです!


いろいろ出品したが、例えばテント、、、

e0338862_22352538.jpg
モンベルのステラリッジ2です。

コイツとサヨナラしました。

とっても良いテントなんですけどね。。。


もう1年以上使ってなかった。

ご覧のように雪山用のスノーフライも持っていて、一年じゅう山で使えるテントだった。


でもね、前泊用にアライテントのドマドーム、夏山用に同じくアライテントのトレックライズ2を手に入れて長辺側に入口のある横型テントの使い勝手の良さを知ってしまうと、短辺側に入口のある縦型テントのステラリッジは正直なところ使う気がしなくなった。


それでも、スノーフライを持っていたので、冬山用に手元に残しておいたんだ。


実際のとこ、スノーフライは重さが約1㎏あるし、テント本体と同じくらいの大きさなんだ。

冬はさ、ただでさえ装備の量が半端ないので、出来れば軽くて小さい方が良い。

このセットを持っていくには覚悟がいる。


去年は冬期避難小屋をフル活用して雪山に登っていたので、テントを持たずに雪山に登っていた。



それじゃ、、、


避難小屋にたどり着けなかったらどうすんの?って思うでしょ。

確かにね。。。


ってコトで、軽量コンパクトなシングルウォールのテントを導入しようじゃないの!ってわけね!

シングルウォールテントはアライ、ICI、モンベルとあるけど、どれも縦型テントなのよ。


横型でシングルウォールとなると、もうエスパース一択なワケですよ!



サイズ的には手放したステラリッジ2と同じくらいの広さとなると、デュオXしかない!


つうコトでちょっと見てみます。

e0338862_22491685.jpg
シングルウォールなんで、本当にペラペラの生地1枚です(^^;;

まだ使ってないけど、おそらく雪山では死ぬほど寒いと思います。。。


e0338862_22503455.jpg
裏地はゴアテックスの2レイヤー生地と全く同じ感じです。

う~ん、絶対寒いよね、、

e0338862_22515455.jpg
ポールはユナン社製のスゲー軽いヤツです。

同じ韓国製ならDAC社製の方が好みかも。

e0338862_22544297.jpg
ペグはどこのかわからないけど、かなり軽い手の込んだ造りのやつが8本付属してます。

赤いのは比較用のDAC社製のもの。

まぁ、冬山にはペグは持っていく必要ないですからね。


南アルプスなら枯れ枝を拾って埋め込めばOKです!

e0338862_22581440.jpg
ガイラインは装着済みです。



e0338862_23003996.jpg
で、このテントを手に入れる時に最大の不安材料は、フルコネクテッド・ポールスリーブと呼ばれるポールの設置方法。

両側が袋とじになっていて、どっちから入れてもワンウェイ設置できる優れものらしい。

でもさ、やっぱグロメット(ハトメ)があった方が安心感があるよね。

さすがエスパース取り外し可能なグロメットを緊急用として付けてある!


これなら万が一、ポールがテント生地を突き破っても設置が出来る。

だったら片方はグロメットで良かったんじゃない?

それじゃー、アライテントと同じになるので、やっぱりオリジナリティーを発揮したかったのかな。


e0338862_23064641.jpg
スタッフサックのラベル。

もうね、昭和の香りプンプン丸ですよ!

ゴム印だぜ!


エスパースったら、日本製で、長野県の安曇野の北穂高のメーカー製です!

う~ん!

北アルプスのお膝元じゃんね!

ステキ!

北アルプスは永遠の憧れです!


悪い筈がないよね!




で、も一つ!

ヤフオクで十分な軍資金を得たので、コイツを試しに買ってみた!

e0338862_23095113.jpg
EXPED LITE 5M です!

コイツなにかと言うと、ダウンが封入されたスリーピングマットです!


そうです!

ダウンマットです!


ダウンマットの存在自体は知っていたが、特に興味がなかった。

でも、日曜のボードの初滑り後に、石井スポーツ甲府店に行ったときにコイツを見て俄然興味が湧いた。


冬山で、いくらダウン量の多いシュラフを使っても、背中側は自分の体重でペチャンコになるから底冷えがして厳しい。

横向きで寝て接地面積を減らして、寒さをしのいだりするワケなんだけど、ダウンマットなら潰れたシュラフの分を補ってくれるんじゃないの?って思ったわけ。

まぁ、想像の域を出てませんが、、、

e0338862_23153921.jpg
ポンプが付属してます。

ダウンには湿気が大敵ですからね、口から吹き込むわけにはいきません。

e0338862_23165916.jpg
試しに膨らませてみたいけど、元に戻すのに苦労しそう、、、

なので、そのうちね(^^;;

e0338862_23180046.jpg
スイスのメーカーですが、製造は台湾です。


輸入代理店はアクシーズクインです。

因みに、初めて買ったソロテントはアクシーズクインのヤツでした(^^


e0338862_23191703.jpg
隣の黄色いヤツは、去年の冬に使っていたモンベルのインフレータブルマットで、3.8㎝厚の150㎝のキャンプ用のです。

正月山行に初めて持っていったが、避難小屋では床からの寒さは凌ぎきれなかった。

なので、今年はダウンマットね!

サイズはかなり小さくなるね。


これと万が一のパンク対策にサーマレストのウレタンマットを持っていく予定です。


e0338862_23223706.jpg
モンベルのマットと、エスパース デュオX,エクスペドのダウンマットとの大きさの比較です。

テント、ダウンマットが相対的にいかに小さいかわかるでしょ!


まぁ、オレはいわゆるU.L.系の病気な人ではないので、快適ならば多少の重量増は頑張って登るコトで我慢する。

でも、シングルウォールテントでエキストリーム気分を味わってみたいってのもあるよね。


だから、今冬はシングルウォールテントを持って冬山に行こうと思っている。


と言いながら、避難小屋の中にテントを張っている自分が想像できる(^^;;

去年よりダメになってんじゃん…


まぁ、山に行けるのか?ってのが最大の悩みではあるんだけどね(^^;;






[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-13 23:41 | 冬山の装備 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 11日

16/17シーズン 初滑り 富士見パノラマリゾート

e0338862_19400054.jpg
今日は16/17シーズン初のスノーボードをしてきました(^_^)/♪

ゲレンデはいつもの富士見パノラマリゾートです!

昨日からオープンしていて、滑る事が出来るのは山頂からリフト2本分の約1㎞ほど。

人工降雪なので、感触は良くないけど、スピードは出るので結構楽しい!


去年の初滑り時にはほとんど雪が無かった八ヶ岳(正面)は、今年はすっかり雪山になってます!



e0338862_19525935.jpg
天然雪は10㎝くらいかな。

e0338862_19564381.jpg
まったく代わり映えのしない道具です(^^;;

このキャンバーボードはとっても安かったが、すこぶる乗りやすくパタパタするだけで切れていくので楽チンな事この上ない。

先シーズン初めて乗った時は新感覚で感動したけど、久しぶりに乗ってみるとイージー過ぎて物足りないかも…

まっ、そもそもダラダラ乗るタイプの板だもんね。

e0338862_20085191.jpg
ゲレンデがカオス状態になってきたので、午前11時には終了です!

北海道のゲレンデで育った身としては、本州のゲレンデはカオス過ぎます…

下りましょ!
e0338862_20101994.jpg


八ヶ岳は寒気の雲が掛かってんね。

今月中には一度行きたいけど、難しいかな、、、


e0338862_20114317.jpg
1基だけ混じっているピンクのラブラブゴンドラ!

乗っていたのはオッサン一人…


このスキー場、恋人の聖地ってことになってますが現実は…


ありがとう富士見パノラマ!

また来るよ!


で、
e0338862_20130986.jpg
帰り道の国道20号線では甲斐駒が大迫力で迫ってきます!

もうすっかり厳冬期の装いだね!

スゲーな!

今年こそ厳冬期甲斐駒を落としたい。


でも、この様子を見ると一生不可能な気さえする。

2月はまず不可能だから、行くなら1月だな。

武者震いがするね(^^;



e0338862_20164342.jpg
昼ご飯は、山梨のローカルスーパー「スーパーやまと」のお弁当!

300円です!

山梨と言えば信玄餅やほうとう、鳥モツなんかが有名だけど、「スーパーやまと」のお弁当こそ山梨のソウルフードです(大袈裟)!

なんてったて、すべて300円だからね!


んで、時間も早いので、ドライブがてら甲府の石井スポーツに寄ってきた。

別に欲しいものは無かったんだけどさ、ブラブラとね。


んが、何だか気になるモノが…

いかんいかん、無駄に物欲を刺激しちゃった…

e0338862_20235673.jpg
甲府盆地からは白峰三山がとてもきれいに見えます!

すっかり厳冬期の装いになってるね!

本当にキレイ!


静岡にしても山梨にしても、冬に雪のない土地だから、南アルプスはそこだけ真っ白で本当に不思議な感じがするんだ。

手前の櫛形山なんて雪ないもんね。

あぁ、いいな~!

山梨もイイかもね~!

一応生まれ故郷だもんね!


ってコトで、22シーズン目が始まりました!

今年は何回滑る事が出来るかな。


転職して以来、休日は日曜のみになったので、山登りの回数は激減している。

でも自分で選んだ道なので、仕方がない受け入れている。

なので、高い山に行ける時はガッツリ楽しむようにしている。


ボードも楽しいけど、やっぱ単純に山に登りたい。

厳しくも美しい山の頂に立ちたい!


甲府盆地から、甲斐駒、アサヨ峰、鳳凰三山、白峰三山、そして八ヶ岳を眺めると心からそう思う。


今シーズンの冬が良いシーズンでありますように!


心から願います!













[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-11 20:52 | スノーボード | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 04日

16/17シーズン 冬への準備 その4の4 モンベルの良心

今日は前日書いた通り、使わなくなった山道具をヤフオクに出品してました。

夕方、何品目かの出品手続きをしていると、モンベル新静岡セノバ店からお電話が。

注文していた部品が入荷したとのこと。


つうことで、夕方にモンベルへGO!ってワケ!

e0338862_21495951.jpg
モンベルのアイゼン、LXF-12のベイルです!

モンベルのLXF-12の標準のベイルは広くてネパールの前コバの形状と全く合ってないんだ。

e0338862_21531736.jpg
こんな感じでね。

歩いていると、靴が外へ外へずれていくもんだから気持ち悪いのよ。

まぁ、でもグリベルのSPベイルのようなパーツは無いからあきらめていた。


がしかし、LXF-12に「ナロウ」タイプが発売されてるじゃん!

イイじゃん!

ってことで、モンベルに電話して、ナローベイルが単体で手に入るか聞いてみた。


すると、モンベル修理部の回答は「ナローベイル単体での販売はしない。今後もその予定は無い」とのこと。

まぁ、そうだよね、従来のユーザーがパーツ交換で満足されちゃあ商売になんないよね。

アイゼンそのものを売りたいんだもんね。


しかし、モンベル修理部はやっぱり神対応だね。

「以前のモデルのパーツなら、標準のベイルより幅が狭いので、それなら出すことはできます」とのコト。

その代わり、「お使いの靴と合うか分からないので、お店にはアイゼンと靴を持ってきて下さい」と。


つうコトで、アイゼンとネパール片手にモンベルに行ってきた。


合わせてみると、グリベルのSPベイルほどのフィット感は無いものの、今までよりはずっとイイ感じ!

e0338862_22055266.jpg
こんな感じね!


んじゃ、もらうわ!


って買ってきた。

1,500円+消費税です!


やっぱモンベル好きだわ!

お客を突っぱねないね!


でも。なんでこのパーツは使われなくなったのか?

多分形状に問題があったのかもね。

e0338862_22094224.jpg
現行の標準が上で、今回手に入れたベイルが下のヤツ。

先端のアールはイイ感じなんだけど、明らかに縦が長いんだよね。


e0338862_22115138.jpg
だから、一番奥の穴にセットしてちょうど良いんだ。

仮に一番前の穴にすると、、、

e0338862_22125337.jpg
つ、爪が、、

調整の幅が無いんですよ。

でも、まぁ、今までよりかはフィット感が向上したのは確か!

e0338862_22142854.jpg
ベイルもピカピカになって新車感が増したね!

イイねぇ~!

実に渋い組み合わせ!


どっちもヤフオクに出そうかと思ったけど、これからも使いますよ!


e0338862_22160694.jpg
しっとりマッタリの左の組み合わせと、がっつりイケイケの右の組み合わせ!

どっちもイイ感じです!


あっ、因みにモンベルで対応してくれたお姉さん、「わたしもスポルティバなんです」って言うもんだから、「モンベルの店員がスポルティバじゃマズいんじゃないの?」って突っ込んどいた。


「グリベルも扱ってますんで♡」って、、、

言いたいことは良く分かる!


つうか、モンベルってグリベル製品の小売りもしてんだね。


まぁ、雪山やる人は積極的にモンベル選ばないもんね。


「モンベルは足に合わないんですよ」って店員さん。。。


その通りだと思います。。。



修理部は神対応なんですけどね、雪山用品はねぇ~、、、、


フリースインナーグローブをスマホ対応にするくらいですからね、、



モンベルは四半世紀以上の御愛用です。

なんか昔から垢抜けてないし、カッコよくないけどさ、、


それでもやっぱり好きなのよ~!


ぷぷっ。




[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-04 22:31 | 冬山の装備 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 03日

16/17シーズン 冬への準備 その4の3 GRIVEL G12 セッティング完了

e0338862_21491100.jpg
注文したパーツの入荷連絡が入ったので、会社から帰宅後に好日山荘へ受け取りに行ってきた。

おれ好日山荘、苦手…

だって、オシャレなんだもん(^^;;

入っているのが静岡パルコでしょ、オシャレさんしかいないじゃん。

とっても気まずい…


とは言え、師走の繁華街はかなり活気にあふれていて楽し気で素敵でしたよ!


話が脱線しちゃったけど、受け取ってきたのは先日手に入れた、グリベルのG12のパーツで、

スーパー アシンメトリック レギュレーションバーってやたら長い名前のパーツと、SPベイルというパーツです。

e0338862_21594741.jpg
これらのパーツで、さらにセッティングを詰めていきます!

先ず、右のパーツから。

e0338862_22015844.jpg
SPベイルです!

簡単に言うとアイゼンの前コバに引っ掛ける金具ね!

上が標準でついているタイプ、下が今回取り寄せたSPベイル。

違いは幅とRの付き方です!

微妙な差だと思うでしょ!

e0338862_22052666.jpg
左が標準で、右がSPベイルです!

どうです!この違い!

素晴らしいフィット感!


どっちもしっかり嵌ってるんだけど、左の状態だとズレるんだよね。

モンベル・カジタックスの場合もっとガバガバで、ズレまくって仕方なかったからね(;;)

満足です!

e0338862_22103146.jpg
続いては、アシンメトリックバーね!

右のがそう。

早速組み込んでみましょう!

e0338862_22122831.jpg
バッチリ!

ソールのアウトラインに合ってます!

因みに、、、

e0338862_22143354.jpg
標準だと内側に寄り過ぎているよ!

歩行には大して影響は無いと思うけど、パンツに引っ掛けて転びそう(^^;;

ただでさえ刃先がビンビンに尖ってるからね。

e0338862_22164697.jpg
左が標準、右が交換後です。

e0338862_22174746.jpg
うん!いいね!

ばっちりじゃんね!

e0338862_22183783.jpg
前爪と2本目の爪、ヤバイね!

この4本だけで、斜面をとらえて登って行くヒト向けだね(^^;;

全く恐れ多いね、、


ってコトで、一回バラして、、、

e0338862_22210542.jpg
手に入れたばかりの新品パーツをサンダーでぶった切ってやったゼイ!

ワイルドだろ~!(古っ)


もうとっくに成長期は終わってますからね、これ以上足のサイズが変わることはありませんから。



e0338862_22220158.jpg
いやぁ~、いいね!

バッチリだよ!

e0338862_22224102.jpg
セッティング完了です!


因みに、アシンメトリックバーは1,800円+税で、SPベイルが2,200円+税の〆て4,320円(税込み)です。

これだけの改造費をかけても本体を海外通販で手に入れているので、国内で買うよりだいぶお安く仕上がりました!

大満足です!

で、早速雪山に行きたいところですが、、、


先日、事故ってから未だに車が入庫中…

会社の車を通勤に使っているので、日々の足には困らないんだけどね。

さすがに会社の車で山に行くのは社会人としてNGだと思うので、山は車が戻ってくるまでお休みです。


山は逃げません(^_^)


明日は使わなくなった山道具をヤフオクに出す準備をしようと思ってます。

新たなる装備の原資にしようと思ってね。


それにしても雪が恋しいです…





[PR]

by weekend-mountain | 2016-12-03 22:42 | 冬山の装備 | Trackback | Comments(2)