週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 11日

OPTIMUS SVEA 123R

e0338862_20202847.jpg
オプティマス スベア 123R

オレの持っている唯一のガソリンストーブです!

学生時代にも同じモノを手に入れて、主にツーリングに使っていた。

というのも、自動車用レギュラーガソリン(通称:赤ガス)が、燃料として使えるからね!

こちら→「ランタンのはなし 小物編」にも書いたけど、当時ストーブもEPI gasを愛用していた。

ただ地方に行くとOD缶が手に入りにくかったので、赤ガスが使える123は使い勝手が良かった。


社会人になってからも、日帰りの山行には持っていっていたが、バイクも山もやらなくなったので友人にあげてしまった。

で、2年前に山登りを復活させる時に、コイツを再び手に入れたんだ。

今はさすがに、燃料に赤ガスを使うことは無くて、コレを使っている。
e0338862_20350518.jpg
カイロ用ベンジン!

ドラッグストアに行けば、1本¥300~400くらいで売っている。

ホワイトガソリンって最近メチャクチャ高いじゃん!

ベンジンでオッケーよ!

e0338862_20342975.jpg
プレヒートにはコイツを使っている。

いわゆるメタ燃料。

キャンプの炭起こしに使う、ゲル状の着火剤と同じモノ

e0338862_20341936.jpg
それを、タンクのくぼみに乗せて着火するワケね!

まっ、詳しいコトはマニアのページがわんさかあるから、「SVEA 123」で検索してちょうだいな!

そしたら!

着火!
e0338862_20482023.jpg
ファイア~~~~~!

く~っ、いいねぇ~!

この音!最高!

e0338862_21025428.jpg
123は基本的に火力調整は効かないモノと考えている。

だから、湯沸し専門機として使っている。

組み合わせるコッフェルは、スノーピークのチタンのやつ。

このチタンのヤツ、取っ手がダメダメ…

炎で熱っせられて持てないくらいチンチンに熱くなる。

そんなんで、緩衝材代わりのバンダナで取っ手を包んで持ったら焼けたよ…

苦肉の策で、シリコンチューブを巻いてみたが、熱いものは熱い…

その点プリムスのはちゃんとその辺を考えている。

e0338862_21081286.jpg
取っ手が熱くならない!


そもそも山登りを復活するきっかけは、仲間と「静大登り部」を結成して富士山に登る計画が持ち上がったからなんだ。

昔、山登りをしていたとはいえ、10年以上のブランクがあったから、オレの半分くらいの歳の仲間に迷惑を掛けちゃいけないと思い、ひとりで低い山から徐々に上り始めた。

愛鷹山(1,000~1,500m)、安倍奥(1,500~2,000m)、井川周辺(2,000~2,500m)そして3,000m級の南アルプスとステップアップしていくと、徐々にコイツを山に持って行くことが少なくなった。
e0338862_20524036.jpg
当初は写真にあるように、123でお湯を沸かして、コーヒーを落として、山頂でのんびりチョコクッキーを食べるための装備だった。

今は、

これ→Primus P-153や、

これ→Primus P-133Sをメインに使っている。


でも、まったく使っていないワケじゃない!

晩秋から、初冬の日帰りピストンには大体コイツを持って行く。


何故かって?

炎が恋しくなる季節にぴったりなんだ(^_^)


まっ、まだ当分出番は無いけど、この記事を書くために火を点けてみたらなんか楽しくなった!

夏山に持って行こうかな!


万人に勧められるモノじゃないけど、人生がちょっとだけ楽しくなる道具です。

騙されたと思って手に入れてみて下さい(^_^)/

日々の生活が間違いなく変わる筈です!


さぁ、山に行こう♪





[PR]

# by weekend-mountain | 2015-06-11 21:40 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 07日

ガスランタンのはなし 小物編

e0338862_19095488.jpg
今日は新しい夏靴の足慣らしの為に、軽めの登山を!ってコトで八ヶ岳に行ってきた。

しかし、結局登らずに帰ってきた(^_^;

と言うのも、先週の水曜日、雨が降っていたので急いで車から降りて駆け出そうとした瞬間、股関節をグリッチョしてしまった…

今まで股間節を傷めたことが無いので、情けない…

朝起きて相変わらず痛くてダメだったから、無理せずに登らず…


昨日から登山口にゲリラ前泊してきたので、それはそれで楽しめたけどね~♪

相当寒かったけどね!

e0338862_19164001.jpg
で、早速この間入手した「ブラックダイヤモンド モジ」(→コチラの記事)を使ってみた!

まぁ、前泊だったので、ガスランタンと併用しての感想ですが。


ガスランタンと併用では、あまりの暗さにびっくりです。

当然といえば当然ですが。

単体で使っても、テント内に吊るした状態では地図を見ることも出来ない程の明るさです。

モジ単体で夜間照明をカバーするのは無理で、ヘッドライトとの併用になると思います。

辺りがほんのり明るくなるので、真っ暗な冬季の避難小屋とかにモジがあるとイイかなって思う。

それに、ガスランタンは高温なので、イロイロと危険でさ、その心配が無いのがイイね!


表題の「ガスランタンのはなし」なんだけど、ガスランタンの小物の話です。

(ガスランタンのはなしは→コチラの記事

e0338862_19294177.jpg
EPI gas カートリッジスタビライザーⅡ

コレ何かって言うと、ガス缶の底に取り付ける三脚みたいなモノ。

e0338862_19291237.jpg
実際の使用例!

でも、写真のように250サイズのOD缶に使うことはありません。

e0338862_19300746.jpg
こんな感じで、カセットガスのカートリッジを使うときや、トーチ用のガス缶を使うときに装着しています。


このアイデアは、学生時代に思いついたんだ。


当時はOD缶の入手が今ほど容易ではなく、長期の地方ツーリング(学生の特権)時には困っていた。

今みたいに便利な変換アダプターなど無かったしさ。

そこで、カセットガスの草焼きトーチを分解して、当時愛用していたEPI gasのスーパーマイクロランタンに取り付け、カセットガスが使えるように改造していた。


そうなると問題なのは、あまりにも背が高くなって不安定極まりないコト。

ガスランタンは火器なので、倒れれば周りの物に引火してしまう。

そこで、コイツが使えるんじゃないかと、当時のオレは考えたワケです。

e0338862_19295486.jpg
このアダプターは、3サイズのガス缶に対応している。

当時はスーパーマイクロランタンに合わせて、今の110缶より一回り小さなサイズのOD缶が存在していた。

今はそのサイズのOD缶は販売されて無いんだけど、この一番内側のツメがそのサイズ用!


当時、店で比べてみてカセットガスがピッタリ使えると分かり、それ以来この方法で使っている。


実は昨夜酔っ払って踏んずけてしまった…

e0338862_19541230.jpg
PRIMUS ガスカートリッジホルダー

つうコトで学生時代も愛用していたEPI gasのを買ってきたってワケ(^_^;

両者の使い勝手は、結論から言うと、EPI gasの方が使いやすい。

e0338862_20035874.jpg
それは、足の開き方の違い。

PRIMUSは1軸構造で、缶をはめるのにコツが要る。

一方、EPI gasはパーツ単体同士がつながっていて、外すときは広がり、嵌めるときは締まる構造になっていて、装着に苦労することが無い。

パーツの剛性にも違いがあって、PRIMUSの方が頼りなく、踏んだとはいえ、足の付け根が物理的に弱い。

ただし、ガス缶のホールド感は、PRIMUSはガッチリと掴んで、缶が回るコトは無い。

一方、EPI gasはユルユルで缶が回る。

設計思想の違いなんだろうケドね。


個人的には、EPI gasのフォルムで、色はPRIMUSで、缶がガッチリホールドされればサイコーなんだけどね!


まっ、それよりも酔っ払ってモノを壊さないようにしなきゃね(^_^;


[PR]

# by weekend-mountain | 2015-06-07 20:22 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 03日

Black Diamond Moji

e0338862_20231164.jpg
注文していたランタンが早速届きました!

ブラックダイヤモンドのLEDランタン「モジ」です!

どうですこの形!

そして「モジ」ってなに?って感じ(^_^)

e0338862_20262029.jpg
ほぼガチャガチャのカプセルでしょ!

いや~、サイコーです!

この形に一発でヤラれました(^_^)♪

色もイイねぇ~!


定価は、¥2,592(税込み)です!

山用の照明器具としては安いです!


時代はLEDランタンでしょ?

って言っても、形がね…
e0338862_20291440.jpg
大抵こんな感じの、懐中電灯みたいな形で、引っ張って伸ばして使うタイプなんだ。

面白みがまったく無い…


ところがどうです?この形!

シンプルで、踏んでも痛くなさそう!
(狭いテント内ではコレ大事)
e0338862_20310435.jpg
吊り下げられるように可倒式のダブルフックが付いている。

テントで使えるね!


e0338862_20351071.jpg
スイッチはブラックダイヤモンドのヘッドランプと同じく、タップスイッチです。

この一つで、On/Off、光量調整をします。

ロック機能は無いので、パッキング時には不意にスイッチが押されないようにする必要アリです。
(因みに北海道弁では「勝手に押ささる」って言うね)

e0338862_20384652.jpg
大きさ、重さは、みかんくらいかな(^_^)

気軽に持って行けます!

e0338862_20464647.jpg
光の色はLEDなので、ガスランタンのような暖かみのある暖色ではありません。

真っ白です!

ただ、乳白色のホヤなので、目に痛い感じは無いですね!

ずっとLEDを使ってきたヒトなら優しいと感じるでしょう!


正直、ガスランタンに慣れ親しんできた身からすると、やっぱちょっと硬い光に感じる。

まぁ、でもすぐに慣れるでしょう!


あ~っ、テン泊したい!


楽しみだ~~~~~!


週末晴れろ~~~~~~~~!



[PR]

# by weekend-mountain | 2015-06-03 21:01 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 02日

ガスランタンのはなし

昼休みにトレッキング用のソックスを買ってきた!

e0338862_20210847.jpg

この間の横岳の前泊のときに、

コチラの記事

濡れたソックスをランタンで乾かそうとして穴を開けてしまった。


何度この失敗をしたことか…

学習能力ゼロ…


ガスランタンって今の山登りでは、必須装備ではなくなってる。

高輝度、省電力のLEDが実用化されているからね!


今ではランタンって、ノスタルジックなキャンプ用品って位置づけだよね!


10数年ぶりに山登りを復活させたオレにとっては、そんなコト知らなかった。

ストーブ(バーナー)とランタンはセットで、山登りでは必須のモノだという認識があって、何の疑いも無く手に入れた。

e0338862_20270649.jpg
最初に手に入れたのは、イワタニ ジュニアランタン!

ジュニアバーナーとのセットで買った。

コチラの記事


コレね、ホント優れモノでね、大のお気に入り!

前泊では必ず使います!


燃料はカセットコンロのボンベが使えるし、何より明るい!

バーナーの記事でも書いたが、こんなの学生時代に欲しかったよ!


コイツの明かりを眺めながら、星空の下で酒を飲むのが何よりの楽しみなんだよね!

天板がフラットなので、シェラカップを上に乗せておけば、飯が炊ける間にスープ用のお湯も沸かせてしまうんだ!


でもね、残念ながらジュニアバーナーがモデルチェンジした際に、コイツは廃盤になってしまった。


以前、聖岳の前泊で聖光小屋でコイツを灯していたら、

「それ何ですか?」って、それなりの歳の方に尋ねられた。

そん時は質問の意味が解らなかったが、もはやランタンは山登りをやる人でさえ知らないモノになってしまってたんだね(; ;)


e0338862_20265238.jpg
Primus 2245

で、復活2年目にテン泊縦走用に、P-153と一緒に手に入れたのがコイツ!

コチラの記事

コレね、基本的にハイパワーガス仕様なんだよね!

ブタン100%のレギュラーガスだと、光量がショボショボ…

ワイヤーの吊り紐は使い勝手が悪く、天板はシェラカップを乗せられない…


本来はグローブ(ホヤ)はスリガラスなんだけど、落っことして割っちゃったんだ。

で、クリアのホヤに交換したんだけど、そのホヤをネットで探している時に見つけたのが、

e0338862_20274193.jpg
コイツ!

555ジャパンのガスランタン!

ホヤにプリントがあって、オレ好みのチープで垢抜けない感じ(^_^)/


クリアのホヤが好きだから、2245用のホヤとして欲しいと思ったら、このメーカー既に存在していなかった。

でもヤフオクでたまたま見つけて、1000円で落札!


ホヤだけ2245用に取って、捨てちゃおうと思って、試しに使ったら…



最高じゃん、555!



明るいし、シェラカップ乗るし!


ええ、コイツを手に入れてから、2245は全く使ってないです…

一番のお気に入りです!



※これら3つのランタンに使われているホヤは、全て同じドイツメーカーのものです。
(EPI gas、Snow Peak、キャプテンスタッグ、コールマン…、多くのメーカーが同じモノを採用してます)


まっ、ガスランタンってとっても魅力ある道具で大好きなんだけど、重いし、かさ張るし、しょっちゅうモノを溶かしたり、焼いたりしてしまうので、ゴールデンウィークの白峯三山の縦走では持って行かなかった。


→コチラの記事(その1その2その3その4


でもねぇ~、夜にヘッ電(ヘッドライト)のみで過ごすのはなんかねぇ、情緒が無いなぁ!


別にアルパインなコトしてないし、U.L.系(病気な人たち)でもないしね!


ランタン持って山に登りたい!



ってコトで新たなランタンを注文してきた!

入手したら改めて記事にしますので、お楽しみに(^_^)/




[PR]

# by weekend-mountain | 2015-06-02 21:29 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 30日

20150530 富士山


今日は富士山に登ってきた!

去年の6月にも登っていて、またこの時期に登りたいなって思ってたんだ!

天気バッチリで最高でした!

やっぱり富士山って楽しいよ!

何でかって単純に標高高いからね!

空気なんて地上の3分の2だよ!ちょっと動くだけで息切れまくり(^_^;

そんな場所ここしかないもんね!
e0338862_17001567.jpg
今日も寝坊をしちゃってね(汗)

影富士の写真は撮れず…

8合目辺りまで来ると、静岡市内が良く見えます!

e0338862_17053349.jpg
9合目で3,460mだって!

もうこの高さの山は他にはありません!

e0338862_17072164.jpg
9合5勺辺りは見上げる程の斜度です。

e0338862_17113582.jpg

最後の鳥居をくぐると

e0338862_17115575.jpg
山頂到着!

富士宮口から4時間10分でした!

e0338862_17125714.jpg
剣ヶ峰(3,776m)に向かいます!

滑った跡がありますね~!

e0338862_17135699.jpg
かつての富士山測候所、今はアメダスなどが置いてあるだけ。

e0338862_17153708.jpg
日本で一番高いところを独り占め!

気温は3度。風速10m/sの強風。

体感温度は氷点下7度ってトコでしょうか?

e0338862_17163619.jpg
南アルプス!いつもはあっちから富士山を見てます!

e0338862_17182856.jpg
中央アルプスもキレイに晴れています!


e0338862_17253563.jpg
お釜の中。

御鉢巡りをするつもりで来たが、寒いので断念…

根性無し…
e0338862_17194267.jpg
名残惜しいですが、下ります!

e0338862_17223824.jpg
下りは雪渓を駆け下りて行くので楽チンです!

この二人は尻セードで下ってました。

しきりに煽ってきたけど、やりません。

この斜度で止まれる自信は無い…

下りは2時間半くらいかな。

e0338862_17344512.jpg
この時期の富士山は山開きしてないので、通行禁止になっています。

良識ある方は入ってはいけません。



文言の解釈によっては自己責任ってコトで…


また来年(^_^)/


[PR]

# by weekend-mountain | 2015-05-30 17:38 | 富士山 | Trackback | Comments(0)