人気ブログランキング |

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14260244.jpg
今日は長野県と新潟県の県境にある雨飾山に登ってきました!

雨飾山(あまかざりやま)って、とても美しい名前だよね。

空木岳や越百山に通じる詩的な雰囲気の名前だよね~!


実は昨日の午後にここの登山口までバイクで上がって来たんだ。プラ~っとね。

ちょうど降りてきた女性2人組がいたので様子を聞いてみたんだ。

「登りが3時間、下りが2時間」、「岩場みたいなところがあって下りは怖かったけど、楽しかった」、「山頂はガスってて何も見えなかった」とのコト。

名前が美しい山だし、偶然話を聞いた女性も美人だったんで何となく山の第一印象も良くなっちゃってさ、急に登りたくなっちゃたんだ。


前置きはともかく、、

それでは行きましょう!

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14341296.jpg
出発は午前5時で、雨飾高原キャンプ場の看板の横を通り過ぎていきます。

しばらくは川沿いの木道を進んで行きます。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14353513.jpg
2/11と言う看板のところから登りが始まります。

って、なんで分母が11なの?

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14362711.jpg
大きなブナの林です。

丸印は2~3mの高さについてます(積雪期の為の印)。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14373631.jpg
アジサイがキレイだね!

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14375621.jpg
おっ、山頂?

あんな尖がったとこに登るの?

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14383522.jpg
1時間ちょっとで沢に出ます。

ちょうど全体の行程の半分くらいだね。

ここで水が取れるので非常に助かるんだ。

雪解け水なのでとても冷たくて美味しいんだ。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14402262.jpg
なんか凄くないか(^▽^;)

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14410240.jpg
8/11まで来たよ。

3200mはもちろん標高じゃないよ。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14413734.jpg
さて、ここからは樹林帯を抜けて、炎天下の山登りです。

朝早いとは言え、無風状態で8月の太陽の光燦々だからね。

あっという間に汗でずぶ濡れ…

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14431551.jpg
湿度も高くてちょっとモヤってる😅

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14434418.jpg
そしてかなりの急登…

暑い…

ペースが上がらん…
雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14442565.jpg
ヒーヒー言いながら9/11まで来ると、一旦平らになって風が吹き抜けるようになる。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14452349.jpg
あぁ、山頂見えた!

ここから見ると、下から見たよりも尖ってないね。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14461060.jpg
あとちょっと!

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14463224.jpg
山頂直下まで来ました!

山頂への登りは、八ヶ岳の阿弥陀の最期くらいの急登です。

結構なもんですよ!

再び汗だく。。。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14473522.jpg
ヤマハハコ

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14475020.jpg
急登を登りきると、甲斐駒でいうところの摩利支天みたいなのがある。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14482659.jpg
糸魚川、日本海方面がキレイに見渡せます!

素晴らしいね😄

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14491743.jpg
山頂に向かいましょ!

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14493265.jpg
というコトで、出発から2時間半ほどで山頂に到着です!

取り敢えず山頂独り占め!
雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14501255.jpg
後立山連峰がキレイに見えるね!

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14510234.jpg
登って来た道です。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14513126.jpg
妙高、戸隠方面。

全くの未開地なので、いずれ行ってみようと思ってます。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14525838.jpg
今日はいつものアンパンではなく、ハムタマゴパンです(^^♪

と、のんびり休んでいると次々にハイカーが上がって来た。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14545729.jpg
あっという間に賑やかな山頂に。。

タイミングよかったね。

下りますか!

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14554296.jpg
周りの山は高くはないけど結構尖った感じだね。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14562828.jpg
ハチも短い夏を必死に生きています。

つうか、暑くて死にそう。。。

下りは狭く急な登山道を次々とハイカーが上がってくるので、なかなか思うように下れない…

日差しにやられて、汗ボタボタ(;^_^A

何度もタオルを絞りながら下っていきます。

ようやく沢に出ました!

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14585515.jpg
いや~、マジに生き返る!

水が最高に冷たい!

残雪あるもんね!

行ってみましょ。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_14595337.jpg
涼し~~~~~~~!

天然のクーラーだね~!

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_15002891.jpg
雪解け水ったら超うまい!

1リットルくらいがぶ飲み。。(*´з`)ウップ

ホントこの沢が無かったら下りで死んでたね。

登山道は灼熱地獄になってたからさ。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_15022206.jpg
変わった形の花。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_15024894.jpg
木道まで降りてきたよ。

巨大に成長した水芭蕉が群生しているから、雪解け時期に来ればたぶんキレイだろうね。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_15041520.jpg
けっこう大きなサルナシもあった。

雨飾山 190818 灼熱の低山ハイク_e0338862_15050591.jpg
駐車場まで戻ってきました。

オートキャンプ以外にも、登山者向けのサイトもあって一張り700円だそうです。

なので、前日に来てテン泊を楽しんで、翌日ピストンって楽しみ方も出来ます。


つうコトで5時間半の旅でした!


今回は小谷村(おたりむら)にある雨飾山に登りましたが、久しぶりの2,000m以下の低山ハイクでした。

結論から言うと、夏の低山ハイクは死ぬ程暑い!

灼熱地獄です。

真夏は3,000m級の高山に行かないとダメだね。


でも山自体はコンパクトながら変化に富んでいたし、山頂からの眺めも最高なので、行くんなら紅葉の頃だったかな。


ま、でも天気も良かったし最高でしたよ!


灼熱の低山ハイクでした!



(*´з`)~アツゥ







タグ:
Commented by hoborosan at 2019-08-23 14:40 x
お久です~
元気そうで何よりで!
山頂がわいわいしてるのもいいですけど、やっぱり色々と感慨深い独り占めが最高ですね…
それが好きであまりやっちゃいけないのは分かってるんですけど深夜登山して早朝に降りたりしてます
最近、鍋割山で知人が雷に打たれて亡くなったので、タケさんも気を付けて…
Commented by weekend-mountain at 2019-08-23 21:04
> hoborosanさん
こんばんは!
お久しぶりですね(^^♪
元気でやってますよ!hoborosanさんはあれ以来順調なのだろうか気になっていたところでした!
正直混みあった山頂は苦手です(^▽^;)出来れば独り占めしたいですね!
hoborosanさんのスタイルで安全に登れば問題ないんじゃないでしょうか。ワタクシも久しくしていないですが、一人でご来光を眺めるのが好きですよ。
そうですか、ご友人が落雷事故でお亡くなりになられたんですね。くれぐれも気を落とさぬように。気を付けて登るようにします!
またコメントくださいね!
by weekend-mountain | 2019-08-18 17:39 | ハイク | Comments(2)