週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

タグ:プリムス ( 6 ) タグの人気記事


2017年 03月 22日

コッヘルのはなし その2

e0338862_21002337.jpg
注文のお品が届きました!

ネット通販の急増で配達業者の負担が話題になってる昨今ですが、独りモンのオイラは「コンビニ受け取り」を利用して少しでも配達業者の負担を減らすことに協力しております。


話は戻って、

中身は、というと、、、

e0338862_21060647.jpg

コッヘルと、断熱シートです!

正式名称はプリムスの、

ライテックトレックケトル&パンと、バーナーシートです!


どちらも今まで同じものを愛用してきたので、装備の更新ってやつです。

e0338862_21085885.jpg
イヤ~、新車の輝きだよ(^_^)/

e0338862_21094204.jpg
あぁ、ステキ!

e0338862_21111966.jpg
今まで使ってたヤツは、取っ手の金具のリベットが飛んじゃったんだ。

もう5年使っているので、しゃあないか。

貧乏症なので、先日の塩見に壊れた状態で持って行ったら、やっぱり危険だったので下山後即ポチった。

で、
e0338862_21130393.jpg
断熱シートも焦げて穴が空いちゃっててさ(^^;;


これも正月山行の時からこの状態だったんだけど、同じく塩見に持って行ったらテントのフロアに穴空けちゃってね…

同じくポチった。

コッヘルと言えば、プリムスのイージークックNS ソロセットMも持っている。

e0338862_21333793.jpg

このブログの記事では、常にアクセスランキングが上位の「コッヘルのはなし」で紹介しているやつね。

コチラ↓この記事では、これからはイージークックNS ソロセットMを使っていくと書いておりましたが、夏の縦走に持って行ったきり今は殆ど使ってません。


何故ならちゃんと理由がある。

まぁ、今回買いなおしたライテック・ケトル&パンも、イージークックNS ソロセットMも、鍋としては大した違いは無い。

でもね、どうしてライテックばかり使って、イージークックを使わなくなったかというと、、、


ライテックの方が飯が美味く炊けるから、なんだ!


「ウソ~!」って思うか、「ホント?」って思うかはアナタしだい。


オレは何度も書いているが、アルファ米が大嫌いなので、山では生米から炊飯するんだ。

どちらのコッヘルも炊飯用として手に入れたので、やっぱ美味しく炊ける方を使いたくなるじゃん!

山では美味い飯食いたいじゃん!

袋に小さなスプーン突っ込んで食べても美味く無いっしょ!

e0338862_21351267.jpg
味の違いは鍋の深さの違いにあるのか?

それとも、

e0338862_21355143.jpg
蓋の形状の違いなのかは分かりません。

分かんないけど、右側のライテックの方が確実に味が良いので、再び購入したワケ。


まぁ、「コッヘルのはなし その2」の結論としては、飯を美味く炊きたい方はライテックを選んで、炊飯しない人は好みでオッケーって事かな。


それと、バーナーシートを使う理由として、炊飯時の吹きこぼれを受け止めるのに都合がイイってのもある。

テント内で炊飯した場合、テントを汚さなくてイイし、手入れも簡単だしね!


でも、長時間の使用では溶けるので、バーナーを移動しながら使う必要があるけどね。


それにしても、山の道具は面白いね!

いくら机上の空論でモノを選んでも、答えは常に山の上にあるからね。


使うのが楽しみで仕方ないです(^_^)/♪







[PR]

by weekend-mountain | 2017-03-22 21:59 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 20日

ガソリンストーブで炊飯!!

今日は用事を済ませたら、午後から新しく手に入れたテント(→コチラ)の試し張りをしたかった。

でも、なんだか空はどんよりしているし、にわか雨に降られるのもなんだし、また今度にしました。


それにグランドシート(アライテントではアンダーシートと呼んでます。海外メーカーはフットプリント)をテント購入時のポイントで後日注文したんで、まだ届いてない。

なので、届いてからでも遅くないしね。

昨日の雨で地面も湿っているしさ。


ってコトで、同じく最近手に入れたガソリンストーブ(→コチラ)とコッヘル(→コチラ)で飯を炊いてみましたよ!

e0338862_18582070.jpg
PRIMUS OMNI LITE Ti とEASY COOK NON-STICK SOLO の組み合わせ。

あぁ、カッコイイじゃないか!

U字溝の風除けで炊飯開始!

水の入ったコップは「重し」です。

e0338862_18591261.jpg
吹きこぼれてきたよ~(^_^)/


バルブを絞って、立ち消えしないくらいをキープします。

うん、イイじゃん!

イイ感じ!

で、

e0338862_19013787.jpg
バッチリ!

美味い飯が炊けました!

まったくブラボーだね!


ガソリンストーブで飯が炊けるなんて、俺の中の常識が一つ覆った瞬間だよ!


四半世紀ほど前にOPTIMUS SVEA 123R を手に入れて、ガソリンストーブでは飯は炊けないという常識を植え付けられた。

まぁ、当時EPI gas のガスストーブを愛用していたので、それで炊飯をしていた。

因みに、当時はEPI gas が流行っていて、プリムスはなんか軟弱なイメージで今ほど人気がなかった。

EPI gas を「エピガス」と言う人と、「イーピーアイ」と言う人がいて未だにどっちだか分かりません…


話が脱線しましたが、ガソリンストーブが取り敢えず使えそうだってコトが分かったので、そのうち山でイロイロ試してみたいと思います。


オムニライトは、新しい楽しみを与えてくれそうです!

これからの季節はそんなにシビアではないので、こいつを使いこなしてみようと思ってます。

ガスも便利で、安全、確実だけどさ、ガソリンも使いこなせれば、フィールドは広がるからね!


ガソリンストーブ楽しいわ!


おすすめです!





[PR]

by weekend-mountain | 2016-03-20 19:36 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 16日

PRIMUS OMNI LITE TI

e0338862_20282916.jpg
・PRIMUS OMNI LITE TI プリムス オムニライト チタン

届きましたよ~!

プリムスのマルチフューエルストーブです!

旅立ったOPTIMUS SVEA 123R に代わってやって来ました!

ええ、ガソリンストーブです!


開けてみましょう!

e0338862_20314764.jpg
標本箱みたいです(^_^)/

コレね、ガソリンだけじゃなく、灯油も使えて、さらにガス缶も使えるストーブなんです。

e0338862_20375186.jpg
バーナー、タンク、収納袋、アルミの風防、工具、ポンプグリス、ニップル2種類です。

それでは早速!

e0338862_20392812.jpg
先ずはガス缶に繋げてみますよ!



点火!

e0338862_20411116.jpg
いえ~い!

イイねぇ!

デフォルトでは、ガス用のニップルが装着されている。

このガス用のニップルで、ガソリンを燃やしてみましょう!


点火!


e0338862_20421419.jpg
うん!

いいねぇ~!

e0338862_20453316.jpg
じゃあ、ニップルをガソリン用に換えてみましょう!


点火!

e0338862_20435523.jpg
うん、コレだね!

e0338862_20470189.jpg
ガソリン用のニップルでも問題なくガス缶が使えるね!

このストーブはニップルを交換するコトで、複数の燃料に対応している。


ガス用
0.36mm

ガソリン用
0.32mm

灯油用
0.25mm


となっている。

ガスもガソリンも灯油も、どれも要は炭化水素のコトなのね。

ガス→ガソリン→灯油と分子量が大きくなってゆく。


簡単に言うと、分子量が大きくなるほど、燃焼には多くの酸素が必要になる。

つうコトは、ガス用のニップルでガソリンを燃やすと、燃料過多になって不完全燃焼を起こす恐れがある。

ガソリン用のニップルでガスを燃やしても、酸素過多で高温になるくらいでしょ!


ってコトで、ガソリンのニップルを常用すれば問題ないっしょ!


オレね、ストーブは一年中ガスを使ってきた。

でもさ、冬はかなり工夫をしながら何とか使ってきた感じなんだ。

いくら、パワーガスやトーチ用プロパン混合ガスを使ったところで、ガスが少なくなれば明らかにパワーダウンしちゃうんだよね。

「液出し」だって大して変わらない。

だから、分離型ストーブでボンベを暖めながら何とかしのいでいた。

あっ、因みに分離型ガスストーブのキモは、バーナーからボンベを離す事が目的じゃない。

むしろ逆で、ボンベをバーナーの炎に近付けて暖められることが最大の利点なんだよね。

だから、冬用の道具なんです。


ガソリンストーブを使えばそんなコトしなくても充分な火力が得られることは知っている。

でも、持っているのが123Rだったからねぇ。

火力調整はかなり難しい…

飯を炊きたいんだよね。


そんなんで、次の冬までには火力調整できるガソリンストーブを手に入れてたいなって思ってた。

そんな折に、ヤフオクで予想外の高収益を上げたもんだから、大幅前倒しで手に入れたってワケ(^_^)


e0338862_06391934.jpg

試しに、P-133S を繋いでみた!

一応、機能します!


e0338862_21162468.jpg
燃料はこの時期ならまだ近所の杏林堂で手に入ります!

カイロ用のベンジンです!

1本500mlで300円です。

コールマンのホワイトガソリンはリッター1,000円以上するけど、これならリッター600円です!


まぁ、これだけ有れば、ひと夏もつでしょう!


ガソリンストーブは123R しか知らないので、これからコイツを使い倒してやろうと思ってます。


楽しみです!



あっ、あと今日届いた同じくらい嬉しいもの!


e0338862_21285539.jpg
いきものがかりのベストアルバム!

大好きなんです!

e0338862_21294238.jpg
大好きなんです!



[PR]

by weekend-mountain | 2016-03-16 21:38 | 冬山の装備 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 06日

PRIMUS 2245 復活なるか?!

「週末は山にいます」と言いながら、2ヶ月近くも山に行ってません…


今回のネタも「山の装備」です。

いつものように大した内容でも無いので、ゆるめにいきましょう!


e0338862_19500204.jpg
アマゾンの受け取りをコンビニ受け取りにしてあったので、今日の昼過ぎに近所のミニストップへ!

出てきたのが、このドラえもん柄の大きな箱…


想像してみてください。

いいオッサンが昼下がりのコンビニでコレを受け取っている状況を。

レジのお姉さんも、レジ待ちの若者も、一瞬固まったね。

その空間に居合わせた誰もが勤めて平静を保とうとするから、余計ギクシャクした空気になって居づらいことこの上無い…

そして、この大きな箱を抱えてコンビニを出るとき、背中に受ける視線の痛さ…



ドラえもんグッズ買ったんじゃ無いんだよ~!



心の中で叫びましたよ。


アマゾン!やめて~!

e0338862_19552147.jpg
口がアマゾンなパチもんなドラえもん。。。

e0338862_19561446.jpg
デカイ箱の割りに、中身は小さい。

アマゾンだねぇ~!


e0338862_19572795.jpg
届いたのは、キャプテンスタッグのランタンのホヤです!

税込み、送料込みで、1,512円です(^_^)

e0338862_19570576.jpg
お馴染み“鹿マーク”入りです!


ガスランタンを持っているヒトなら周知のコトかもしれませんが、この形のガスランタンのグローブ(ホヤ)を作っているのは、ドイツのSCHOTT社ただ一社です。

だから、プリムスだろうが、EPIだろうが、大手、中小問わず全て一緒で、互換性がある。

キャプテンスタッグのグローブもSCHOTT社のものです。

Made in Germany です!


で、コイツを、
e0338862_20344157.jpg
前回の記事(→コチラ)で紹介した、PRIMUS 2245(ランタンね)に使おうかと思ったんです。


実はこの2245は入手後2~3回使って、それっきりになっていた道具なんだ。


っていうのも、このランタンはブタン100%のレギュラーガスを使うと、悲しいくらいに暗い…

ランタンて、暗い中で使うから、明るくないと切ないじゃん。

2245暗すぎてホント切なくなる…

それに、グローブ(ホヤ)にガードが無いから、落とせば一撃で割れてしまう…


実際落っことして、グローブを割ってしまい、クリアグローブに変えた。


久しぶりに引っ張り出したら、使いたくなってね。

どうせ使うなら、本来のフロスト(曇りガラス)グローブにってコトで手に入れた。

e0338862_20153376.jpg
どうです!

プリムスのランタンに“鹿印”のホヤ!

既に“鹿印”が装着してある、イワタニ ジュニアバーナーと並べてみる!

いやぁ~、一気にチープ感漂って、笑っちゃうねぇ~( ´▽`)

キャプテンスタッグ最高です!


e0338862_20204975.jpg
で、今回2245を明るくするために改造をしてみようと思ったわけ。

と言うのも、前回の記事でも書いた、ジュニアバーナーをバラした時に外したニップルがあるんで、コイツを2245に取り付けてみようと思ったワケね!


まぁ、上手くいくとも思って無いけど、面白そうなのでやってみた!

2245に元々付いているニップルには「12」と刻印があり、ジュニアバーナーのニップルには「0.35」の刻印がある。

つまり、2245は径が0.12mmで、ジュニアの方は0.35mmってコトでしょう。

直径にして3倍ほど違うわけだ。


つまり、断面積にして約9倍大きくなるってコトね!

ガスの吐出量も9倍に増えるかといえばそんな単純な話でも無い…

ここまで吐出量が変わると、空燃比はメチャクチャになるよね(^_^;;


それに圧力が一定なら、流路が大きくなればガスの流速が下がることになる。


例えば、ホースで水を撒くときのことを想像してみて欲しい。

蛇口を一杯に開いて水を出しても、遠くまで水が飛ばないときはどうする?

ホースの口を指で塞ぐか、つぶすかして、流路を細くするよね。

そうすれば勢い良く水は遠くに飛んでいく。


ニップルの径を大きくするってコトはその逆。

つまり、ガスの流速を下げることに他ならない。


結果は見えている(^_^;;


でも、やってみなきゃ始まんない!


ってコトで!


点火!



e0338862_20355399.jpg
ハイ!

やっぱりダメでした!



赤火がボァボァ出るだけです(^_^;;


新品のマントルが一撃でダメになりました…




PRIMUS 2245 復活計画は早くも頓挫…


2245には、再び長い眠りに付いてもらいましょう…


e0338862_20452404.jpg
んじゃ、ジュニアバーナーに着けてみましょ!

あ~っ、イイねぇ~!


基本的に、グローブ(ホヤ)はクリアの方が好きなんだ。

クリアってなんかさ、遠い昔、夏祭りの金魚すくいの屋台に灯っていた裸電球みたいでさ。

ほっこりするじゃん!


でも、このフロスト(すりガラス)もイイ感じだね!

気分で使い分けるのもイイかも(^_^)

e0338862_20483860.jpg
OD缶用のランタンは“555ジャパン”のを絶賛愛用中なんだ。

コイツの売りは、プリント柄入りのグローブね!

クリアとフロストのイイトコ取りなんだ!

火力も充分で、とっても明るい!


555にも着けてみましょう!
e0338862_20483048.jpg
あぁ、イイかも(#^_^#)

“鹿印”もイイ感じ!

たまんねぇ~!


e0338862_20515492.jpg
W鹿印!

素敵です!


やっぱりガスランタンはイイね!

でも、今はLEDランタンに急速に置き換わっているよね。

LEDランタンは携帯性、安全性では優れているし、経済的でもある。

オレも高山にはLEDランタンを持って行く。


でもさ、“火”って、眺めているだけでも楽しくなるじゃん!

LEDを見続けるってコトは普通はしないし、しようとも思わないよね。

それに、日常生活でも、白熱球がどんどんLEDに置き換わっている。

これからの時代は、LEDが光の原風景になって行くのかもしれないね。


でも、なんかそれって寂しいね。

でもそれが時代の流れなら、しゃあないか。



まぁ、でも、ランタンの光ってホントに癒される。

好きだなぁ~!


ランタンを眺めながら一杯やりたいねぇ~!





[PR]

by weekend-mountain | 2016-03-06 21:28 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 21日

コッヘルのはなし

今日の静岡は天気が良くてポカポカ陽気でした!

ウグイスも鳴き始め、もう春だねぇ~!って感じです。

山に行きたかったが、先日へし折った肋骨が未だに痛むので、無理をせずにのんびりしてました。


でもさ、ホントにスギ花粉症じゃなくて良かった。

こんな状態でくしゃみ連発じゃ地獄だよ…

因みに、ヒノキ花粉症で、イネ科の花粉症です…


さぁ、いってみましょう!


またまた、散財日記です!


今回はコチラ!

e0338862_18584625.jpg
プリムス イージークックNS ソロセットM です!

パチパチ(拍手)!


コッヘルです。

今どきはクッカーって言った方がイイのかな?

まぁ、早い話、鍋よ!鍋のこと!

e0338862_19003658.jpg
これです!

う~ん、素敵(#^3^#)

e0338862_20013259.jpg

サイズは250缶がスッポリ入るサイズです。

実際に入れる場合は、バンダナとかの緩衝材を入れたほうがイイです。

テフロン加工が剥がれますんで。

e0338862_19010716.jpg
フタは鍋としても、食器としても使えます!

ココがミソなんです!

e0338862_06223567.jpg

今まで、メインで使っていたのは右側の、ライテックトレック ケトル&パンです。

殆ど同じようなのを買ったワケです!

まぁ、これらは比較対象にこそなれ、この2つを同時に持っているヒトも殆ど居ないでしょうから、迷っているヒトは参考までに!


そもそも、ケトル&パンは「炊飯」用に手に入れたんだ。

専ら『飯炊き釜』です!

オレね、飯は生米から炊きたい派なのです。


アルファ米って、山で一人で食ってると切なくなって来るじゃん…

つうか、学生時代ワンゲル部員だったので、昔から飯は米から炊くものって感覚ですけどね。


ケトル&パンって名前の通り、鍋である上に、注ぎ口があるからケトル=ヤカンであり、フタはパン=フライパンってコトになってる。

でもね、この「フライパン」は、小さすぎて使えないし、食器としても浅すぎて使えない。


結局、『フタ』にしかならない。

まぁ、でも飯が炊ければ良かったので、特に不満も感じなかった。

e0338862_19171367.jpg
でも、正月山行用に手に入れたモンベルのコッヘルのフタが、食器として使えたのが非常に便利で良かった。

で、同じようなサイズだけど、ライテックの代わりにフタが食器として使えるイージークックを導入ってワケ!

e0338862_19201296.jpg
カタログスペックは一緒ですが、鍋本体はイージークックの方が、1センチほど低いです。

両者は直径は一緒で、どちらのフタも同じように嵌ります。


ライテックの方は、オモチャみたいなフライパンです。

イージークックの方は食器として充分使えますね!


質感も良く似ていて、優劣はありません。

違いは強いて言うなら、目盛りが有るか無いかくらいかな。


どちらを選ぶかは、使うヒトの好みでしょうね。

値段もほぼ一緒ですから。


で、モンベルを手に入れたのは、ケトル&パンがスタック出来るからでした。

e0338862_19271204.jpg
ねっ!

スッポリ入ります!



e0338862_19274839.jpg
ただ、フタはしっかり嵌りません…


同じように、イージークックを入れてみると、


e0338862_19290127.jpg
スッポリ入ったうえに、

e0338862_19171367.jpg
フタもぴったり嵌ります!

これは予想外(^_^)/

e0338862_19503887.jpg
決まりですね!

これからは、この2つを持って山に行きます!


ところで、このモンベル アルパインクッカーの元ネタはコレみたい…


e0338862_19305532.jpg
Fire-Maple FMC-208 (→コチラ


中国製で、このファイヤーメイプルというメーカーのヤツだと思う。

このメーカーに限らず、色んなメーカーから色違いの取っ手で出てますね。

e0338862_19413182.jpg
DUG(→コチラ)のも同じモノ。


モンベルはこの手の商品多いよね。

他社製品にブランドマーク入れて自社製品にするってヤツ。


で、不具合が出て、リコール、回収ってパターンね(^_^;;


まぁでも、このコッヘルは普通に使えますよ。

俺もモンベルだから手に入れたワケでなく、プリムスがスタック出来るって条件で手に入れたんだ。



e0338862_19515479.jpg
スノーピーク チタントレック900


こんなのも持ってます。
某オクにて売却済み

コレね、前にも書いたが、はっきり言って使い物になりません…


見ての通り、取っ手が鍋の底の方まで伸びているので、ストーブの炎で熱せられてチンチンに熱くなる。

何度か使ってみて、結局懲りてそれっきり…


これ以上コメントはありません…


飯炊き釜と言えば、こんなのも持ってます
某オクにて売却済み


e0338862_19545354.jpg
丸川荘の丸鍋です。

某人気ブロガーさんが火付け役となって、一部で大盛り上がりしていた鍋です。

詳しくは「丸川荘の丸鍋」で検索してみてください。


オレは、その人気ブロガーさんの経営する川根本町のパン屋さんで買いました。

e0338862_19574227.jpg
見た目はまんま炊飯器の内釜です(^_^)

なかなか考えられた構造になっている優れものですが、いかんせんデカイ!


ソロのオレには許容しがたい大きさです。

電話して買いに行った手前、買って帰りましたが、正直使ってません…




まぁ、ネガティブな話はコレくらいにして、、早速使ってみましょうか!


e0338862_20070284.jpg
今日は風が強かったので、U字溝を風除けにして炊飯開始です!


水の入ったコップは重し代わりです!


e0338862_20081934.jpg
吹いてきました(^_^)♪


で、


e0338862_20090504.jpg
炊き上がったたら、タオルに包んでひっくり返し、蒸らします!


蒸らすこと15分…


e0338862_20102959.jpg
上手く炊けました!


うん!問題なし!


これからの炊飯はこの新しいイージークックに決定です!



ところで、

山で飯を炊いて食べてみたいなぁ~!って思っているアナタ!

そう、そこの、いい加減アルファ米に嫌気が差しているアナタ!

そうだよね~!山で袋にスプーン突っ込んで御飯を食べても美味くないよね!


炊き立ての美味しい御飯食べたいでしょ?



ここまで読み進めてくれたアナタだけに、失敗しない飯の炊き方を教えるよ!


コツは2つだけ。

1)米を研いだら30分以上水に浸す

2)炊き上がったら、15分蒸らす

この2つだけです。


水加減、火加減は適当で大丈夫です。

炊きあがりは、鍋からグツグツの振動がしなくなって、ほんのり「おこげ」の匂いがしたらOKです。


お試しあれ!



骨がくっついたら、コレ持って山に行って、美味い飯炊きますよ~!


楽しみです!







[PR]

by weekend-mountain | 2016-02-21 20:29 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)
2015年 05月 09日

Primus P-133S エクスプレス・スパイダーストーブ

このブログでは山行だけでなく、山で実際使っている道具も紹介していきます。


今回は、プリムスのエクスプレス・スパイダーストーブ、Primus P-133S です!

冬の間大活躍したコイツです!
e0338862_14164223.jpg

見ての通り、分離式のガスバーナー(ガスストーブ)です!

カッコイイよね!


基本的に冬装備として使っている。


↓実際の冬山ではこんな感じで使っている!
e0338862_14281367.jpg

見慣れないガスカートリッジが接続されているでしょ?


これ何のカートリッジ何かって言うと、

塩ビ管を曲げたり、金属をあぶったりする、トーチ用のガスボンベ!

e0338862_14293773.jpg

金口の形状はOD缶と一緒です!問題なく装着できます。

このガスはかなりパワフルで、横置きでも火力調整可能です。

コイツを使うことで、厳冬期でもガスのネガを感じずに美味い飯が炊けます!

(※実際の使用を保証するものではありません。使用の際は自己責任でお願いします!)

e0338862_17110994.jpg

P-133S エクスプレス・スパイダーストーブを使う上での注意点!

・火が地面に近いので、テント内とか燃えやすいモノの上では耐熱シートが必要です!

e0338862_17143876.jpg

もう一つの注意点!

・やけどに注意すること!

e0338862_14535505.jpg

このヘッド周りを見て分かるように、すべてパーツは金属製、しかもヒートパイプなど一部のパーツは蓄熱性の高い真鍮製です。

火を消してしばらくしても、チンチンに熱いままです!

移動させようとして、不意にホースの付け根のネジ部分を掴むと(そこしか持つところがない)、間違いなくヤケドします。

って言うか、ヤケドしました。



仕様で点火装置が付いてないので、別途ライターかマッチが必要です。

e0338862_15053303.jpg

オレは基本的に両方持って行きます。

厳冬期はマッチ必須かな!
e0338862_15080078.jpg
持ち運びにはイワタニ・ジュニアバーナーのプラスチックケースを流用してます。



これから夏山なので持ってく機会は減るかもしれないけど、かなり気に入ってます!


ど~です、お一ついかが?


おすすめです!



[PR]

by weekend-mountain | 2015-05-09 17:19 | 山の装備 | Trackback | Comments(0)