シングルウォールテントを使ってみての感想 エスパース デュオX

早いもので2017年も3か月が過ぎ、明日からは新年度が始まるね!

3月はそこそこ休みが取れて、テン泊で山に行く事が出来てかなり充実したよ。

4月からはまた週休1日になるので、次にテン泊出来るのはゴールデンウィークかな。


最近使い始めた、新しいテントがなかなか調子イイんで、ちょっと記事にしてみました!

暇つぶしに読んでちょうだいな!


e0338862_21040461.jpg
去年の暮れに、厳冬期用装備としてシングルウォールテントであるエスパース・デュオXを手に入れたんだ。

その時の投稿はコチラ↓


一応、正月山行にも持って行ったんだけどね、小屋の中にテントを張るヘタレ野郎でした(*´з`)~♪

e0338862_19462242.jpg
だって、雪山のテン泊って色々面倒くさいし、色んな我慢が必要じゃん。

とは言え、、、

これはこれで快適だったけど、テン泊したとは言えない…


ようやく、冒頭の写真の塩見岳と、その前週の仙丈ケ岳の時に実戦投入したってワケ!


まぁ、たった2回の使用だけど、このテントを使ってみての感想を書きます!


結論から言うと、このテント最高です!

何が最高かというと、シングルウォールテントの最大の特徴である、「フライシートが無い」ってとこね!

とにかく、設営、撤収が楽!

これに尽きる!

もうね、ポール通しちゃえば、終わりだもん。
(整地やガイラインの固定とかあるけど)


それと、やっぱり横型テント(長辺側に入口がある)は最高だよ!

縦型テント(短辺側に入口がある)はさ、出入りの動線上に全てのモノがあるじゃん。

だからモノをぶっ倒すんだよね。

横型はそれが無い。

厳冬期に水の入ったコッヘルとかテント内で倒してみ、そりゃ~悲惨だよ(;;)


それと、エスパースの変な形の出入り口も、使ってみると実に具合がイイ!

どこからでも開けるし、扉がダラッと床に垂れる事もない。

冬山でブーツを履いたまま縦型テントに潜り込むと、床に垂れた扉を引っ張り込んじゃってテントが歪んで大変なコトになるんだよね。

出入りが凄く億劫になって、テン泊自体が楽しくなくなる。


その点、横型テントのエスパース・デュオXは出入りしやすくて、ストレスが無い!


でもね、欠点もあるよ…


シングルウォールテントね、、、

ムチャクチャ寒いよ(=_=)


そりゃそうだ、ペラペラのナイロン1枚だもんね。


ダブルウォールテントは中でストーブを焚くと、かなり暖かくなるんだ。

でも、シングルウォールは何しようが限りなく外気温に近いまま…

e0338862_21062604.jpg
水作りをしていても、こぼれた水は凍ってしまう。

e0338862_21182490.jpg
水蒸気は内部に霜として凍り付きます。
(ダブルウォールでもなりますが)


でもまぁ、冬のテン泊は自分の身体以外に熱源が無いのだから寒くて当然。

って割り切って、完全装備で挑めば何とかなる!

それと、、、

e0338862_23095113.jpg
同時に手に入れた、エクスペドのダウンマットがもの凄く調子イイ!

リッジレストとの併用すれば全く底冷え知らずの優れモノです。

ホント、エスパース・デュオXと、ダウンマットの組み合わせなら、今まであんまり楽しいと思えなかった冬のテン泊が楽しく思えるんだ!

e0338862_22030584.jpg
シングルウォールと、ダブルウォールと、どっちが良いかは個人の価値観だからね。


でもねぇ、多くの雪山登山者がシングルウォールテントをチョイスしている理由が分かる気がする。

冬は寒くて当たり前じゃん!

だったらシングルウォールで十分だもんね。


ゴールデンウィークが楽しみです(^_^)/


ゴアテンと呼ばれていた頃から、ず~っと羨望の眼差しを注いできたシングルウォールテント!

たった2回の使用だけどテン泊の観念を少し変えてくれたので、とっても新鮮です!

今のところ不満は全くありません。


シングルウォールテント、イイですよ~!


あなたもお一ついかが~!


追記:シングルウォール野郎になりました!


[PR]
トラックバックURL : https://takenoyama.exblog.jp/tb/25659996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by campanula2015 at 2017-04-01 08:57
結露の問題はどうでしょうか?

ダウンマットに興味を持ちました。底冷えってつらい。
お金に余裕ができたら(または、こづかいがアップしたら)、買ってみようかな。

ここでちょっとリクエストです~。
シュラフの使い勝手の記事などもぜひぜひ。
冬季で困るのが、外気温との差でシュラフカバーの内部が濡れてシュラフの外側の記事が湿り気を持つこと。
Commented by weekend-mountain at 2017-04-01 20:24
> campanula2015さん
コメントありがとうございます!
結露ですが、アッという間に凍りついてしまうので、特に問題にはなりませんでした!テントに保温性が無いので、テント内で火を焚いても溶ける事はありませんでした。

ダウンマット、イイですよ~!パンクのリスクが無い訳ではないのですが、寝心地も最高ですよ(^_^)/♪

シュラフの記事のリクエストですか~!厳冬期にはナンガの「オーロラテックス」という防水透湿素材(ゴアテックス的な素材)を使った「オーロラ」というシュラフを使っています。特に何も考えず不便も無く雪山で使っています。なので、シュラフカバーを持っておりません。ただ、レギュラーサイズでは窮屈なので、そのうちラージサイズに仕立て直そうかと思案しております。ですので、それまで今しばらくお待ちください(^^)
by weekend-mountain | 2017-03-31 20:51 | 冬山の装備 | Trackback | Comments(2)