週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 20日

敗退 170318-20 塩見岳

e0338862_21093304.jpg
春分の日の三連休を利用して、南アルプスの塩見岳にチャレンジしてきました!

結果はタイトルにあるように敗退です(^_^;;


まぁ、いろいろと考えさせられた山行でした。

その辺については明日以降にアップしていきますので、ヨロシクです!




[PR]

# by weekend-mountain | 2017-03-20 21:21 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 14日

久しぶりに「週末は山にいます」後半 170311-12 仙丈ケ岳

2日目は午前4時にスタートです。

隣の2人は既に出発したようだ。

ソロの青年はテントの中でヘッデンの灯りが動いているので、まだ出発していないみたいだな。


それでは覚悟を決めていきましょう!

真っ暗な中、ヘッデンの灯りだけを頼りに進んでいきます。

途中であっさりと後ろから来た青年に追い越されます。。

最後尾を進んでいくわけです(^^;;
e0338862_20214025.jpg
四合目辺りでようやく明るくなってきた。

それにしてもこの時期の仙丈は、かつて登った1月より雪の量が多いので難儀する。

というのも、1月はまだ雪の量が多くないので、夏道の地形に合わせたルート取りが出来る。

しかし、この時期は雪で埋もれて地形そのものがはっきりしないので、ルート取りは自由に出来る反面、ジグを切らずに急坂の直登になる。

だからね、今回持ってきたスノーシューはちょっと失敗(--;

まぁ、とはいえトレース泥棒させてもらっている身ですから、随分と楽をさせてもらってますけどね。。。


e0338862_20352290.jpg
だんだん明るくなってきた!

e0338862_20354372.jpg
ダイヤモンド・アサヨ峰っす!

e0338862_20361623.jpg
ようやく五合目の大滝の頭まで来ました。

もう、結構ヘロヘロ…


雪質が良過ぎちゃって、スノーシューじゃあズルズル滑ってシンドイこと、シンドイこと…

写真を撮ってる余裕なんて無いから、、、

e0338862_20381662.jpg
次の写真は、アッちゅう間に森林限界の上へ!

e0338862_20391705.jpg
でもって、小仙丈に到着です!

e0338862_20394053.jpg
ワァ~~~オ!

どうです!

素晴らしいね!

これぞ仙丈だよ!

南アルプスの女王って感じでしょ!

e0338862_20404618.jpg
この魅惑の稜線歩き!

e0338862_20431413.jpg
母校の小学校の校歌に「夢の国かと思うほど 綺麗な山に抱かれて~♪」って歌詞があるんだけど、こんな風景の中では、「まさにそんな感じ」って思っちゃうよ。


e0338862_20462749.jpg
ようやく八合目。

この辺に来るとちょっとした登りでは「十歩進んで、休んで」の繰り返し。

e0338862_20475128.jpg
先行する青年の姿が見えてるねぇ。

体力的にもっともシンドイ登りなんだよね(^^;;

でもここを登りきると、もう辛い登りはありません。

e0338862_20491638.jpg
更に上がると、

e0338862_20495828.jpg
頂上が見えました!

青年が山頂にいるのが見える。

でもって、2人組も下りてきて、ご挨拶。

e0338862_20523946.jpg
空にはハロが出てました!

で、右側の斜面を登るワケですけど、1月や残雪期は夏ルート上にルートが付けられるので、嫌な感じのトラバースになっちゃうんだ。

でも、今回は稜線通しにトレースが付けられていたので危険な所も無く、問題なく進めました。


つうコトで!


e0338862_20555916.jpg
リミット15分前の8時45分に山頂に到着です!

入れ替わりで、青年は下って行きました。

e0338862_20582700.jpg
伊那谷方向です!

この景色が大好きなんだ!

空を飛んでいる気分さ(^_^)

e0338862_20591466.jpg
振り返れば、北岳と富士山!

e0338862_20595566.jpg
この間登った甲斐駒!

e0338862_21013059.jpg
その横には先週登った八ヶ岳!

e0338862_21025984.jpg
反対側には栗沢山にアサヨ峰!
e0338862_21004190.jpg
鳳凰三山!

e0338862_21025946.jpg
富士山、北岳の隣には間ノ岳!

1、2、3です!


e0338862_21025825.jpg
農鳥、広河内、塩見が見える!

もうステキ過ぎる!


e0338862_21023044.jpg
北も見えるよ!

e0338862_21064185.jpg
雪を溶かした白湯だけど、山頂で飲むと本当に美味い!

細かいゴミが入ってるけど、全く気にしません。

雪を溶かせばそんなもんだよ。

美味いよ!


実に名残惜しいけど、降りましょう!

e0338862_21113265.jpg
唯一の緊張する場面のナイフリッジ。

風が強くないので助かった(^^;;

e0338862_21130723.jpg
んっ、アークが出てる?

e0338862_21153540.jpg
タンジェント・アークだぁ~!

スゲ~~~~~!

いや~、イイもん見れたね~!

来た甲斐あったわ!


夢の国だわ!

ホント!

e0338862_21180880.jpg
興奮しつつも、ちょっとした登り返しが辛いコト、辛いコト、、、

e0338862_21192114.jpg
小仙丈まで戻ってきた。

e0338862_21201778.jpg
サヨナラ仙丈!

次は4月か6月くらいに来るよ!

e0338862_21215074.jpg
小仙丈からの下りでは、甲斐駒が正面に、ドカ~ンと大迫力!

その左には、

e0338862_21215143.jpg
鋸岳!

右には、

e0338862_21215057.jpg
アサヨ峰!

まったく登りも下りも飽きさせないイイ山だよ!

e0338862_21235771.jpg
で、樹林帯にダイブです。

何だか名残惜しいような、ホッとしたような、何とも言えない気分。

それは、春という季節のせいなのかな。

ちょっと切なくなるね。

e0338862_21235708.jpg
デポしておいたスノーシューを回収して、、

e0338862_21235819.jpg
バフバフの斜面をツボ足で激下りです!

雪があると膝や腰に負担が掛からないんで、本当に楽です(^^

11時半にはテン場に到着。

撤収を終えて、12時ちょうどに戸台に向けて出発です。

もちろん4人のなかで一番最後の出発です。

e0338862_21294758.jpg
んじゃ、下山開始しますかね!

こっからは、特に写真はありません。


素晴らしい針葉樹林の林を抜けて、、

八丁坂を下って、、

丹渓山荘跡を過ぎて、、

デポしておいた夏靴に履き替え、、、

戸台川を下ります。
e0338862_21301922.jpg
退屈な河原歩きも時々振り返れば楽しい気分になれるよ!

e0338862_21302013.jpg
石を投げ込んで作った渡渉地点です。

帰りはドボンせずに無事渡渉!


でもって、午後3時半駐車場に到着です!

e0338862_21302009.jpg
駐車場からは仙丈は見えないけど、甲斐駒、栗沢山、アサヨ峰、双児山が見えます!

なんて素敵な風景なんだろう!

夢の国かと思うほど 綺麗な山に抱かれて~♪

つうコトで無事1泊2日の山行は終了です!

良かった、良かった!


駐車場には、他の3人も到着していて、2人組は東京から、青年は奈良から来たという事らしい。

山の出会いは一期一会と言うけれど、わずかな時間だったけど、大好きな山域に同時に居られた事は何だか嬉しい気分だよ。

また何処かで会えればいいな。

それが南アルプスだったら最高だな(^_^)


久しぶりの連休に素敵な山行が出来て、本当に楽しかった!


何度も言うけど、


南アルプス最高~~~~~~~~~~~~!












追:今度の連休は、なんと3連休になりそう!

ヤバイ!

どこ行こう!




[PR]

# by weekend-mountain | 2017-03-14 21:59 | 南アルプス | Trackback | Comments(7)
2017年 03月 13日

久しぶりに「週末は山にいます」前半 170311-12 仙丈ケ岳

久しぶりに土日の連休が取れたので、南アルプスの仙丈ケ岳に登ってきました!

日帰りばかりじゃ行ける範囲は限られているからね。

せっかくの連休なんだし、大好きな仙丈に上がろうじゃないの!ってね!

天気も良さそうじゃん!

テント担いでいきますか!


それでは行きましょう!

e0338862_21094788.jpg
午前2時に静岡を出発して、登山口の戸台までは3時間半ほどで到着。

明るくなるまで仮眠して、6時過ぎに出発です!


駐車場にはオレのポンコツと、銀のレンタカーの2台のみ。

レンタカーの主は男女の2人組です。

e0338862_21094671.jpg
駐車場からは、甲斐駒、駒津峰、双子山がドカ~ンと見えます。

e0338862_21094645.jpg
ひたすら戸台川を遡上していきます。

途中で渡渉があるんだけど、足場が無い。


仕方ないので、手ごろな玉石を川に放り込んで、足場を作った。

写真はないけど…

e0338862_21292708.jpg
で、渡ろうとした瞬間、、、


ドボンです…

放り込んだ玉石がキンキンに冷えていたので、放り込んだ途端に川の水が石の表面に凍り付いてツルツルに、、、


まぁ、アプローチシューズとしてトレッキングシューズを履いていたので、冬靴は無事ですけどね(^^;;

でも、濡れた靴がバリバリに凍るので、足が痛いっす^(x_x)^

e0338862_21332295.jpg
去年はこのダムの工事用仮設道路があったので、アプローチは楽だったんだけどね。

今年は苦労したよ。

e0338862_21353630.jpg
いつの間にかオシャレな看板が設置されてます!

北沢峠までに結構な本数が設置されてたよ。

e0338862_21354018.jpg
以前からある看板。

角兵衛沢まで来れば、藪沢との合流はもうすぐです。

と、ここで駐車場の二人が追い越していきました。

二人も仙丈に上がるとのコト。

独りじゃないと思うと、ちょっと安心(^o^)

e0338862_21424091.jpg
藪沢との合流で、冬靴に履き替え丹渓山荘跡に向かいます。

e0338862_21424438.jpg
去年の秋口に行ったときには流失してしまった丸太橋が、以前より下流側に再設置されてました。

以前は対岸に渡るのに、確か2本掛けてあったと思うけど、今のは1本だけです。

e0338862_21450412.jpg
藪沢からは雪を被った仙丈が見えました!

イイねぇ~!

e0338862_21454018.jpg
丹渓山荘跡からいよいよ山登りです!

ここからしばらく行くと、、、

e0338862_21500189.jpg
八丁坂という、南アルプスにはよくある、ひたすら続くつづら折りに入ります。

まあでも、茶臼や大門沢に比べれば大したことは無いです。

e0338862_21522842.jpg
八丁坂の頭まで来たら、アンパン食べて休憩です!

ザックの中でペチャンコだけどね。

e0338862_21535914.jpg
ここからは斜度が緩くなって、素晴らしい針葉樹の林をひたすらスノーハイキングです!

e0338862_21550284.jpg
仙丈がだんだんと近くなってきたね!

e0338862_21553493.jpg
木漏れ日は冬の低い太陽高度からの弱々しい光ではなく、春らしい力強さで降り注いできます。

あぁ、春なのね~!

とは言え、高度が上がるにつれ、雪の量が増えて来て、しかもかなりフカフカのイイ雪に。

2~3日前に降ったみたい。

e0338862_21570093.jpg
スノーシューを装着です。

トレースはあるんだけどさ、スノーシューを履くと足元が凄く安定するのでかなり歩きやすいんだ。

今回はワカンではなくスノーシューね!

e0338862_21590929.jpg
大平山荘まできました。

北沢峠まではあとちょっと!

e0338862_21591137.jpg
こもれび山荘です!

初めて厳冬期の仙丈に登った時はここに泊まりました。

とってもイイ感じの小屋で、食事も美味かったんで、またいつか泊まりたい!

今は営業期間じゃないのでシーンと静まり返っています。

e0338862_21591347.jpg
北沢峠です!

夏の賑わいはもちろんありません。

真っ白な雪と静寂だけが辺りを包んでいます。

雪も腐ってなくてとってもイイ感じです!


さて、テン場に行きますか!


テン場に着くと、男女の2人組がテントを張っているところ。

挨拶してオレも設営にかかります。

男女なのにそれぞれ別のテントを張っているので、恋人同士ではないのかな?

まぁ、イイか…


ってコトで!

e0338862_22030584.jpg
今夜のお宿が完成です!

e0338862_22061900.jpg
天気がいいので、外で水作りを開始です!

あぁ、マッタリでいいわ~!


e0338862_22072961.jpg
今回担ぎ上げたのは350缶3本です!

貰い物だけどね。


e0338862_22083683.jpg
仙丈に乾杯です!

見えているのは2人組のテント2つ。


このあと、ソロの青年がテン場に加わり、テン場は合計4人のモノになりました。


水作りを終え、軽~く酔いが回ったら、お昼寝です。

💤…

e0338862_22102019.jpg
目が覚めたらメシの準備!

日が傾いたら一気に冷えてきたのでテント内で炊飯開始っす!

飯が炊けたら、15分ほど蒸らします。

e0338862_22125600.jpg
その間に、正月山行でウマウマだった豚骨しょうゆスープの鍋を作ります!

っても、肉と野菜を放り込むだけなんだけどね。

e0338862_22144662.jpg
飯が美味く炊けました!

いつも失敗は無いけど、今回はほんのりオコゲでふっくら炊けていつもよりバッチリでした!

缶ビールがコッヘルの中に入っているのは、缶を倒さないようにです。

何度も失敗した酔っぱらいの知恵です(^^;


すっかり腹いっぱいになったら、焼酎をチビチビやりながら明日の分の水作り。


e0338862_22184291.jpg
ガソリンストーブの「コーッ」って音を聞きながら、溶けてゆく雪を見つめ、酒を飲む。

ゆっくりとした時の流れ。

はぁ~、至福の時だね!


冬は避難小屋泊で、今年の正月山行のように水場が生きていたりするのが最高だと思うけど、、、

まぁ、テン泊しながら水作りするのも、これはこれで楽しいモンだね!


あ、因みに写真に写っているコッヘルなんだけど、見てのとおり取っ手の金具のリベット留めが飛んじゃった。。。

まぁ、一番のお気に入りだし、使い込んでいるからね、寿命かな。


水作りを終えたら、シュラフに潜り込んで焼酎のお湯割りをグビグビです!


いつの間にか寝落ちしていた、、、

寒さで目が覚めて、しっかりシュラフに潜り込んでオヤスミです。。。


💤…



ってコトで1日目は終わりで、いつもなら2日目は別投稿になるのですが、まだ続きます。


翌朝2時半に目が覚めた。


e0338862_22301432.jpg
シュラフは自分が吐いた息が凍りついて白くなっている。

酔っぱらいのオッサンの吐息ですわ(--)
e0338862_22314937.jpg
温度計はだいたいマイナス12~13度あたりを差している。

正に冷凍庫の中だね。

ま、シュラフはナンガ・オーロラ900DX改1050タケオスペシャルなのでこのくらいの温度ならまったく問題なし!


昨夜、飲みながら寝落ちしたので、飲みかけのお湯割り焼酎はシャーベットになってたけどね。

寝てる間に、ぶっ溢さなくて良かった(-_-;)
e0338862_23291529.jpg
朝食は、夕べの鍋の残り汁に棒ラーメンをぶち込んで、さらに粗挽きソーセージをぶち込んだ簡単メニューです。

ガッツリ食ったら、薄着になって出発です!


さあいよいよ真っ白な仙丈に向かいますよ~!


気合入れて行くよ~!


待ってろよ~!


つうコトで、出発です!



後半につづく




[PR]

# by weekend-mountain | 2017-03-13 22:59 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 12日

久しぶりの「週末は山にいます」です(^_^)

e0338862_20502567.jpg
昨日、今日の1泊2日で、南アルプスの仙丈ヶ岳に登ってきました!

久しぶりの連休で、久しぶりのテン泊でした!


詳しくは明日以降にアップしますんでヨロシクです!



[PR]

# by weekend-mountain | 2017-03-12 21:03 | 南アルプス | Trackback | Comments(4)
2017年 03月 05日

春の雪は淡雪 硫黄岳 170305

e0338862_19183374.jpg
今日は八ヶ岳の硫黄岳に登ってきました!

先週は厳冬期甲斐駒の黒戸尾根日帰りピストンというロング&ハードな山行だったので、のんびりスノーハイクがしたいな~、って思ってさ。

ホントは杣添尾根でスノーシュー持って登ろうと思ってたんだ。

だけど、登山口への道路がガリンガリンのアイスバーンでね、とてもオレの車じゃたどり着けそうになかった(-_-;)ウーン

危険を冒してまで行く事もないので、急遽美濃戸口に行先変更ってワケです。

これがバッチリ正解でした!


それでは行きましょう!

すっかり明るくなってから午前6時過ぎに出発です!

e0338862_19301554.jpg
1時間ほどで美濃戸山荘へ。

赤岳鉱泉に向かうので、北沢を進みます。

それにしても冷えています((x_x))

先週の甲斐駒は春山っぽかったけど、今日は厳冬期っぽい冷え込みで、温度計はマイナス10度(!)と冷え冷えです…

お陰で雪が死んでなくて、フレッシュなイイ雪質です!
e0338862_19382763.jpg
ようやく日の当たる所まで来ると、暖かいことこの上ない!

冷え込みは厳しくとも、もう太陽の光はすっかり春の光になってる。

e0338862_19400787.jpg
雪質はかなりイイ!

まぁ、たいした登りも無く赤岳鉱泉に到着です。
e0338862_19405860.jpg
アイスキャンディーがお出迎え!

e0338862_19420210.jpg
インストラクター(?)が氷の状態をチェックしてました。

さて、硫黄の頂上へ出発です!

e0338862_19430997.jpg
大同心が見えました!

袈裟を着た坊主がお経を読んでいるように見える?

e0338862_19483033.jpg
樹林帯をのんびり登って行きます!

e0338862_19494856.jpg

森林限界に出たけどさ、写真が白飛びしちゃってるね(;^ω^)

ちょっとした急斜を登ると、

e0338862_19510797.jpg
稜線上に出ます!

で、

e0338862_20073575.jpg
山頂方向です!

e0338862_19523612.jpg
サクサク行きましょう!

e0338862_19530468.jpg
ちょっとした岩場を過ぎると、、、

e0338862_19532825.jpg
山頂です!

厳冬期ほどじゃないけど、やっぱり八ヶ岳は風が強いね!

e0338862_19545029.jpg
爆裂火口です!

何だかガトーショコラっぽい(^^)

e0338862_19563048.jpg
横岳、赤岳!

e0338862_19572711.jpg
でもって、赤岳、中岳、阿弥陀岳!

南八の展望台だね!

e0338862_19581442.jpg
先週登った甲斐駒!

その右横に一際白い仙丈!

阿弥陀の肩にちょこッと見えてる北岳です!

e0338862_19560139.jpg
北アルプスも良~く見えてる!

e0338862_20002040.jpg
中央、御嶽も!

恋人の聖地、富士見パノラマもね…

e0338862_20001616.jpg
北八は行ったことがないので、いつか行きたいと思いつつ…

たぶん当分行かない…
e0338862_20024788.jpg
ケルンにはエビの尻尾がびっしり!

んじゃ降りますか!

e0338862_20045668.jpg
降りてくと、阿弥陀かスゴイ迫力に!

北岳も見えるね!

e0338862_20052963.jpg
横岳も荒々しい!

e0338862_20055799.jpg
せっかくなので赤岩の頭へ行ってみましょ!

e0338862_20070481.jpg
う~ん!最高に気分がイイ!

諏訪方面!

諏訪湖が見える!


んじゃ、稜線から降りましょ!

e0338862_20085923.jpg
雪質が良かったので、ノートレースを激下りしてみました!

気持ちイイ!

良い子はマネしちゃダメよ!

e0338862_20100771.jpg
樹林帯は尻セードのショートカットだらけ。

オレは尻セードはしないけど、ありがたく使わせてもらうよ!

e0338862_20112661.jpg
アッちゅう間に赤岳鉱泉に到着!

e0338862_20120877.jpg
アイスキャンディーは大盛況ですね!

オレ?

やってみたいけどね、、、

多分やらない、、、

降りましょ!

e0338862_20144212.jpg
さいなら大同心!

e0338862_20154823.jpg
春の小川はサラサラいくよ~♪

e0338862_20162689.jpg
ドアを付けときました。

e0338862_20172289.jpg
堰堤広場まで戻ってきました。

e0338862_20181274.jpg
雪質が良いので、林道を歩いていても楽しいです!

で、出発から7時間で美濃戸口に到着!


今回、久しぶりの冬期の硫黄岳だったけど、思いのほか楽しかった!

3月にしては雪質が良くて、厳冬期の雪質に近かった。

これからの時期は、雪質がどんどん悪くなっていくんで、今日登ったヒトはラッキーだったと思う。

春の雪は淡雪ですからね!

明日には無くなってます…


ホント雪質が良いと楽しい!

それに何より、硫黄岳は緊張を強いられる場面は一つも無いから余計楽しめた(^_^)


で、

e0338862_20322818.jpg
美濃戸口まで戻ったら、八ヶ岳山荘でコーヒータイムです!


美濃戸口の駐車場の領収書で、コーヒー1杯無料で飲めるんだよね!

知ってた?

八ヶ岳ブレンドってヤツを飲みました(^^)


来週も天気が良ければ八ヶ岳かな~!


楽しみです!









[PR]

# by weekend-mountain | 2017-03-05 20:50 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)