週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 03日

月夜野ブルーベリー!

e0338862_22045857.jpg

いつものように一人寂しく酒を飲んでいると、何やらクール宅急便が届いた。

何だろう?

ムラウチドットコム?


宛名を見たら、なるほどって思わず微笑んだ!

e0338862_21133712.jpg
中身は採れてのブルーベリーです!


群馬の親友が送ってくれたんだ!

もちろんヤツが栽培しているブルーベリーなんだ(^_^)

仮にTとしておきましょう。


Tとは今から20年以上も前に、北海道のスキー場に籠っていたときに知り合ってから交友関係がずっと続いている。


オレさ、人付き合いが上手くなくてあんまし友達いないから、数少ない大切な友達なんだ。

Tは、群馬の玉原でラフティングショップとペンションを経営していて、ブルーベリーの栽培も手掛けている本当にスゴイやつなのです。


詳しくはコチラ↓


ね!イイ感じでしょ!



さあ、フタを開けてみると!

e0338862_21220200.jpg
く~!美味そう!

e0338862_21225062.jpg
見て!この大きさ!

生のブルーベリー食べた事ある?


食べてみると、さわやかな酸味とほのかな甘みが抜群に美味い!

最高だよ!

食べ始めると止まんない!

ありがとうね!


一つ一つ手摘みしてくれたと思うと、いっそう味わい深いよ!


話は戻るけど、このブログを見てくれる人たちは山登りの方が多いと思うけど、群馬のみなかみでのラフティングも楽しいからおすすめです!

上のリンクから覗いてみてください。

因みに、わたくしも一時期ラフティングガイドをしていたことがありますが、ヤツのテクは超一流ですので是非、ラフティングのメッカのみなかみで体験してみてほしいね!

川の遊びも楽しいよ!

最高にエキサイティングです!

ペンションもお安く泊まれるのでお勧めです!


山登りといえば、谷川岳がすぐ近くなので、ペンションに前泊で利用するのもイイかもしれない!

実際、俺もTの経営するペンションに泊まって、谷川岳に一緒に登ったよ!

e0338862_21354699.jpg
そん時の写真です!

オキの耳で、「耳が大きくなっちゃた!」のポーズ!

左側にいるのが上のリンクのショップオーナーのTです!


まぁ、この記事を書きながら、もう結構酔っぱらっちゃってるんでなんか上手く書けないけどホント嬉しいよ( ^o^ )

是非是非、ヤツのペンションに泊まりに行ってください!

もし、ヤツのペンションに行ったら、このブログを見てきました!と言ってみてね!

割引は無いと思うけど、きっと上の写真みたいに笑ってくれると思います(^_^)/♪


お勧めです!



月夜野ブルーベリー!最高~~~~~~~~~~~~~!



ありがとう!






[PR]

# by weekend-mountain | 2017-07-03 22:03 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)
2017年 07月 02日

山梨カツ丼紀行 煮カツ編

梅雨真っ盛りですね!

梅雨前線が北上して、東海地方は「夏」側に入っているので、蒸し暑くて本当に参ってしまう。

クーラー全開ですよ(^_^;;

山に行っても仕方ないので、今日はバイクで山梨に!

で、いつものようにカツ丼を食べて来ました!

e0338862_19022468.jpg
今回、立ち寄ったのは、市川三郷町にある竹田屋という大衆食堂です!

某サイトで紹介されていたので食べに行ったワケね!


店の入り口には「煮カツ定食」が本日のお勧めとして出ていた。

つうコトで!

e0338862_18092321.jpg
煮カツ定食です!


カツ丼じゃないの?って思うでしょ。

俺もそう思って、注文の時に「カツ丼?」って聞くと、「煮カツです」と話がかみ合わない。

店のヒトも「カツ丼」って言うと、いわゆる「山梨のカツ丼」の事を想定しているらしく、煮カツ丼と言うものはそもそもこの店では存在しない前提の様だ。

だから「煮カツ定食」なのだ。

何ともややこしい(^^;;


e0338862_18092301.jpg
う~ん、美味そう!

極めてオーソドックスなカツ丼です!

山梨では「煮カツ丼」と言います。

この店では「煮カツ定食」らしい。

e0338862_18092398.jpg
味は期待通りのカツ丼のお味!

甘すぎず、塩ょっぱ過ぎず、なかなか美味しいカツ丼です!

カツ丼も十分に美味いが、たくあんが最高に美味かった。

絶妙な塩加減!


どうでもいい話だけど、随分昔に読んだ向田邦子のエッセイに「漬物は偶数で出す」ってハナシがあってね。

詳しい内容は忘れちゃったけど、一切れは「人(相手)を切る」、三切れは「身(自身)を切る」を意味していてどっちにしろ相手に失礼だ、という内容だったような気がする。

この店のたくあんは四切れだったので、何となくその話を思い出して少しほっこりしてしまった(^^


因みに山梨では漬物の事を「こうこう(発音はこーこー)」と言います。


e0338862_18092417.jpg
ごっそさん!

美味かった!

山梨のカツ丼じゃないけど、煮カツ丼もイイね!


今更説明するまでもなく、カツ丼が大好物なのです。

その昔、ナナハンで日本一周をした時に行く先々でカツ丼を食べた。

でも、やっぱり「山梨のカツ丼」と「沖縄のカツ丼」はブッち切りに変だよね。

まぁ、でも山梨は2種類のカツ丼が頼める稀有な地域であることは確かなので、いつまでもこの食文化が廃れなければイイなって思うね。


話変わって。。。

そういえば、バイク(ミニバイク)を手に入れて1年が経った。

当初はウイリーをマスターする目的で手に入れたバイクなんだけど、1年経った今、未だウイリーをマスターしてません…


フロントアップはお手のものなんだけど、それを維持して「走行」まで至っていない。

まぁ、練習は殆どしてないから仕方ないね。


それより、コイツと行くプチツーリングの方が楽しくてね。

バイク歴30年以上になるけど、たった100㏄のこのバイクに乗るたびに、はじめてナナハンで街に走り出した時のワクワクを感じられるんだよね。


つうか、この歳になればハーレーとか、ホンダのゴールドウィングとかに乗りたくなるんだろうけどね。

どっちも買おうと思えば買えるんだけど、そんなの要らないよ。

100㏄のバイクが俺には合ってる!


あした晴れるといいな!

その頃からずっと思っている言葉です(^_^)







[PR]

# by weekend-mountain | 2017-07-02 19:33 | カツ丼 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 26日

キタダケソウに会いに行く 北岳 170624-25 後編

6月24日(土)、25日(日)にかけて、南アルプスの北岳に登ってきました!

お目当てはこの時期にしか見ることが出来ない、北岳の固有種であるキタダケソウに会うためにね!



それでは後半です!
e0338862_19435854.jpg
キタダケソウ!

分岐からトラバース道へ入ってすぐに、たくさんのキタダケソウが生えていて可憐な花を今を盛りに咲き誇っています!

e0338862_19440118.jpg
キレイだね~!

e0338862_19502235.jpg
見上げるとまるで夢のようです!

e0338862_19502342.jpg
ね(^_^)/♪

e0338862_19502314.jpg
たっぷり堪能しました!

ずっと見てみたいと思ってたから、こんなにたくさんの花を見ることが出来て言う事なしです。


同じようにキタダケソウを目当てに来た人たちは、みんな笑顔になってました(^_^)

美しいもの、儚いものは人の心に響くものがある。

そして、見る者のすべてを笑顔にするね!


それじゃ、本当に名残惜しいけど、戻りますか!

e0338862_19545049.jpg
再び北岳山頂を目指します。

八本歯のコルから大樺沢に降りたいところだけど、アイゼン、ストックが無いと厳しい。

素直に来た道を戻ります!

e0338862_19563405.jpg
登り返しはつらいけど、こんな岩の隙間にも小さな花が咲いていて心和まされます。

e0338862_19572393.jpg
北岳山荘との分岐まで戻って来た。

e0338862_19575148.jpg
一か所だけ斜面に残雪があったけど、ロープが設置してあるので問題なし。

と言うことで、
e0338862_19594170.jpg
本日二度目の登頂です!

もちろん、ピースサインではなく、「二度目」の意味です!

往復1時間半でした。

e0338862_20010852.jpg
さあさあ、下りましょ!

e0338862_20012701.jpg
仙丈ケ岳も辛うじて見えている。

e0338862_20015263.jpg
小太郎尾根。

e0338862_20022722.jpg
肩の小屋。

で、小太郎尾根との分岐では残雪があるのと、ガスが濃いのと、間違ったトレースがあるのとで道迷いする人が続出しているようでした。

ご注意を!

e0338862_20061327.jpg
大樺沢はガスの中です。

e0338862_20062402.jpg
白根御池小屋が見えてきました。

急登だけに下りは早い!

e0338862_20062713.jpg
春紅葉のグラデーションが素晴らしいね!

e0338862_20074331.jpg
小屋を通り過ぎます。

またいつか!

で、あとは樹林帯のつづれ折りをひたすら下って行くのみ。

ダ~ッと下って、広河原山荘に到着です!
e0338862_20083675.jpg
15時半に戻ってきました!

8時間半の旅でした!

この時間なら最終バスに間に合うんだけどね、明日は雨だけど今夜は泊まっていきます!

e0338862_20101538.jpg
つうコトで、お疲れさんです!

山梨県で、「静岡に乾杯」です!

e0338862_20105028.jpg
第二弾は「静岡麦酒」です!

e0338862_20113579.jpg
飯炊くよ~!

e0338862_20122805.jpg
肉焼くよ~!

e0338862_20124224.jpg
焼けたら食うよ~!

腹が減りまくっていたんで、飯を一気に平らげてしまった。

e0338862_20133994.jpg
で、肉の二回戦目はメシ無しで、ビールで流し込む(#^^#)ウイ~

e0338862_20150955.jpg
夜も更けてきて、アサヨ峰がシルエットになったよ!

気分がイイなぁ~!

e0338862_20155003.jpg
ランタンを出して、地図とチーズをつまみに安い焼酎を飲みます!

程よく酔ったので、寝ますかね。。。

今日は本当によく歩いた。


オヤスミ~!



で、午前3時、テントに当たる雨音で目が覚める。

降ってんだな~!

e0338862_20244216.jpg
雨に降られたテントを撤収するのはホントにイヤになります。。。

まぁ、でも雨の中歩かなくいいから気は楽だけどね!

e0338862_20264430.jpg
朝飯はいつものキジメシ(カレーライス)です!

e0338862_20272101.jpg
北岳はガスの中です。

やっぱり広河原山荘にテン泊して正解だったな。

e0338862_20281169.jpg
因みに、広河原インフォメーションセンターの2階には、ガス缶やらアルファ米やらの消耗品、食料が売っているので緊急時には手に入れる事が出来ます。

で、8時のバスで奈良田に下りました!

帰り道では薄日が差してきたので、、、

e0338862_20302884.jpg
道の駅みのぶ「富士川クラフトパーク」に寄って、濡れたテント、シュラフを乾かしていきました。


今回、急遽取る事が出来た連休のおかげで、念願だったキタダケソウに会えることが出来た!

本当に偶然だけど、最近は少ない休日ながら結構充実した山登りが出来ているな~!って思うよね。

これからも山の知識や経験を増やして、ピークハントだけが目的ではない山登りを続けて行きたい!

キタダケソウに会えてそう思いました!


最後にお約束!

北岳、最高~~~~~~~~~~~~~!


南アルプス最高~~~~~~~~~~~~~!


ありがとう~!




[PR]

# by weekend-mountain | 2017-06-26 20:41 | 南アルプス | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 25日

キタダケソウに会いに行く 北岳 170624-25 前編

e0338862_17280517.jpg
土曜日が急にお休みになったので、これは北岳に行かねば!って急遽北岳行き決定!


そうです!

この時期だけにしか見られない、北岳の固有種である「キタダケソウ」を見るためにね!


オレは基本的に天気の良い日にしか山に登らないので、これまでずっとそのチャンスに恵まれなかったんだ。

日曜は雨予報だから、好天が期待できる土曜日が行けそう!

絶好のチャンスが巡ってきたワケです!


それでは行きましょう!

e0338862_17380408.jpg
奈良田から広河原行きのバスに乗り込みます!

林道バス運行開始2日目なので、そんなに人は多くなくて、第1駐車場から出発できました。

何だか随分と出発まで時間が掛かって、第2駐車場を出発して開運隧道を抜けたのは6時頃になった…

山道を右へ左へ揺れながら進んでいきます。

バスは楽だな~!

e0338862_17395961.jpg
広河原に到着したのは7時近くになってから(^^;;


e0338862_17421029.jpg
先ずは、広河原山荘でテン泊の申し込み&設営をします!

と言うのも、日曜は雨予報なので、山の上でテン泊する気になれなかった。

それに、日帰り装備なら速く登れるから、その日のうちに降りて来られる。

まぁ、日帰りピストンで泊まらずにバスで下りてもいいんだけど、せっかくの連休だしさ!


それでは改めて出発です!

e0338862_17452327.jpg
歩き始めは鬱蒼とした森を淡々と登って行きます。

この雰囲気が大好きです!

e0338862_17461584.jpg
マイヅルソウが可愛らしく咲いています!

e0338862_17465302.jpg
頭上にもかわいい花が(名前知りません、誰か教えて)!

深い緑の森から徐々に新緑の森へ変わって行きます。

e0338862_17472936.jpg
ナナカマドとカツラ

急登が終わり、平坦な場所に出ると小屋はあともう少し!

e0338862_17482649.jpg
山頂が見えました!

e0338862_17492619.jpg
途中の沢は雪解け水で、切れるほど冷たい!

もちろん飲みました(^^

e0338862_17500681.jpg
白根御池小屋に到着です!

本当に雰囲気の良い小屋で、日曜の天気が良ければここに泊まりたかった…

ここでは、水が汲み放題なのですが、一応声を掛けて水を汲ませてもらう。


e0338862_17514947.jpg
逆さ北岳。

広角レンズがあれば両方写すこともできるよ!

オレは持ってないけど…

それじゃまだまだ急登は続くからね、休まず行きましょ!

e0338862_17533420.jpg
草すべりには残雪がチラホラあるけど、ステップが切ってあるので夏靴で大丈夫です!

e0338862_17544832.jpg
白い花(よく見るんだけど、名前知りません(;´・ω・))やら

e0338862_17554581.jpg
キスミレの仲間が咲いてます。

e0338862_17560969.jpg
やっぱりガスが湧いてきたよ…

まぁ、夏山だし、梅雨時期だし、仕方ないか。

e0338862_17570252.jpg
キンポウゲも咲き誇っています!

長い急登を抜け、稜線に出ると、、、

e0338862_17573264.jpg
ドカーン!っと仙丈ケ岳が!

いや~、素晴らしい!

これだけでも来た甲斐があったってモンですよ!

e0338862_17591726.jpg
山頂方面はガスで見えません…

e0338862_17594198.jpg
足元にはシャクナゲが咲いていて、花道状態です!

e0338862_18001632.jpg
イワヒバリも季節の移ろいを楽しんでいるようです!

e0338862_18014727.jpg
キタダケソウ?違うね。ハクサンイチゲだね。

e0338862_18032811.jpg
この時期の北岳は初めてなんだけど、この時期も「花の山、北岳」なんだね~!

e0338862_18050484.jpg
肩の小屋がもう少しです!

e0338862_18052713.jpg
ここはいつも人気だね!

泊まった事は無いけどね…

流石にこの高さまで来ると、結構シンドイ、、、

e0338862_18064596.jpg
山頂が見えてきた!

夏の北岳って感じの賑わいぶり。

e0338862_18074607.jpg
ってコトで、広河原山荘から4時間25分で山頂に到着です!

ピースサインではありません。

日本で2番目に高いよ!って意味です。
e0338862_18092174.jpg
仙丈は本当にどっしりしていて素晴らしいね!

う~ん、行って来たばかりだけど、もう行きたくなってきた(#^^#)

e0338862_18113918.jpg
北岳の真の山頂で記念撮影!

一眼レフを持っている人に撮ってもらったんだけど、素晴らしいアングルです!

ありがとう!


それでは、今回のミッションである「キタダケソウ」を見に行くことにします!

そのためには群生地のトラバース道まで一旦下らなければならない。

名残惜しいけど、またあとで戻ってくるので、長居はせずに下りましょ!

e0338862_18143059.jpg
北岳山荘のテン場は未だ積雪の上。

テントは殆どいないね。


e0338862_18154572.jpg
さぁ、トラバース道の入口まで来ました!

咲いているのかな~?




e0338862_18170130.jpg
うぁ~~~~~!

満開じゃんか~~~~~~~!


後半につづく!





[PR]

# by weekend-mountain | 2017-06-25 18:42 | 南アルプス | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 23日

ナンガへ再び!

e0338862_20225902.jpg
 本日、厳冬期用のシュラフ、ナンガの「オーロラ900DX改 1050DXタケオスペシャル」を、製造元であるナンガ本社に向け発送いたしました。


このシュラフにとって2度目の里帰りです(^^)


ところで、オーロラ900DX改 1050DXタケオスペシャルって何?ってヒトもいるでしょう!



このシュラフは、ナンガの厳冬期用のシュラフであるオーロラ900DXに、羽毛をさらに150g増量させたドーピングシュラフなのです。

この改造はとても素晴らしく、大のお気にいりなんだ!


でも、唯一の欠点が、そのサイズなんだよね。。。


以前の記事でも書いているが、身長方向がパツパツで、もう寝苦しいくらい。

オレそんなに背が高いワケじゃないし、レギュラーサイズの推奨身長内なんだけどね。


だから残雪期用に手に入れたオーロラ750DXは、ラージサイズにしたんだ。


これね↓
e0338862_16595481.jpg
レギュラーサイズの900DX改と重ねるとこんなに違う!

ラージサイズは、ゆったりで窮屈さは皆無なんだ。


だから、厳冬期用のシュラフもラージサイズにしたいと思った…


でも、現実的にはラージサイズを買って、同様の改造を施すとなると結構な出費を覚悟しなきゃならない(-_-)

その軍資金のために、1050DXをヤフオク送りにするのは心苦しい。

つうか、それは無理だね。


オレね、山道具を要らなくなったら何でもかんでもヤフオクに出しているワケじゃない。

気に入ったモノはずっと使い続ける。

だから、大いに迷ったんだ。

寝苦しいのを我慢し続けるか、高い出費を覚悟するか。


そしたら、悩む必要は全く無かった(^^♪


ナンガに相談したらさ、ラージサイズに仕立て直してくれるって!

中の羽毛を生かして、側をラージサイズに交換してくれるとのコト!

いや~、ホント素敵!

こんなメーカー他にないよね!

もちろん有料だけど、買い替えるよりずっとリーズナブル!

1050DXが誰かの手に渡ってしまうこともない!



こんなメーカー他にある?

モンベルもかなり良心的だけど、こんな対応は絶対にしてくれない。

「ラージサイズを買ってください」で終わり。

イスカも同じでしょう。

それが商売としての本筋だもんね。


でも、ナンガは売りっ放しにしない!

ダウンに愛情を持ってるんだね!


ナンガ!一生ついて行くよ!

e0338862_21044383.jpg
届くのが楽しみです!


とは言え、使うのは半年以上先ですけどね(^^;;




明日は、急遽休みになったので、梅雨の僅かな晴れ間を利用してキタダケソウを見に行ってきます!


オヤスミ~!





[PR]

# by weekend-mountain | 2017-06-23 21:11 | 冬山の装備 | Trackback | Comments(2)