週末は山にいます

takenoyama.exblog.jp
ブログトップ

タグ:夏山 ( 6 ) タグの人気記事


2017年 04月 02日

夏靴買いました! caravan C1-02S

4月に入ったというのに寒い日が続いています。

サクラの開花も遅れていて、なんだか春らしくないね…

お陰で(?)ちょっと風邪気味で体調がイマイチ…

なので、今日は山はお休みして、夏靴を買いに行きました。

e0338862_17523370.jpg
キャラバンです!

e0338862_17532202.jpg
キャラバンのC1-02Sです!

e0338862_17540790.jpg
いや~、新車の輝きだね!

キャラバンのC1-02Sは、初心者向けの軽登山靴って位置づけの商品なんだけど、とにかく履きやすくて、お気に入りなんだよね!

今回で3足連続購入です!

それくらい気に入っている。


夏靴は、コイツを2年で履き潰すスタイルね!

去年の夏の縦走時に水汲みで仙丈の馬の背ヒュッテに立ち寄った時に、小屋の青年が「僕もその靴愛用してます。2年おきに買い直してます」と話しかけてくれた。

全く同じスタイルのヒトが世の中にはいるんだね。

そうだよね!南アルプスにどっぷりなヒトならこの靴の良さが分かるよね!


きっかけはコイツ!

e0338862_18273986.jpg
2013年に最初に買った、このブラウンのヤツね!

C1-02という「S」が付かない前の型のヤツ。

e0338862_19444517.jpg
それが2年でボロボロになって、、、

e0338862_19223048.jpg
グレーのヤツに買い直した。

e0338862_20184264.jpg
2年でまるで別物になるね!

で、

e0338862_18322724.jpg
今回はネイビーのヤツにしました!

今から27年前に、大学のワンゲルで初めて手に入れたのが、キャラバンのネイビーのトレッキングシューズだったので、とってもノスタルジーを感じます(^_^)

e0338862_18332618.jpg
ソールもこんだけ減ります。

リソール可能だけど、高い靴ではないので買い換えた方がイイよね。


C1-02Sはホントに良い靴で、コイツが生産される限り、夏靴はこれでイイやって感じです。

とにかく、履きやすい!

オレの足はかなり幅広で、合う靴がなかなか無いんだけど、コイツは3Eという幅広で、日本人向けに作られているのでとても足に馴染む。

どんなに高い靴でも、足に合わないともうそれだけで山登りは苦痛でしかないからね。

それに、靴自体が柔らかいので、疲れないんだよね。

南アルプスにドタ靴は必要ありません。


この靴は、なんと言っても、ゴアテックスを使用していながら、値段がお手頃って所が最高です!

旧型のC1-02より大分値上がりしてしまったけど、それでも造りの良さを考えるとお手頃だよね。

今回、○ポーピアシラトリで買ったんだけど、セールで税込み13,800円(およそ15%引き)で購入できた。

JCBギフトカード5,000円分を使って、8,800円でのお買い上げ~!

貧乏症には、安く手に入れる事が肝要なのです!

非常に満足(^^)


夏靴は手に入れたけど、今年は3月に入っても高い山では毎週のように雪が降ってる。

少なくとも去年の少雪に比べたらかなりの積雪量だよね。

高い山では6月くらいまでは積雪状態になりそう。

コイツが南アルプスデビューするのはだいぶ先になりそうです。


来週は足慣らしに低山ハイクにでも行こうかな(^^)


楽しみです!








[PR]

by weekend-mountain | 2017-04-02 19:12 | 山の装備 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 08日

久しぶりに山に行きます(^o^)

世間一般には3連休中。

ワタクシは今日も労働してきましたよ!

前回の記事でも書いた通り、10日の体育の日も出勤になってたんです。

んが!

休みになりました(^_^)y!

パチパチ!!


つうコトで山に行きますよ!

e0338862_21091574.jpg
山の装備として、ピンクテープを用意しました!

コイツを80㎝くらいに切ります。

e0338862_21110106.jpg
今回、お約束は3本だけ(^^;;

e0338862_21115795.jpg
なんで、ピンクテープを用意しているかというと、、、

廃登山道を歩こうかと思っているからなんです。

ピンクテープは生還のための目印ね!


勿体ぶるつもりもないので、どこに行くかと言えば、

甲斐駒の赤河原ルートに行くつもりです。


この赤河原ルートは由緒正しいクラシックルートらしいのですが、南アルプス林道が開通して以来登る人は殆どいなくなり、荒廃し、さらに崩落等により通行不能になったらしい。

ネット上でもほとんど情報は得られない。


んじゃ、行ってみましょ!

ってなもんです!


どのみち、明日は寒冷前線の通過がある。

そんな日に山に上がるのは愚の骨頂ですからね。

登るのは明後日の10日。


明後日の体育の日は、予想天気図を見る限り、前線の通過後に高気圧が張り出してくるようだ。

ただし、寒気の流入もあるし、高気圧の中心が北偏しているので、高い山はピーカンってわけにいかなそう。

まぁ、雨の可能性はないにしろ、晴れるか、曇るか微妙だね。。。


いずれにせよ、風が強くて寒いってコトは確実。


んじゃ、一度は偵察に行ってみたかった赤河原に行ってみようかなって思ったワケ!

甲斐駒山頂にはこだわりません!



明日はのんびり移動して、仙流荘でゆっくり風呂に入って、戸台でゲリラキャンプ!

星を見ながらビールです!


楽しみです(^▽^)/




[PR]

by weekend-mountain | 2016-10-08 21:34 | 南アルプス | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 08日

北岳 盛夏の頃 160807


え~、最初にお詫びから(^_^;;

前の記事では、カメラを失くしたと大騒ぎしてましたが、失くしたと思ったカメラは見つかりました。


山に置いてきたって思っていたんだけどね、車の中にありました。


昨日帰ってから、車の中をずいぶんと探したんですよ。


でも、、、

面白いくらい車のシートの下で、車体と一体化してました。


実際に山でカメラを落としたことは、今まで2度あったんです。

夏の槍ヶ岳と、冬の八ヶ岳でね。

どちらも親切な人に拾われ、手元に戻ってきたんです。

だから今回も戻るだろうと思って、朝に広河原のインフォメーションセンターに電話すると、「ありません」って…


がっかりしながら、昼休みに車を確認すると、、、

あるじゃん!



ちゃんちゃん!



ってなコトで、前置きが長くなりましたが、、、

行きましょう!

e0338862_21292266.jpg
南アルプスの玄関口の一つ、奈良田には前日入りで例のごとくゲリラテン泊!

余裕ブチかましていたら、ほぼ最後尾…


広河原まで立ってくのか…


と思ったら、バスの最後列に陣取っていたトレイルランナー達が無言で「おいでおいで」のジェスチャー!

サンキュー!

広河原まで座って行けました(^_^)/

e0338862_21292280.jpg
広河原は登山者で溢れ返ってます。

北沢峠行きの切符を買う人の行列が出来てます。

e0338862_21361497.jpg
ん~!素晴らしい!

登るまでガスが上がって来ないことを祈ります!


で、登るのは白根御池コースね!

主に下山に使われるコースで、ほとんどのヒトは大樺沢コースに行くんだよね。

まぁ、それが正解だと思うよ。

e0338862_21361472.jpg
樹林帯歩きは全く苦になりません!

e0338862_21361410.jpg
白根御池小屋に到着です!

e0338862_21434551.jpg
逆さ北岳です!

写真の右側に見えている、緑の帯が「草すべり」と呼ばれる登山道です。
e0338862_21434564.jpg
マルバタケブキはすっかり終わりかけていますが、小さな花は今を盛りと咲き誇っています。

e0338862_21434520.jpg
だんだん頂上に近づきます。

e0338862_21471217.jpg
可憐だね~!

e0338862_21471244.jpg
森林限界に出ました!

見えているのは小太郎尾根です。

e0338862_21471202.jpg
肩の小屋が見えたよ。
e0338862_21471222.jpg
で、北岳肩の小屋。

好き嫌いが分かれる小屋ですよね。

えっ、オレ?

泊まった事無いのでワカリマセン!

e0338862_21535068.jpg
もうちょっとです!

e0338862_21535182.jpg
ハイ!山頂です!

看板白くなったな~!

e0338862_21562192.jpg
大好きな仙丈!

e0338862_21562138.jpg
残念ながら甲斐駒はガスの中…

e0338862_21562245.jpg
鳳凰三山!

e0338862_21562194.jpg
間ノ岳とその右肩に塩見。

あぁ、素敵っすわ!

e0338862_21562144.jpg
もちろん、マウント富士山!


そんでもって、頂上に着いたらメシだよね!

e0338862_21590593.jpg
朝炊いた飯と、カレーのパックを温めます!

因みにストーブは、イワタニジュニアバーナーね!

旧型は高山では着火しないのがお決まりだったけど、現行品は3,000mでも一発点火!

e0338862_21590578.jpg
皿を忘れたので、袋カレーっすわ…

でも、コレありかも!

洗う手間がないかもね。


腹いっぱいになったんで下りましょう!

e0338862_21590531.jpg
く~っ、堪んねぇ!

南アルプス、最高じゃん!


さぁ、お花畑に突入ですよ!

e0338862_22064483.jpg
ステキ!

e0338862_22064463.jpg
きれいだね!

e0338862_22064475.jpg
名前は、調べてね!

e0338862_22064367.jpg
ホント癒される!

e0338862_22092508.jpg
若き渡り鳥たち(^_^)

e0338862_22092502.jpg
さぁ、北岳の花の核心部へ突入です!

e0338862_22092521.jpg

e0338862_22092564.jpg
e0338862_22133376.jpg
写真じゃ伝わらないよね。

北岳は実に味わい深いんだよね。


百名山のピークハントとか、三角点タッチとかに燃えているヒトにはどうでもイイコトだね。

山の楽しみは人それぞれだもんね!

e0338862_22122026.jpg
タカネビランジ!

コルまで来ました。

お花ともお別れです。
名残惜しいがサヨナラです!


e0338862_22185683.jpg
バットレスっす。


大樺沢コースは、、、

e0338862_22121919.jpg

ハシゴ地獄(^_^)

山登りじゃなく、アスレチックだね!

e0338862_22121997.jpg

大樺沢は湧水があちこちにあるので、飲みまくりです!

南アルプスの天然水です!

冷たくて美味いよ~!

e0338862_05442009.jpg

当たり前だけど、雪は冷たいね。


今回、2ヶ月ぶりの山登りで、それほどハードじゃない山ってコトで北岳に登りました。



ヒトは多かったけど、北岳サイコーだね!

ホントお花畑の山だね!

堪能しました!


つうコトで、、、


言いますか!



南アルプス最高~~~~~~~~~~!





[PR]

by weekend-mountain | 2016-08-08 23:09 | 南アルプス | Trackback | Comments(6)
2016年 08月 07日

北岳に行ったのだけれども… 

e0338862_21565543.jpg
今日は2ヶ月ぶりに山に登ってきた。

登ったのは南アルプスの雄、北岳です!

天気が最高に良くて、ガスもかからず一日ピーカンのお山日和でした!


北岳と言えば「お花畑」ですよね!

写真のように咲き乱れていて、本当に素晴らしかった!


それでは行きましょう!


って言いたいトコなんだけどね。



写真無いのよ…



何故かって?



ええ、



そうですよ。



カメラ、、、


カメラねぇ、、、



山に置いてきました(´;ω;`)


追記:カメラありました!


チ~ン!


まぁ、しゃあないね。

気付いたのが帰って来てから。


明日、広河原のインフォメーションに連絡入れてみますわ。

届けられてりゃ、ラッキー。

なけりゃ、買うしかないね。

山の神様に祈るしかない!


で、夏の北岳ね、

e0338862_21565580.jpg
相変わらずカオス状態(^^;;

100名山ツアーズの面々は、やりたい放題…


まっ、もしカメラが戻ったら、今回の話をアップしますわ!


話変わって、
e0338862_21565484.jpg

夏の山行として考えていた、仙塩尾根がこれです(コチラ→今年の夏 )。

右の山が仙丈ケ岳で、ここから伸びる長大な尾根が仙塩尾根で、写真の範囲がおよそ半分です。


今回、仙塩尾根をこの目で見て、ふと思ったんです。


長野側からアプローチするから難しくなるんじゃないの?

山梨側からアプローチすればイイんじゃない?ってね。


答えは簡単だったよ!

広河原から、北沢峠に抜ければ仙丈に上がれる。

三国平からはピストンになるけど、最終的には、大門沢を下れば、奈良田に戻れる!


イイじゃん!

これで行こう!


南アルプス南部は去年歩いているし、行けば楽しいのは分かっているけど、今年歩きたいのは仙塩尾根だからね。

週間予報もバッチリじゃんね!

明日、例の予約はキャンセルしよう。

楽しくなってきた!


カメラ出てくるとイイなぁ、そしたら11日に広河原でカメラ受け取って山行出発って行けるんだけどね。


神様お願い!






[PR]

by weekend-mountain | 2016-08-07 22:58 | 南アルプス | Trackback | Comments(6)
2016年 05月 22日

八ヶ岳 南八ヶ岳大縦走! 160522

今日は八ヶ岳に行ってきた。

御小屋尾根から阿弥陀に上がって、赤岳、横岳、硫黄岳と南八ヶ岳の主稜線を日帰り縦走してきました!

ところで、ゴールデンウィークに北沢峠(→コチラ)のテン場でぶつけた膝がようやく良くなったと思ったら、昨日仕事中に同じ側の膝を打ち付けてまたまた悶絶…

まぁ、単純に打ち身なので大きく動かすと痛いのだけれど、関節をやられた訳ではないのでガッツリ歩いてきました(^_^;;

それでは行きましょう!


e0338862_22181871.jpg
スタートは5時半、美濃戸口に車を停めて、御小屋尾根に向かいます。

左へ行くと美濃戸山荘ですが、御小屋尾根へはまっすぐ別荘地を上がっていきます。

e0338862_22205668.jpg
美濃戸口から30分ほどで登山道入り口です!

e0338862_22214778.jpg
登山道はカラマツの落ち葉が降り積もっていて、フカフカしていて足に優しい感じです。

e0338862_22224370.jpg
スタートから2時間弱で、御小屋山に到着です。


e0338862_22250619.jpg
なんと既にイワカガミが咲いてます(@_@)

e0338862_22255303.jpg
不動清水で水を汲みます!

美味い湧き水です!

e0338862_22275743.jpg
カラマツの新緑がとてもキレイです。

e0338862_22283870.jpg
阿弥陀が見えました!

e0338862_22291205.jpg
森林限界に出ました。

e0338862_22310452.jpg
もうちょいです!

e0338862_22312647.jpg
クライマーなのかな?

e0338862_22332021.jpg
ってコトで、スタートから4時間ちょうどで、阿弥陀山頂に到着です!

中岳方面から上がってきた女性に撮ってもらいました。

どこまで行くのかと聞かれたので、「硫黄まで」と答えると、その女性も硫黄まで行こうと思うが、地蔵の頭で様子を見るとのコトでした。

e0338862_22374384.jpg
山頂からは赤岳がドカーンと迫ります!

e0338862_22381567.jpg
諏訪方面もキレイに見えてます。

e0338862_22384989.jpg
南アルプスも!

北岳、甲斐駒、仙丈!

行きてぇ~~~~~!

e0338862_22402223.jpg
さて、降りますよ!

厳冬期にここを登った時は生きた心地がしなかったけど、これだもんね…

e0338862_22415464.jpg
中岳のコルまできました。

お次は赤岳の手前の中岳です!

e0338862_22432654.jpg
サクッと中岳!

e0338862_22435753.jpg
振り返ると、阿弥陀が素晴らしいです!

e0338862_22450998.jpg
さあ、赤岳に向かいましょう!

ザレザレのつづら折りを登っていきます。

e0338862_22485483.jpg
順調に登って文三郎尾根との分岐まで来ました。

e0338862_22510327.jpg
ズンズン上がって、阿弥陀よりも高い位置に。

そんでもって、、、
e0338862_22514606.jpg
赤岳山頂に到着です!

阿弥陀で話をした女性も程無くして登ってきました。

e0338862_22540876.jpg
ミニトマト貰っちゃいました(^_^)

山で生野菜ってイイね!

美味かった!

で、「硫黄まで行けそうですか?」と尋ねると、「行きます」とのコト。

そうでなくっちゃね!

e0338862_22584445.jpg
阿弥陀を振り返ったら、次に行きますよ!

e0338862_22591964.jpg
お次は横岳です!

e0338862_23001960.jpg
赤岳から一気に下ってきました!

e0338862_23012831.jpg
さらに下って、

e0338862_23014716.jpg
地蔵の頭まで来ました。

ほとんどのヒトは、ここから下降して行者小屋へ行きますが、こんなイイ天気に稜線から降りちゃ勿体ないよね。

のんびり進みましょう!

e0338862_23084512.jpg
しばらく行くと、ツクモグサが咲いてました。

って言っても、阿弥陀から一緒に歩いてきた女性から教えてもらうまで、この花の存在は全く知りませんでした(^_^;;

天気も、タイミングもバッチリで、そこらじゅうに咲き乱れていましたよ!

誰もが興奮状態で、会う人会う人に「ツクモグサ咲いてますよ!」って声を掛けられました(^_^)

e0338862_23131165.jpg
大同心も間近で見ると凄い迫力です。

e0338862_23142963.jpg
で、横岳山頂です。

ちょっとだけ横になってみました。

4月に来たときはこんな感じでした→横岳 杣添尾根

e0338862_23162886.jpg
さて、最終目的地の硫黄に向かいますかね!

e0338862_23185691.jpg
大同心の後頭部(?)まで来ました。

踏み跡とそのピークに広場があるけど、行きたいとは思いません(^_^;;

e0338862_23231761.jpg
硫黄の爆裂火口まで来ましたよ!



硫黄岳山頂です!

e0338862_05134540.jpg


右の女性が、阿弥陀から一緒に歩いて来た方で、B.C.スキー、ボルダリング、登山をする地元長野のスーパーアクティブ主婦です。

スゴイですよね!

e0338862_23310876.jpg
今日歩いた稜線です!

美しいね!

天気最高です。

e0338862_23325192.jpg
硫黄岳にサヨナラです!

阿弥陀から一緒だった女性は美濃戸に降りるという事で、一緒に下山しました。

山好きどうしで、色んな話をしながら下ったので、膝の痛みも忘れてあっと言う間に下ってきました。

e0338862_23334285.jpg
さっきまで後頭部を見ていた大同心も見上げる感じになったね。

それにしても、雪のない八ヶ岳は変な感じです。


つうコトで、ジャスト12時間で終了です!

と言っても、美濃戸口まで下らずに、途中の美濃戸山荘から、先の女性に車に乗っけてもらいました。


今年は雪解けが1ヶ月ほど早くて、八ヶ岳も完全に夏山になってます。

e0338862_23424960.jpg
今日歩いた軌跡をグーグルマップに貼り付けてみました!


よく歩いたな~!

久しぶりにおしゃべりしながらの山行は楽しかったな!

天気も、これ以上ないって程に良かったし。


う~ん、言いますか!


八ヶ岳サイコ~~~~~~~~!



[PR]

by weekend-mountain | 2016-05-22 23:53 | 八ヶ岳 | Trackback | Comments(4)
2016年 05月 15日

鳳凰三山 夏山スタートです! 160515

今日は南アルプスの鳳凰三山に登ってきました!


何度も書きますが、休日が日曜のみの会社に転職(同業種)したので、今回も勿論ですが日帰り山行です。

ゆるゆるテン泊に慣れ切った酒好きオッサンが、日帰りで高山を駆け巡る夏山編のスタートです!


それでは行きましょう!

e0338862_20553474.jpg
今回はドンドコ沢を登りますので、青木鉱泉を午前6時にスタートです!

えっ?

スタート午前6時って、高い山ナメてんの?って…

いや~、昨日は会社の用事で遅くなってね、帰宅即就寝ってのもねぇ~。。。

ちょっと一杯やりたいじゃん!


e0338862_21023953.jpg
ドンドコ沢コースは文字通り沢沿いなので、ドンドコ沢に流れ込む支流がいくつもあって、歩いていて飽きません!

e0338862_21054400.jpg
沢を超えたりね!

それより、ドンドコ沢って誰が命名したのさ?

e0338862_21065792.jpg
歩いていると、シジュウカラが何やら集めてます。

巣作りの季節なんだろうね、巣材集めに熱中しているみたいでこちらに気づいてません。

コイツ以外にもかなり接近しても気付かないシジュウカラいました。

e0338862_21095917.jpg
シナノコザクラ

綺麗だねぇ~!

仙丈では林道バスの車窓からチラッと見ただけなので、間近に見られてラッキーです!

e0338862_21130065.jpg
岩場に群生してました!

e0338862_21135215.jpg
五色の滝

3年前に来たときは、下まで降りたけど今回はパス。

e0338862_21151145.jpg
ドンドコ沢は、上流に鳳凰小屋があるので基本的に水汲みNGです。

なので、途中の沢で給水します!
e0338862_21184342.jpg
急斜面が終わり、平坦地にでると!

見えましたね!
e0338862_21180900.jpg
この河原は、キレイに見えますが…

何故か空き缶が点在してます。

どの空き缶も、空き缶潰し器で上下にペチャンコにされた円盤型です。

上流に行くほど、数が多くなってきました。

e0338862_21251718.jpg
鳳凰小屋直下の様子です。

もうね、正気の沙汰じゃないね。


何百個もの空き缶が沢に投棄されている…


何があったのかわかりませんし、状況証拠だけでモノをいう事は避けます。

でもね、

お願いです!

既得権益という名のもとに、愛すべき南アルプスを汚す事だけは止めていただきたい。

e0338862_21314329.jpg

投棄された何百個という空き缶をなんとも思わずに営業している小屋です。


とは言え、直接小屋に言えない小心者なので、嫌な気持ちは心の奥に沈めて通り過ぎます…


でも、これだけは言えます。

この小屋には死んでも世話にはなりません。

行きましょう…

e0338862_21345807.jpg
賽の河原に来ました。

最初はカンバが生えているんだけど、そのうち砂利地になる。

白いから、また目をやられそう…

e0338862_21374611.jpg
ってコトで、地蔵岳に到着です!

地蔵のポーズのつもりです(^_^;;

午前11時、出発から5時間です!

e0338862_21402336.jpg
オベリスクに近づいてみましょう!

e0338862_21410147.jpg
直下まで来ましたが、ロッククライミングは無理なので、オベリスク巡りってコトで、一周して下りました。

さぁ、観音岳に向かいましょう!

e0338862_21423198.jpg
ありゃまぁ、ガスが上がってきたね!

高山の夏山のセオリー通り、午前11時にはガスが来たね~!

e0338862_21451309.jpg
あっと言う間に地蔵岳もガスに包まれていきます…

e0338862_21461917.jpg
それでも北岳方面は時折チラ見程度に顔を現します。

正面の白い沢が大樺沢です。

e0338862_21482986.jpg
下を覗き込めばそれなりに高度感を味わえました。

e0338862_21493536.jpg
高峰の後ろには、愛すべき仙丈ケ岳が見えてます!

いや~、行きたい!

雪のあるうちに、もう一度行こう!

e0338862_21511543.jpg
観音岳に到着です!

でも、ガスってるんで先に進みます。

e0338862_21523699.jpg
ガスガスです…

e0338862_21535300.jpg
山岳信仰のある山では、ガスガスの稜線は気味悪いです…

e0338862_21551095.jpg
押しつぶされたケルンまで来ました。

e0338862_21555680.jpg
ってコトで、鳳凰のポーズです!

縦走終了です。

ココね、晴れていれば、白根三山がドカ~ン!って広がり最高な所なんだけどね…

こんな状況ですし、長居は無用です。

下りましょう!

e0338862_22030184.jpg
下りは中道コースです。

e0338862_22042780.jpg
中道コースはひたすら樹林帯を下るコースで、南アルプスでも随一のつまらないコースだと思います。

コース上にも「下山道」と書いてあるくらいで、ココを登る好きモンは居ないでしょうね。

大門沢を上がるオレでも、ココは登りません。

e0338862_22075277.jpg
唯一のランドマークがコレ↑

御座石です。

要はでっかい石です。

e0338862_22095757.jpg
お約束のつっかえ棒をしときました。

e0338862_22103673.jpg
下っていくと、カラマツの新緑が美しいっす!

ずんずん下りて、最後のミッション!

e0338862_22115703.jpg
渡渉はせずに、石を飛び越え、難なく対岸へ!


んで、青木鉱泉に戻りました。


ジャスト10時間の旅でした!

この時期は、高い山では本来残雪期なんだけど、今年はご存知のように、暖冬で極端に雪が少ない。



今回、6時スタートってことだったんだけど、やっぱ遅すぎたね(^_^;;

午前4時にスタートしていれば、薬師岳に午前11時に到着出来て、極上の稜線歩きが出来た筈です。

日曜休日のみで、午前4時スタートはかなりハードだけど、しゃあないね!


これからは何とかやりくりして、南アルプス中心に楽しんでやろうと思ってます。


e0338862_22304892.jpg
山を降りて、川沿いの道を走ってるとハリエンジュ(ニセアカシア)が満開でね。

甘い香りが車の中を満たして本当に心地よい!

あぁ、やっぱ山はいいね!


最高デス!



[PR]

by weekend-mountain | 2016-05-15 22:44 | 南アルプス | Trackback | Comments(5)