週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 20日

夏山装備が届きました!

e0338862_20245489.jpg
夏山装備が届きました!

ヤフオクで軍資金を得たので、モンベルのオンラインショップで注文しました!

俺には珍しく定価買いです(#^_^#)


それでは開封!

e0338862_20294685.jpg
いや~!ステキ!

モンベル好きなんですよ!

買ったのは、、、

e0338862_20355242.jpg
・ゼロポイント エクスペディションパック70

夏の縦走用の大型ザックです!

いままで、この一つ下のアルパインパック60ってザックを使ってた。

↓これね
e0338862_22015148.jpg
でも、オレの場合、食料や酒を大量に持ち込むので、4泊5日の縦走になると60リットルではパンパンでね(^^;

もうちょっと大きければなぁって、ずっと思ってたんだ。


許容量を超えて詰め込むと、バランスは悪いわ、肩に食い込んで痛いわで大変だった。

ま、随分とボロっちくなってたんで買い換えってワケね。


でも何で同じ色なの?って思うでしょ。


このサイズになると、カラバリが少なくて、オレンジかグレーしかない。

冬用のザックがグレーなので、結局同じ色(^^;

正直なとこ、新鮮味は全くありません…

e0338862_20501905.jpg
でも、新品は気持ちがイイね!

ゼロポイントは、軽いし、安いし、シンプルだし、言うことなしです!

税込みでも2万円しないからね!

今までガンガンに酷使してた60リットルのが、ヤフオクでコレの半分で落札されているので御の字でしょう!

e0338862_21011356.jpg
それと、トレッキングパンツも買いました!


今までマーモットのトレッキングパンツだったんだけど、もう5年近くもそれ一本だったのでボロボロでした。

撥水生地だったのが、水が掛かれば瞬時に滲み込むようになってたし、あちこちホツレてヨレヨレだったからね(^^;;

色は今までと同じです。

基本、冒険できない人間なのです…

今までのマーモットがストレッチ素材で、大きめのサイズだったんで動きやすさが抜群だった。

これは、ジャストサイズで、あんまり伸びない素材なので汗をかいたら足上げがツラそう。。。

どうなんだろうね~?

e0338862_21070658.jpg
それと、ロンTね!

オレさ、いかり肩で、しかも肩幅狭いのよ。

なもんで、普通のTシャツが似合わないんだ。

ラグランTシャツはご愛用品なのです!


う~ん、新しい装備はテンション上がるわ~!


山に行きて~!






[PR]

# by weekend-mountain | 2017-06-20 21:30 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 18日

テント狂想曲 終演

今回はテントの話です!

山用のテントについては迷走が続いていましたが、ようやく落ち付いたので記事にしてみました!


今から5年ほど前に、長いこと休止していた山登りを再開したんです。

再開1年目は日帰りピストンのみの山行で、テントを担いで登る事はしなかった。


それでもテントを持っていたので、前泊のゲリラテン泊で南アルプス、中央アルプス、北アルプスなんかに通ってたんだ。

そん時のテントがコレ↓
e0338862_20432181.jpg
・マウンテンハードウェア スカイビュー2 (奈良田にて)

20年ほど前に手に入れたテントで、ずっと友人に貸したままになっていたのを山登り再開と同時に取り返した(^^)

まぁ、マッタリ系のテントだよね。


で、テン泊をしながらの登山のために、親友の助けを借りて山岳用テントを手に入れたワケです。

それがコレ↓

e0338862_19091548.jpg
・モンベル ステラリッジ2型 (槍ヶ岳山荘にて)

コイツを手に入れてからは、ホントに行動範囲が拡がったよね。

e0338862_19114506.jpg
スノーフライを手に入れて雪山にも! (北沢峠にて)

ただ、スノーフライの面倒くささで、冬のテン泊に凝りて、これ以降は冬期避難小屋中心の冬山山行にシフトしたんだ。


しばらくこの2張りでテン泊を楽しんでたんだけど、あるテントを手に入れた事から迷走が始まります。

それがコレ↓

e0338862_19174616.jpg
・マウンテンダックス ヌプカ2 (広河原山荘にて)

これね、倒産したマウンテンダックスのテントで、一時期ネット通販で50%オフで投げ売りしていたのをポチったんだよね。

安かったからさ(^^;


なかなか良く出来たテントだったけど、使ってみると換気性能に問題があり、ダブルウォールテントでは考えられないくらい結露して辟易した…


んで、コイツと20年選手だったマウンテンハードウェアをヤフオクに出して手に入れたのが、アライテントの2張りだったったワケよ!

e0338862_20555972.jpg
・ライペン ドマドームライト2 トレックライズ2


e0338862_21584241.jpg
・アライテント ドマドームライト2 (南アルプスにて)

ドマドームは本当に快適なテントでした。


e0338862_20545833.jpg
でも、モンベル マイティドームを手に入れる時に、その原資としてヤフオクにて旅立っていきました。


で、

16/17冬山シーズンのために、ステラリッジ一式を同じくヤフオクで処分して手に入れた人生初のシングルウォールテントがコレ↓

e0338862_21064762.jpg
・エスパース デュオX (千枚小屋にて)

このテントを手に入れた事で、テン泊の観念が根本からひっくり返ってしまった。


「テント泊って、快適じゃなきゃいけない」ってずっと思ってたんだ。

だったら小屋泊にすればいいだけのコトじゃん!

自然を身近に感じることも山の楽しみの一つだって事に気付かせてくれたんだよね!

だからテン泊がますます楽しくなった!


で、原点回帰ってコトで、モンベルのシングルウォールテントを手に入れたワケね!

e0338862_19181731.jpg
・モンベル マイティドーム2型 (大門沢小屋にて)

この山行で覚悟が決まりました!

e0338862_20112056.jpg
テントはこの3張りだったんだけど、、、
e0338862_21295299.jpg
・アライテント トレックライズ2 (南アルプスにて)

結局、アライテントのトレックライズ2もヤフオクで手放しました。


トレックライズも素晴らしいテントだったんだけどね。

転職して以来、テン泊の機会がグッと減ってしまったからね、コイツには次なる装備の原資になってもらいました。


結局、この2張りに収束しました!

e0338862_18492598.jpg
モンベルのマイティドームと、

e0338862_18494457.jpg
エスパース デュオXです!

夏山はモンベル、冬山はエスパースで行くことにします!

テントの迷走は終わりました。


テント泊歴27年目ですが、なんだかんだでシングルウォール野郎になりました。

まぁ、いろいろ大変なコトもあるでしょう。

それも、受け入れていきますよ!



楽しみです(^^♪





[PR]

# by weekend-mountain | 2017-06-18 20:19 | 山の装備 | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 12日

敗退 170611 農鳥岳 後編

土日にかけて、南アルプスの農鳥岳に登ってきました。


すっかり夏山になっていると思ってたんだよね。。。

雪山装備を持ってなかったので、2,630m付近で残雪に行く手を阻まれ敗退しました(^^;;



それでは下りましょう!

e0338862_19050838.jpg
デーモン沢(大門沢)は、ただでさえ急なつづら折りなんだけど、こんな感じで残雪があると地味に怖い。

まぁ、これ以外にデーモン沢の写真は在りませんけどね。


で!

でね!

なんと、山で初めて熊を見ましたよ!

長いこと山で遊んできましたが、人生初の熊との遭遇です!


と言っても、向こうが先にこちらに気づいたみたいで、しかも川の対岸を山に向かって逃げていくところでした。

結構遠かったんで、初めカモシカかな?って思った。

でも、動きが鹿っぽくない。

なんつうか、ゴリラっぽかった。

カメラを取り出している間に林の中に逃げ込んでしまったので、写真は撮れなかった(^^;


e0338862_19161203.jpg
そんな遭遇にちょっと嬉しくなりながらも、大門沢小屋まで降りてきました。

この時点で午後2時半。

下まで降りて降りられない事は無いけど、せっかくなので大門沢小屋でテン泊することにしました。

e0338862_19181731.jpg
今夜のお宿が完成です!

e0338862_19181772.jpg
ってコトで、お疲れさん開始です!

いや~、テン泊装備+水4Lを担いでのデーモン沢はキツかったねぇ、やけにビールが美味いよ!

e0338862_19181787.jpg
マイティドームなかなか良いね!

間口が広くて、フライが無いから縦型テントにしては開放的で大変気分がよろしい!

e0338862_19212282.jpg
ビールが進みます!

もちろん小屋は営業していないので、今回は350ml缶4本担ぎ上げました。

e0338862_19213801.jpg
何やら、風が強くなってきて、見上げると雲が渦を巻いている!

突風と共に、雨が降り始めた…

e0338862_19212359.jpg
えぇ、ジンクスなんですよ!

新しいテントで山に登ると、必ず雨に降られます、、、(._.)

シングルウォールテントは前室が無いので、雨降るとちょっと不便だね。

e0338862_19252526.jpg
雨が小降りになってきたので、外を覗くと大きな虹が!

よし!飯にしよう!

e0338862_19252557.jpg
炊飯開始です!!

飯が炊けたら、お次は肉です!

e0338862_19252550.jpg
焼いちゃうよ~!

う~ん、いい匂い!

e0338862_19252527.jpg
頂きま~す!

飯も上手く炊けて、最高です!

e0338862_19282320.jpg
2回戦目開始です!

e0338862_19282314.jpg
飯と酒が進むよ!

もう最高!


腹いっぱいになったら眠くなってきた(#^^#)

けど、もう少し飲みたくてザックを漁る。

あれ?焼酎のボトル無い?

間違いなく入れた筈なのに、いくら探しても無い…

途中で荷物を開けた時に置いて来たのかもしれない…


もうイイや、ふて寝しよう(-_-)zzz


オヤスミ~!


夜中に雨の音で何度か目を覚ます。

降ってんだな~、ムニャムニャ(p_-)。o O


で、翌朝!
e0338862_19314499.jpg
オレの朝は炊き立てのご飯に、レトルトカレーから始まります!

酒が無かったせいで、消化しきれなかったスモークチーズを入れてみました(^^)


ガッツリ食えば、ガッツリ歩けるんです!

って、今日は降りるだけだけどね(^^;;


雨はすっかり上がっていました。
e0338862_19314565.jpg
本当はこの方向に富士山が見えるんだけど、まぁ、雨が上がっただけでもヨシとしましょう!


と、ここで犬がテントの横に来て吠えまくってきやがった。

小屋を占拠している連中が連れてきたようだ。

昨日から吠えていたのは知っていたが、山に犬を連れてくるような人たちと関わり合いたくないので無視してたんだ。

でも放し飼いにしているのはどういう事?

小屋が営業してなきゃやりたい放題かよ?

正直頭にきた!

なので、飼い主の所に行って、

「山に犬を連れてくるのは、山のマナー違反だ!知らなかったんなら覚えとけ!」とガツンと説教してやった(-_-メ)

最近いるんだよね、山に飼い犬を連れてくるバカが!

まったく!

e0338862_19314593.jpg
ちょっと腹立ったけど、鬱蒼とした森の中を歩いていると気が晴れてきた!

自然はイイなぁ~!

e0338862_19452436.jpg
ヤマモミジ

e0338862_19452596.jpg
渓流釣りのヒトも結構いたけどね、それじゃ魚から丸分かりだよ~!

e0338862_19452524.jpg
発電所の吊り橋の横にあるキイチゴはまだ熟してなかった。

去年はすっかり食べ頃だったことを考えると、やっぱり去年は雪が少なかったし春も暖かかったってコトなんだね。

e0338862_19490200.jpg
役立たずの看板まで戻って来たよ!

ここまで来ればあとちょっと。

e0338862_19490220.jpg
河原のハンノキ林も濃い緑に変わりつつある。

季節は足早に進んでいくね!


今回、1年ぶりの農鳥岳だったけど、雪の少なかった去年の基準で考えて来たら全く見当違いだった。

そのせいで、山頂を踏むことは出来なかった。

でも、1日目は午後からどんどん雲が厚くなって、風がなかり強く、2,600m付近では5℃と冷え込んでいた。

仮に稜線に上がったとしても、暴風雨になっていたはずなので、まぁ良かったのかな。


大門沢小屋は冬期小屋は何度もお世話になって来たけど、テン場利用は初めてだったのでなんか新鮮だった!

新しいテントの山での使い心地もなかなか良かった!

やっぱり、テン泊は楽しいね!

シングルウォールテントだと、より自然に近くて楽しいよ!


次は何時になるか分からないけど、天気のいい日にテン泊したいなぁ~!


まぁ、山頂には上がれなかったけど、、、

やっぱ、

南アルプス、最高~~~~~~~~~~~~!


また来るよ~!



[PR]

# by weekend-mountain | 2017-06-12 20:17 | 南アルプス | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 11日

敗退 170611 農鳥岳 前編

今日は南アルプスの農鳥岳に登ってきました!

ただし、題名にあるように、頂上には登れず敗退しました(;_;)


先週、会社の都合で土日が連休ってことになったんだ!

んじゃ新しく手に入れたテント担いでいきますか!ってコトで農鳥なのさ!

何でかって言うと、、、

ちょうど1年前もそんな感じで急に連休になって、とっておきの場所でテン泊してきたんだ。

それを思い出して、「イイね~!、んじゃ農鳥行くか!」ってワケよ!


でも、完全夏山装備で行ったお陰で、、、

撃沈です…


それでは行きましょう!

e0338862_20185414.jpg
スタートは6時過ぎ。

ちょっと遅いかな(;´・ω・)

林道を行きます!
e0338862_20193112.jpg
40分ほどで、大きなダムまで来ました。

この先からようやく山登り。

e0338862_20193248.jpg
ひしゃげた吊り橋を渡れば、本格的な山道になるよ。

e0338862_20193271.jpg
夏山に向け登山道整備が進んでいます。

沢には新しい丸太橋が架けられていました。

e0338862_20222986.jpg
新緑はすっかり終わりかけていて、緑は力強さを増しています!

その分、影も濃くなっています。

e0338862_20222952.jpg
生命の勢いを感じるよ!

深呼吸、深呼吸~(^^♪

e0338862_20223082.jpg
登山道が川になってたりします。

e0338862_20250814.jpg
丸太橋を渡って大門沢側の左岸側に出ます。

e0338862_20250704.jpg
でもって、右岸側に戻るとすぐに、、、

e0338862_20250770.jpg
大門沢小屋に到着です!

小屋には仕事で来ている測量屋さんとその仲間が遊びで来ているようで、ごった返していました。

ま、俺は稜線に向かうので、水を汲んだら出発デス!

って、この先でも水汲めるじゃんね!

何でオレ、大門沢で水汲んだんだろ?

捨ててこ!

e0338862_20284814.jpg
小屋から上は素晴らしい針葉樹の森です!

e0338862_20284815.jpg
落石で橋がぶち折れてたよ。

ここで再び水を汲みました。


と言うのも、どうやら今年はまだ雪渓が下の方まで残っているようで、水が汲めそうもなかったからなんだ。

e0338862_20284781.jpg
はい、こんな感じ!

しばし、考える。。。

雪渓を上がって、写真右上の尾根に取り付けば夏道を上がって行ける。

でも、アイゼンやピッケルはおろか、スノースパイクもストックも持ってない。

どうしよう!

しばらく考えて、、、


登る事にした。

ここから先は所々雪があるものの、夏道が露出していたので登る事が出来た。

ただし、ココはデーモン沢(大門沢)なので、強烈な八丁登り。

写真を撮る余裕はありません。

ただひたすら登るんです。。


で、

e0338862_20344004.jpg
分かっちゃいたけど、絶望的な風景。

The End です…


トレースなし、夏道無し。

農鳥は、厳冬期と、GWに登っているので、この先の様子は良く分かる。

夏道は雪渓の下に隠れているので、急斜面の雪渓を直登しなければならない。

そのための装備が無い。


e0338862_20381376.jpg
標高2,633m、稜線まであと1時間のところで敗退です。

降りましょ!


後編につづく






[PR]

# by weekend-mountain | 2017-06-11 20:52 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 06日

大好きな山 大好きな季節 170604 仙丈ケ岳 帰路

日曜に日帰りで、南アルプスの仙丈ケ岳に登ってきました!



山頂でゆっくりしたいところですが、15時のバスに乗りたいので下りましょう!

e0338862_19034537.jpg
さよなら、また来るよ!

e0338862_18592931.jpg
頂上直下のナイフリッジは、かなりペチャンコになっていて厳冬期の威圧感は在りません(^_^)

e0338862_18593006.jpg
リッジの途中で頂上を振り返ってみたところなんだけど、このトラバースが積雪期にはベッタリ雪が着いていてかなり恐怖なんだよね。


このトラバースのために冬靴と12本爪のアイゼンを担いできたようなものなんだ。

でも、今は夏靴でも全く問題なく行けます。

良かった、良かった!


と言うか、左足のスノースパイクを落としてきたことに気づかずに山頂まで来て、さっきのヒトが拾って持ってきてくれたというね……

まぁ、スノースパイクは効くと信じていれば、有っても無くても登れるってことなんでしょう(x_x)

e0338862_19130222.jpg
藪沢カールです。

今年は雪がこの時期にしてはキレイだね!

e0338862_19130242.jpg
山々は新緑で美しい!

この時期は空の青と山の緑が本当に美しい!

e0338862_19130316.jpg
北岳、間ノ岳にもサヨナラです!


ちょっと緊張する急斜面もなんとか通過し、
e0338862_19165685.jpg
小仙丈まで戻ってきました!

e0338862_19165682.jpg
行きも見た風景だけど、雪面に雲の影が落ちて味わい深いね~!

e0338862_19165603.jpg
栗沢山とアサヨ峰

すっかり夏山だね!

e0338862_19210772.jpg
鳳凰三山

e0338862_19210714.jpg
甲斐駒が大迫力です!

黒戸尾根側に比べると、こちら側は雪が少ないね。

e0338862_19210793.jpg
鋸岳

全く雪は在りません。

鋸岳~甲斐駒をテン泊で縦走したいけど、その機会は何時になるやら。


それじゃ、樹林帯に潜りましょ!

e0338862_19244762.jpg
樹林帯では残雪を繋いで滑り降りて行きます!

グリセードではなく、ストックを使ってスキーのように立った状態でね。

と言っても、スキーは30年以上やっていないので、すッ転びまくりだけどさ。

それでも雪と遊ぶのは楽しいんだよね!

e0338862_19244742.jpg
そうですね(^^;;


e0338862_19244752.jpg
一合目まで下ってきましたよ!

本当に静かでイイ!


結局、下山中に登って来た人は一人もいなくて、今朝のバスので仙丈に登ったのがオレと山頂で一緒になった男性の2人だけ。

それと、登りですれ違った前泊のヒトたちが4人で、この日の仙丈は合計6人だけのものでした。
e0338862_19281621.jpg
北沢峠も夏の喧騒が信じられないくらいシ~ンと静まり返っています。

あと2週間もすれば、ココはハイカーで溢れかえるんだよね。

e0338862_19281786.jpg
光だけが溢れています。

e0338862_19281734.jpg
常緑樹の森がイイ感じです(^^)

e0338862_19344024.jpg
仙丈にサヨナラです!

大平山荘までのショートカット道を降ります。
e0338862_19344095.jpg
林道に復帰すると、そこは新緑のオンパレードです!

e0338862_19344013.jpg
キレイだ~!

たぶんイタヤカエデだと思う。

e0338862_19373575.jpg
カラマツ

目に沁みる~!
e0338862_21562441.jpg

雪渓

ひんやり~!
e0338862_19373631.jpg
ダケカンバ

北の大地を思いまします!


いや~、ホント生命の勢いを感じるよ!

一年でも1~2週間しかない、この僅かな季節が大好きです!

e0338862_19410570.jpg
左から甲斐駒、駒津峰、双子山


それに、なんと言っても戸台川を挟んで、大迫力のジオパークの景観が本当に素晴らしい!

これだけでも来る価値がある。


もちろん、それを知っていて、この景色を楽しむためにバスに乗って上がってくる人も結構いるんだ。

朝バスに乗っていた人たちの3分の1くらいは景色を見に来た人たちなんだよね。

そのほかは昆虫採集と釣り人で、登山者は今回2人だけで少数派でした。

e0338862_19410598.jpg
ね!素晴らしいでしょ!

e0338862_19410507.jpg
歩きながら甲斐駒も表情を変えていくので、ちっとも飽きません!

そんなこんなで、、、

e0338862_19410682.jpg
15時のバスには何とか間に合いました(^_^)


山頂で一緒になった方はもう既に下りて来ていて、丹渓新道の様子を聞くと、

「かなり急だったのと、残雪が多かったんで、アッと言う間に降りれました」とのこと。


ま、秋くらいに様子を見に行って、来年は丹渓新道を下ろうかな。


この時期の仙丈が堪らなく好きなので、毎年来ているんだけどさ、この山とは相性が良いみたいで必ず天気がいいんだよね!

だから、また来たくなる!


今回も素晴らしい天気だったし、新緑も、常緑の森も美しかった。

もちろん稜線の空中散歩は極上だったよ!

本当に楽しかった!


最高の天気の中、大好きな山に、大好きな季節に登れて、もう言う事無しです(^_^)/


んじゃ、久しぶりに言いましょうかね!



南アルプス、最高~~~~~~~~~~~~~~~~!



いぇ~~~~っ!





[PR]

# by weekend-mountain | 2017-06-06 21:25 | 南アルプス | Trackback | Comments(6)