仙丈ケ岳 180617 北の高気圧日和

e0338862_21031921.jpg

今日は南アルプスの仙丈ケ岳に登ってきました!

久しぶりの3,000m越えです。

本当は同じく南アルプスの3,000m峰である農鳥に行く予定だったんだ。

でも、途中で気が変わって、どうしても仙丈に行きたくなっちゃってさ。

中部横断道に乗り、中央道、諏訪インターから仙流荘へGO!です。


それでは行きましょう!

e0338862_19081368.jpg
先週の金曜日から北沢峠までの林道バスが開通したので、ハイカーの長い列ができています。

40分前くらいに着いていたんだけど、並んで待つのも嫌なのでギリギリまで並ばなかったんだ。

だって、どっちにしろバスには乗れるし、急ぐ話でもないんでね。

余裕ですよ!余裕!

e0338862_19112412.jpg
バスに揺られること50分ほどで北沢峠に到着です!

写っているのは「こもれび山荘」ね。

ここは数少ない、オレが泊まったことのある山小屋です。

トイレを済ませて、準備体操をしたら、、、

登りますかね!

e0338862_19134977.jpg
たくさんの人が登って行きます。

e0338862_19141412.jpg
1時間ほどで五合目の大滝の頭に到着です!

最初の休憩で、エネルギー補給をしておきます。

で、アッと言う間に、森林限界を突破!

e0338862_19162601.jpg
登山道にはもうほぼ雪は無いんだけど、ちょこっとだけ残っています。

振り返ると、、、

e0338862_19173697.jpg
でっかい甲斐駒です!

e0338862_19185178.jpg
イワカガミが咲いてるよ(^_^)

e0338862_19191754.jpg
小仙丈に到着です!

ここまで来ると、、、

e0338862_19201323.jpg
素晴らしい景色が広がります!

イイねぇ~!

e0338862_19205000.jpg
ライチョウ君もお出迎えです(*´з`)

e0338862_19215434.jpg
シャクナゲも咲いています!

e0338862_19222566.jpg
3,000m近くになるとなかなかしんどいけど、天気が良くて自然と笑顔になってくる。

見えている肩まで登ると、、、

e0338862_19233891.jpg
山頂が見えました(^_^)

e0338862_19240597.jpg
つうコトで、北沢峠から2時間25分で山頂に到着です!

夏は早いな~!

e0338862_19251583.jpg
伊那谷方面のこの景色!

まるで空を飛んでいるような気分になる!

この景色が見たくて何度も、何度も仙丈に登っているんだ。

e0338862_19262473.jpg
北も見えるね~!

ホント良い天気!

e0338862_19265615.jpg
日本の高山1~3位が並んで見えるよ~!

富士山、北岳、間ノ岳。

e0338862_19274143.jpg
当初行こうと思っていた農鳥方面。

あっちも良さそうだね~!

e0338862_19283294.jpg
甲斐駒と鋸岳、そして後ろには八ヶ岳の姿。

e0338862_19291992.jpg
鳳凰三山ね!

鳳凰三山にも今年は日帰りで行こうかな。

e0338862_19301787.jpg
いつものようにアンパンで腹ごしらえです(^-^)

e0338862_19305311.jpg
キンポウゲも咲いてるね!

さて、心残りもあるけれど、帰りが大変になるんでそろそろ下りますか!

e0338862_19321020.jpg
下りは丹渓新道を行きます。

見えてるのは馬の背で、そこを下って行きます。

実は丹渓新道は初めてなのです。

e0338862_19344805.jpg
仙丈小屋まで下ってきました。

山頂には人がウジャウジャいるね!

e0338862_19353197.jpg
馬の背以降の丹渓新道は雪が無いのは明白なのだけれど、馬の背までたどり着けるか知りたかったので小屋で聞くことに。

小屋番は藪沢を降りると勘違いしたらしく、スノーブリッジがあるんで行けないとのコト。

改めて丹渓新道は行けるか?と聞くと、大丈夫とのコト。

肝心の馬の背までのルート状況が良く判らなかったけど、まあ大丈夫でしょう!

「楽しんでいってください!」と、さわやかな小屋番の笑顔に送り出されました。

e0338862_19403263.jpg
うん、やっぱ馬の背までのルートには雪が在るね。

アイゼン類は持って来てないけど、踵でステップを切って行けば問題なし。

あ、慣れていない人は真似しちゃダメよ!下手すりゃ滑落するよ。

e0338862_19420625.jpg
下るのはアッと言う間だね。

e0338862_19422780.jpg
馬の背への分岐まで無事到着です。

矢印は取れちゃってる…

写真右方向に進みます。

e0338862_19432566.jpg
馬の背から見ると、小仙丈がやけに主張して見えるね~!

新鮮なアングルです。

e0338862_19444521.jpg
中央と同じくらいの目線になって来た。

e0338862_19451926.jpg
甲斐駒は相変わらずデカいです。

e0338862_19454801.jpg
さぁ、最後に仙丈を見納めです。

樹林帯にダイブします。

e0338862_19464983.jpg
鬱蒼とした森になりました。

この丹渓新道は、丹渓山荘と同様に、南アルプス林道が開通した影響で利用者が激減してしまったルートなのです。

なので、あまり人が通らないせいか落ち葉が積もっていて、かなり柔らかな道になってるんだ。

だから、とても歩きやすい。

e0338862_19500059.jpg
ただし、あまり整備されていないので、倒木だらけ…

踏み跡も限りなく薄い…

e0338862_19502992.jpg
ただし、ピンクテープはたくさんついているので、迷うことはないと思う。

e0338862_19513314.jpg
山頂から2時間30分で、南アルプス林道に出ました。

e0338862_19521726.jpg
林道からは、甲斐駒、駒津峰、双児山、

e0338862_19544400.jpg
鋸岳が目の前にド~ンと見えます。

e0338862_19552954.jpg
ベンチに座りながら、パンを食べてバスを待ちます。

もちろんオレ一人。

e0338862_19560627.jpg
足元ではチョウがなんだか羽をパタパタさせている。

セミの鳴く声も聞こえる。

何とも平和だなぁ~!

e0338862_19582507.jpg
あ、バスが来たね!

下りますか!

6時間ほどの旅でした(^^♪


今回、直前に決めた仙丈ケ岳だったけど、やっぱり仙丈はイイね!

仙丈はオレの一番好きな山で、年に2回は登っている。

夏だけじゃなく、厳冬期も、残雪期もね!

いつもは、6月初頭の残雪期に来るんだ。

新緑の頃にね。

だけど、今年は崩落現場の復旧工事の為に運休していたので、来ることが出来なかった。

それに、何度も書くけど、鎖骨にプレートが入っているのでザックを背負えないからさ、どのみち来れなったけどね。

まぁ、北沢峠からのお気楽ハイキングだったけど、大好きな仙丈に登ることが出来たから大満足です!

天気も良かったしさ。

丹渓新道も良かった!


お約束ですが、最後に言いましょう!



南アルプス最高~~~~~~~~~~~~~~~~~~!


また行くよ~~~!


ありがとう!



[PR]
トラックバックURL : https://takenoyama.exblog.jp/tb/27346048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mont-denden at 2018-06-17 21:55 x
タケさん今晩は!

>まるで空を飛んでいるような気分になる!
ホントですね!南アルプスサイコー!(^_-)-☆
いやー仙丈,絶景でしたね!
友人が御嶽山から写真を送ってきたけど,そっちもきれいに晴れてました。

僕は「万引き家族」見てました。(^^;

Commented by weekend-mountain at 2018-06-17 22:14
> mont-dendenさん
こんばんは!
早速のコメントありがとうございます!
最高の梅雨の晴れ間の一日でしたよ(^^♪今日は、北も南も中央も御嶽も乗鞍もバッチリでしたね!
今日ばっかりは、映画ではなく、山だったと思いますが(^▽^;)アハハ
Commented by shimasaan at 2018-06-18 05:15
タケさん、おはようございます
梅雨時に、こんなに絶景360度登山ができるなんて、ホントに最高~~ですね。
しかも、もう古道化しつつある丹渓新道を、一人静かに降りて来るなんて……
それと私、いつも登場してくるアンパンが、さぞおいしいだろな~と。
Commented by weekend-mountain at 2018-06-18 22:05
> shimasaanさん
こんばんは!
天気図を見る限り、晴天が期待できそうだったので大好きな仙丈に行きました。大当たりでした(^^♪ライチョウにも会えましたしね!
丹渓新道は込み合う夏の仙丈の中でも静かな山歩きが出来て最高でしたよ。
やっぱりアンパンがベストかなぁって思います。美味しいです(*´з`)
本当は頂上でお湯を沸かしてラーメン食べたりしたいんですけどね。それはザックが背負えるようになってからのお楽しみって思ってます。
by weekend-mountain | 2018-06-17 21:03 | 南アルプス | Trackback | Comments(4)