週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トレックライズ ( 7 ) タグの人気記事


2016年 08月 28日

新しいテントを使ってみての感想! アライテント ドマドーム トレックライズ2

e0338862_17375743.jpg
今日は台風が近づいていることもあって、山には行かずに、松坂屋にある石井スポーツに行ってきた。

で、買ってきたのはライトマイファイヤーのファイヤースチールです。


どうしても必要なものではなかったが、全品10~70%オフの閉店セールをしていたのと、松坂屋の商品券1,000円分があったので買ってみた。


そうなんですよ!

石井スポーツ静岡店は8月いっぱいで閉店なんだって。

まぁ、好日山荘やモンベルショップがある激戦区で、庶民には入りにくい松坂屋ですからね。。。


今まで100円ライターで間に合っていたので、ファイヤースチール(メタルマッチ)は使ったことが無かった。

試してみたいとは思っていたので、実質500円ならオッケーでしょう(^_^)/

使うのは当分先になると思うけど、、、




話が変わって、このブログの投稿の中で常にアクセス数ナンバー1なのが、ドマドームとトレックライズを試し張りした時の記事なんだ。





ネット検索で「ドマドーム」や「トレックライズ」をキーワード検索すると、このブログ記事が割と上の方に出てくるので、テントの情報が欲しい人がアクセスしているのだと思うんだけどね。


で、この間の夏休みにようやくトレックライズ2を使ったので、改めて「ドマドーム」と「トレックライズ」の感想を書いちゃいます!



いずれにせよ個人の感想なので、ご参考までに!



まずは、ドマドームから!

そもそも、前泊用に自立式のテントが欲しかった、ってのが最初の購入動機でした。
e0338862_19570208.jpg

ペグダウンの必要がないので、アスファルトの上にポンと建てて即寝オッケーです!

e0338862_20545833.jpg
山でも使ってみましたよ~!

上の写真は4月に西穂高岳(2,902m)に登った時に、西穂山荘のテン場に張った時の様子です。


e0338862_20585291.jpg
やっぱ土間は便利です!

風が強くても、調理が出来るのが最高です!

e0338862_20412267.jpg
キッチリと設営すれば、吹きっさらしの場所でも全く問題ないです!


まぁ、暴風の中で使ってみた訳ではないので、何とも言えませんが3本のフレームを使っているので、2本フレームのテントよりは「ユサユサ」しません。

e0338862_13371806.jpg
フライを閉じて、本体の入口を開けた状態ではそれなりに広く感じるよ!

2部屋ある感じ!

解放感には欠けるテントだけど、テントの中にいるのが好きな人には堪らないテントだと思います。


ただし、テント本体内は外壁が結構傾斜しているのと、土間側の壁も同方向に倒れているので本体の入口を閉め切っちゃうと結構狭く感じます。


試し張りの記事で書いたように、使っている素材や造りはモンベルのテントよりはやや劣っている部分があるのは確か。

しかし、実際山で使ってみると、テント泊自体が楽しくなるテントだし、魅力のあるテントだと思います。


UL系のヒトから見たら、「2.0㎏のテントなんて!」って眉間にシワを寄せられそうですが、これを背負って登る価値は十分にあると思います。

多少の悪天候でも、ドマドームの中に入ってしまえば「我が家」状態ですからね!



続いてトレックライズ!

e0338862_21295299.jpg
この間の縦走で使ってみての感想は、一言で言うと「至極快適」でした!


なんといっても短辺150㎝は伊達じゃない!

広い!広い!

e0338862_22104322.jpg
それと縦型テントに比べ、出入りのしやすさは特筆ものです!

e0338862_15020707.jpg
縦型テントの場合入口がどうしても低く、潜り込むように四つん這いで出入りしなきゃなんない…

酔っぱらってると、シンドイのよ。

靴を履こうとしてよろめいて、ポール曲げたことあるしさ(^^;;


でも、横型テントのトレックライズは天井近くまで入口パネルが開くので出入りが楽な事、楽な事!

e0338862_21295213.jpg
それに、こんな感じで解放感抜群!

これは横型テントの特権だよね!

しかも、トレックライズ2はそこそこ天井が高いので、広い室内と相まって圧迫感は全くなし!


オレね、狭いテントがあんまり好きじゃない。

モンベルのステラリッジを使うときは、たいてい寝るまで外にいる。

ステラリッジのときに天気が悪いともう最悪だよね。

雨のなか、狭いテントの中でまんじりともせず過ごすのは本当に切ないよ…


それに厳冬期は仕方ないにしても、狭いテントの中で調理するのは結露を助長するし、何よりも危険だからね。


風向きを考えて上手く設営すれば、強風時でもフライを開けたまま前室で調理が可能です。

解放感バッチリなのでドマドーム以上に、テントの中にいるのが楽しいテントだと思う!


ま、これは好みの問題だけどね!
e0338862_22015137.jpg
形はいたってオーソドックスな2本ポールのドームテントです。

風が強いと「ユサユサ」します。

それで力を分散させているワケですが。




そもそも、ドマドームとトレックライズの2張りをほぼ同時に購入するという無駄使いは、普通じゃしません。

んじゃ何でそんな無駄使いしたかって言うと、、、

使わなくなった山道具類をヤフオクに出してドマドームの購入の足しにしようとしたら、どれも予想以上の高値をつけて、結果的に十分2張り買えるだけの資金を得たからなのです。

貧乏性のオレですからね、ポイントやら割引を駆使したのは言うまでもありません。


で、ドマドームとトレックライズですが、今のところトレックライズがお気に入り筆頭ですね!

シンプルで広い!

これに尽きる!


正直、トレックライズを使うまではドマドームの使い勝手に感動して、「トレックライズ買って失敗したかな。未使用だし、ヤフオクに出しちゃおうか」と思ってました。

というのも、この2張りを買ってすぐに、週休1日の会社に転職したので、テン泊は盆と正月くらいなしか行けない。

ドマドームは前泊で使う機会は十分にあるからね!


それにスペック的には、特に際立った特徴も無いテントだしさ。


でもね~、使ってみるとあまりに良くってね!

一番のお気にいりになりました!


使う機会は少ないけど、腐るものでも無いし、10年くらいは使えるでしょ!

ってなもんで、今では売る気ゼロです。


ドマドーム、トレックライズは全く性格の異なるテントなので、直接の比較対象にはならないけど、どちらを買っても後悔はないと思うよ。


前にも書いた通り、ドマドームは「ドマドーム一択」のヒトが買うべきでしょうね。

普通の2本ポールのテントとは全くの別物ですから。


トレックライズはシンプルで奇をてらった所は一つも無いので、ワタクシのようにテン泊歴の長い人向けのような気がします。


同じく前にも書いた通り、これからテン泊を始める人はモンベルのステラリッジがお勧めですね!




9月にはシルバーウィークがありますが、会社が「赤い日」のみの休みなので、18、19日の連休のみになりそう。

貴重な連休にはどのテントを担いで、どこに行こうか今から楽しみです。


まぁ、それを励みに日々仕事を頑張りますかね!



あぁ、テン泊して~ぇ!


稜線で眠りたい~!


追記:ドマドームを手放しました。そして新しいテントを手に入れましたので、こちらをご覧下さい。






[PR]

by weekend-mountain | 2016-08-28 19:50 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 20日

仙塩尾根 5日目 農鳥岳~大門沢~奈良田 160815

8月11日から15日にかけて、4泊5日で南アルプスの仙塩尾根を歩いてきました!

その5日目です!






いよいよ最終日です。

今日は大門沢を下り、奈良田まで下ります。


その前に、、

今日も5時起きです。

外を見ると、やっぱりガスガス…


が、しかし、、、

e0338862_19593011.jpg
3日目の朝同様に、夜明けに合わせたかのように、一気にガスが晴れていきます。

e0338862_20054026.jpg
来るか?

e0338862_20054071.jpg
来た~!!!

ご来光~~~!

e0338862_20054164.jpg
北岳、間ノ岳もモルゲンロートに染まります!

e0338862_20054189.jpg
塩見はまるで雲上の城のようです。

e0338862_20054128.jpg
マウント富士山!

はぁ~、素晴らしい!


テン泊の素晴らしさはコレなんだよね!



んじゃ、飯にしましょかね!


e0338862_20150031.jpg
今日の朝カレーは、グリーンカレーです!

e0338862_20150183.jpg
鳳凰三山や、

e0338862_20150184.jpg
八ヶ岳なども見えて、最高の朝食になりました!


お腹一杯になったら、パッキングして下りましょうかね。


e0338862_20150151.jpg
西農鳥です。

e0338862_20150199.jpg
塩見も晴れたね!

e0338862_20190169.jpg
千枚、悪沢、聖、赤石、兎が見えてますね!

あっ、その手前に蝙蝠岳も。
e0338862_20190074.jpg
うわぁ~~~、白峰南嶺がくっきり見えてる!
e0338862_20190162.jpg
2,946ピーク。

いずれチャレンジしたいと思います。

e0338862_20190101.jpg
山岳部の学生たち!

白峰三山だけで、大門沢を下るというので、白峰南嶺に行く事をお勧めしておきました。

果たして、行ったのかはわかりません。

e0338862_20190197.jpg
大門沢下降点で、山岳部の面々とサヨナラです。

e0338862_20190195.jpg
さぁ、デーモン沢に突入ですよ!

e0338862_20312001.jpg
これでもかというほどの、つづら折りの連続…

昨夜の雨で登山道は濡れているので、何度も滑って本当にイヤになります…

e0338862_20312011.jpg
ガスに突入。

e0338862_20312147.jpg
大門沢と合流したので、取り敢えず水を飲みます。

美味いね~!

e0338862_20312165.jpg
大門沢小屋に到着です!

去年、屋根の補修中に転落して、ヘリ搬送された小屋番が元気に接客してました(^^)


まぁ、オレは休むだけなんですけどね。

e0338862_20385533.jpg
登山道が川になったり、

e0338862_20385577.jpg
アサギマダラを見たり、

e0338862_20385562.jpg
橋を渡ったり、

e0338862_20385511.jpg
大きな石の横を通ったりしながら下ります。

で、

e0338862_20385591.jpg
発電所の吊り橋まで来たら、ほぼ終了です。

e0338862_20385667.jpg
巨大な構造物(橋脚)のある工事現場を過ぎて、最近になって全面アスファルトになった林道へ向かいます。

e0338862_20385686.jpg
林道に出ると雨が降ってきたので、ザックにザックカバーをかけ、傘を差して歩きます。

ザックカバーも傘も、使うのは去年の夏休み山行以来です。

天気悪い日は、山に行きませんので。


e0338862_20385671.jpg
役に立たない登山道マップの所まで来ました。

まぁ、オレにとってのランドマークの一つです。

e0338862_20385630.jpg
林道のゲートに来ました。

e0338862_20385645.jpg
開運隧道です!

いや~、終わったなぁ~!


e0338862_20484388.jpg
奈良田第2駐車場が見えてきました。

雨脚は急に強くなってきました。

まぁ、山で降られなくてよかったよ!


今回、ずっと歩いてみたいと思っていた、仙塩尾根を歩くことが出来てホントに良かった!

天気も総じて良かったし、想定外のビバーク続きでしたが(ウソつき)、無事予定の山行を終えることが出来て感無量です!

南アルプスの素晴らしさをまた一つ見つけた気がします。

多くは語りません。


それでは言いましょう!



南アルプス、最高~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!



ありがとう!



イェ~イ!




[PR]

by weekend-mountain | 2016-08-20 21:07 | 南アルプス | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 19日

仙塩尾根 4日目 北荒川岳~三国平~農鳥岳 160814

8月11日から15日にかけて、4泊5日で南アルプスの仙塩尾根を歩いてきました!

その4日目です!





朝目覚めると、外は霧雨が降っていて、テントはすっかり雨で濡れていました。

時刻は午前5時。

すっかり5時起きがデフォルトになってます。


昨夜、楽し気に笑っていた5人組はとっくに早発ちしたようで、ビバーク場はシーンとしている。

聞こえるのは、時折テントを大きく歪ませる風の音だけ。


それにしても、濡れたテントを背負うのは気が重い…


まぁ、その前に飯にしましょ!

e0338862_20580152.jpg
今日も朝カレーです。

チキンカレーね!


朝飯を食べ終えて、相変わらずガスガスの空を恨めしく思いながらパッキングを始める。


濡れたテントはビニール袋に入れて、パッキングをほぼ終えると、、、


なんと一気にガスが晴れてピーカンに!

e0338862_20580180.jpg
ふぉ~っ、イイ天気じゃん!

塩見がバッチリ!


んじゃ!出発です!


行きましょう!


e0338862_20580172.jpg
すぐに北荒川岳山頂が見えてきました!

人がいるね!


e0338862_21052854.jpg
行きはガスガスでな~んにも見えなかった山頂ですが、、、


e0338862_20580189.jpg
仙丈に甲斐駒!

e0338862_20580167.jpg
間ノ岳!

e0338862_21065856.jpg
西農鳥、農鳥!

e0338862_21065803.jpg
広河内!

e0338862_21074098.jpg
そして塩見!

山と高原地図に「塩見岳が大迫力」と書かれているのが、ようやく納得できました(^_^)


そして、この山行4日目にして初めて、、、

e0338862_21085822.jpg
マウント富士山!


でもでも、、、

e0338862_21100621.jpg
せっかくのピーカンですが、すぐに樹林帯に。

樹林帯歩きは決して嫌いじゃないけど、こんな天気の日は稜線を空中散歩したいね。。。

e0338862_21100628.jpg
行きはスルーした、新蛇抜山に登って行きましょ!

e0338862_21100728.jpg
イチゴが!

ちょっと萎れ気味だけど、食べれば栽培品種とおんなじ味がするよ!

キイチゴはクランベリー系だけど、このイチゴはちゃんとストロベリー系です。

新蛇抜山ですが、ヘビイチゴじゃないからね!

e0338862_21100638.jpg
山頂です!

e0338862_21173916.jpg
間ノ岳が近くなったね!

e0338862_21173941.jpg
農鳥も!

e0338862_21173999.jpg
「竜頭見晴」を通過です!

e0338862_21192932.jpg
塩見がずいぶんと遠くなった。


で、ズンズンあるいて熊ノ平小屋を通過。

小屋でビールを仕入れました。

写真は有りません。



e0338862_21192988.jpg
三国平の分岐まで来ましたよ!

こっからのトラバースルートは一度歩いてみたかったんだ!

その前に昼飯にしましょ!

e0338862_21193016.jpg
ベーコン飯です!

炊いた飯に焼いたベーコンをぶち込んだだけのモノ。

これが美味いのよ!

ベーコンの塩気と飯のおこげが絶妙です!


まぁ、山で食べれば何だって美味いけどね(^^)

e0338862_21272749.jpg
お腹一杯になったら、トラバース道に突入です!

e0338862_21193042.jpg
農鳥も見る角度によって違うね~!

e0338862_21193085.jpg
日本第3位の間ノ岳!

でも、北岳と農鳥岳の、「間」ノ岳って可哀想なネーミングだよね。

e0338862_21320019.jpg
ガレ場には、農鳥小屋のオヤジの執拗なまでのペンキマークが続きます。

何もここまでやらなくてもイイんじゃない?

これじゃぁ、登山者は完全に思考停止で自分から考えて行動しなくなるよね。

農鳥小屋のオヤジは、登山者にうるさいってよりは、単にお節介焼きなんだよね。


自ら行動して答えを出すことが山登りの醍醐味なのにね。


e0338862_21320059.jpg
三国沢は山と高原地図には水場として記載されてはいませんが、ごんごん流れてます。

比較的長い距離を流れているので、冷たくはないですね。

ココにもオヤジのペンキ書きが…

正直うざい、、
e0338862_21320006.jpg

しばらく行くと、、、

e0338862_21320119.jpg
またまた地図に表記が無い湧水が!

コリャ冷たくて美味い!

もちろん飲みます!


トラバースの後半は、農鳥沢の強烈な登り返しが待ってました。

んで、白峰三山の稜線に乗りました!

e0338862_21433098.jpg

農鳥小屋が見えました!

左の奈良田側から上がってくるガスを、農鳥オヤジが吹き飛ばしているんじゃないかと思うほどのスペクタクルな光景です。

e0338862_21433060.jpg
農鳥小屋の水場で、水4リットルを補給。

で、水場で熊ノ平小屋で買ったビールを冷やし直しました。


農鳥小屋を通り過ぎるのにも、オヤジの検閲(過度なおせっかい)があるんで、ビールは熊ノ平で仕入れて、ここでは水を補給しました。


もちろん、タダでは通してくれない時間帯になってましたが、ワタクシ南アルプスの一見さんではありません。

オヤジをいなす術はあるんで、さらに進みますよ!

e0338862_21433151.jpg
西農鳥山頂です!


やっぱ太ったな…

e0338862_21433101.jpg
農鳥に向かう頃にはガスガスに。

e0338862_21433183.jpg
農鳥山頂が見えました!


いや~、農鳥岳好きだねぇ~!

年間に何度登ってるんだろうね~(^^;;


e0338862_22015148.jpg

到着です!

何度登ってもイイものは、イイ!


時間は15時をまわりました。

これ以上行動するのは危険です!


e0338862_22015137.jpg
つうコトで、ビバークです。

何処かは秘密です(^^)

バレバレですけどね。

e0338862_22015136.jpg
最後の柿ピーで乾杯!

う~ん、最高!

e0338862_22015295.jpg
今回の山行での最後の晩餐です!

っても、もうレトルト、フリーズドライはねぇ~、、、(^^;;



今夜もせっかく担ぎあげた、焼酎1リットルの消費もままならず寝落ちですわ。


ふぁ~、おやすみ~!



今日もイイ日だったね~!


…zzz



最終日に続く!




[PR]

by weekend-mountain | 2016-08-19 22:21 | 南アルプス | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 18日

仙塩尾根 3日目 塩見岳~蝙蝠岳 160813

8月11日から15日にかけて、4泊5日で南アルプスの仙塩尾根を歩いてきました!

その3日目です!




目が覚めると、午前3時。

今日は塩見岳の山頂でご来光を拝む予定。

でも、テントの外は相変わらずガスガスで、風もそこそこ吹いている。


寒い。


昨日の疲れもあるし、、、寝るか。

えぇ、すっかりダメ人間です、、、


次に目を覚ますと、午前5時。

テントの外を覗くと、やっぱりガスガス。

でも、起きますかね。

すると、、、、

e0338862_20552713.jpg

まるで日の出に合わせるかのようにガスが晴れて、見事なご来光が!

う~ん、素晴らしい!



と、思ったら、、、

e0338862_20552715.jpg
あっという間にガスが湧いてきて、再びガスガスに…


まぁイイや、朝飯にすっかね!


e0338862_20552771.jpg
今日も朝カレーです!

食後は、昼食の支度で、、、
e0338862_22233409.jpg

ベーコンを焼きます。

昼飯用にね!


さて、今日は塩見と蝙蝠のピストン祭りですよ~!

行きましょう!


e0338862_20552766.jpg
お宿は撤収せずに出発です。

ガスガス…

でも、登るにつれガスが薄くなってきました。

e0338862_21162725.jpg
ブロッケンも現れた!

e0338862_21162762.jpg
雲の上に出ましたよ!

間ノ岳、西農鳥、農鳥、広河内です!

e0338862_21162742.jpg
頂上もはっきり見えたぜ!

「ゆっくり、ゆっくり」

自分に言い聞かせながら登ります。

e0338862_21162876.jpg
頂上まであと少し!

e0338862_21212570.jpg
ってコトで、塩見岳頂上に到着です!

仙塩尾根縦走達成です!

パチパチ!


スタイル抜群のお姉さんに撮ってもらったので、すっかりスケベオヤジの顔になってますが、逆光で良かったね!
e0338862_21162801.jpg
ガスが取れてきた!

e0338862_21251717.jpg
南アルプス南部の山々も見えました!

千枚、悪沢、赤石、ちょこっと兎も(^_^)

e0338862_21251795.jpg
蝙蝠岳、とがってるね~!

e0338862_21251730.jpg
西峰にも行きましょう!

e0338862_21283470.jpg
まっ、すぐですよ。
e0338862_21283434.jpg
長い長い仙塩尾根です。

よく来たな~!


んじゃ、今回の山行のもう一つの目的地に向かいましょう!

e0338862_21283474.jpg
そうです!

蝙蝠岳です!

本当は、2日目に熊ノ平にテン泊して、3日目は蝙蝠岳でビバーク予定だったですけどね。


e0338862_21283499.jpg
蝙蝠尾根から見る塩見は素晴らしくどっしりしてる!

e0338862_21373622.jpg
とっても解放感溢れる尾根歩きです!

e0338862_21373652.jpg
富士山は裾野しか見えません。

e0338862_21373693.jpg
頼むからガスよ掛かんないで~!

e0338862_21373763.jpg
ここに限らず登山道沿いには、クロマメノキがちょうど食べ頃なんです!

e0338862_21420652.jpg
和風のブルーベリーですよ~!

山行中は食べまくりです(^^)


e0338862_21373774.jpg
ハイ!蝙蝠山頂です!

イェ~ィ!

最高の気分です!

e0338862_21453865.jpg
間ノ岳方面。

e0338862_21453852.jpg
悪沢方面。

ガスってますが、もう感無量です!

蝙蝠岳に行きたかったからね(^_^)/♪

んじゃ、戻りますか!

e0338862_21482037.jpg
蝙蝠尾根は塩見からの分岐からしばらくは結構な岩稜ルートです。

e0338862_21482095.jpg
お宿が見えました。

さぁ、これから仙塩尾根を三国平へ向けて戻ります。

撤収に向かいましょう!


その前に、、、
e0338862_21482066.jpg
雪投沢で水を4リットル補給です。

ビールも冷やし直しです。


e0338862_21482072.jpg
ガスガスの稜線を今度は北上です!

1時間半ほどで、「キャンプ場跡」に到着。


e0338862_21482152.jpg
東海フォ○ストの「幕営禁止」の標識の前にビバークです!

東海フォレ○トにケンカを売っているワケじゃないんです。

これ以上進むと、命の危険が…


なんてね(^^


e0338862_21482163.jpg
飲みましょ!


この「キャンプ場跡」には、「山と高原地図」には表記されていない水場が存在しています。

この、見えている先に3分ほど降りると、沢があって水が湧いてます。


ただね、キャンプ場の頃に、その沢に大量に投棄されたゴミがスゴイのよ。

空き缶、空き瓶、ビニール系のごみが地層になっていて、包丁やナイフまで落ちてる。


そこから出ている水を飲む気にはねぇ…

それに、乾電池とかも捨てられているので、絶対身体に良くないよね(^^;;


e0338862_21482113.jpg
雪投げ沢の水で炊いた飯と、スープで美味しい夕飯をいただきます!


ここも風が強くて、テントがバサバサ揺れるけど、まぁ雰囲気ですね。


ようやくいつものテン泊のように焼酎を飲みながら眠りに落ちることが出来ました。


仙塩尾根サイコーだね!


んじゃ、4日目に、



つ、づ、く!



おやすみ~!




[PR]

by weekend-mountain | 2016-08-18 22:39 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 03日

テントのたわごと

昨日の記事(→コチラ)では、新しく手に入れたテントと、継続使用中のステラリッジとの比較を行った。

ビール飲みながら書いていたので、後半は面倒くさくなってしまった(^_^)

まぁ、特に読むほどの内容でもないけど、追記的にテントのはなしを!


今年の夏にはテントデビューってヒトの参考になれば!

もしテント購入で迷っている人は、モンベルのステラリッジをお勧めします!

e0338862_19102111.jpg
これは俺が使っているやつで、既に旧型で、今のはポールの差し込みがワンウェイになって更なる完成度になっている。

本当に良く出来たテントで、使えば使うほど良さがわかります。

それにモンベルのアフターサービスは素晴らしいので、たとえ壊れても安心です!


値段も他メーカに比べても高くないのでね。

まぁ、Made in Chinaですけどね…

因みに、アライ、プロモンテは、こだわりの日本製です!


ただし、モンベルはテン場では「祭り」になることが多いです(;´・ω・)

e0338862_11570965.jpg
去年の荒川小屋です。

この後さらに2張りモンベルが増えて、この一画は正に「モンベル祭り」でしたよ。。。


聖平小屋のテン場でも同様で、小屋泊のおばちゃんがやってきて「モンベルのツアーなの?」ってオレに聞いてきたくらいです(苦)


まあでも、今年からモンベルもフライの色を4色ラインナップしたので、選択の幅が増えてテン場が黄色一色ってコトも緩和されるのかな?
e0338862_12012155.jpg
左上:タイム、右上:ピーコック、左下:サンライトイエロー、右下:オフホワイト

実にモンベルらしい、微妙な色合い。

う~ん、楽しくないなぁ~!


もし、オレがデザイナーだったらこうするよ!

e0338862_12064955.jpg
左上:サクラ、右上:ペパーミント、左下:ラベンダー、右下:シトラスイエロー

サクラは、山ガールが使っていたらイイ感じじゃない?ピンポイントで♡マーク入れれば売れるよ~!

ペパーミントは、ナイスガイ向け!さわやか君ね!

ラベンダーは、品のイイご婦人に!

シトラスイエローは、バリエーションとかやるイケイケ君に!


で、俺らオッサン向けは、やっぱり濃い目にいきたいね!

e0338862_12111018.jpg
左上:デラウエア、右上:コバルト、左下:エバーグリーン、右下:グリルドビーフ

どうです!

デラウエアは、ちょいワル系のオヤジに!

コバルトは、永遠の少年系のオヤジに!

エバーグリーンは、普段はオフィスワークの中間管理職のオヤジに!

グリルドビーフは、C.W.ニコルに!


モンベルもこれくらい遊んでくれれば、楽しいのにね!


で、
e0338862_20555972.jpg
ドマドームとトレックライズについても、憶測を書いてみます(まだ使ってないので)。


先ずね、ドマドームから!

ドマドームが欲しかったのは、土間が在るコトよりも、ペグを打たなくてもフライが自立するってコトが一番の理由です。

つまり、アスファルトや、コンクリートの上にも設営可能ってコトです。


今まで、ゲリラテン泊用にマウンテンハードウエアのテントを使っていた。

広い室内、大きな前室はすこぶる使い勝手が良かった。

でも、ペグ打ちする必要があったので、そこが唯一の難点。

それにもう20年も使っていたから、何時コーティングが加水分解し始めるか冷や冷やだったしね。

とても良い代替品が手に入ったって感じっす!

山にも持ってくと思うが、基本前泊用です。

e0338862_21523430.jpg
トレックライズは、当初買う予定はなかったんだ。

ほかの記事にも書いたが、ドマドーム購入のために不用品をヤフオクで処分したら、なんとドマドームを2張り買ってもお釣りが来るくらいの売却益を上げたんだ。


まぁ、マウンテンダックスのヌプカ(→コチラ)もその時に売ってしまったんで、代替えでトレックライズも同時購入しました。

いずれにせよ、元手は¥0です。

因みに、
e0338862_11411983.jpg
↑ヌプカ2は、このブログで常にアクセス数がトップクラスです。

メーカー自体が無くなってしまったので、このテントの情報を得たい人が多いんでしょうね!

ヤフオクで売ってしまったので、もうこのテントは手元にありません。

良いテントでしたよ!


e0338862_22202183.jpg
トレックライズの美点はやっぱり、室内の広さだね!

オレ、テン泊は大好きなんだけど、テントの中にいるのはあまり好きじゃない。

テントって、狭いし、天井低いし、解放感に欠けるからね。

だから、トレックライズの広さ、解放感の良さはかなり期待大です!

見晴らしの良いテン場で使いたいね!

e0338862_12484487.jpg
まぁ、アライテントも色合いがイマイチだけどね(^_^;;

高山はまだまだ積雪状態なので、本格デビューは6月頃かな~!


それまでは、テン泊装備を背負って歩ける筋力を取り戻して、たるんだ身体も絞らないとね!


楽しみです!

たわごとでした!






[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-03 13:18 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 02日

新しいテントの試し張り! アライテント ドマドーム トレックライズ2

e0338862_20555972.jpg
・ライペン ドマドームライト2 トレックライズ2

新しく手に入れたテントの試し張りをしました!

週末は山じゃないの?って思うでしょ。

今日は八ヶ岳の横岳に登ろうと思ってたんです。

実際、登山口まで行きました。

e0338862_21022487.jpg
杣添尾根をスノーシューで歩こうと思ってね。

でも、やめました。

何故かって言うと、、、


まず、午前2時に出発する予定だったんだけど、起きたらすでに午前3時…

急いで支度して、何とか1時間半遅れで登山口に到着。

さぁ、準備をしようと後部座席を見ると、、、


んっ、


あれっ、

えっ、



ウエア(アウター)忘れた…(死亡)

チ~~~ン!

終了です(;;)


トボトボと車を走らせ、来る途中のコンビニで買ったホットコーヒーを飲もうとしたら、、、

プラスチックのフタが外れて、コーヒーを自分に浴びせかけてしまう…

お気に入りのジーンズと車のシートはコーヒーまみれ…


焦って車を停めて、ザックの中にあるタオルを取り出すために車を降りると、、、

あれ、車が動いてる(;・∀・)

Pレンジに入れたつもりが、Rレンジに入ってる!

もう、バタバタ…


これ以上悪いコトが起きないように、慎重に運転して無事帰宅。

山頂で食べるはずだったパン3つを食べて、ふて寝を決め込みました(x_x)

zzz…


で、夕方前に出かけて試し張りをしたってワケ。


あ~っ、前振り長いね(^_^;;


ってコトで!

e0338862_21205919.jpg
ドマドームっす!

イヤ~~~ッ、イイねぇ!

テントに土間が在ったってイイじゃないか!

文句があるヤツは、土間に出ろ~!

ってね!


まぁ、テントそのものインプレはネットを検索すれば幾らでも出てくるので、ここではモンベルステラリッジ2(旧型)との比較をしてみます。

e0338862_21264684.jpg
左がモンベルのステラリッジ2で、右がドマドームです。

ステラリッジ:210×130×105
ドマドーム :210×120×108

となっており、フロアサイズで言えば、ドマドームの方が横幅が10センチ狭い。

e0338862_21312375.jpg
入口の比較。

e0338862_21424230.jpg
フライを被せてみると、ステラリッジの小ささが際立ってますね!
e0338862_21435489.jpg
入口を揃えてみると、ドマドームでかいね!

同じ2人用ながら、ドマドームはやはり土間の分だけ大きいので、狭いテン場では気を遣うかもしれません。


続いて!

e0338862_21523430.jpg
トレックライズ2です!

e0338862_21531377.jpg
オーソドックスな2本ポールの山岳テントですね!

ステラリッジと比べると大した違いが無いように見えますが、

e0338862_21562707.jpg
ステラリッジ :210×130×105
トレックライズ:210×150×110

と、圧倒的にトレックライズが大きいです!

e0338862_22014634.jpg
入口側です!

e0338862_22030367.jpg
フライを被せると、トレックライズは大きいです!

同じ2人用でも、ステラリッジは1~2人用の2人用、トレックライズは2~3人用の2人用。

e0338862_22063575.jpg
この角度から見ると、両者の違いが良く分かるね!

いかにもトレックライズは居住性良さそうじゃん!


で、今回手に入れたドマドームも、トレックライズも横型テントで、入口が長辺側にある。

横型テントの特権である、見晴らしの良さはどうなのって思うよね!

まずは、ドマドーム!

e0338862_22082352.jpg
まぁ、こんなもんでしょ!

土間の分フライが覆っているので、見晴らしはそんなに良くはないね。

e0338862_22130841.jpg
トレックライズは、、、

素晴らしい!

この解放感は横型テントの素晴らしさだよね!


居住性に関しては、実際に使ってみないと判らないんだけど、比較してみます。

e0338862_22160526.jpg
ドマドームは、ステラリッジより10センチ狭いから、どうなんだろうと思ってましたが、入口が大きいので、それほど狭さは感じません。


一方、トレックライズは、、

e0338862_22202183.jpg
横幅150センチは伊達では無いですね!

広いわ!

でも、

e0338862_22213104.jpg

ベンチレーションについてる紐には、コードロックは付いてません。

ダメじゃん!

別途購入(しました)して、付けないと使えないよ!

e0338862_22303126.jpg
手持ちのテントを並べてみました。

左から、モンベル・ステラリッジ2、中央がライペン・トレックライズ、右がドマドームです。

今回、3つのテントを張ってみて感じたのは、新しい二張りもイイけど、やっぱりモンベル・ステラリッジは良く出来てるなぁ~!、って再認識させられました。

ステラリッジを100点とすると、ドマドームは90点、トレックライズは85点って感じです。

微に入り細に入り、ステラリッジはホントに良く出来ている。

これはマウンテンダックス・ヌプカ2を手に入れた時も感じた事なんだ。
(→コチラ

因みに、ヌプカは65点って感じです。

だからヤフオク!行きだったんです。


で、ドマドームとトレックライズで迷っている人なら、断然トレックライズにしておくべきです。

迷っている時点でコンセプトが間違っています。

ドマドームは、ドマドーム一択の人が買えば幸せになれると思いますよ。


取り敢えず試し張りをしてみて、思うのは、、、


テン泊して~~~~~~!

ってコトです!


今年の冬は散々だったけど、夏はコイツらを駆使して山に行きまくりますよ~!


楽しみです(^_^)/♪




追記:使ってみました!


追記2:ドマドーム手放しました。そして新しいテントを手に入れました!


[PR]

by weekend-mountain | 2016-04-02 23:15 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 18日

ライペン 春のテン祭り 2016

e0338862_20512521.jpg
注文の品が届きました!

頼んだのはお馴染み(?)大分の山渓です。

ココんち、1万円以上は10%引きで、4千円以上は送料無料で、ポイントもどっさり付きます。


ちょいちょい買ってます。


まったく良いカモです…


e0338862_20571014.jpg
届いたのはテントっす(#^_^#)

持っていたテント3張りのうち2張りはヤフオクで売っ払った(→コチラ)ので、前泊用に導入です!


無造作にビニール袋に入っている感じは、ナンガに良く似ている(→コチラ


で、買ったのは!


e0338862_21030083.jpg
ドマドームです!

正しくは、「アライテント ライペン ドマドームライト2」です!

Made in Japan です!

いや~、イイねぇ~!


コイツ欲しかったんだよね!

e0338862_21055515.jpg
こんな感じのテントで、

e0338862_21062857.jpg
テントの前室に「土間」があるんです!

だから「ドマドーム」!


いや~、好きだよ、この単刀直入なネーミング!

日本人の心に響くね!


ド、マ、ド~~~ム!


e0338862_21135111.jpg
Made in Japan !!!

e0338862_21133983.jpg
ポールはDAC社の薄緑色のヤツです!

説明書は、A4のコピー用紙です(^_^;;


えぇ、片面コピーにホッチキスです。。。


まぁ、ドマドームは少量生産と言いますから、、、

ハンドメイドの良さとしておきましょ!


e0338862_21161377.jpg
ペグはかなりゴッツイ感じのが付属してますが、スタッフバックは無いです。

アライはスタッフバック無しがデフォルトなの?


今回、このドマドーム導入の資金を得るために、ヤフオクで不用品の処分を行った。


前泊に使っていた、マウンテンハードウェア(→コチラ)とマウンテンダックス・ヌプカ2(→コチラ)を手放した。

マウンテンハードウェアはもう20年選手だったし、ヌプカ2は山で使うには…だったし、いずれにせよ未練は無い。


で、ドマドームを主に前泊に使用して、時には山に持って上がろうと思ったワケね!


でも、ドマドーム一択だったかと言うとそうでも無い。

対抗馬として、同じくアライテントのライペン トレックライズ2があった。

e0338862_21333972.jpg


ドマドームはさ、土間が有って使い勝手はすこぶる良さそうじゃん!

ただ、室内は今持っているモンベル・ステラリッジ2より、短辺側で10センチ狭く、120cmなんだ。


実際まだ設営してないし、実物も見ないで買っているので何ともいえないが、ステラリッジより狭いのはどうなんだろうってのがあった。

むしろトレックライズ2の方が、前室は狭いが、室内は短辺が150cmと広いので快適じゃないかな?ってね。



それに、ヌプカを手に入れたのも、横型テントの開放感を味わいたかった、ってのがあったからね。


ドマドームは、広い前室&狭い室内。

トレックライズ2は、狭い前室&広い室内。


e0338862_22162534.jpg
トレックライズDX仕様ってのもあるけど、色がねぇ~!


う~ん、実に悩ましい。


トレックライズで、稜線上でビバークなんて、考えただけでワクワクする。


悩みましたよ!


随分と!


前泊に重点を置くか、山でのテン泊をより快適にするか…


トレックライズのDX仕様にするか?


う~ん!


でもやっぱ、ドマドーム!


うん!



でもな~!


はぁ、、、



つうコトで、、、



e0338862_21384583.jpg
トレックライズ2も同時購入です!

ライペン テン祭り 2016 です!


パチパチ!


同時購入でも「白いお皿」は貰えませんよ!


ヤフオクで、ドマドーム購入資金の2倍の資金を得ましたので(^_^;;

どうせあぶく銭さ、宵越しの銭は持たねぇぜ!

ってコトで!


不用品が新品のテント2張りになったってワケよ!


コレで迷いは無いです。


e0338862_21432754.jpg
Made in Japan !!!

う~ん、イイ!

e0338862_21440316.jpg
ポールは同じくDAC社の薄緑色のヤツ。

説明書はちゃんと印刷のものが入ってます!


で、気になるサイズは、

e0338862_21452746.jpg
左から、ステラリッジ2、中央がトレックライス2、右側がドマドームライト2です。

ごらんのように、ステラリッジとトレックライズは全く同じサイズです。

もちろん、トレックライズは工場出荷状態ですから、このサイズに次から収まるのか分かりません。

ドマドームは大きく感じますが、他の2つがコンパクトなのでそう感じるだけで、もう充分コンパクトです。

e0338862_21483175.jpg
収納時の径は3つ共ほぼ一緒ですね。

ステラリッジは若干細く感じますが、モンベルのスタッフバックは入れるのに非常に難儀するほど異常に小さいからね。


早速試し張りといきたいところですが、明日は雨なので無理(会社に行って新しい現場の着手書類を片付けます)。

日曜日は色々用事があるので、午後にでも試し張りが出来ればなぁ~って思っています(・・)

それに月曜は夜学の卒業式なので、どっちみち泊まりの山行は出来ませんので…


e0338862_21570937.jpg
つうコトで!

新しく手に入れた2つのテントで、今年の夏は楽しみたいと思います!


もし、ドマドームが気になって仕方が無いって人は、すぐに手を打ちましょう。

今ならまだ手に入りますよ!

夏山シーズンに入れば間違いなく手に入らなくなります。


ま、そのうち試し張りの記事をアップするので、お楽しみあれ~!



春のテン祭りでした!






[PR]

by weekend-mountain | 2016-03-18 22:25 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)