週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 26日

キタダケソウに会いに行く 北岳 170624-25 後編

6月24日(土)、25日(日)にかけて、南アルプスの北岳に登ってきました!

お目当てはこの時期にしか見ることが出来ない、北岳の固有種であるキタダケソウに会うためにね!



それでは後半です!
e0338862_19435854.jpg
キタダケソウ!

分岐からトラバース道へ入ってすぐに、たくさんのキタダケソウが生えていて可憐な花を今を盛りに咲き誇っています!

e0338862_19440118.jpg
キレイだね~!

e0338862_19502235.jpg
見上げるとまるで夢のようです!

e0338862_19502342.jpg
ね(^_^)/♪

e0338862_19502314.jpg
たっぷり堪能しました!

ずっと見てみたいと思ってたから、こんなにたくさんの花を見ることが出来て言う事なしです。


同じようにキタダケソウを目当てに来た人たちは、みんな笑顔になってました(^_^)

美しいもの、儚いものは人の心に響くものがある。

そして、見る者のすべてを笑顔にするね!


それじゃ、本当に名残惜しいけど、戻りますか!

e0338862_19545049.jpg
再び北岳山頂を目指します。

八本歯のコルから大樺沢に降りたいところだけど、アイゼン、ストックが無いと厳しい。

素直に来た道を戻ります!

e0338862_19563405.jpg
登り返しはつらいけど、こんな岩の隙間にも小さな花が咲いていて心和まされます。

e0338862_19572393.jpg
北岳山荘との分岐まで戻って来た。

e0338862_19575148.jpg
一か所だけ斜面に残雪があったけど、ロープが設置してあるので問題なし。

と言うことで、
e0338862_19594170.jpg
本日二度目の登頂です!

もちろん、ピースサインではなく、「二度目」の意味です!

往復1時間半でした。

e0338862_20010852.jpg
さあさあ、下りましょ!

e0338862_20012701.jpg
仙丈ケ岳も辛うじて見えている。

e0338862_20015263.jpg
小太郎尾根。

e0338862_20022722.jpg
肩の小屋。

で、小太郎尾根との分岐では残雪があるのと、ガスが濃いのと、間違ったトレースがあるのとで道迷いする人が続出しているようでした。

ご注意を!

e0338862_20061327.jpg
大樺沢はガスの中です。

e0338862_20062402.jpg
白根御池小屋が見えてきました。

急登だけに下りは早い!

e0338862_20062713.jpg
春紅葉のグラデーションが素晴らしいね!

e0338862_20074331.jpg
小屋を通り過ぎます。

またいつか!

で、あとは樹林帯のつづれ折りをひたすら下って行くのみ。

ダ~ッと下って、広河原山荘に到着です!
e0338862_20083675.jpg
15時半に戻ってきました!

8時間半の旅でした!

この時間なら最終バスに間に合うんだけどね、明日は雨だけど今夜は泊まっていきます!

e0338862_20101538.jpg
つうコトで、お疲れさんです!

山梨県で、「静岡に乾杯」です!

e0338862_20105028.jpg
第二弾は「静岡麦酒」です!

e0338862_20113579.jpg
飯炊くよ~!

e0338862_20122805.jpg
肉焼くよ~!

e0338862_20124224.jpg
焼けたら食うよ~!

腹が減りまくっていたんで、飯を一気に平らげてしまった。

e0338862_20133994.jpg
で、肉の二回戦目はメシ無しで、ビールで流し込む(#^^#)ウイ~

e0338862_20150955.jpg
夜も更けてきて、アサヨ峰がシルエットになったよ!

気分がイイなぁ~!

e0338862_20155003.jpg
ランタンを出して、地図とチーズをつまみに安い焼酎を飲みます!

程よく酔ったので、寝ますかね。。。

今日は本当によく歩いた。


オヤスミ~!



で、午前3時、テントに当たる雨音で目が覚める。

降ってんだな~!

e0338862_20244216.jpg
雨に降られたテントを撤収するのはホントにイヤになります。。。

まぁ、でも雨の中歩かなくいいから気は楽だけどね!

e0338862_20264430.jpg
朝飯はいつものキジメシ(カレーライス)です!

e0338862_20272101.jpg
北岳はガスの中です。

やっぱり広河原山荘にテン泊して正解だったな。

e0338862_20281169.jpg
因みに、広河原インフォメーションセンターの2階には、ガス缶やらアルファ米やらの消耗品、食料が売っているので緊急時には手に入れる事が出来ます。

で、8時のバスで奈良田に下りました!

帰り道では薄日が差してきたので、、、

e0338862_20302884.jpg
道の駅みのぶ「富士川クラフトパーク」に寄って、濡れたテント、シュラフを乾かしていきました。


今回、急遽取る事が出来た連休のおかげで、念願だったキタダケソウに会えることが出来た!

本当に偶然だけど、最近は少ない休日ながら結構充実した山登りが出来ているな~!って思うよね。

これからも山の知識や経験を増やして、ピークハントだけが目的ではない山登りを続けて行きたい!

キタダケソウに会えてそう思いました!


最後にお約束!

北岳、最高~~~~~~~~~~~~~!


南アルプス最高~~~~~~~~~~~~~!


ありがとう~!




[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-26 20:41 | 南アルプス | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 25日

キタダケソウに会いに行く 北岳 170624-25 前編

e0338862_17280517.jpg
土曜日が急にお休みになったので、これは北岳に行かねば!って急遽北岳行き決定!


そうです!

この時期だけにしか見られない、北岳の固有種である「キタダケソウ」を見るためにね!


オレは基本的に天気の良い日にしか山に登らないので、これまでずっとそのチャンスに恵まれなかったんだ。

日曜は雨予報だから、好天が期待できる土曜日が行けそう!

絶好のチャンスが巡ってきたワケです!


それでは行きましょう!

e0338862_17380408.jpg
奈良田から広河原行きのバスに乗り込みます!

林道バス運行開始2日目なので、そんなに人は多くなくて、第1駐車場から出発できました。

何だか随分と出発まで時間が掛かって、第2駐車場を出発して開運隧道を抜けたのは6時頃になった…

山道を右へ左へ揺れながら進んでいきます。

バスは楽だな~!

e0338862_17395961.jpg
広河原に到着したのは7時近くになってから(^^;;


e0338862_17421029.jpg
先ずは、広河原山荘でテン泊の申し込み&設営をします!

と言うのも、日曜は雨予報なので、山の上でテン泊する気になれなかった。

それに、日帰り装備なら速く登れるから、その日のうちに降りて来られる。

まぁ、日帰りピストンで泊まらずにバスで下りてもいいんだけど、せっかくの連休だしさ!


それでは改めて出発です!

e0338862_17452327.jpg
歩き始めは鬱蒼とした森を淡々と登って行きます。

この雰囲気が大好きです!

e0338862_17461584.jpg
マイヅルソウが可愛らしく咲いています!

e0338862_17465302.jpg
頭上にもかわいい花が(名前知りません、誰か教えて)!

深い緑の森から徐々に新緑の森へ変わって行きます。

e0338862_17472936.jpg
ナナカマドとカツラ

急登が終わり、平坦な場所に出ると小屋はあともう少し!

e0338862_17482649.jpg
山頂が見えました!

e0338862_17492619.jpg
途中の沢は雪解け水で、切れるほど冷たい!

もちろん飲みました(^^

e0338862_17500681.jpg
白根御池小屋に到着です!

本当に雰囲気の良い小屋で、日曜の天気が良ければここに泊まりたかった…

ここでは、水が汲み放題なのですが、一応声を掛けて水を汲ませてもらう。


e0338862_17514947.jpg
逆さ北岳。

広角レンズがあれば両方写すこともできるよ!

オレは持ってないけど…

それじゃまだまだ急登は続くからね、休まず行きましょ!

e0338862_17533420.jpg
草すべりには残雪がチラホラあるけど、ステップが切ってあるので夏靴で大丈夫です!

e0338862_17544832.jpg
白い花(よく見るんだけど、名前知りません(;´・ω・))やら

e0338862_17554581.jpg
キスミレの仲間が咲いてます。

e0338862_17560969.jpg
やっぱりガスが湧いてきたよ…

まぁ、夏山だし、梅雨時期だし、仕方ないか。

e0338862_17570252.jpg
キンポウゲも咲き誇っています!

長い急登を抜け、稜線に出ると、、、

e0338862_17573264.jpg
ドカーン!っと仙丈ケ岳が!

いや~、素晴らしい!

これだけでも来た甲斐があったってモンですよ!

e0338862_17591726.jpg
山頂方面はガスで見えません…

e0338862_17594198.jpg
足元にはシャクナゲが咲いていて、花道状態です!

e0338862_18001632.jpg
イワヒバリも季節の移ろいを楽しんでいるようです!

e0338862_18014727.jpg
キタダケソウ?違うね。ハクサンイチゲだね。

e0338862_18032811.jpg
この時期の北岳は初めてなんだけど、この時期も「花の山、北岳」なんだね~!

e0338862_18050484.jpg
肩の小屋がもう少しです!

e0338862_18052713.jpg
ここはいつも人気だね!

泊まった事は無いけどね…

流石にこの高さまで来ると、結構シンドイ、、、

e0338862_18064596.jpg
山頂が見えてきた!

夏の北岳って感じの賑わいぶり。

e0338862_18074607.jpg
ってコトで、広河原山荘から4時間25分で山頂に到着です!

ピースサインではありません。

日本で2番目に高いよ!って意味です。
e0338862_18092174.jpg
仙丈は本当にどっしりしていて素晴らしいね!

う~ん、行って来たばかりだけど、もう行きたくなってきた(#^^#)

e0338862_18113918.jpg
北岳の真の山頂で記念撮影!

一眼レフを持っている人に撮ってもらったんだけど、素晴らしいアングルです!

ありがとう!


それでは、今回のミッションである「キタダケソウ」を見に行くことにします!

そのためには群生地のトラバース道まで一旦下らなければならない。

名残惜しいけど、またあとで戻ってくるので、長居はせずに下りましょ!

e0338862_18143059.jpg
北岳山荘のテン場は未だ積雪の上。

テントは殆どいないね。


e0338862_18154572.jpg
さぁ、トラバース道の入口まで来ました!

咲いているのかな~?




e0338862_18170130.jpg
うぁ~~~~~!

満開じゃんか~~~~~~~!


後半につづく!





[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-25 18:42 | 南アルプス | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 23日

ナンガへ再び!

e0338862_20225902.jpg
 本日、厳冬期用のシュラフ、ナンガの「オーロラ900DX改 1050DXタケオスペシャル」を、製造元であるナンガ本社に向け発送いたしました。


このシュラフにとって2度目の里帰りです(^^)


ところで、オーロラ900DX改 1050DXタケオスペシャルって何?ってヒトもいるでしょう!



このシュラフは、ナンガの厳冬期用のシュラフであるオーロラ900DXに、羽毛をさらに150g増量させたドーピングシュラフなのです。

この改造はとても素晴らしく、大のお気にいりなんだ!


でも、唯一の欠点が、そのサイズなんだよね。。。


以前の記事でも書いているが、身長方向がパツパツで、もう寝苦しいくらい。

オレそんなに背が高いワケじゃないし、レギュラーサイズの推奨身長内なんだけどね。


だから残雪期用に手に入れたオーロラ750DXは、ラージサイズにしたんだ。


これね↓
e0338862_16595481.jpg
レギュラーサイズの900DX改と重ねるとこんなに違う!

ラージサイズは、ゆったりで窮屈さは皆無なんだ。


だから、厳冬期用のシュラフもラージサイズにしたいと思った…


でも、現実的にはラージサイズを買って、同様の改造を施すとなると結構な出費を覚悟しなきゃならない(-_-)

その軍資金のために、1050DXをヤフオク送りにするのは心苦しい。

つうか、それは無理だね。


オレね、山道具を要らなくなったら何でもかんでもヤフオクに出しているワケじゃない。

気に入ったモノはずっと使い続ける。

だから、大いに迷ったんだ。

寝苦しいのを我慢し続けるか、高い出費を覚悟するか。


そしたら、悩む必要は全く無かった(^^♪


ナンガに相談したらさ、ラージサイズに仕立て直してくれるって!

中の羽毛を生かして、側をラージサイズに交換してくれるとのコト!

いや~、ホント素敵!

こんなメーカー他にないよね!

もちろん有料だけど、買い替えるよりずっとリーズナブル!

1050DXが誰かの手に渡ってしまうこともない!



こんなメーカー他にある?

モンベルもかなり良心的だけど、こんな対応は絶対にしてくれない。

「ラージサイズを買ってください」で終わり。

イスカも同じでしょう。

それが商売としての本筋だもんね。


でも、ナンガは売りっ放しにしない!

ダウンに愛情を持ってるんだね!


ナンガ!一生ついて行くよ!

e0338862_21044383.jpg
届くのが楽しみです!


とは言え、使うのは半年以上先ですけどね(^^;;




明日は、急遽休みになったので、梅雨の僅かな晴れ間を利用してキタダケソウを見に行ってきます!


オヤスミ~!





[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-23 21:11 | 冬山の装備 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 20日

夏山装備が届きました!

e0338862_20245489.jpg
夏山装備が届きました!

ヤフオクで軍資金を得たので、モンベルのオンラインショップで注文しました!

俺には珍しく定価買いです(#^_^#)


それでは開封!

e0338862_20294685.jpg
いや~!ステキ!

モンベル好きなんですよ!

買ったのは、、、

e0338862_20355242.jpg
・ゼロポイント エクスペディションパック70

夏の縦走用の大型ザックです!

いままで、この一つ下のアルパインパック60ってザックを使ってた。

↓これね
e0338862_22015148.jpg
でも、オレの場合、食料や酒を大量に持ち込むので、4泊5日の縦走になると60リットルではパンパンでね(^^;

もうちょっと大きければなぁって、ずっと思ってたんだ。


許容量を超えて詰め込むと、バランスは悪いわ、肩に食い込んで痛いわで大変だった。

ま、随分とボロっちくなってたんで買い換えってワケね。


でも何で同じ色なの?って思うでしょ。


このサイズになると、カラバリが少なくて、オレンジかグレーしかない。

冬用のザックがグレーなので、結局同じ色(^^;

正直なとこ、新鮮味は全くありません…

e0338862_20501905.jpg
でも、新品は気持ちがイイね!

ゼロポイントは、軽いし、安いし、シンプルだし、言うことなしです!

税込みでも2万円しないからね!

今までガンガンに酷使してた60リットルのが、ヤフオクでコレの半分で落札されているので御の字でしょう!

e0338862_21011356.jpg
それと、トレッキングパンツも買いました!


今までマーモットのトレッキングパンツだったんだけど、もう5年近くもそれ一本だったのでボロボロでした。

撥水生地だったのが、水が掛かれば瞬時に滲み込むようになってたし、あちこちホツレてヨレヨレだったからね(^^;;

色は今までと同じです。

基本、冒険できない人間なのです…

今までのマーモットがストレッチ素材で、大きめのサイズだったんで動きやすさが抜群だった。

これは、ジャストサイズで、あんまり伸びない素材なので汗をかいたら足上げがツラそう。。。

どうなんだろうね~?

e0338862_21070658.jpg
それと、ロンTね!

オレさ、いかり肩で、しかも肩幅狭いのよ。

なもんで、普通のTシャツが似合わないんだ。

ラグランTシャツはご愛用品なのです!


う~ん、新しい装備はテンション上がるわ~!


山に行きて~!






[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-20 21:30 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 18日

テント狂想曲 終演

今回はテントの話です!

山用のテントについては迷走が続いていましたが、ようやく落ち付いたので記事にしてみました!


今から5年ほど前に、長いこと休止していた山登りを再開したんです。

再開1年目は日帰りピストンのみの山行で、テントを担いで登る事はしなかった。


それでもテントを持っていたので、前泊のゲリラテン泊で南アルプス、中央アルプス、北アルプスなんかに通ってたんだ。

そん時のテントがコレ↓
e0338862_20432181.jpg
・マウンテンハードウェア スカイビュー2 (奈良田にて)

20年ほど前に手に入れたテントで、ずっと友人に貸したままになっていたのを山登り再開と同時に取り返した(^^)

まぁ、マッタリ系のテントだよね。


で、テン泊をしながらの登山のために、親友の助けを借りて山岳用テントを手に入れたワケです。

それがコレ↓

e0338862_19091548.jpg
・モンベル ステラリッジ2型 (槍ヶ岳山荘にて)

コイツを手に入れてからは、ホントに行動範囲が拡がったよね。

e0338862_19114506.jpg
スノーフライを手に入れて雪山にも! (北沢峠にて)

ただ、スノーフライの面倒くささで、冬のテン泊に凝りて、これ以降は冬期避難小屋中心の冬山山行にシフトしたんだ。


しばらくこの2張りでテン泊を楽しんでたんだけど、あるテントを手に入れた事から迷走が始まります。

それがコレ↓

e0338862_19174616.jpg
・マウンテンダックス ヌプカ2 (広河原山荘にて)

これね、倒産したマウンテンダックスのテントで、一時期ネット通販で50%オフで投げ売りしていたのをポチったんだよね。

安かったからさ(^^;


なかなか良く出来たテントだったけど、使ってみると換気性能に問題があり、ダブルウォールテントでは考えられないくらい結露して辟易した…


んで、コイツと20年選手だったマウンテンハードウェアをヤフオクに出して手に入れたのが、アライテントの2張りだったったワケよ!

e0338862_20555972.jpg
・ライペン ドマドームライト2 トレックライズ2


e0338862_21584241.jpg
・アライテント ドマドームライト2 (南アルプスにて)

ドマドームは本当に快適なテントでした。


e0338862_20545833.jpg
でも、モンベル マイティドームを手に入れる時に、その原資としてヤフオクにて旅立っていきました。


で、

16/17冬山シーズンのために、ステラリッジ一式を同じくヤフオクで処分して手に入れた人生初のシングルウォールテントがコレ↓

e0338862_21064762.jpg
・エスパース デュオX (千枚小屋にて)

このテントを手に入れた事で、テン泊の観念が根本からひっくり返ってしまった。


「テント泊って、快適じゃなきゃいけない」ってずっと思ってたんだ。

だったら小屋泊にすればいいだけのコトじゃん!

自然を身近に感じることも山の楽しみの一つだって事に気付かせてくれたんだよね!

だからテン泊がますます楽しくなった!


で、原点回帰ってコトで、モンベルのシングルウォールテントを手に入れたワケね!

e0338862_19181731.jpg
・モンベル マイティドーム2型 (大門沢小屋にて)

この山行で覚悟が決まりました!

e0338862_20112056.jpg
テントはこの3張りだったんだけど、、、
e0338862_21295299.jpg
・アライテント トレックライズ2 (南アルプスにて)

結局、アライテントのトレックライズ2もヤフオクで手放しました。


トレックライズも素晴らしいテントだったんだけどね。

転職して以来、テン泊の機会がグッと減ってしまったからね、コイツには次なる装備の原資になってもらいました。


結局、この2張りに収束しました!

e0338862_18492598.jpg
モンベルのマイティドームと、

e0338862_18494457.jpg
エスパース デュオXです!

夏山はモンベル、冬山はエスパースで行くことにします!

テントの迷走は終わりました。


テント泊歴27年目ですが、なんだかんだでシングルウォール野郎になりました。

まぁ、いろいろ大変なコトもあるでしょう。

それも、受け入れていきますよ!



楽しみです(^^♪





[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-18 20:19 | 山の装備 | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 12日

敗退 170611 農鳥岳 後編

土日にかけて、南アルプスの農鳥岳に登ってきました。


すっかり夏山になっていると思ってたんだよね。。。

雪山装備を持ってなかったので、2,630m付近で残雪に行く手を阻まれ敗退しました(^^;;



それでは下りましょう!

e0338862_19050838.jpg
デーモン沢(大門沢)は、ただでさえ急なつづら折りなんだけど、こんな感じで残雪があると地味に怖い。

まぁ、これ以外にデーモン沢の写真は在りませんけどね。


で!

でね!

なんと、山で初めて熊を見ましたよ!

長いこと山で遊んできましたが、人生初の熊との遭遇です!


と言っても、向こうが先にこちらに気づいたみたいで、しかも川の対岸を山に向かって逃げていくところでした。

結構遠かったんで、初めカモシカかな?って思った。

でも、動きが鹿っぽくない。

なんつうか、ゴリラっぽかった。

カメラを取り出している間に林の中に逃げ込んでしまったので、写真は撮れなかった(^^;


e0338862_19161203.jpg
そんな遭遇にちょっと嬉しくなりながらも、大門沢小屋まで降りてきました。

この時点で午後2時半。

下まで降りて降りられない事は無いけど、せっかくなので大門沢小屋でテン泊することにしました。

e0338862_19181731.jpg
今夜のお宿が完成です!

e0338862_19181772.jpg
ってコトで、お疲れさん開始です!

いや~、テン泊装備+水4Lを担いでのデーモン沢はキツかったねぇ、やけにビールが美味いよ!

e0338862_19181787.jpg
マイティドームなかなか良いね!

間口が広くて、フライが無いから縦型テントにしては開放的で大変気分がよろしい!

e0338862_19212282.jpg
ビールが進みます!

もちろん小屋は営業していないので、今回は350ml缶4本担ぎ上げました。

e0338862_19213801.jpg
何やら、風が強くなってきて、見上げると雲が渦を巻いている!

突風と共に、雨が降り始めた…

e0338862_19212359.jpg
えぇ、ジンクスなんですよ!

新しいテントで山に登ると、必ず雨に降られます、、、(._.)

シングルウォールテントは前室が無いので、雨降るとちょっと不便だね。

e0338862_19252526.jpg
雨が小降りになってきたので、外を覗くと大きな虹が!

よし!飯にしよう!

e0338862_19252557.jpg
炊飯開始です!!

飯が炊けたら、お次は肉です!

e0338862_19252550.jpg
焼いちゃうよ~!

う~ん、いい匂い!

e0338862_19252527.jpg
頂きま~す!

飯も上手く炊けて、最高です!

e0338862_19282320.jpg
2回戦目開始です!

e0338862_19282314.jpg
飯と酒が進むよ!

もう最高!


腹いっぱいになったら眠くなってきた(#^^#)

けど、もう少し飲みたくてザックを漁る。

あれ?焼酎のボトル無い?

間違いなく入れた筈なのに、いくら探しても無い…

途中で荷物を開けた時に置いて来たのかもしれない…


もうイイや、ふて寝しよう(-_-)zzz


オヤスミ~!


夜中に雨の音で何度か目を覚ます。

降ってんだな~、ムニャムニャ(p_-)。o O


で、翌朝!
e0338862_19314499.jpg
オレの朝は炊き立てのご飯に、レトルトカレーから始まります!

酒が無かったせいで、消化しきれなかったスモークチーズを入れてみました(^^)


ガッツリ食えば、ガッツリ歩けるんです!

って、今日は降りるだけだけどね(^^;;


雨はすっかり上がっていました。
e0338862_19314565.jpg
本当はこの方向に富士山が見えるんだけど、まぁ、雨が上がっただけでもヨシとしましょう!


と、ここで犬がテントの横に来て吠えまくってきやがった。

小屋を占拠している連中が連れてきたようだ。

昨日から吠えていたのは知っていたが、山に犬を連れてくるような人たちと関わり合いたくないので無視してたんだ。

でも放し飼いにしているのはどういう事?

小屋が営業してなきゃやりたい放題かよ?

正直頭にきた!

なので、飼い主の所に行って、

「山に犬を連れてくるのは、山のマナー違反だ!知らなかったんなら覚えとけ!」とガツンと説教してやった(-_-メ)

最近いるんだよね、山に飼い犬を連れてくるバカが!

まったく!

e0338862_19314593.jpg
ちょっと腹立ったけど、鬱蒼とした森の中を歩いていると気が晴れてきた!

自然はイイなぁ~!

e0338862_19452436.jpg
ヤマモミジ

e0338862_19452596.jpg
渓流釣りのヒトも結構いたけどね、それじゃ魚から丸分かりだよ~!

e0338862_19452524.jpg
発電所の吊り橋の横にあるキイチゴはまだ熟してなかった。

去年はすっかり食べ頃だったことを考えると、やっぱり去年は雪が少なかったし春も暖かかったってコトなんだね。

e0338862_19490200.jpg
役立たずの看板まで戻って来たよ!

ここまで来ればあとちょっと。

e0338862_19490220.jpg
河原のハンノキ林も濃い緑に変わりつつある。

季節は足早に進んでいくね!


今回、1年ぶりの農鳥岳だったけど、雪の少なかった去年の基準で考えて来たら全く見当違いだった。

そのせいで、山頂を踏むことは出来なかった。

でも、1日目は午後からどんどん雲が厚くなって、風がなかり強く、2,600m付近では5℃と冷え込んでいた。

仮に稜線に上がったとしても、暴風雨になっていたはずなので、まぁ良かったのかな。


大門沢小屋は冬期小屋は何度もお世話になって来たけど、テン場利用は初めてだったのでなんか新鮮だった!

新しいテントの山での使い心地もなかなか良かった!

やっぱり、テン泊は楽しいね!

シングルウォールテントだと、より自然に近くて楽しいよ!


次は何時になるか分からないけど、天気のいい日にテン泊したいなぁ~!


まぁ、山頂には上がれなかったけど、、、

やっぱ、

南アルプス、最高~~~~~~~~~~~~!


また来るよ~!



[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-12 20:17 | 南アルプス | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 11日

敗退 170611 農鳥岳 前編

今日は南アルプスの農鳥岳に登ってきました!

ただし、題名にあるように、頂上には登れず敗退しました(;_;)


先週、会社の都合で土日が連休ってことになったんだ!

んじゃ新しく手に入れたテント担いでいきますか!ってコトで農鳥なのさ!

何でかって言うと、、、

ちょうど1年前もそんな感じで急に連休になって、とっておきの場所でテン泊してきたんだ。

それを思い出して、「イイね~!、んじゃ農鳥行くか!」ってワケよ!


でも、完全夏山装備で行ったお陰で、、、

撃沈です…


それでは行きましょう!

e0338862_20185414.jpg
スタートは6時過ぎ。

ちょっと遅いかな(;´・ω・)

林道を行きます!
e0338862_20193112.jpg
40分ほどで、大きなダムまで来ました。

この先からようやく山登り。

e0338862_20193248.jpg
ひしゃげた吊り橋を渡れば、本格的な山道になるよ。

e0338862_20193271.jpg
夏山に向け登山道整備が進んでいます。

沢には新しい丸太橋が架けられていました。

e0338862_20222986.jpg
新緑はすっかり終わりかけていて、緑は力強さを増しています!

その分、影も濃くなっています。

e0338862_20222952.jpg
生命の勢いを感じるよ!

深呼吸、深呼吸~(^^♪

e0338862_20223082.jpg
登山道が川になってたりします。

e0338862_20250814.jpg
丸太橋を渡って大門沢側の左岸側に出ます。

e0338862_20250704.jpg
でもって、右岸側に戻るとすぐに、、、

e0338862_20250770.jpg
大門沢小屋に到着です!

小屋には仕事で来ている測量屋さんとその仲間が遊びで来ているようで、ごった返していました。

ま、俺は稜線に向かうので、水を汲んだら出発デス!

って、この先でも水汲めるじゃんね!

何でオレ、大門沢で水汲んだんだろ?

捨ててこ!

e0338862_20284814.jpg
小屋から上は素晴らしい針葉樹の森です!

e0338862_20284815.jpg
落石で橋がぶち折れてたよ。

ここで再び水を汲みました。


と言うのも、どうやら今年はまだ雪渓が下の方まで残っているようで、水が汲めそうもなかったからなんだ。

e0338862_20284781.jpg
はい、こんな感じ!

しばし、考える。。。

雪渓を上がって、写真右上の尾根に取り付けば夏道を上がって行ける。

でも、アイゼンやピッケルはおろか、スノースパイクもストックも持ってない。

どうしよう!

しばらく考えて、、、


登る事にした。

ここから先は所々雪があるものの、夏道が露出していたので登る事が出来た。

ただし、ココはデーモン沢(大門沢)なので、強烈な八丁登り。

写真を撮る余裕はありません。

ただひたすら登るんです。。


で、

e0338862_20344004.jpg
分かっちゃいたけど、絶望的な風景。

The End です…


トレースなし、夏道無し。

農鳥は、厳冬期と、GWに登っているので、この先の様子は良く分かる。

夏道は雪渓の下に隠れているので、急斜面の雪渓を直登しなければならない。

そのための装備が無い。


e0338862_20381376.jpg
標高2,633m、稜線まであと1時間のところで敗退です。

降りましょ!


後編につづく






[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-11 20:52 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 06日

大好きな山 大好きな季節 170604 仙丈ケ岳 帰路

日曜に日帰りで、南アルプスの仙丈ケ岳に登ってきました!



山頂でゆっくりしたいところですが、15時のバスに乗りたいので下りましょう!

e0338862_19034537.jpg
さよなら、また来るよ!

e0338862_18592931.jpg
頂上直下のナイフリッジは、かなりペチャンコになっていて厳冬期の威圧感は在りません(^_^)

e0338862_18593006.jpg
リッジの途中で頂上を振り返ってみたところなんだけど、このトラバースが積雪期にはベッタリ雪が着いていてかなり恐怖なんだよね。


このトラバースのために冬靴と12本爪のアイゼンを担いできたようなものなんだ。

でも、今は夏靴でも全く問題なく行けます。

良かった、良かった!


と言うか、左足のスノースパイクを落としてきたことに気づかずに山頂まで来て、さっきのヒトが拾って持ってきてくれたというね……

まぁ、スノースパイクは効くと信じていれば、有っても無くても登れるってことなんでしょう(x_x)

e0338862_19130222.jpg
藪沢カールです。

今年は雪がこの時期にしてはキレイだね!

e0338862_19130242.jpg
山々は新緑で美しい!

この時期は空の青と山の緑が本当に美しい!

e0338862_19130316.jpg
北岳、間ノ岳にもサヨナラです!


ちょっと緊張する急斜面もなんとか通過し、
e0338862_19165685.jpg
小仙丈まで戻ってきました!

e0338862_19165682.jpg
行きも見た風景だけど、雪面に雲の影が落ちて味わい深いね~!

e0338862_19165603.jpg
栗沢山とアサヨ峰

すっかり夏山だね!

e0338862_19210772.jpg
鳳凰三山

e0338862_19210714.jpg
甲斐駒が大迫力です!

黒戸尾根側に比べると、こちら側は雪が少ないね。

e0338862_19210793.jpg
鋸岳

全く雪は在りません。

鋸岳~甲斐駒をテン泊で縦走したいけど、その機会は何時になるやら。


それじゃ、樹林帯に潜りましょ!

e0338862_19244762.jpg
樹林帯では残雪を繋いで滑り降りて行きます!

グリセードではなく、ストックを使ってスキーのように立った状態でね。

と言っても、スキーは30年以上やっていないので、すッ転びまくりだけどさ。

それでも雪と遊ぶのは楽しいんだよね!

e0338862_19244742.jpg
そうですね(^^;;


e0338862_19244752.jpg
一合目まで下ってきましたよ!

本当に静かでイイ!


結局、下山中に登って来た人は一人もいなくて、今朝のバスので仙丈に登ったのがオレと山頂で一緒になった男性の2人だけ。

それと、登りですれ違った前泊のヒトたちが4人で、この日の仙丈は合計6人だけのものでした。
e0338862_19281621.jpg
北沢峠も夏の喧騒が信じられないくらいシ~ンと静まり返っています。

あと2週間もすれば、ココはハイカーで溢れかえるんだよね。

e0338862_19281786.jpg
光だけが溢れています。

e0338862_19281734.jpg
常緑樹の森がイイ感じです(^^)

e0338862_19344024.jpg
仙丈にサヨナラです!

大平山荘までのショートカット道を降ります。
e0338862_19344095.jpg
林道に復帰すると、そこは新緑のオンパレードです!

e0338862_19344013.jpg
キレイだ~!

たぶんイタヤカエデだと思う。

e0338862_19373575.jpg
カラマツ

目に沁みる~!
e0338862_21562441.jpg

雪渓

ひんやり~!
e0338862_19373631.jpg
ダケカンバ

北の大地を思いまします!


いや~、ホント生命の勢いを感じるよ!

一年でも1~2週間しかない、この僅かな季節が大好きです!

e0338862_19410570.jpg
左から甲斐駒、駒津峰、双子山


それに、なんと言っても戸台川を挟んで、大迫力のジオパークの景観が本当に素晴らしい!

これだけでも来る価値がある。


もちろん、それを知っていて、この景色を楽しむためにバスに乗って上がってくる人も結構いるんだ。

朝バスに乗っていた人たちの3分の1くらいは景色を見に来た人たちなんだよね。

そのほかは昆虫採集と釣り人で、登山者は今回2人だけで少数派でした。

e0338862_19410598.jpg
ね!素晴らしいでしょ!

e0338862_19410507.jpg
歩きながら甲斐駒も表情を変えていくので、ちっとも飽きません!

そんなこんなで、、、

e0338862_19410682.jpg
15時のバスには何とか間に合いました(^_^)


山頂で一緒になった方はもう既に下りて来ていて、丹渓新道の様子を聞くと、

「かなり急だったのと、残雪が多かったんで、アッと言う間に降りれました」とのこと。


ま、秋くらいに様子を見に行って、来年は丹渓新道を下ろうかな。


この時期の仙丈が堪らなく好きなので、毎年来ているんだけどさ、この山とは相性が良いみたいで必ず天気がいいんだよね!

だから、また来たくなる!


今回も素晴らしい天気だったし、新緑も、常緑の森も美しかった。

もちろん稜線の空中散歩は極上だったよ!

本当に楽しかった!


最高の天気の中、大好きな山に、大好きな季節に登れて、もう言う事無しです(^_^)/


んじゃ、久しぶりに言いましょうかね!



南アルプス、最高~~~~~~~~~~~~~~~~!



いぇ~~~~っ!





[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-06 21:25 | 南アルプス | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 05日

大好きな山 大好きな季節 170604 仙丈ケ岳 往路

日曜に南アルプスの仙丈ケ岳に登ってきました!


先週同様、土曜日に仕事を終えてそのまま52号線を北上。

途中で温泉に立ち寄り、六郷インターから中部横断道に乗って長野方面にGO!

八ヶ岳サービスエリアで夕食を済ませ、伊那市の仙流荘に9時半ころに到着しました。


で、某所にゲリラテン泊です!

e0338862_19492687.jpg
いっつもテント内で酒をこぼすので、小型テーブルをテント内に入れてみた。

そしたら、何とも言えない四畳半生活状態と言うか、カプセルホテル状態と言うか…

ま、楽しいんですけどね!

で、結局寝落ちして、夜中に寒さで目を覚まし、シュラフに潜り込んだ。


真夜中に顔に冷たさを感じて目を覚ますと、、、

e0338862_19492634.jpg
テント内にはびっしり水滴が( ˘•ω•˘ )

あぁ、これがシングルウォールテントの結露ってヤツね!

これをシングルウォールテントの欠点ととらえるか、シングルウォールテントの特性と受け入れるかは、この写真を見た人次第です。

オイラはもちろん後者ですが、「こんなもんでしょ!」って感じです。

まぁ、ダブルウォールテントでも結露するような条件だったからねぇ。

e0338862_19594139.jpg
前置きが非常に長くなりましたが、朝からバッチリの天気です!


それでは行きましょう!

仙流荘から、午前6時5分発の第1便のバスに乗り込みます。

乗客は15人位です。

約40分ほどで、終点の歌宿に到着です!
e0338862_20015238.jpg
今の時期はまだ、北沢峠までは行きません。

なので、歌宿~北沢峠間は、スーパー林道を歩いて行きます!

e0338862_20051337.jpg
歩き出すとすぐに鋸岳がドーンっと現れます!

鹿の窓が見えるよ!

e0338862_20051718.jpg
林道は新緑に溢れています。

気温は低めだけど、ガンガン歩くにはちょうどイイ!

e0338862_20052148.jpg
こんな木漏れ日を楽しんだりしながらも、とにかく帰りのバスのタイムリミットがあるので先を急ぎます!

e0338862_20052455.jpg
1時間ほどで、大平山荘まで来たよ!

あとちょっとで北沢峠です!

e0338862_20092207.jpg
歌宿から1時間10分、北沢峠に到着!

さぁ、こっからが山登りですよ~!

e0338862_20092537.jpg
登り始めは美しい森です!

この辺りは傾斜が緩く、開放的な感じでとっても好みです。

それにしても静かでイイ!

オレの他には誰もいません。


まぁ、とにかくガンガン行きましょう!

e0338862_20092893.jpg
5合目の大滝の頭まで来ると、だいぶ雪の量が多くなってきた。


ここまで来る間に、降りてきた人がいたので、この先の雪の状況を訊ねてみた。

「頂上までアイゼン無しで行けます。2カ所ほど注意が必要」

とのコト。
e0338862_20143466.jpg
5合目のちょっと先から、森林限界を抜ける辺りまで完全な雪道になった。

今回、夏靴のトレッキングシューズに、簡易スノースパイクって夏の雪渓歩きの装備で登っている。

まぁ、雪はジャバジャバでもなく、かといってズボズボでもないので、それでも全く問題なし!

e0338862_20172358.jpg
森林限界に出ると、夏道が露出していたので夏道を登る事に。

アイゼン着用なら残雪の上を行った方が楽だけどね。

e0338862_20172433.jpg
小仙丈への急斜面、、、

2箇所の注意地点のひとつ目だね。


登りはトレースを行けば大丈夫でしょう!

ここで、12本爪のアイゼンを装着している30代の男性を追い抜きます。

一緒のバスで来た人みたいだね。
e0338862_20241538.jpg
つうコトで、小仙丈に到着~!

バックには甲斐駒!

北沢峠から約2時間ちょっとです。。。


ちょっとシンドイけど、、、

e0338862_20262215.jpg
この景色を見たらテンションMAXだよね~!

行こう!

e0338862_20270294.jpg
2カ所目の注意地点が見えてきた。

厳冬期も結構シンドイ登りなんだよね。


と、その前に、夏道が露出しているところを歩いていると!

e0338862_20281609.jpg
ライチョウ君が!

おっ、なんだか久しぶりな感じだね!

e0338862_20285747.jpg
もうね、行く方へ、行く方へ逃げていくもんだから、追っ掛けっこになっちゃってる。

e0338862_20294020.jpg
最後は稜線の向こう側からひょっこり顔をだして、逃げ切った顔でこっちを見てたよ。

かわいいヤツだね(^^)


ライチョウとの戯れの後は、雪との戯れが待ってます。


e0338862_20320983.jpg
まぁ、大丈夫だと思うけど、トレッキングシューズで登る斜面じゃあないな(;´・ω・)


登りきってしまえば平和な稜線歩きになる。

e0338862_20360453.jpg
山頂が見えてきました!

あとちょっと!

e0338862_20393995.jpg
歌宿から4時間10分、仙丈ケ岳山頂に到着!

e0338862_20421620.jpg
いや~!この景色!

最高!

大好きなんですよ!

e0338862_20425134.jpg
甲斐駒に、先週登った八ヶ岳!

どちらも今日はバッチリだね!

風もほとんどなくて、素晴らしい!

e0338862_20435880.jpg
北岳、間ノ岳!

富士山はガスの中です。

e0338862_20445564.jpg
農鳥、塩見もバッチリです(^_^)/♪

e0338862_20454375.jpg
稜線を先ほど追い抜いたヒトが登ってきます!

e0338862_20464966.jpg
登って来た男性が写真を撮ってくれました!

e0338862_20481116.jpg
北岳バックにも!

なかなか、写真を撮ってもらう機会がないので、このアングルは新鮮です!


ソロのわりには気さくな感じのヒトで、下りは丹渓新道をいくとのこと。

ちょっと行ってみたい気もしたけど、丹渓新道は夏にも通ったことがないので素直に来た道を戻ることにします。

e0338862_20534403.jpg
仙丈小屋。

e0338862_20545151.jpg
諏訪方面はスッキリ見えているけど、北はガスってるね。

e0338862_20554994.jpg
去年歩いた仙塩尾根の入口。

一年も経っていないのに、何だか懐かしい。


あぁ、やっぱり名残惜しいなぁ~!


それじゃ降りますか!


その前に、

e0338862_20564685.jpg
念の為、担いできた冬靴(^^;;

コイツも1シーズンでだいぶ色褪せてイイ感じになったな。

一応、証拠写真ってコトで…


帰路につづく!





[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-05 21:39 | 南アルプス | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 04日

大好きな山 大好きな季節 170604 仙丈ケ岳 予告

e0338862_21095805.jpg
今日は南アルプスの仙丈ケ岳に登ってきました!

天気に恵まれ、素晴らしい山行になりました(^_^)/♪

本日はクタクタなので、明日以降に写真をアップします!

ヨロシク~!



[PR]

by weekend-mountain | 2017-06-04 21:16 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)