週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 26日

甲斐駒厳冬期登頂(仮) 6度目の正直 170226 甲斐駒ケ岳

e0338862_20415364.jpg
今日は甲斐駒ケ岳に登ってきた!

このところ仕事が忙しくて山に行けなかったんで、ガッツリ行こうぜってコトで、黒戸尾根日帰りピストンですわ!

タイトルに「(仮)」が付いているのは、普通「厳冬期」っていうと、12月末から2月くらいを差すじゃん。

今日は辛うじて2月なんで一応「厳冬期」かな?ってね。

でもさ、もうね山は厳冬期の雰囲気は無いね。。。


オレさ、厳冬期、積雪期の甲斐駒には今まで5回チャレンジして、すべて敗退したんだ。

だからさ、今日は登頂記念日ってコトで!


(仮)付きで勘弁してね!


それでは行きましょう!

1時半に家を出て、3時45分スタートです!

どれくらいで登れるか分からないけど、12時リミットで行きます!

e0338862_20542454.jpg
やっぱり太陽の光は偉大だね。

e0338862_20591275.jpg
寝てちゃ勿体ないな(^^)

e0338862_21002140.jpg
刃渡りまで来ました!

e0338862_21033131.jpg
富士山!

e0338862_21033807.jpg
鳳凰三山!

e0338862_21033418.jpg
八ヶ岳!

e0338862_21054952.jpg
刀利天狗です。

e0338862_21064933.jpg
黒戸山を越えて、五合目まで来ると甲斐駒が大迫力でお出迎えです!

ただし、山頂はまだ見えません。

e0338862_21075955.jpg
五合目小屋跡にはエスパースのテントが一張りありました。

e0338862_21085111.jpg
汗で濡れてしまった靴下を履き替え、使わない「ワカン」や「ストック」と共にデポしておきます。

普段から荷物の重さはあんまし気にしてないんだけど、他のヒトのデポがあったので「ああ、そうね!」ってコトで真似てみました。

e0338862_21120913.jpg
山専ボトルのお湯でカップラーメン!

お湯をケチったら、汁が…

それにしても、山専ボトル凄いね!

魔法瓶のお湯でカップ麺が作れちゃうなんてビックリです!

e0338862_21150427.jpg
スケルトン橋を渡ったら、いよいよ甲斐駒に取り付きます!

e0338862_21153835.jpg
有名な垂直ハシゴ(^^)

そんなこんな、アトラクションがあって、、、

で、

e0338862_21163850.jpg
七丈小屋に到着です!

小屋番が雪かきしてたけど、挨拶してもガン無視…

相変わらずだね…

e0338862_21181108.jpg
テン場はすっかり雪で埋まっているので、テン泊者は思い思いの場所を整地してテントを張ってます。

これで、金取るの?

e0338862_21195862.jpg
テン場を過ぎると、カンバの林の急登になる。


ちょうど、テン泊者たちが続々と降りてきたよ。

えぇ、すっかりトレース泥棒ですわ(^^;;


e0338862_21211953.jpg
森林限界に出ました。

雪は表面がクラストしたモナカ状態。

e0338862_21230464.jpg
八合目の壊れた鳥居まで来ました。

この辺まで来ると、ほんとシンドイ(´;ω;`)

e0338862_21233851.jpg
いよいよ核心部の剣の刺さった岩の下まで来ました!


核心部の写真?

一応あるんですけどね、白飛びしちゃってね、、、

まぁ、興味がある人はご自身でどうぞ!ってね!

そこは黒戸尾根ですから!

e0338862_21292196.jpg
樹氷がきれい!

e0338862_21292586.jpg
右に落ちたらサヨナラです、、、

e0338862_21303384.jpg
山頂の祠が見えたよ!

e0338862_21303453.jpg
着いた~!

苦節4年、ついに冬期甲斐駒の山頂に!

嬉しいね!

e0338862_21303375.jpg
仙丈をバックに証拠写真!

出発から8時間、リミット15分前の11時45分に到着デス!

e0338862_21330603.jpg
北岳!

デカいね!

e0338862_21330530.jpg
仙丈も負けずにデカい!

春になったら行くよ~!

e0338862_21330642.jpg
鳳凰三山!

冬期には登ったコトないんで、いつか行きたいと思ってはいるんだ。

いつになるやら…

e0338862_21330584.jpg
八ヶ岳!

きっと大勢の人で賑わっているのでしょう!

e0338862_21330750.jpg
中央アルプスと御岳。

山頂付近はガスが…

e0338862_21330715.jpg
鋸岳と、その向こうに北アルプス。

ガスの下に、チラッと大キレットが見えてる?

e0338862_21374671.jpg
とっても名残惜しいけど、下りの方が大変だからね。

長居は無用です!

下りましょう!

e0338862_21391192.jpg
何度見てもカッコいいね(^_^)/

e0338862_21395369.jpg
あっと言う間に七丈小屋。

出来ればここに泊まってマッタリしたかった…


e0338862_21403095.jpg
ま、こんなアトラクションもあるよ!

とにかく下りに下って、、、

e0338862_21410785.jpg
横手の分岐まで。

ここからが地味に長い。。。

e0338862_21414165.jpg
一合目(勝手にそう思っている)の小さな祠まできました。

この後は溝みたいなつづら折りを下って行きます。


んでもって、山頂から4時間半で終了です。

トータルで12時間半の長旅でした!


今回、念願の冬期甲斐駒の山頂に上がることが出来てホント感無量です。

ただね、出来れば冬期の日帰りピストンではなく、七丈小屋に泊まってのんびり登りたかった。

今回は気象条件がバッチリだったし、人様のトレースもあったので何とか登れたようなもの。

冬山4年生で、初級者レベルは卒業できているとは思うけど、いずれ本当の厳冬期に甲斐駒の山頂に立ちたいと思います。


まぁ、でも甲斐駒の山頂に立ってやっぱり思ったよ!


南アルプス最高~~~~~~~~~~!


ってね(^_^)/♪


久々に楽しかった!




[PR]

by weekend-mountain | 2017-02-26 21:59 | 南アルプス | Trackback | Comments(8)
2017年 02月 05日

MSR® Fuel Bottles Military

e0338862_19490329.jpg
MSRの燃料ボトルで、ミリタリーカラーのヤツを手に入れました!

いや~!カッコイイね!

山仕様から、一気に砂漠仕様になったみたい!

イメージは砂漠を行くキャラバン隊、みたいな感じ!


このカラーは、輸入代理店のホームページによると、数量限定で、取扱店も限定らしい。

静岡県内では取り扱っている店舗は無い。


今日は天気が悪くて山には行けないし、かと言って部屋で燻ぶっているものなんだし、コイツを買いに山梨までドライブしてきたってワケよ。

まぁ、何かしら理由をつけて出かけたい気分だったってのもあったんだけどさ。


因みに、山梨では2店舗で取り扱いがあり、その両方に在庫がありました。

e0338862_19581337.jpg
ミリタリーと行っても、単に色違いなだけ。

キャップは以前からあるシンプルなやつ。


これだけの違いで、値段が1.5倍になっちゃうから限定商品は堪んない…


でも、買ってしまうオイラはメーカーの良いカモですわ(^^;

ホントは11オンスの一番小さいサイズのが欲しかったんだけど、山梨の2店舗はどちらも20オンスの中間サイズのみの在庫でした。

このサイズは、今の「日帰りか長期」の山行しかできない生活だと、使いづらいサイズなんだよね。


まぁ、コイツは「観賞用」ってコトで(^^;

燃料ボトルの使い道に「観賞用」ってのがあるんだ!ってツッコミは無しでね…

e0338862_20070734.jpg
もちろん、Made in USA です!

最近、MSRの燃料ボトルは、中華製になってしまったので、米国製のミリタリーも今後手に入らなくなるんでしょうね。

e0338862_20103690.jpg
底部の刻印を見ると、ミリタリーは2009年製みたい。

缶には「MSR® 2008 Cascade Designs,Inc.」って書いてあるので、2008年に企画された商品なんでしょう。

因みに、中華製には「M03-16」の刻印があったので、米国製は2015年までだと思います。

e0338862_20055802.jpg
米軍仕様ってコトで注意書きは英語のみで、スッキリしていていい感じです!

通常版は3か国語表記でゴチャゴチャです…

どっちにせよ読めませんけどね(;;)


それではバーナーを装着します!

e0338862_20401137.jpg
う~ん!砂漠っぽい!

オフロードバイクで林道ツーリングに行きたくなるね!
(100㏄のバイクしか持ってないケド…)


山にはなかなか行けないけど、山道具屋巡りは楽しいし、こんな素敵な道具を手に入れて愛でてみるのも悪くない。

毎週のように山に行っていたときは、とにかく利便性重視でガスを選択してたけど、今はこんな手のかかる道具が好きになってきたよ。

ガソリンストーブ楽しいね!

今更ながら123に戻ることは無いと思うけど、山で使うストーブは1周回って液体燃料に戻ってきた感じ。

まぁ、コイツを使う機会がいつになるかはわからないけど、新しく手に入れた道具を見ながらイメージを拡げるのは楽しいよ。


気になった人は手に入れておいた方がイイよ!

まだ間に合います。



















[PR]

by weekend-mountain | 2017-02-05 21:44 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)