うどんと冬タイヤ

e0338862_19275284.jpg
今日は山には行かなかったので、山梨にカツ丼を食べに行こうと思い52号線を北上していきました。

途中で何となく気が変わって、身延駅に立ち寄りました。

e0338862_19352312.jpg
JR東海の身延(みのぶ)駅です。

ここは日蓮宗の総本山がある地なので利用客が多く、過疎化の進む身延線沿線において一際きれいな駅舎なのです。

奈良田行きのバスも出ているので、北岳や白峰三山の玄関口でもあるんだ。

e0338862_19275391.jpg
駅舎に入ると、なんともイイ感じ!

電車なんてほとんど乗ることが無いので、駅に来ると旅情に駆られてしまうね。

そんな駅の片隅には、、、

e0338862_19404581.jpg
立ち食いそば屋がある。

この立ち食いそば屋は、オレが子供の頃の旧駅舎時代からここにある。

ここで最後にうどんを食べたのは小学生の時だから、実に35年以上になるのかな。


オレが子供のころ住んでいた町には、歯医者がなくて虫歯の治療には身延線に乗って、この身延まで出て来なければならなかった。

田舎だったから、歯医者はもちろん、病院もなかった。

もっと言えば町内には、信号機が1基しかなかった。

そんな田舎を想像できる?


今は合併されて、身延町になっているけどね。


はなしは戻って、歯医者に行くにもかなりの遠出が必要だったんだ。

電車も1時間に1本あるかないかだったから、婆ちゃんが「駅でうどんを食べといで」っていくらか余分にオレに持たせてくれたんだ。

なんとも懐かしい思い出だよ。

e0338862_19275260.jpg
いただきます!

当時は、月見うどんが好きで、そればかり食べていた。

今回はかき揚げうどんに卵を落としてもらった。


あぁ、美味い!

特別なものなんて何もないけどさ、、、

小学生がたった一人で隣町の駅でガマ口からお金を出して、うどんを食べていたと思うとなんだか笑っちゃうね。

e0338862_19275345.jpg
で、駅前で「みのぶまんじゅう」をいただきました!

これも、子供のころから慣れ親しんだ味なんだ(^^)

時々、貰い物で家にあったりすると喜んで食べていたもんです。

しょっぱくて、ほんのり甘い素朴な味です。

1個65円です!


オッサンになると、ついついノスタルジーに浸りたくなるね(*´з`)


静岡に戻ると、注文していたスタッドレスタイヤが一日遅れで無事届きました!

e0338862_19275349.jpg
早速、予約しておいたエネオスに行って履き替え完了です!


正直、静岡じゃあスタッドレスタイヤは必要ないんだ。

でもまぁ、これで心置きなく雪山に行くことができるよ(^^)


楽しみです!



つうか、来月のクレジットカードの請求が恐ろしいです…




(-_-)ウウッ





[PR]
トラックバックURL : https://takenoyama.exblog.jp/tb/26269984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shimasaan at 2017-12-17 20:51
タケさん、珍しく、こんばんわ

身延線の駅そばの映像、なんか郷愁を誘う映像で……私も、小学生の頃、一人で信州佐久の母の実家に行った時の、ちょっと不安で、でも誇らしげな(?)想い出が蘇ってきました。
スタッドレスタイヤ届いて、何よりです。が、それだけ危険な林道奥まで入れるって事になるので、くれぐれもスロー運転で行ってください。
Commented by weekend-mountain at 2017-12-17 21:13
> shimasaanさん
こんばんは!ホント珍しくこんばんは!ですね(^^♪
ちょっと不安で、でも誇らしげなって表現はズバリ言い得て妙です!その通りですね!なんか、鼻水をすすりながら、うどんをすすっていた頃の自分が蘇ります。
今日は、行きも帰りも単独事故に出くわしたので、これも教訓なのかなって思いました。くれぐれも無理をせず、スロー運転で行きたいと思います!
素敵なコメントありがとうございます!
Commented at 2017-12-17 22:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by weekend-mountain at 2017-12-18 22:23
> mika-96さん
こんばんは!コメントありがとうございます!
共感していただけると何だか嬉しいですね!やはり離れた故郷を振り返ることができるような、心の余裕が出てきたってことなのでしょうかね。
ワタクシは小学校卒業と同時に山梨を離れてしまったので、余計にピュアな思い出になっているんだと思います。山梨も田舎なので、同級生は誰ひとり地元には残ってないですね。だから、なつかしさで山梨に行っても、何だか誰もいない野球場に迷い込んだ気分になるんです。
札幌にはワタクシも15年ほど住んでいましたが、離れて久しいので雪道の運転は十分注していきたいと思います。
これからもこのブログを御贔屓に願います(^^)


by weekend-mountain | 2017-12-17 20:35 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)